読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

失敗談を酒の席で聞きなさい

 

 

★――――――――――――――――――――――――――
●身近な教訓を役立てる
日本経済新聞朝刊の最終面に掲戟される「私の履歴書]は、多くのビジネスマンに愛読されている。

著名な財界人や政治家、芸術家などが自らの半生を振り返り、成功の体験を語るコーナーだ。このコーナーは非常におもしろい読み物ではあるが、自分のキャリアの参考にしようとしてはいけないと私は思う。

大成功者の物語を読んでも、自分にあてはまらないことが多い。

私の履歴書」の執筆者は、 100 万人に一人しかいないような大成功者だ。私のような凡人が読んでも、なかなかマネすることができない。
 :
 :
むしろ私は、ふつうの人の失敗談の方が自分のキャリア形成の上で参考になると思っている。ふつうのサラリーマンが上司や顧客を怒らせてしまった話を聞いた方が、よほどあなたのキャリアには役に立つはずだ。

飲み会などで聞くふつうの人の失敗談の方が、本音がわかるので参考になる

ふつうの人の失敗談は、我々に「こんなことをしてはいけない」という身近な教訓を与えてくれるので、自分の行動に直結しやすい。明日からの自分の行動指剣の、つにしていくこともできる。

植田統 著   『45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本
――――――――――――――――――――――――――★



ちょっと共感したのでご紹介。

ここでのポイントは

 ・酒の席であること
 ・身近な人であること
 ・失敗談であること

の3つ。

●酒の席であること
酒の席なので、お互いにまじめに聞いてません。

新聞社に取材に来られるような方の話であれば、正座してメモを手に持って聞かないといけないですが、隣の先輩や直接上司といっぱい飲みながらなら気楽に聞けます。聞きたくなければ聞き流してしまってもいい。

そして、話す側もよっているので結構感情表現が豊かになります。身振り手振り、声の抑揚、時には声真似までしてくれます。

人間の記憶は、こういう抑揚やストーリー性に反応しやすいです。意外とそういう話は覚えてるんですね。とっさの与太話ていどならすぐに忘れちゃいますが。

詳細は忘れてしまうでしょうけど、あらすじは結構いつまでも覚えているものです。

●身近な人であること
これは強調するまでもありませんね。

身近な人であればあるほど、その人の置かれている状況などはよくわかりますので、理解がしやすいですし、自分にも起こりうると、主人公を自分に置き換えて話を聴きやすいです。

それと、自分とそれほどレベルが違わないので、「○○だとは思わなかった?」などと自分の意見を挟みやすいです。経団連の会長に「そんなことやるなんて、バッカじゃね?」とはいえませんね。

●失敗談であること
成功談は、聞く側からすると、つまらないです。
やっぱり、人の失敗は蜜の味ですね。


■記憶するために記録する

私は時々、一緒に飲みに行って面白い話を聞けたら、自宅に帰ってから PC の日誌にその話を記録するようにしてます(「時々」ですが)。

そうすると、普通の日誌のように、

 ・課題はなにか
 ・どのようにすればよかったのか
 ・なぜ当初の想定と違ったのか

などの分析ができます。「あ〜、面白かった」ではもったいない

これをちゃんと文字にすることで、自分の体験と同等に自分を成長させることが出来ると思ってます。

■失敗談を話すように仕向ける

酒の席や、一緒にどこかに出張に行く時など、他の人とゆっくり時間をとることが出来るようなときには、なるべくその人の話を聞くようにします。大したテクニックがあるわけではなく

 「なにかおもしろい話ない?」
 「そ〜いや、この前のヤツ、どうなった?」
 「この頃どうよ?」
 「ふむふむ、それで、それで!?」(「それで」を2回繰り返すのがミソ)
 「他には?」

を繰り返しているだけです。いわゆるオープンクエスチョンというやつですね。

こう言われると、相手は何か言わないといけなくなるので(話のボールが相手に行く)、意外といろんなことを話してくれます。



■参考図書 『45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本

E5%AE%89%E3%82%92%E6%84%9F%E3%81%98%E3%81%9F%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%82%80%E6%9C%AC%E3%80%8F%E6%A4%8D/" target="_blank">ビジネスブックマラソン



45歳はキャリアのターニング・ポイントだ。45歳になると、それまでの20数年におよぶキャリアの答えが出てくる。

よくがんばり結果を出してきた人、部下の使い方がうまい人、人望のある人には、取締役や執行役員になり、腕をふるうチャンスが訪れる。

そうでなかった人はポストを外され、転身を迫られる。
 
あなたの45歳からのキャリアは、それまでにあなたがどういう準備をし、どのような経験をし、どういう人脈を作り、どういうスキルを身につけてきたかで変わる。

だから、45歳までに周到な準備が必要になる。

本書は、45歳になって途方に暮れないために、今のうちに読者の皆様が心がけておくべきこと、取り組んでおくべきことを、30のポイントに分けて解説する。

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本
著者 :植田統

45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本
検索 :最安値検索

45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 成功者のストーリ
 45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本
 会議にパワーポイントをむやみに使うな
 1年未満の転職はキャリア上マイナスになる
 部長ならできます
 選択肢を多くしておく
 失敗談を酒の席で聞きなさい
 45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本
 ヘッドハンターを信用してはいけない

●このテーマの関連図書


45歳から5億円を稼ぐ勉強法

人生に悔いを残さない45歳からの仕事術

捨てる7つの仕事の習慣

ミドル世代の危機を乗り越える!45歳からやり直す最高の人生(祥伝社黄金文庫)

企業再生7つの鉄則―成功事例に学ぶ危機からの脱出戦略

残業ゼロでも必ず結果を出す人のスピード仕事術


 

■同じテーマの記事

若いアタマを維持する2

この記事は比較的若い人を対象にしていますので、あまり加齢ということについて触れてきませんでしたが、40台、50台になっても、アイディアや柔軟性というものは必要です(というか、逆にそのくらいの歳になって硬直すれば昇進は止まります)。精神年齢と肉体年齢と実年齢はそれぞれ別者です。実年齢はコントロール出来ないけど、精神年齢や肉体年齢はトレーニングでコントロールできるようになります。若い頃からアタマの柔軟性をトレーニングしていない人はやっぱりある程度の経験を積むと、「過去の経..

会話の技術:話が盛り下がっても頓着しない

中途社員がはいってきたり、新人が配属されたり、あるいは配置転換があったりして、組織の構成員が変わると、たいていはまず「歓迎宴会でもしよっか」となります。上司があまり飲み会の場とかが好きではないと、こういうのが遠ざかりますが、まあ、どこの職場でも1年に数回は、職場の飲み会というのがあるのではないでしょうか。話が盛り下がる職場に気の合った人がいれば問題ないですが、新人と同席になった、上司と差し向かいになった、などとなると案外話が弾..

宴会の席では上司の隣りに座る

部門やグループで飲みに行くことがありますよね。その時、どこに座りますか?通常は、職場で一番親しい人の近くに席を取るのではないかとおもいますが、ここはひとつちょっと気張って上司の隣りに座るようにしてはいかがでしょうか。『話しかけなくてもいい会話術』に書いてあったのですが、簡単に書くと話しかけられたい人の左隣りがいいそうです。..

飲み会はコミュニケーションのツールか?

会社にいると、新年会だの忘年会だの××歓迎会だのといろいろ飲み会がありますよね。どうかすると、上司から「君、今日一杯どう?」と言われたりします。昔はそれなりに楽しんでたような気がしますが、最近はあまり…。飲み会はコミュニケーションになるかこの問題はいろいろ賛否両論ありますね。・仕事なんだから仕事の場で信頼関係を築くべき・その人の生活や考え方を知るためには仕事の場を離れてのコミュニケーションは有効であるまぁ、どちらも正しいのではないかというのが私の勝手な結論。..

計画はゴールから語る

ある程度仕事の経験を積むと仕事のやり方(求められ方)が大きく変わるポイントが有ります。一般職で最初のターニングポイントはプロジェクトを任されるリーダーになるということです。つまり、今まではイチ担当者として、「××を今週中に」とか「を今日中に」とか言う風に、会社・部門としても大きなプロジェクトの一部の明確化した作業を言われていたのが、「を××さんとさんと一緒に完成させて」みたいなすごく曖昧な指示になってきます。それも自分の力だけではなく他人も使って。※こ..

指先を暖める

すっかり寒くなりました。ところで会社では、相変わらず「節電」だそうで、寒い中で仕事をしてます。夏は熱くて、冬は寒い。何とかならんのか…とは思うのですが、そこはサラリーマンなので…指先が冷たくて、キーボボードが打てないさすがに「かじかむ」というところまでは行きませんが、寒いと指先に来て、なんだか指の動きまで悪くなったような気がします。それきに足先、指先が冷たいとなんだかとっても「ビンボー」になったような気がして、ちょっと気分が落ち込んだりします。体の方は、ちょっと厚..

マイクロマウス

Windowsを使っていると、マウスは必需品ですよね。そこで、マウスの私の好みと理由について。ミニマウスマウスのサイズってM,S,miniと3段階あるみたいですね。私の使っているのはこれロジクールのマウスロジクール ワイヤレスミニマウス M187 ブラック M187BK以前はもっと小さいものを使ってましたが、一度使いはじめると、もう大きなマウスには戻れません。マイクロソフトのマウス以前に会社の宴会でくじ引きがあって、景品でこれをもらいました。マイクロソフト ワ..

スナップショットカラーダウン

・え〜っと、今日の宴会の場所はどこだったっけ?・あれ?今日訪問する予定の客先はどこだったっけ?・この前見たあのWebページに面白い絵が書いてあったよなぁなんてことにならないように、ノートに地図やその時のスナップショットを貼り付けて、記録に残す。なんていうテクニックはもう皆さんご存知ですよね。今日は、それをより便利にする方法の紹介。スナップショットをとる以前の記事でも紹介しましたが、私は基本的にテキストエディタ波です。なので、ちょっとしたノウハウを発見した時には、そ..

他人に軽く扱われない技法

本日は、会社内で影響力を高めるためのヒントが満載の1冊の紹介です。著者は、社会心理学を利用したビジネススキルの実践的に紹介してくれている著書が多数ある内藤誼人氏。この人の本はわかりやすくて、あまり理論・理屈だけにとどまらず、実際にどう使うのかをきっちり紹介してくれているので、管理人が好んで読む著書の一人です。参考図書アマゾンで見る他人に軽く扱われない技法楽天で見る職場で、仲間うちで他人に軽く扱われない技法著者:内藤誼人..

できる人の要約力

最近週イチ恒例になりました、私が感動したビジネス書の紹介。本日はできる人の要約力本間正人です。仕事が出来る人というのは、私の知る限り、要約することが得意です。相手の言ったことのエッセンスを読み取り、それにたいして正確な対応ができます。要約の技術はビジネスマンにとって絶対に必要なスキルだと思います。要約するということは、学校でも習いますが、学校ではどうやったらうまく要約できるかという点についてはあまり教えてくれませんでした(自分の経験なので今は違うのかもしれません..

癒しの音楽

癒しの音楽理屈はよく知りませんが、音楽は気持ちを静めたり、逆にやる気を起こしたり、気持ちをコントロールする効果があるそうです。仕事で失敗をして上司に怒られたとか、同僚のだれかとつまらないことで口論をしてしまったとか、まぁ、人間、生きていればいろいろありますって。そんなときに、気持ちを切り替えたり、ゆっくり寝られるようにするためには、音楽を聴くのが効果があります。落ち込んでも立ち直りの早い人は、何らかの「自分復活」の手順を持っている人が..