読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

組織マネジメント

コーチングを使うのは相手しだい3:理論編―人の成長の3ステップ

// Amazon.co.jp ウィジェット 「きみならどうしたいと思う?」「きみは、次にどうする?」最近良く聞くようになったセリフですね。管理職になったり、管理職直前の人に対して、人事教育の一環として コーチング研修をする会社が増えましたし、ビジネス書な…

マニュアル・ガイドライン・モットー1

// Amazon.co.jp ウィジェット だんだん職位が上がってくると、人に何かを指示することが増えてきます。その時に、指示の仕方によって、部下や後輩がどのように成長するかがある程度決まってきます。もし、あなたが誰かに指示をすることがあるなら、こんなこ…

グレイなリソースを使う2

あるプロジェクトのりーだーになったり、組織の長になったりすると、いろんなリソースが使えるようになります。いわゆる ヒト、モノ、カネ、情報の4つのリソースですね。

上司になったら部下の人生設計を支える覚悟をする

// Amazon.co.jp ウィジェット 管理職になって、一番神経を使うのが、部下評価と業務の割り振りです。もちろん、成果は出さないといけないので、成果を出せる人・優秀な人に、もっとも重要な役割を割り振ります。だからといって、新人やまだ経験が浅い人に大…

上司になったら部下の人生設計を支える覚悟をする

// Amazon.co.jp ウィジェット 管理職になって、一番神経を使うのが、部下評価と業務の割り振りです。

チームが高い成果を出すための方法

// Amazon.co.jp ウィジェット

北風と太陽―意図を隠して行動を促しなさい

// Amazon.co.jp ウィジェット 「北風と太陽」のお話はご存じの方も多いでしょう。ただ、ここから学べることとして、よく言われていることとは別に、私が意識したことがあります。

明るく叱る

// Amazon.co.jp ウィジェット ★――――――――――――――――――――――――――叱り方の一番大事なポイントは、明るく叱ることです。叱っている人はたいてい、暗いのです。暗く叱っている場合は、叱っているのではなくて、ただ怒っているのです。怒るというのは、感情的なもの…

マニュアル・ガイドライン・モットー2

// Amazon.co.jp ウィジェット 前回、マニュアル、ガイドライン、モットーの効果について簡単に書きました。ではこれらを使う方法ですが、前回書いたように、詳しさ加減から言うと マニュアル > ガイドライン > モットーなのですが、指示としてはこの逆 モ…

答えは相手に言わせると前向きになってくれる

// Amazon.co.jp ウィジェット 上司や先輩として、部下や後輩を指導するとき、一番腐心するのは、 どうやったら相手が前向きに取り組んでくれるかということです。過去記事で、自分は「やる気ゼロでもやれる仕組みを作る」と書いてましたが、やる気がマイナ…

「チーム作業」をすると人数効果が出る

// Amazon.co.jp ウィジェット あなたが何かのプロジェクトのリーダーをしているのであれば、以下の考え方が役に立つかもしれません。 ★P59〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ●分担作業ではなく、チーム作業をする仕事に複数の人がかか…

相手の実力を見てモノを言う

■コーチング講座で習ったことを自分の部下に適用してはいけない 「きみならどうしたらいいと思う?」 「きみは、次にどうする?」最近良く聞くようになったセリフですね。管理職になったり、管理職直前の人に対して、人事教育の一環としてコーチング研修をす…

謝ってはいけない。でも限定的謝罪はしなければいけない

// Amazon.co.jp ウィジェット ■すみません 欧米では "I'm sorry" という言葉はあまり使わないと言われます。その理由が「問題の責任が自分にあると認めることになるから」というのが本当かどうかはわかりませんが、確かに私の少ない経験の中でも Sorry とい…

部下にどう任せればいいか

会社である程度の役職をもらうようになってきたら、自分の力を大きなポイントに集中しないといけません。細かいところは部下にまかせ、部下の力を最大限利用するのが、結果を出す近道です。そのためには、大筋を問違えず、部下に進むべき方向性を正確に伝え…

必ず人がモチベートされるされる方法

// Amazon.co.jp ウィジェット ★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ●人は目標では動機づけされないでは、ここで質問ですが、みなさんの部下たちはきちんと目的を持っていますか?何のために、その目標に向かってがんばるのかという動機…

謝ってはいけない。でも限定的謝罪はしなければいけない

// Amazon.co.jp ウィジェット ■すみません 欧米では "I'm sorry" という言葉はあまり使わないと言われます。その理由が「問題の責任が自分にあると認めることになるから」というのが本当かどうかはわかりませんが、確かに私の少ない経験の中でも Sorry とい…

少数精鋭、数は力?

よく「ウチは少数精鋭だから」とか言っている経営者のコメントを雑誌で見かけます。あれ、本当でしょうか?ちょっと調べてみると、2014年度の企業倒産は約1万件(9180件)だったそうですが、上場企業ではゼロです。※上場か否かが会社の従業員規模を表すもので…

予算管理のコツ1:予定外の予算が出せることが管理

// Amazon.co.jp ウィジェット この4月から管理職に昇進された方もいらっしゃると思います。おめでとうございます。管理職でなくともそういう業務をされている方も見えるかと思いますが、本日は予算の管理について、私が心がけていること。 ■管理すること ま…

マニュアル・ガイドライン・モットー1

だんだん職位が上がってくると、人に何かを指示することが増えてきます。その時に、指示の仕方によって、部下や後輩がどのように成長するかがある程度決まってきます。もし、あなたが誰かに指示をすることがあるなら、こんなことに気をつけてみてはいかがで…

「組織開発」という古い課題の新しい手法

最近、「組織開発」というキーワードがよく出てくるようになりました。初めて聞く言葉ですか?では、まあこちらでも読んで下さい。 人事の新たな武器 「組織開発」とは何か?〜リクルート http://www.recruit-ms.co.jp/issue/feature/0000000112/1/ ■人材開…