読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

記憶力を高める

ハック 記憶力

 


人間はどうやってものごとを学習したり記憶したりしているのでしょうか?

もし、これがうまく制御できたら、便利だと思いません?

・昨日出張に行ったけど、タクシーの料金っていくらだったっけか?
・昨日あったあの人。名前なんだったかな?
・あれ? 今日の予定で入っていたミーティング、何時からだった?

などなど、管理人は、自分の記憶力の悪さには特上級の自信があったりします。

■認知行動学

人間の頭のなかはどうなっているのか、学者さんたちは一生懸命研究をしてくれています。
その成果はちゃっかり頂いちゃいましょう。

一股に、人間の頭のなかの情報処理は、3つのシステムが連携して達成されていると言われているらしいです。いわゆる「感覚登録器」「短期記憶」「長期記憶」の3つ。

◆間隔登録器

感覚登録器とは、すべての情報の人り口。
いわゆる、視覚、聴覚、触覚などの五感がここに位置します。これらの器官から人力された情報のなかで、「注意」が向けられたものは「短期記憶」というところに送られます(短期記憶は、のちに作業記憶とよばれるようになる)。

問題は、「注意が向けられたものだけが短期記憶に送られる」ということ。

つまり注意していないものは、「知覚されない」。
ここの議論は、過去の記事でも時々書きましたが、今日は本題ではないので省略。

◆短期記憶

一般に、短期記憶は数秒程度しか情報を保持できないそうです。
ある実験によれば、その期問は15秒なのだとか。
※私は最も短いような気もしていますが、個人差かな?

短期記憶の容量を示した古典的な研究にミラーのマジカルナンバーがあります。
詳細については

   Wikipedia
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC

これによると、人間が一度に記憶できるのは、「7士2チャンク」なのだそうな。

チャンクというのは情報の集まりのこと。
たとえば、「neckddisonypana」は合計で15桁有りますね。ちょっと覚えてみてください。
で、3秒後にこれをもう一度書いてみてください。 出来ました?

ところがこれを

  nec kddi sony pana

に分けると、もう大丈夫ですよね。たった4つの塊なので覚えられます。
これがチャンク。

◆長期記憶

はい、円周率を言ってみてください。

  3.1415926535…

ですね。数字の羅列としては、まったく規則性がないのに意外と覚えてますよね。
なぜでしょう?。
※いわゆる「産医師(さんいし)異国に向こう、産後薬(やく)なく……」ですね。
※ちなみに、これを10万桁まで覚えた人もいるそうです。役に立ったのかな? そういうの好きですが。

短期記憶から長期記憶に移すためには、反復と印象化がカギです。
これは「有意味化」「イメージ化」「物語化」というそうです。要は印象として残るものに置き換えてしまえばいいわけ。
この一部が「スキーマ」というやつ。
これは過去記事結起承転結を参照してください。

■グルーピングする

前置きが長くなりましたが、要するに、記憶するためには、知覚→短期記憶(チャンク化)→長期記憶(印象化・反復)がされればいいわけです。

ノートやメモに相手の話や覚えたいことを書き出して行く事で、「知覚」されるようになります。
ただ、ノートやメモに書きだしただけでは、記憶に残りません。

このためには、「印象化」が必要なんですね。
たとえば、「弊社の売上は年間1212億円です」と言われた時に、これを覚えておこうとするのであれば、「あ、行進曲ね(イチ、ニィ、イチ、ニィ)」みたいに連想して、それをメモに書き加えてしまいます。
また、新しいお客様にあった時には、「眉毛太い…」とか、「山下です」と言われて、「歌手の山下智久と同じだ」とか連想して、これもメモしておけばいいわけです。

複数のことを覚えるためには、それを「チャンク」にすればいいわけです。

ニートが増えている」「ニートのことを自宅警備員とよぶ」「企業の採用が厳しくなっている」などの相関のある話を線で結び、ひとつの塊として認識できるようにしてしまうわけです。
で、そのトリガになる「構造不況」という言葉を全体をまるでくくって書いておきます。

そうすると、「構造不況」という言葉を見た途端に、「ニート」「警備員」「採用」などの話が記憶から芋づる式に引き出せるようになります。

マインドマップを使う

単語だけでよければ、一番適したのが、「マインドマップ」。
出てきた単語をどんどん書き出して、それをあるキーワードでまとめます。

ただ、手描きだと後から枝の先を別の幹にくっつけることができないので、PCやスマホで書くのがいいです。もし講習会みたいにレジュメのあるものであれば、レジュメを予めマインドマップの幹に書いてしまっておくと、話の流れで常に大本が参照できるようになっているので、迷子にならなくてすみます。

私の場合、講習会に行くと必ずノートにマインドマップを書いてます。
ここにキーワードや気がついたことがいっぱい書いてあるので、その講習会の話の内容を半年後でも割合鮮明に思い出すことができます。

■図解する

ただ、複雑な相関関係はマインドマップでは書きにくいので、2次元的に書き出すにはやっぱりノートの図解が一番です。

図解と言っても大したことはやってません。
単語やキーになる文章を書き出して、それをマルで囲み、他のマルと線で結んでいるだけです。
これだけでも随分記憶力が変わります。

■繰り返す

重要だと思ったものは、この図解やマインドマップを何度も書き直します。

 見直すではなく、書き直す

こと。これが反復になります。

その上、書き直すとよりスッキリ整理されるので、無駄な情報が落ち、適切な言葉に置き換えられるようになります。より洗練されてくるっていう感じでしょうか。

なので、私のノートには、ひとつのプロジェクトのマインドマップが何回も出てきます。
これは時間術的に見ると、同じことの繰り返しなので無駄ですが、記憶の整理や思考の整理にすごく役立つので、それにもとづいてさらに次の判断をするために必須の作業です。

あなたも是非、今年のプロジェクトについて、何度もまとめ直してください。
思考が深まり、新しいアイディアや行動が見つかり、年末の業績評価で、きちんと実績について説明することができるようになりますよ。

◆このテーマのおすすめ図書


「知的生産力」を上げる技術

「1分スピード記憶」勉強法

絶妙な「脳力」を作る技術―あなたのアタマが生まれ変わる「例の方法」

まんがでわかる頭をよくするちょっとした「習慣術」

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める

反対尋問の手法に学ぶ嘘を見破る質問力

 

 

■同じテーマの記事

ミスを連発してしまったときの対処方法

仕事をしていれば、何かしらのミスは起きます。一番落ち込むのは、同じようなミスを連発してしまったときですね。「あ〜、もう!オレのバカ!」ってがっくり来ます。たとえば、メールの宛先を「杉山さん」に送るつもりが、「杉本さん」に送ってしまった。「やばい!」と思って送り直したら、今度は「杉木さん」に送ってしまったとか。こういうのがあると、本当に「イラッ」とします。キーボードに八つ当たりしたくなる(実際、してたりしますが)。..

オフラインモードで内面刺激を受ける

スマホや携帯電話はとても便利なものです。それどころか仕事をする上でも、自己啓発などでもいまでは必須のツールになっています。一方で、よくよく振り返ってみると、外から入ってくる情報や指示に振り回されているような感覚もあります。オフラインモード私は月に1度はオフラインモードの日をもうけてます。この日は、朝からスマホやネットに繋いだ PC の電源は全部 OFF。といっても、終日ではありません。イスラム教で言う「ラマダン」みたいなもの。..

それでも紙のノートは手放せない―オススメのノート5選

いろいろデジタル化してきて、随分出番が減ってしまいましたが、それでもやっぱり紙のノートはなくなりません。あの使い心地やぱっと出して必要な事項を詰め込めるスピード感はまだまだ PC やスマホでは実現できません。私の普段使いノートは マイノートの作成 でご紹介した百均のキャンパスノートを加工したものですが、他の会社の人との打ち合わせなど公式の場に持っていくのは、モレスキンだったりします。ほかにかなりもいろいろ試しました。その中から、「最強のノート」だと思うノートをご紹介し..

記憶術:ガムを噛むと記憶力がよくなる

個人的な趣味ですが、けっこう歯ごたえのある食べ物が好きです。まぁ、だれかに言われたからそうしているわけではなくて、単に好きというだけですが、スルメやタコ、ジャーキー、かんぴょう、レンコン、餅といったもの。そのおかげでなのか知らないですが、過去歯医者にかかったのは中学生のときに一度あっただけで、それ以外はまったくなし。歯だけは健康優良児です。この「物をよく噛む」という習慣は、歯にいいだけではなく、記憶力にも影響しているというのが、..

リンクリストを活用する

私は「リスト」をいろいろ作ります。リストのいいところは、なんでもかんでも一覧で見えてしまうこと。たとえば、何か買い物に行くのであれば、メモ帳に「買うものリスト」を作ってますし、OneDriveには「ほしいものリスト」、Outlookには、「タスクリスト」や「ToDoリスト」「やらないことリスト」などなど。本日はこのリストの中でちょっと変わり種。リンクリストのご紹介リンクリストリンクリストは、単体でリストとして存在しているわけで..

若いアタマを維持する2

この記事は比較的若い人を対象にしていますので、あまり加齢ということについて触れてきませんでしたが、40台、50台になっても、アイディアや柔軟性というものは必要です(というか、逆にそのくらいの歳になって硬直すれば昇進は止まります)。精神年齢と肉体年齢と実年齢はそれぞれ別者です。実年齢はコントロール出来ないけど、精神年齢や肉体年齢はトレーニングでコントロールできるようになります。若い頃からアタマの柔軟性をトレーニングしていない人はやっぱりある程度の経験を積むと、「過去の経..

子供の論理で気分を変える

よく残業時間が減らない理由としてあがるもののひとつにみんな頑張っているのに、自分だけ先に帰りにくい上司が遅くまで残っていて、部下としては帰りにくいみたいな「帰りにくい雰囲気」というのがあります。実際には、「上司・先輩より先に帰ってはいけない」なんてルールがある会社は、たぶんありませんが。交流分析交流分析っていう心理学(だと思う)があります。おそらく、多くの人が、コミュニケーションのトレーニングとして実際に受講したり、何かで..

記憶術:バロック音楽をBGMにする

わたしはクラッシックをよく聞きます。最近は、音楽を聞いている時間というと、8:2でクラッシックになっちゃいました。※その他の時間は、j-pops か 演歌。たま〜にロック。意図してそうなったわけではなく、自宅でパソコンをしているときや、何かの作業をしているときに、何か音がないと寂しいし、歌があるとそっちに意識が行ってしまって効率が悪いからなんですけど。実は、クラッシックを聞くことって、記憶力を高める効果もあるそうです。..

記憶術:ネットワークを作る

何かを記憶したいと思うと、ひとつよりも複数のほうが記憶に残りやすいという特性があるそうです。知識のネットワークを作るチャンク化を行なうというのは、頭の中でネットワークを作り上げるのと似ています。バラバラの情報を、クモの巣のように、お互いに結びつけていくのです。たとえば、「イチゴ、リンゴ、マンゴー」を覚えろと言われたら、"果物の名前" だなと関連づければ、すぐに覚えられます。「ニト..

記憶術:イメージ記憶法で絵にする

学生時代に、テストの直前に教科書の一部(公式や年号)を丸暗記して臨んだ記憶があります。まあ、結果は「やってもやらなくても」状態だったような気がしますが、まあそれでも必死に覚えようとしていたことだけは確か。テストの前だけですけど。カナダの心理学者アラン・パイボ博上と、ファイン・デスロッチャーズ博士は、大学生に、普通の丸暗記とイメージ暗記をやらせて、その効果を比較してみました。すると、..

記憶する技術:呼吸法を取り入れる

呼吸法と記憶力は直接結びつかなさそうな気がしますが、実は呼吸法で記憶力が変わるそうですリズミカルに呼吸すると記憶力が上がる呼吸訓練で、記憶力を高める私たちは、普段何気なく呼吸をしています。そして、自分がどのような呼吸をしているかは、あまり気にしていません。ヨガや瞑想に興味のある人でなければ、わざわざ呼吸法を学ぼうという人もいないと思います。しかし、きちんとした呼吸法を身につけ..