読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

上司の言うことは全部やる

■次から次へと仕事が降ってくる ちょっと勉強熱心な上司になると、休日を使っていろんなセミナーに出かけたり、本を買い込んできて新しいチームビルディング方法やプロジェクトマネジメント手法を勉強したりしてます。逆にそういうことをしない上司は、過去…

上司が部下の相談に乗ってくれないのはなぜ?

// Amazon.co.jp ウィジェット 部下が困っていることに対しては、アドバイスしたり解決の手助けをしてあげるのが上司の仕事のひとつです。ただ、実際には「相談に乗ってくれない」「ありきたりな指示しかされない」「余計な仕事が増える」など、否定的な経験…

お礼を言う

このところどうも気になるのが、ちょっとした声掛けができない人が多いこと。 ・朝会社に来て、黙って席についておもむろにパソコンを立ち上げる ・帰りにパソコンを閉じて黙って帰る ・上司から指示や指導を聞いて、「はい。」とだけ返事をする まぁ、「時…

仕事の効率は上司が決める2

■昨日のおさらい 仕事は単純に書くと 誰かが作った結果を受け取って その形をちょっと変えて 誰かに渡す ということで、中央の「受け取ったものの形を変えて」の部分は作業であって、仕事の効率を大きく左右するポイントは、その前後にある「仕事を請け負う…

仕事の効率は上司が決める1

「課長、この稟議書の決済を頂きたいのですが」 「えっ? なにこれ? どういうこと?」 「あの、以前メールした件なんですが…」 「あれじゃぁ、わからないよ。もうちょっとちゃんと説明してよ」 「(怒)………どうすればいいですか?」 「どうもこうも、必要な関…

お子様上司の時代

本日は、珍しく新刊(2013/09)のビジネス書のご紹介。 何度も繰り返し読みたくなる本ではありませんでしたが、すごく色々気になった本でした。 以前、この著者(榎本博明氏)の 「上から目線」の構造 (日経プレミアシリーズ) を読んで、結構気に入ってました…

上司のための心理学

本日は、部下を持った人、あるいは部下を持つ直前の人に読んでほしいビジネス書の紹介をします。 まだまだ若い人で、部下を持つなんてまだだいぶ先のことだと思っている人も、本書にあげてある程度の言葉は、その概要と実際にどのように応用するのかについて…

お客様は上司

よく、「お客様のために」とか「お客様第一」とか会社理念で掲げている会社があります。 それ自体は否定するものではありませんが、それを真に受けて仕事をするのはちょっとサラリーマンとしてはアレかも。 お客様にサービスや製品を提供して、お客様からお…

上司の依頼は命令

給料を上げるためには、昇進・昇格がどうしても必要です。 そのためには、上司のあなたへの評価を上げること。 どうすれば上司の評価が上がるかというと、業務を効率良くこなせることはもちろんですが、それだけでは不足です。 上司が気持ちよく指示が出せる…

ダメ上司とのお付き合い

子供が親を選べないように、部下は上司を選ぶ権利はありません。ちなみに、上司は部下を選ぶことができます。ただし、一定の条件が必要ですが。 もし、「ダメ上司」にあたった時にやるべき行動5か条をちょっとご紹介します。 ■有能な点を探す 「ダメ上司」だ…

イエスマンになる

もし、昇進を望むのであれば、 イエスマンになる と決めることが必要です。 上司の決めたことに疑問を挟んではいけない。もちろん、どうやってそれを実現するかについて相談したり、質問したりすることはありです。しかしながら、まず、「命令されたことをす…

会社員は何をもって「優秀」というのか

ちょっと他のWebから 会社員は何をもって「優秀」というのか ★---------------------------- 社内で「優秀」と言われている人は、協調性や規律、リーダーシップなどの面で他人よりも優れたものを身に付けている。その人との電話…

上司と話すのはタイミングとエレベータトーク

同じ提案や相談を持っていくにしても、上司の機嫌のいい時、悪い時で、うまく話が進むときと進まないときがありますよね。 そんなときの上司の状況の見分け方 誰かに怒った直後 マウスを握りしめているとき このあたりはねらい目です。 怒った直後というのは…