読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

仕事効率を上げる基本ルール(ツール編)

■仕事の効率を上げる基本ルール 過去記事で、仕事を早く終わらせるためのヒントを幾つか書いてきましたが、これらに基本ルールがあります。この基本ルールは私が適当に書きためたものなので、人によってはこの真逆であったり、ちょっとだけ違ったり、別のポ…

諦めないで続けるとある日突然爆発する

// Amazon.co.jp ウィジェット 学生時代だけでなく、社会人になってからする勉強が本当に必要な勉強であって、学生時代は勉強するための方法を勉強している、というお話を聞かれたことがあるかもしれません。実際、自分の経験でも、学生時代に勉強したことと…

仕事効率を上げる基本ルール(集中力編)

■仕事の効率を上げる基本ルール 過去記事で、仕事を早く終わらせるためのヒントを幾つか書いてきましたが、これらに基本ルールがあります。この基本ルールは私が適当に書きためたものなので、人によってはこの真逆であったり、ちょっとだけ違ったり、別のポ…

ものの見方の10パターン01:ものの見方の10パターン

多くの仕事の中で、自分の能力をフルに使わないといけない仕事は、自分の持っている専門知識を使って「ものごと」を分析して、その分析結果に基づいて次の行動につなげていくという作業なのではないでしょうか。 「××について検討しなさい」 「○○について調…

ものごとは考える以上にシンプルだ、と考える

// Amazon.co.jp ウィジェット 課題について、その原因や対策をいろいろ考えてみるけど、いい策が浮かばない、考えがまとまらない、みたいなときに、課題を10歩くらい下がってみると、「なんだそんなことだったんだ」と思えるようなものが見えてくることがあ…

健忘力を鍛える

// Amazon.co.jp ウィジェット 「記憶力を鍛える」みたいなセミナーやWebサイトがあります。たしかに、物事はきちんと記憶しておいたほうがビジネスには有利なのかもしれませんが、人間の記憶は過去記事でも何度も紹介したように色がついてます。つまり、起…

アイディアマンになる7つの習慣

上司から「今後部門の活動として何をしたらいいと思う?」とか「業務品質を上げる方法は?」とか聞かれた時に、アイディアがポンポン出る人っていません?あるいは、昇進面接の時に「あなたの所属する組織の課題は?」と聞かれることがあると思いますが、そ…

自分が得意な仕事の仕方を知る方法1:自分が得意な仕事の仕方を知る方法

// Amazon.co.jp ウィジェット 仕事の進め方というのは、人により千差万別。差があるということは、実はそれが強みになったりします。自分の仕事のやり方を分析する方法があります。 ■仕事の進め方の得意・不得意 自分の仕事の進め方がどのようなものなのか…

仕事ができない人はこれができない

// Amazon.co.jp ウィジェット 『すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!』という本に仕事ができない人の特徴について書いてありましたので、ちょっとご紹介。 ★P22〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 頭は…

書籍の大意がわかるようになるまでの時間

// Amazon.co.jp ウィジェット ある特定のジャンルに関する本を何冊も読んでいると、パラパラっとめくって、あるいは目次に目を通して、その本に書いてあることが大体(なんとなく)わかるようになるまでの時間が短くなります。最初のうちは、目次を読んでも何…

アイディアマンになる7つの心構え

どのような仕事であるにしろ、機械的に正確に繰り返すことだけを期待されている仕事というのは多くありません。そのような仕事は機械に任せてしまったほうが、初期投資の問題を除いては、安全だからです。人間に任されている以上、人間がその脳みそを使って…

使い方を間違えると生産性を下げる5つのこと

「やるといい」と言われていることでも、やり方を間違えると生産性や効率の低下を招くことがあります。使い方に注意すべき5つのことについてご紹介します。先にまとめてしまうと、要するに 「いい」と言われている薬も過ぎれば毒になるということがいいたい…

学習成果を出すたった2つの方法1

// Amazon.co.jp ウィジェット 学習という行為をするためには、たった2つの方法しかありません。つまり、何かを勉強したいと思うなら、2つにひとつ、あるいはこの両方をするしか方法はありませんので、勉強を始めることは意外と簡単です。その方法とは 1.…

シナリオ第一、パソコン第二

プレゼン資料、技術レポートなどのドキュメントを作るときに、いきなりPCに打ち込み始めたりしてませんか? あまり得策ではありません他の人と差を付けたいなら、まずはノートをひらくべきです。私は、このやり方を「シナリオ第一、パソコン第二」と標語にし…

トップに学べば社内第一人者になれる

// Amazon.co.jp ウィジェット 何かにうまくなろうとしたら、身近な人に聞くのが一番手っ取り早いです。なにしろ、多分その人も過去には同じようなところで苦労しているでしょうから。しかし、それでは教えてくれた人以上にはなりません。つまり、あなたは社…

真逆を考える

// Amazon.co.jp ウィジェット ■前提を崩すラテラル・シンキング ラテラル・シンキング(水平思考)について、またいつものように Wikipedia から。 ★――――――――――――――――――――――――――デ・ボノは従来の論理的思考や分析的思考を垂直思考(Vertical thinking)として、…

アドバイスが毒になる

// Amazon.co.jp ウィジェット 仕事をしていれば、だけではなく、あらゆることで、何かしようと思った時にうまくいかない事があります。こういった時は誰かにアドバイスをしてもらうことで、いきなり視界がひらけたり、それを半信半疑やってみたら以外にもう…

「演じる」を知る

筒井康隆の本に『48億の妄想』があります。読んだことがない人のためにちょっとだけ概要を。 ★――――――――――――――――――――――――――平和な家庭の中心はテレビ。画面に映し出される東南アジアの戦争の捕虜が拷問されるのを見て、家族は平然と、いかにもっと効果的に拷…

仕事ができない人はこれができない

// Amazon.co.jp ウィジェット 『すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!』という本に仕事ができない人の特徴について書いてありましたので、ちょっとご紹介。 ★P22〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 頭は…

他人の失敗は自分の成功の元

// Amazon.co.jp ウィジェット 「それ×年前にやってうまくいかなかった。だから却下!」仕事上、問題を感じて提案をしたけど、先輩や上司からこういう反応をされたことって結構ありますよね。たとえば、 ・出張での活動状況をリアルタイムに共有しよう ・各…

制約を歓迎する

ビジネスには制約がつきものです。予算であったり、工数、人員であったり、時間であったり。サラリーマンの事情、大人の事情なんてのもありそうな…。いろいろな制約にぶつかると「自由に発想ができたらなぁ」と思わないでもありません。でも、とある研修で …

英語や中国語は度胸で話せる

// Amazon.co.jp ウィジェット 私の周りには「英語が得意」という人があまりいません。※先日中国でお会いした人(中国人)は、TOEICが920点という方がいましたので…。※ちょっとびっくりな点ですが。※この時は、その人の片言日本語と、こちらの片言中国語+片言…

ナナメの情報

// Amazon.co.jp ウィジェット 情報には3種類の方向性があります。これにベクトルを加えると合計6種類。このことは、以下の本で学びました。 ★P18〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ●情報には 3 庫類ある。・タテ情報 タテの関係、すな…

本質的特性と偶発的特性は分けて考える2:仕事の本質的特性と偶発的特性

仕事でよく「枝葉末節にこだわってはいけない」という言い方で、何かの提案が否定されたりする場合があります。私が若いころよくわからなかったのは どれが枝葉で、どれが幹なのかが区別がつかなかったことです。私はソフトウエアの開発をしていたので、ソフ…

「聞いてもらえない」は話すほうが悪い

上司について、いろいろな不満があると思います。所詮、対人関係、相手がある話なので自分の思い通りに行くわけがありません。 ■「聞いてもらえない」 「上司が部下(自分)の意見を聞いてくれない」みたいに下から上への意思疎通は、Webなどで見る限り、上司…

自分が得意な仕事の仕方を知る方法

// Amazon.co.jp ウィジェット 仕事の進め方というのは、人により千差万別。差があるということは、実はそれが強みになったりします。自分の仕事のやり方を分析する方法があります。 ■仕事の進め方の得意・不得意 自分の仕事の進め方がどのようなものなのか…

説得力のある文章を書くための11のコツ

// Amazon.co.jp ウィジェット 私がプレゼン資料やレポートを作成するときにいつもん参考にしている、「文章を書く上でのルール」というのをご紹介します。これは、以下の本に書いてあったことを私が勝手にアレンジして使っているものです。 ★――――――――――――――…

認識のズレを利用する

「あのときに、『やります』って言ったじゃん」「確かに言ったが、○○をするとは言ってない」こんな会話、したことありません?これはどこから来るんでしょうか? ■言った言わない議論の発生源 「言った/言わない」というのは元々は ・記憶が違う ・認識が違…

発想法:オズボーンの「ださく似たおち」

// Amazon.co.jp ウィジェット これ、ご存知ですよね? オズボーンのチェックリストじゃあ、このチェックリスト、頭に入ってますか?何かを応用するのに、アタマに入っていないものは使えません。それを調べるところから始まるのでは、使える道具にはなって…

言葉を変えて説明する

// Amazon.co.jp ウィジェット ときどき「サラヒン〜サラリーマンの仕事のヒント」を見返しながら、この「シゴトコンパス」の記事を書くことがあります。しかし、その記事自体の引用はしてません。単に「過去記事で〜」みたいな説明と、そこへのリンクを貼る…

ものの見方の10パターン06:運動

多くの仕事の中で、自分の能力をフルに使わないといけない仕事は、自分の持っている専門知識を使って「ものごと」を分析して、その分析結果に基づいて次の行動につなげていくという作業なのではないでしょうか。 「××について検討しなさい」 「○○について調…

ヒット・アンド・ブローゲーム

ヒット・アンド・ブロー(4つの数字当て)というゲームをごぞんじでしょうか?ちょっとネットで探してみたら、案外ヒットしますね。私が子供の頃、すごく流行りました。ルールは簡単です。 ・参加者(通常2人)は4つの数字(0〜9)を考える ・4つの数字は、重複が…

作業に没頭してはいけない

何かのタスクを分解して ToDo を作り、いよいよ作業(ToDo) を実行し始めた時に、注意しないといけないことがあります。 時々、我に返ることです。 ★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ●作業の引力に負けない問いを分解し、間いの背景を確認した上で…

テーマを持つと答えが見つかる

■テーマが書き出せますか? いま、あなたの持っている「テーマ(課題・問題・成し遂げたいこと)」を書き出してみてください。仕事をしている以上、なんらかの課題がありますよね。それに対していろいろな解決策を考えて、あるものはアイディア段階でボツにし…

スパイラルに学ぼう

私の環境だけかもしれませんが、成長することについて、「スパイラル」とか「繰り返し」「アジャイル」「テスト駆動」とかいう言葉をよく聞いたり、言ったりすることが多くなったような気がします。 ■ウォーターフォール開発 私の専門で言うと、ソフトウエア…

一所懸命は破綻の元

「一生懸命」という言葉は、土地が財産だった時代に自分の所領を命がけで守る「一所懸命」から来ているそうです。 ■天下の三英傑 「三英傑」といえば、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康ですね。どれも中部圏の出身なのですが、天下を取ったのは、安土、大阪、江…

7つの習慣:本は教えるために読みなさい

// Amazon.co.jp ウィジェット 本来、読書をするというのは、自分のためです。自分の楽しみであったり、自分のスキルやマインドを上げていくために読書をしているはず。しかし、「自分のため」にすると手抜きをしても、だれもなんの影響も受けません。結果、…

プロの知的生産術

この本のコンセプトを一言で言えば、 情報は整理するものではなくて、活用するものである という感じでしょうか。 本書は、様々な情報術の本に対して差別化を意識していて、本書以外が情報をどう扱うかという基本的な作業方法を中心に説明されれいるのに対し…

プロの知的生産術

この本のコンセプトを一言で言えば、 情報は整理するものではなくて、活用するものである という感じでしょうか。 本書は、様々な情報術の本に対して差別化を意識していて、本書以外が情報をどう扱うかという基本的な作業方法を中心に説明されれいるのに対し…