読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

マルチタスク

時間術で、「マルチタスクにやるといい」という説と、「シングルタスクこそが最も効率的」という説の2つがあります。これは何を意味しているんでしょうか?おそらくですが、時間の概念が違うような気がします。

サクセスカウント.txt

本日はちょっとしたストレス解消法についてご紹介します。過去の記事でも何度か触れてますし、よく言われることでミミタコかもしれませんが、 事実に色はないです。発生したことがいいことなのか悪いことなのかは人間が決めていることで、起きている事自体に…

どうやったら簡単になる?

どうもなにか新しいことをやろうとすると、 それは難しい いままでやってないことはリスクがある やってもうまくいかないと言って抵抗を受けます。これは、組織としては「ある程度」健全なことです。もしそういうのがなく、みんなが「イケイケどんどん」な会…

なしでもできる

腕時計を使わなくなって久しいです。かれこれ10年近くになるでしょうか。以前は腕時計を30種類くらい持ってました。普通のアナログ式、デジタル式、多機能ウォッチなどなどまったくよく集めたものだと思うくらい。まぁ、あまり高級なものはなかったですが。…

神様が決めてくれる

「あれをやるべきか、やらざるべきか。それが問題だ」なんて悩むことはありませんか?

メモは財布に入れる

// Amazon.co.jp ウィジェット いつもポケットにメモ用紙が入っていますか?冬場は服をいっぱい着こむので、ポケットがあちこちにありますが、薄着になるこれから夏場はポケットが少なくなります。このため、いつもメモ用紙とペンを持ち歩くつもりでも、つい…

数値評価のワナ

// Amazon.co.jp ウィジェット 日本でMBO(Management by objectives;目標による管理)が導入されてからずいぶんになります。でも、その結果日本の企業の業績が良くなったかというと、どうもそうではないように見えます。まぁ、イチサラリーマンが、MBOの仕組…

クンバカハ丹田呼吸法

中村天風という人をごぞんじでしょうか? 宇野千代(作家) 東郷平八郎(連合艦隊司令長官) 原敬(第19代内閣総理大臣) 松下幸之助(松下電器創業者) 藤平光一 (合気道師範) 稲盛和夫(京セラ創業者) このあたりならご存知かも。これらの超有名人が弟…

50対95の法則

// Amazon.co.jp ウィジェット

人相記憶術―その2特徴抽出

本日は人相記憶術の第2回目。人の顔の特徴を抽出するためのチェックリストをご紹介します。人の顔の特徴は、大きく ・頭(顔の全体像、輪郭) ・頭髪 ・額 ・眉毛・まつ毛 ・目 ・鼻 ・頬骨 ・耳 ・唇 ・顎 ・皮膚の順に目立ちます。この順に特徴を探していく…

活動ログの蓄積

ようやくEvernoteを使い始めました。といっても、会社ではセキュリティポリシーに引っかかって使えませんので、自宅で「ちょっとだけ」状態です。相変わらず、自分の活動記録はGmailが主役。 ■なんでも登録 ちょっとWebブラウジングしていて、気になったペー…

人相記憶術―その5反復練習

本日は人相記憶術のの最終回。ついに一週間使ってしまいました。今回は、前4回とは異なり、作った記憶をいかに強化するかについてご紹介します。 ■1回では記憶できない 以前の記事でも紹介しましたが、記憶というのは ・それが重要であると認識されること以…

スキーマ読書術

認知心理学の用語で「スキーマ」というものがあります。これは情報を認知するときに使う思考の枠組みのことだそうです。もうすこし砕けた表現を出言うと「スキーマ(schema)とは人の過去の経験から生まれた知識のまとまりのこと」。人は外界からの情報を処理…

問題に着目しない

私は小学校の頃、跳び箱が不得意でした。まぁ、運動自体が余り得意ではなかったので、その中の一つでもあったのですが、特に跳び箱の時間はイヤでした。跳び箱の方に走って行くと、跳び箱にぶつかりそうな恐怖(おおげさですが)で足がすくんで、手前の踏み台…

問題認識の手法4―現状分析2

■現状分析の手順 現状分析の手順は以前の記事で書きました。それを少し引用します。 ★―――――――――――――――――――――――――― ◆問題解決の7ステップ 問題解決他のための7ステップはまず大きく2つのステップに分けられます。 ◆問題認識ステージ ◆課題対策ステージの2つ…

やりたいこと後編

昨日の続きです。 ■やりたいことリスト 昨日は、やりたいことリストを作るところまで書きました。今日はその続きについて書きます。 ■やりたくないことリスト やりたいことリストと同じ要領で、30枚程度の付箋を用意して、机の上に広げます。そして、今度は …

オフラインモードで内面刺激を受ける

// Amazon.co.jp ウィジェット スマホや携帯電話はとても便利なものです。それどころか仕事をする上でも、自己啓発などでもいまでは必須のツールになっています。一方で、よくよく振り返ってみると、外から入ってくる情報や指示に振り回されているような感覚…

人相記憶術―その3特徴抽出

本日は人相記憶術の第3回目です。人の顔の特徴を抽出するためのチェックリストの続き。 ■要約 人の顔の特徴は、大きく ・頭(顔の全体像、輪郭) ・頭髪 ・額 ・眉毛・まつ毛 ・目 ・鼻 ・頬骨 ・耳 ・唇 ・顎 ・皮膚の順に目立ちます。この順に特徴を探してい…

あるがまま読むと速読できる

// Amazon.co.jp ウィジェット 以前、英語文化圏の人とコミュニケーションするようになって、結構困るのが語順が違うというところ。 ★P263〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ●返り読み日本人の読みかたでおもしろいのは、同じところを住…

本とともに暮らす

// Amazon.co.jp ウィジェット 個人的には、最近は紙の本を持ち歩くことは少なくなりましたが、やっぱりこういうことも必要かと思いますので、ご紹介。 ★P161(81)〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 また、本を自分のものにしたいとき、…

問題認識の手法3―現状分析

// Amazon.co.jp ウィジェット 本日は、問題解決の手法の3回目。第2回めで「見える化」についてお送りしましたが、実は問題解決のプロセスを時系列で並べると、こちらが先です。ただ、今回問題認識の手法というテーマで書いていますので、話の流れの都合上、…

1分でいいや

成長を妨げる最強の一言。それは 「明日にしよう」だと思います。ものごとを先延ばししてしまうのは簡単だし、言い訳をつけるのも簡単。 時間がない 忙しい ちょっと別の優先課題がある 家族の用事がある 疲れているとにかくなんでも理由になってしまいます…

空間認識能力

あなたの通勤手段は何でしょうか?車ですか? 電車? 歩いて会社までですか?私の場合は、電車を2本乗り継いで会社に行ってます。この時にちょっと心がけている能力開発トレーニングがあります。 ■整理の力 以前、脳科学の本を読んでいたところ、「整理する…

あなたの前提が違っている

私は、この記事で 私の知っている範囲ではというフレーズを時々使います。割と意識して。 ■その前提が間違ってます iPhone6 が発売された時に U2 というロックバンドが無料でバンドルされていたそうですね。iPhone6 には興味がなかったので知らなかったので…

プレゼン資料作成技術:四角のカドを使い分ける

プレゼンでパワーポイントを使って作る際のちょっとしたコツをご紹介します。ただし、これは私が勝手に決めているルールなので、一般にこの書き方が本当に妥当なのかどうかは知りません(無責任ですみませんが…)。もし、「これは間違っている」という情報をお…

問題はなにか

■問題はなにか 「今の問題は何だと思う?」あなたは、突然こう聞かれて、なにか言えるでしょうか?例えば、上司に何かの結果を報告した時に、 「報告はわかった。それでその問題点はなにか」と聞かれて、3〜10秒で答えられる部下というのは、大体の場合放っ…

1年後を想像する

// Amazon.co.jp ウィジェット 毎日、サラリーマンをしていると、いろいろな問題に悩まされます。これが積み重なると、ストレスでダウンしてしまうなんてことに。 ■これはどのくらいの問題だろうか 私は過去、ストレスと過重労働でダウンしたことがあること…

あれ、これ、それで会話する

■コミュニケーションの目標 「ウチの会社(部門でも可)はコミュニケーションが悪いので改善しよう」よく管理職になると必ずこういう話が、何年かに一度は出てきます。部下からいわれたときには 「はあ? コミュニケーション? なにそれ?」みたいに返しちゃう…

決断までの時間

リーダの条件として、自分が最も大切だと思っているのは「リーダーシップ」ではなく、「決断」だと思っています。もちろん同格の人たちと何らかのプロジェクトをする上で、自分の思い通りに進めていくためには、リーダーシップは必要です。ただ、リーダたる…

予定ない予定

サラリーマンをしていると、私事としていろいろやりたかったことややりたいことなどが溜まっているので、週末に「あれをやろう」「これをやろう」と考えがちです。特に連休などがあると、「3日あるのだから、××と○○と△△と…」などとつい考えてしまいます。と…

どう思われたいか

あなたは人からどのような評価を受けたいでしょうか? 仕事が速い人 仕事が正確な人 明るくて一緒にいて楽しい人こんな感じでしょうか? ■期待に答える 多くの商品は、「何を開発するか」ではなく「なんだったら売れるか」で開発されます。ちょっと古いです…

目を見て話さない

「人と話をするときは、相手の目を見なさい」子供の頃から、こういうふうに指導された経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。ところが実際に、これを徹底的にやられてみるとどんな感じがするか、気がついて見えるでしょうか。私が最初に気づいたのは…

あなたの前提が違っている

私は、この記事で 私の知っている範囲ではというフレーズを時々使います。割と意識して。 ■その前提が間違ってます iPhone6 が発売された時に U2 というロックバンドが無料でバンドルされていたそうですね。iPhone6 には興味がなかったので知らなかったので…

心が折れそうなとき

過去の記事で何度か書いてますが、私の転機は、仕事が忙しくなって、 長時間労働→ウツ病発症→休業→復帰のプロセスを経験したことでした。それまでは、ウツについては管理職なりに勉強はしていたのですが、自分が実際になってみると、「本当に大変だった」と…

「なぜなら」を口癖にする

// Amazon.co.jp ウィジェット 仕事では「論理思考」が重要視されます。論理思考とは、単純に言えば論理的に物事を考えるという力なのですが、論理的に具体的に考えると言っても、何が論理的なのかというと意外と曖昧です。もちろん、それがMECEなのかとか、…

やりたくない日

朝いつものように会社に来て、パソコンを立ち上げる。 ところが、メールを見るのも億劫だし、と言って溜まっているタスクに手を付ける気にもならない。かと言って締切は待ってくれないし…。何ていう日はありませんか。私はしょっちゅうです。過去記事でも紹…

どう思われたいか

あなたは人からどのような評価を受けたいでしょうか? 仕事が速い人 仕事が正確な人 明るくて一緒にいて楽しい人こんな感じでしょうか? ■期待に答える 多くの商品は、「何を開発するか」ではなく「なんだったら売れるか」で開発されます。ちょっと古いです…

蟹は甲羅に似せて穴を掘る

■人間は見たいものだけを見ている 映画、会議、イべント、なんでもいいのですが、同じ時問を共有した人と話していたら、お互いの感想が全く違ってな本当に同じ体験をしたのかと思うことはないでしょうか。なぜこのようなことが起こるかというと、現実の理解…

仕事大好き

■仕事が好きですか? あなたは、今の仕事が好きでしょうか?「仕事が好きです」と答えられる人はあまりいないかもしれませんね。あまり真正面から聞かれることは少ないとは思いますが、もし聞かれたら「まぁまぁ」とか「いや、あんまり」とか否定的に、曖昧…

目を見て話さない

「人と話をするときは、相手の目を見なさい」子供の頃から、こういうふうに指導された経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。ところが実際に、これを徹底的にやられてみるとどんな感じがするか、気がついて見えるでしょうか。私が最初に気づいたのは…

蟹は甲羅に似せて穴を掘る

■人間は見たいものだけを見ている 映画、会議、イべント、なんでもいいのですが、同じ時問を共有した人と話していたら、お互いの感想が全く違ってな本当に同じ体験をしたのかと思うことはないでしょうか。なぜこのようなことが起こるかというと、現実の理解…

やりたいこと前編

あなたは、自分がどのようなものを望んでいるのか、それをはっきり言えるでしょうか?よく希望を叶えるためには 手帖の最初のページに、自分のありたい姿を書き出すなんていうことが、ビジネス書には書いてあります。でも、そもそも自分が10年後にどうなりた…

数値評価のワナ

日本でMBO(Management by objectives;目標による管理)が導入されてからずいぶんになります。でも、その結果日本の企業の業績が良くなったかというと、どうもそうではないように見えます。まぁ、イチサラリーマンが、MBOの仕組みについてどうこう言うつもり…

わかりやすいメールのコツ

★―――――――――――――――――――――――――― ◆「今後の取り組みのお伺い」 お世話になります。現在うちのグループでは、ある顧客から提案をする機会をいただいており、実際にどのように取り組むかは決まっていない状況ですが、ある程度早いうちに具体的なものを提案したい…

音読すると理解できる

■朗読mp3 最近、ちょっとハマっているのが朗読。これは、特定の本を声優が読み上げてくれるもので、 朗読 無料などと検索すると、意外にヒットします。私のお気に入りのサイトをご紹介しておきます。 朗読源氏物語(simple版) 【朗読】声を便りに、声を頼り…

ウォーミングアップをする

例えば、テニスをする時、いきなりゲームを始めたりしませんよね。ちょっと屈伸運動をしたり、体を左右に捻ってみたりして軽くウォーミングアップしてから始めますよね。それから、軽く乱打をして、体がほぐれてきたら本格的に力をいれて打つようにします。…

2度寝してはいけない

以前の記事にも何度か書きましたが、私はほぼ朝日と同時かそれより早くに起きています。夏だと4時〜5時。冬だと6時くらい。外が白み始める頃には起きて活動状態にするようにしてます。 ■体内時計 物の本によると、人間の体内時計は25時間周期だそうです。ど…

仕事を覚える

時々色々な質問箱を見ていると、「仕事が覚えられない」という相談があるのを見かけます。その人に当てはまるかどうかわからないのですが、自分がいろんな人から仕事のやり方を教えられたり、反対に仕事を教えてきたりした経験から、ちょっとだけヒントを。 …

出だしは書かない

この記事を書き始めてからちょっと気がついた文章術について。かれこれ3年。よくまぁ続いたなぁと思いますが、最初の頃はこれを書くのにすごく時間がかかってました。特に時間がかかったのが、最初の10行くらい。 「こんな導入じゃぁ、言いたいことに導けな…

会話の技術:話が盛り下がっても頓着しない

中途社員がはいってきたり、新人が配属されたり、あるいは配置転換があったりして、組織の構成員が変わると、たいていはまず「歓迎宴会でもしよっか」となります。上司があまり飲み会の場とかが好きではないと、こういうのが遠ざかりますが、まあ、どこの職…