読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

あれ、これ、それで会話する

 

 

■コミュニケーションの目標

 「ウチの会社(部門でも可)はコミュニケーションが悪いので改善しよう」

よく管理職になると必ずこういう話が、何年かに一度は出てきます。

部下からいわれたときには

 「はあ? コミュニケーション? なにそれ?」

みたいに返しちゃうのですが、上司から言われた時には

 (揉み手をしながら)
 「そうですね〜。やっぱりコミュニケーションが大事ですよね〜。」

なんて答えます。サラリーマンですので。

ちなみに私からは「コミュニケーションが悪い」という発言はしたことがありません。

だって、「良い」とか「悪い」とか言うのは、何かとの相対関係を表してますよね。
つまり、目標値と現状があって、そのギャップがプラスの時には「良い」と言い、マイナスの時には「悪い」というんですから。

 じゃぁ、コミュニケーションの目標値はどういうものなの?

って答えられますか?

少なくとも私には答えられません。
だから、「良い」も「悪い」も言わないようにしてます。

■理想のコミュニケーション

でも、ちょっとだけ理想状態というのがあります。

こんな会話ができること。

 上司:「○○君、あの件どうなった?」
 部下:「はい。あの件は、例の会社ああなっちゃんで、あっちの部署に回しておきました」
 上司:「あ、そうか。了解。」
 上司:「じゃあ悪いけど、こっちの件うまく頼むよ。」
 部下:「はい。じゃぁ今度報告しますね。」

お気づきのように、固有名詞ではなく指示代名詞や曖昧な表現が多いですよね。

一般的に、コミュニケーション術で教えられるのは、「指示代名詞を使わないように」ということなのですが、私の理想は、指示代名詞だけで仕事ができること。

私の親がそうだったのですが、

 父親:「おい、あれ」
 母親:「はい」(灰皿が出てくる)
 父親:「さてと…」
 母親:「あ、そこに入ってるから」
 父親:「ん…」(バスタオルを引き出しから出す)

こんなふうでした。
こういうのが理想的にコミュニケーションがとれている状態なのではないかと思ってます。

 相手が考えていることが即座に伝わり、その結果も即座にフィードバックされる

ということで、時々部下に、

 「あれってどう?
 「例の件、いまどんな感じ?

と聞いて試したりしてます。

殆どの場合、

 「へ? アレって何でしょ?」
 「漢字もひらがなもないですよ!」

と返されてしまいますが…。

でも時々、それで聞きたいことががえってくるとすごく嬉しいです。ま、1000回のうち1回くらいですかね。
ということは、私と部下のコミュニケーション性能は0.1%ってとこですか。

まぁ100%伝わったら、どちらかがESP(エスパー)なのかも、ですが。

本当は、脳が老化して、すぐに固有名詞が出てこないだけかも…。

◆このテーマのおすすめ図書


仕事がうまくいくコミュニケーションの技術―IT教育コンサルタントが教える

手書きの戦略論「人を動かす」7つのコミュニケーション戦略

苦手な人が気にならなくなる本

中村貞裕式ミーハー仕事術

国連で学んだ価値観の違いを超える仕事術

本当に賢い人の丸くおさめる交渉術

 

 

■同じテーマの記事

オフラインモードで内面刺激を受ける

スマホや携帯電話はとても便利なものです。それどころか仕事をする上でも、自己啓発などでもいまでは必須のツールになっています。一方で、よくよく振り返ってみると、外から入ってくる情報や指示に振り回されているような感覚もあります。オフラインモード私は月に1度はオフラインモードの日をもうけてます。この日は、朝からスマホやネットに繋いだ PC の電源は全部 OFF。といっても、終日ではありません。イスラム教で言う「ラマダン」みたいなもの。..

会話のトレーニングをする

初対面の人といきなり話し始めて話が弾む人っていますよね。人見知りで口べたな私からみると羨ましい限り。最初の話題の選択肢なにが難しいって、最初の話題がもっとも難しいです。たとえば異業種交流会などのオフ会で、全く初対面の人と食事を一緒にするハメになると、もうひたすらビールを飲んでる。ただひたすら沈黙と食器の音だけ…。ところが同じ席に、話の上手い人がいると全然違います。いきなりサッカーの話題で盛り上がったり、会社の雰囲気の話になった..

記憶術:ガムを噛むと記憶力がよくなる

個人的な趣味ですが、けっこう歯ごたえのある食べ物が好きです。まぁ、だれかに言われたからそうしているわけではなくて、単に好きというだけですが、スルメやタコ、ジャーキー、かんぴょう、レンコン、餅といったもの。そのおかげでなのか知らないですが、過去歯医者にかかったのは中学生のときに一度あっただけで、それ以外はまったくなし。歯だけは健康優良児です。この「物をよく噛む」という習慣は、歯にいいだけではなく、記憶力にも影響しているというのが、..

読書のアウトプットの増やし方

「インプットをしたらアウトプットしないといけない」過去記事でもこういうことを書いていますし、多くのビジネス書にも書いてあります。おそらく何かに習熟するためには普遍的に必用なことかと思いますが、ビジネス書などに取り上げられているのは、たとえば、「本を読んだら読書感想文を書きなさい」とか「人に教えなさい」とか、結構ハードルが高いことが書かれてます。私も本を読んだら、殆どの場合は読書記録(感想文ではない!)を書いてますし、本ブログに自分のコメントを付けて公開したりしてます。..

きっかけを聴く―部下・後輩の無理筋な要求への対応

ムチャな要求をしてくる部下「忙しくてたまらないからもっと増員してほしい」「機能のあるアプリを買ってもらえると××できるようになる」部下・後輩からこういう要望やアイディアが出てくる時があります。増員やアプリの購入などは予算や計画があることですし、簡単には出来ません。私の同僚でも、従業員満足度を上げるために部下の要望をざっくばらんに聞きなさい」と言われるけど聞いてしまったら何らかのアクションが必要になるが、それを上司(部門長)が簡単に認めてくれるわけがない。結..

会議が失敗する理由

会議の一つの形態である「ワークショップ」と言うものがあります。日本では「体験型講座」みたいに理解されてますが、本来はプロジェクトにおける関係者の合意とコミットメントのための仕組みです。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、ワークショップについて、「ワークショップが失敗する理由」が書かれてますが、ここで言う「ワークショップ」は後者の意味です。会議が失敗する理..

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:時間を記録し分析しなさい

時間管理で失敗する原因というのはいくつかあります。原因がわかれば対策のしようもあるのですが、自分が原因でない割り込み仕事や浪費はなかなか改善できません。割り込み自体を減らすことは難しいのですが、その割り込みを受け付けるかどうかは自分の行為として判断可能です。代表例として電話があります。電話はこちらの都合にかかわらず、いきなり「最優先で対応してくれ!」と言っているのと同じ。放置するわけにも行かないので出ると、ちょっとした要件プラス..

知らないことを聞くときには、関連する情報を付け加える

仕事上で話をしていて、自分の知らないことを相手が言ってきたような場合、「すみません、ってなんですか?」と聞くよりもいい方法があるそうです。聞き方にもポイントがあって、まずは聞き方自体の問題です。「すみません、って何ですか?」とストレートに聞くのでは、無知な印象を与えてしまうので、「勉強不足で恐縮なのですが、今おっしゃっていたというのは、どういうものなんでしょうか?××..

子供の論理で気分を変える

よく残業時間が減らない理由としてあがるもののひとつにみんな頑張っているのに、自分だけ先に帰りにくい上司が遅くまで残っていて、部下としては帰りにくいみたいな「帰りにくい雰囲気」というのがあります。実際には、「上司・先輩より先に帰ってはいけない」なんてルールがある会社は、たぶんありませんが。交流分析交流分析っていう心理学(だと思う)があります。おそらく、多くの人が、コミュニケーションのトレーニングとして実際に受講したり、何かで..

ワークショップを理解する

研修などで「ワークショップ」っていう討論の時間が設けられていることがあります。もともと、ワークショップと言う名の研修もあります。でも、その参加者がワークショップの意味をどのくらい正確に理解しているかと言われると、個人的には結構心もとない、と思ってたりします。ワークショップの意味ワークショップの意味は、というと Wikipedia にはこんなことが書いてありました。ワークショ..

新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる

なにか新しいことがやりたい時に、ひとりでは出来ないので、協力者がほしいですね。そういう時に、協力者を巻き込んでしまう秘策があります。アンドルー・カーネギーの成功の秘訣は何か?カーネギーは鉄鋼王と呼ばれているが、本人は製鋼のことなどほとんど知らなかった。鉄鋼王よりもはるかによく鉄鋼のことを知っている数百名の人を使っていたのだ。しかし、彼は人のあつかい方を知っていたそれが、彼を富豪..