読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

魅力的な名前をつける

// Amazon.co.jp ウィジェット 自分が考えたアイディアや商品にどういう名前をつけるといいのかというのは、じつは心理学的にはいろいろ研究されてます。もし、何かを提案する、開発するみたいなリーダーになったら、名前を考えるというところに労力を使うと…

褒め方の3パターン

// Amazon.co.jp ウィジェット よくセミナーなどで「人を褒めましょう」というトレーニングがあります。でも、実際一緒に仕事をしていると、できないところは簡単に見つかるのですが、優れているところはなかなか見つけにくい(というか表現しにくい)場合があ…

楽しいふりをすると楽しくなる

// Amazon.co.jp ウィジェット 『入社10年目の羅針盤』という本に、仕事をどう楽しむかについてヒントが書いてありました。 ★P〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 仕事がつまらないという人にアドバイスするとしたら、僕は次のいずれかを…

感情的になる相手に対応する方法

// Amazon.co.jp ウィジェット ■すぐに感情的になる人 あなたの職場に、すぐに怒り出したり、愚痴を言い出したりと感情がすぐに出る人っていませんか。こういう人に何かを依頼したり、一緒に何かを検討するのはすごくホネが折れるのですが、それが担当者であ…

承認欲求を満足させる

最近は叱る側になることのほうが多かったですが、昔はよく怒られました。とくに製造現場の人は怖かったです。私は開発部にいたので、図面だとか製品プログラムを提出するのですが、時々失敗して再リリースする時があります。そんなときに、 「バカヤロー 何…

不用意な発言をする人をたしなめる

傾聴技術としてすごく簡単で効果的な方法として オウム返しのコミュニケーション術というものがあります。「オウム返しのコミュニケーション術」というのは、相手の心理に同調して、相手に胸襟を開いてもらうためのテクニックですが、この「オウム返し」が有…

人を動かす:あなたの応援がしたい

// Amazon.co.jp ウィジェット 人は自分の味方になってくれる人には冷たくすることはありません。もちろん、味方になったふりをしてハメてやろう、とする人はいるかもしれませんが、経験的には少数派。※いないとは言えませんが。 ★P87〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓…

人に合わせて話すスピードを調節する

// Amazon.co.jp ウィジェット こういう記事を読んでみえるということは、おそらくあなたは人よりも考える速度が早い方でしょう。そういうトレーニングをしていることになるのですから。※こうした仕事の改善みたいなことを考える、あるいは情報を集めるだけ…

上司が話しているときは大げさに相槌を打つ

サラリーマンにとって、上司は好きだろうが嫌いだろうが、自分に最も影響力のある人です。まぁ、「支配下におかれている」という意識がある以上、「上司が好き」という人は少数なのかもしれません。心理的にはやっぱり反発がありますので。一方で、上司はと…

嫌なことがあった時には、難解な本を読む

上司に怒られた、なんてのはわりと慣れっこなので、私はあまりあとには引かないほうかもしれませんが、何かの失敗をやらかしたこと自体とか、軽蔑の目で見られたみたいなは、私は結構あとに引きます。 ■フラッシュバック こういう気になること、とくに自分の…

話題を探す(ハイダーの認知的バランス理論)

「ハイダーの認知的バランス理論」ってご存知でしょうか?Wikipediaでは以下のように説明しています。 ★――――――――――――――――――――――――――バランス理論は、P-O-Xモデルを用いて説明される。認知の主体である人を「P」、「P」と関係のある他者を「O」、認知の対象で…

パーソナルスペースを活用する

// Amazon.co.jp ウィジェット 心理学で言うところの「パーソナルスペース」というのは、相手との物理的な距離によって、快不快を感じる距離感のことです。単純に言えば、両手を広げて届く範囲というのは、相手から攻撃されても避けられないわけで、相手を信…

「姿勢反響」で上司から信頼を得る

// Amazon.co.jp ウィジェット 管理職にある上司は、自分と同じ考え方をする部下を高く評価します。イマドキの会社なら、建前として「グローバリズム」だの「多様性」だのとお題目を述べますが、所詮人間です。自分の考え方と似た考え方をする部下は「よく考…