読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

昇進面接質問のブレークダウン

 


本日は昇進・昇格面談を控えた人に向けた使ってほしい実績アピールの技術について。

■前振り

ウチの会社では6月〜7月が昇進・昇格のための面接試験の季節です。
最近、TOIEC試験も義務化されたため、「今の若い人はたいへんだなぁ」と思わざるを得ません。

なにしろ、英語も勉強しなくちゃいけないし、その上面接でどのようなことがきかれるのか、どうやったらうまく受け答えできるのかも学ばなければなりません。
新卒で採用される時や転職における面接技術というのは本もいっぱい出てますけど、昇進・昇格面接の技術というのは、あまり見かけませんね(私が知らないだけかも)。

でも、人生に1回か2回しかない面接と、数年に1回ある面接なら後者のほうが「もっと大切にされてもいいなぁ」と思ってしまう。
上司との面接(普通は「面談」というのかも)なら、だいたい年間4回(半年ごとに目標面談、実績面談が各2回)あるのに、それほどこのやり方に関して情報が少ない。
Amazonで検索しても、上司との評価面談をうまく乗り切る技術というのはあまり書籍もありませんね(これも探しようが悪いだけかも)。

昇進・昇格面接も基本的には転職面接と同じなのですが、だいたいこんな流れで話がされます。

 ◇自己紹介
 ◇入社後の職務履歴
 ◇最近数年間の実績
 ◇質疑応答
 ◇今後の展望

この質問で面接官としてよくする質問の仕方なのですが、

 「あなたが考える『リーダーシップ』とはどういったものですか」
 ⇒「『リーダーシップ』とは〜〜〜〜〜だと考えます」
 「では、そのポリシーにもとづいて、あなたがとった行動の具体事例を聞かせてください」
 ⇒「え!?、…………」

■あなたが考える『×××』とは?

この×××にはなんでも当てはまります。例えば、前出の「リーダーシップ」。他によく出す質問は

 ・会社に対する貢献
 ・仕事の品質
 ・コミュニケーション
 ・仕事の能力
 ・グローバル化
 ・部下育成
 ・情報共有
 ・見える化

など。私が良くする質問もだいたいこのくらいから、思いつきで適当に選んでます。

実は面接官としては、この質問に対する答えはどうでもいいのです。
その答えが、世の中一般に通用するものなのか、あるいは会社内ではまぁそこそこなのか、あるいは全く論外レベルなのかは、評価してません。もしかして「論外レベル」だったら、「もういいや」になるかもしれませんが。

聞きたいのはその後。

つまり、何をポリシーにしていて、その

 ポリシーにもとづいてどのような行動をとっているか

が聞きたいところ。

ところが、最初の質問に引っかかって、ビジネス書で読んだような格好いい答えを言ってしまうと、その次が続きません。
たとえば、「リーダーシップとは」ときかれて、

  組織の使命を考え抜き、それを目に見えるかたちで確立すること
  ※プロフェッショナルの条件(P185)より

などと答えてしまうと、

  「じゃぁ、あなたの組織の使命は何で、あなたがそれに対してどのようにみえる形で確立していますか?」
  「とっている行動はなんですか?」

と言われた時に、答えに窮するわけです。

この時面接官は内心

 「お前は、どこぞのコンサルか評論家かよ…」

と思ってます。

■自分のポリシーを作る

昇進・昇格するというのは、その組織において、相対的に「他人を指導する」という立場に移動するという意味です。
もちろん、給料も上がりますが。

そういった対象者には、すべからく「組織の視点」「リーダの視点」が問われます。
これは、「ポリシーやルールを作り、それを順守する(させる)力があるか」を評価することにほかなりません。

当然、仕事の効率や成果も問われますが、この「自分の基準」がない人は昇進できません(少なくとも私の会社では)。
おそらく、人間を何十年もやっていれば、大概の人が「基準」をもってますが、これが「表現できるレベルにないといけない」という事です。

あなたは、上の項目「貢献」、「品質」などについて自分の「ポリシー/基準」が言えますか?
もし言えないようなら、短い言葉で言い換えられるように、ノートに書き出して、それを何度も見ておいてください。

仕事をする上でも損にはなりませんよ。

◆このテーマのおすすめ図書


なぜ、あなたの仕事は終わらないのかスピードは最強の武器である

「仕事ができるやつ」になる最短の道

自己開示の心理学的研究

自分に自信がないあなたでも必ずうまくいく素のコミュニケーション術

明日、会社に行くのが楽しみになるお仕事のコツ事典

頭のいい1%の人が使うモノの見方・考え方

 

 

■同じテーマの記事

会話の技術:話が盛り下がっても頓着しない

中途社員がはいってきたり、新人が配属されたり、あるいは配置転換があったりして、組織の構成員が変わると、たいていはまず「歓迎宴会でもしよっか」となります。上司があまり飲み会の場とかが好きではないと、こういうのが遠ざかりますが、まあ、どこの職場でも1年に数回は、職場の飲み会というのがあるのではないでしょうか。話が盛り下がる職場に気の合った人がいれば問題ないですが、新人と同席になった、上司と差し向かいになった、などとなると案外話が弾..

業界の専門家に見えるようにする

業界人に見えないように頭をリフレッシュして生きる業界人に見えない人の特徴は、まだ入社間もないか、相当仕事ができる人のはずだ。業界の枠に閉じこもっていないという点で共通している。私のコンサル時代にもこれはそのまま当てはまり、飛び抜けて優秀なコンサルタントは決まってコンサルタントらしくなかったものだ。絶対に利口ぶらないし、プライベートでは理屈っぽくないし、自分からわざわざ経歴をひけら..

フランクリン効果

ベンジャミン・フランクリンってご存じですか?あの100ドル札に印刷されている人です。つまり、ドルを通貨にしている人たちは知らない人がいないという。いつものようにWikipediaから引用ベンジャミン・フランクリンは、アメリカ合衆国の政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者。印刷業で成功を収めた後、政界に進出しアメリカ独立に多大な貢献をした。また、凧を用いた実験で、雷がelectricity(電..

3つの習慣part1

いや、このタイトルは「7つの習慣」をパクったわけではないですよ。※ちょっとは意識したかな…以前の記事で、あなたを天才にするスマートノートという本を紹介した時に知識→教養→見識(統合)という知性の進化の過程を書きました(筆者の受け売りです)。じゃぁどうしたらそれができるのかというと、意外と難しいですね。ちょっと以前の記事では、テーマが違っていたので、「ゲシュタルトを形成する」としか書きませんでしたが、名前は難しいで..

やらない勇気

「さん、口(くち)ばっかり」私が何人かの後輩を指導してチームで活動し始めた頃、こう言って文句を言われたことがあります。この秋、昇進して部下を持ったり、複数人のチームのリーダになられたかも多いと思います。最近は課長に昇進しても「プレイングマネージャー」と称して自分も担当を持つし、さらに指導するべき部下も持つという会社が増えているみたいですが、私は個人的にはこの制度には反対。マネージャーはマネージャとして活動するからマネージャーなのであって..

貧乏人の経済学

今週は夏休みにぜひ読んでほしい本を紹介していきます。本日は、この一冊。貧乏人の経済学 - もういちど貧困問題を根っこから考える本書は、仕事のスキルを伝える本ではありませんが、「貧乏人」→「仕事で成功しない人」と置き換えて読んでも全く違和感がありません。おそらく、経済的な貧乏人と仕事をする上での成功しない人はほぼイコールだからでしょう。結局「仕事ができない人」というのは、経済的に貧乏な人と同じく、「投資していない」という事なのか。というのが本を読んだ感想。もちろ..

上司のための心理学

本日は、部下を持った人、あるいは部下を持つ直前の人に読んでほしいビジネス書の紹介をします。まだまだ若い人で、部下を持つなんてまだだいぶ先のことだと思っている人も、本書にあげてある程度の言葉は、その概要と実際にどのように応用するのかについて、一つづつ勉強して置くとすごくいいです。というのは、本書に書いてある事柄がすごく網羅的で、それぞれの1節ごとに本が何冊かかけてしまえるくらいのボリュームを持ってます。なので、この本を読んだだけでは、初めての言葉は消化不..

意思決定をする

本日は、ちょっといつもの軽い仕事術ではなく、ちょっと考えたいこと。ドラッガーの著書「創造する経営」ドラッカー名著集6 創造する経営者: 6から。未来を築くためにまず初めになすべきことは、明日何をなすかを決めることではなく、明日をつくるために今日何をなすかを決めることである。やっぱ、ドラッガーはいいこと言うなぁ。でも..

影響力の武器

今日はライバルにはあまり読ませたくない本の紹介。さまざまな交渉や営業活動、あるいは対人関係において、自分の望む答えを相手に言わせることができますか?結構難しいですよね。これをやってしまう力のことを「影響力」といいます。その影響力はどうやったら生まれるんでしょうか。よく周りを見渡してみると、「この人交渉上手だな」「この人が言うとみんな従うなぁ」と思わせる人がいると思います(もちろんその人の地位もあるでしょうけど)。その人たちと、どこがどう違うと、こうこと..

内省と探求

内省と探求内省とは、考えるプロセスのスピードを緩めて、自分がメンタルモデルを形成した家庭をはっきり意識することです。探求とは、自分たちの見解をオープンに分かち合い、互いの考えの前提を知るような話し合いをすることです。内省内省的に考えるというのは、「××であるべき」「××なのが理想」と考えた時に、それに基づいて答えを出すのではなく、なぜ「××でなければならないのだろうか?」と考えることです。自分の価値観や判断基準、前提条件がな..