読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

人の発言にはウラがある

 


 「それじゃあうまく行かんよ」

なにかの提案をした時に、こう言われた経験のある方も多いのではないでしょうか。

それを額面通り受け取ってはいけません。


■人の発言にはその人の利益がある

世の中の専門家や評論家と言われる人たちがテレビや新聞・雑誌などで色々コメントしてますね。

 「これからの世の中はこうなる!!」

とか。それが概論的には我々シロウトでも予測できるようなことでも、ちょっとしたキーポイントや論拠をうまくつけると専門家らしくなります。しかし、そういったことはなんとでも言えるのですよ。

本記事でも何度か書いてますが

 事実には色がない

ので、どの様な色をつけて解釈するかはその人次第です。

じゃあ、どのように色を付けるのかというと

 直接・間接的にその人の利益になるように色を付ける

のが普通です。よほど「考えなし」に発現する人を除けば。

たとえば、雑誌などで製品の評価記事を書いている人は、その製品を「これは役に立たない」などとは絶対に書きません。だってそれじゃあ原稿料がもらえなくなっちゃう。本の書評記事でも、その本を「これを読んでもあなたの役にはたちません」などと書けば、それを見て買ってくれる人はまずいないでしょう。だから、「この本は○○の人にすごく役立つ(○○はだれにでも当てはまりそうなもの)」というふうに書くわけです。

間接的な効果を狙うなら、片っ端から製品をくそみそに言って、それで自分の注目度を集め、それによってマスコミへの出演機会を増やす、などという作戦もありでしょう。

いずれにせよ、ほとんどの人は、自分の利益を第1に考えて発言をするわけです。

■発言の裏を読む

こう考えると、「それじゃあうまく行かんよ」という発言をした人は、あなたの提案を否定することで何らかのメリットがあると考えられます。

この「何らかのメリット」を探し当てられれば、あいてを説得する方法があるわけです。

 「私の提案を飲めば、このメリットが得られますよ」

と言えばいいわけですね。直接的に言うか、相手にそう感じさせるかはその場次第ですが。

もしあなたの提案に対して反対する人がいたら、「反対することのメリット」を考えてみましょう。それも相手の立場になって。

究極的には

 ・部門の方針・部門としての価値基準
 ・その人の仕事量
 ・その人の他者への影響力

このあたりが発言の背景に必ずあります。

なので、もし「それじゃあうまく行かんよ」と言われても、「そうですか」とすぐに引っ込めてはいけません。

さらに、「それを否定することであなたのメリットは?」などと直接的に聞いてもいけません。

 「どこに課題があると思われますか?」
 「懸念点は何ですか?」

などをとっかかりにしながら、少しづつ相手の考えている外堀を埋めるようにしていきます。

このお話は、以下の資料を元にしました。

★P225〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

第1の質問。その専門家は、その予測をすることでどのようなメリット(たとえば報酬)を得られるのだろうか?その人は雇われている身だろうか?予測を外してばかりいると職を失う恐れがあるのだろうか?執筆や講演で生計を立てている自称カリスマ的な指導者だろうか?メディアにたびたび登場する専門家の予測は人目を惹くが、調査結果が示すように彼らの予測は外れやすい。どういう立場の人が予測しているのかをよく見極めよう。

ロルフ・ドベリ(著) 『なぜ間違えたのか
――――――――――――――――――――――――――――★

 



■参考図書 『なぜ間違えたのか

わたしたちはよく、誤った判断を下してしまう――。
自分を過小評価するよりも、過大評価することのほうがはるかに多い。
何かを手に入れるときよりも、失う危険があるときのほうが、はるかに素早く反応する。
このような傾向を知っていると、自分の行動がどんな間違いにつながるかを予測できるようになる。
本書ではそんな、誰もが陥ってしまう「思考の落とし穴」を52項目、ユーモアあふれるイラストとともに、切れ味鋭く解説する。
世界各国で話題となっているドイツ発のベストセラー、待望の邦訳!

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

なぜ間違えたのか
著者 :ロルフ・ドベリ

なぜ間違えたのか
検索 :最安値検索

なぜ間違えたのか
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 確証のワナ
 自己管理能力を上げる方法
 成功者をマネても失敗する
 一枚岩チームに所属しない
 最初からうまかったからプロになる
 見えているけど見えない反証を見なさい
 サンクコストの誤判断を避ける方法
 なぜ、間違えたのか?

●このテーマの関連図書


HELP!―最強知的“お助け”本

畑村式「わかる」技術(講談社現代新書)

哲学で自分をつくる19人の哲学者の方法

戦略にこそ「戦略」が必要だ―正しいアプローチを選び、実行する

(文庫)本質を見抜く考え方(サンマーク文庫)

水平思考の世界


 

■同じテーマの記事

確証のワナ

「確証のワナ」というのは、以下の本に紹介されている言い回しです。わたしたちはみんな、世の中の流れや自分の将来、今後の経済の状況、投資先の発展、仕事の成功など、あらゆることを推測しなければならない環境に置かれている。予想せずに生活することはできない。だが、その予想があいまいであればあるほど、「確証のワナ」の影響を強く受ける。「人間はもっとも優れた生物だ」と考えている人は、その考えが正しいことを示す..

自己管理能力を上げる方法

私は自分で決めたことを守ることは不得手です。逆に、他人に決められたルールを守るのはわりとできているのではないかと思ったりしています。たとえば、交通ルール。赤信号で交差点に突っ込んでいってはいけない。車は左側通行。※まあ、多少の逸脱はあるかもしれませんが。これが、「毎日腹八分目にしよう」とか「毎日、ストレッチをしよう」「毎日本を読もう」みたいな自分決定ルールだと、よく持って一週間。下手をしたら翌日にはもうなかったことに。自己管理..

成功者をマネても失敗する

あまり、私ごときがいうことはありませんが、いかの部分は、セミナーやビジネス書、成功者の自伝書などを読むときに意識していることです。生き残りのワナ日常においては成功が失敗よりもはるかに目立つために、成功への見通しを甘く見て過大評価してしまう。このことを、[生き残りのワナ」と呼ぶ。その世界の内側の様子を知らない一般人は、彼のように錯覚を起こす。成功の可能性がごく..

一枚岩チームに所属しない

ある方針に対して、「全員賛成」という状況が起きたら要注意です。経験的には、なにかマズイことが起きていると考えたほうがよいと考えてます。全員一致の幻想幻想の1 つは、自分たちを不死身であると思い込むことだ。「我々の指導者(ここではケネディ) とグループのメンバー(側近)が、この計画はうまくいくと確信しているのだから、この決断は正しい」という考え方だ。次に抱くのが、満..

最初からうまかったからプロになる

よくテキパキ、バリバリ仕事をこなして、サラリーマンではなくビジネスマンという人がドラマなどに登場します。羨ましいですね。私などはドン臭いので、あっちで失敗し、こっちで怒られ、部下には突き上げられて…じゃぁ、いろんなトレーニングをすれば、ドラマに出てくるようなかっこいいビジネスマンになれるのかというと、長年仕事をして来た結論として、無理です。スイマーズボディ幻想..

見えているけど見えない反証を見なさい

「想定外」と言う言葉、ちょっと前にはやりましたね。私などは、毎週、何か「想定外の出来事」に見舞われて、ジタバタしてます。何で、起きてしまえば当たり前のことが、事前には「想定外」になってしまうのでしょうか?仮説を検証することは毒になる問題解決の方法として、仮説をたてる→仮説を証明するという方法が取られます。その時に、「想定外」の落とし穴にはまります。..

サンクコストの誤判断を避ける方法

「サンクコスト」ってご存じですか?これは、人間の心理的には避けられないものらしいです。過去、多くの成功者がこの罠にハマって、成功者の椅子から滑り落ちました。いつものようにWikipediaから引用Wikipedia:埋没費用埋没費用(まいぼつひよう)とは、事業に投下した資金のうち、事業の撤退・縮小を行ったとしても回収できない費用をいう。サンク・コスト (sunk cost) ..

なぜ、間違えたのか?

参考図書 『なぜ、間違えたのか?』書名:なぜ、間違えたのか?著者:ロルフ・ドベリわたしたちはよく、誤った判断を下してしまう。自分を過小評価するよりも、過大評価することのほうがはるかに多い。何かを手に入れるときよりも、失う危険があるときのほうが、はるかに素早く反応する。このような傾向を知っていると、自分の行動がどんな間違いにつながるかを予測できるようになる。本書ではそんな、誰もが陥ってしまう「思考の落とし穴」を52項目、ユーモアあふれる..

人の発言にはウラがある

「それじゃあうまく行かんよ」なにかの提案をした時に、こう言われた経験のある方も多いのではないでしょうか。それを額面通り受け取ってはいけません。人の発言にはその人の利益がある世の中の専門家や評論家と言われる人たちがテレビや新聞・雑誌などで色々コメントしてますね。「これからの世の中はこうなる!!」とか。それが概論的には我々シロウトでも予測できるようなことでも、ちょっとしたキーポイントや論拠をうまくつけると専門家らしくなります。..