読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

TODOリストはいいかげんに作る

 

 

■TODOリスト

仕事術とか時間管理術などででてくるTODOリスト(タスクリストとも言いますね)。
これをやれば仕事が出来るようになるかのように書かれている本が多いですが、私の失敗経験からすると、

 TODOリストを作ること=できるビジネスマンになる

という等式が成り立つわけではないみたいです。
※私の回りにもTODOリストなんて持ってない「できる人達」がいっぱいいます。

まぁ、「やらないよりやった方がいい」程度のものと捉えたほうがいいみたいです。
ちょっと失敗談など。

■完璧主義

どうも私は完璧主義に陥る場合があって、こういったビジネス書を読んで

 そうかTODOリストでタスクを管理しないといけないんだ

と思い込んでしまいました。

そこで、まず、TODOリストをつくるために、

 ・TODOリスト用のリフィルノートを用意する
 ・そのノートにやらなければならないことをどんどん出す
 ・それを整理して、短時間で済むもの、ちょっと時間のかかるものに分ける
 ・時間のかかるものはさらに細分化する

という作業をすることにしました。

まぁ、あたり前の作業ですね。

あちこちに散らばっているメモやノートに書かれていることを1つづつ追いかけながら、次にやらないといけないことを出していったわけですが、最後には、もう何度もあちこち見返して、トリガリスト(GTD参照)を見なおしても、もう何も思いつかない。

GTDでも、こういった作業を推奨してます。
数時間一人の時間を作って、今やらないといけないと思うことをどんどん出していき、もう何も思いつかない、というところまで出しなさいと。

そうなると、単純な私は、必死になって頑張るわけです。そして…

 「よ〜し。できたぞ!!」
 完成すると達成感に浸れる
 「ああ、やれやれ、ひと仕事終わった」

とこれで満足。
疲れ果てたものの、やり遂げた充実感でいっぱいで、その日の仕事は終わり。←??

いと。

でもしばらくすると、

 「あれ、この仕事、TODOリストにないぞ」

というものが発見されると、

 「だめだ!! TODOリストで管理しなくちゃ」

とまた、TODOリスト作りに戻るわけです。
はい。無限ループ決定!!

■タスクは実行してナンボ

やるべきことが全て書いてあるTODOリストを作ろうとすると、それを作る労力も、それを維持する労力も半端ではありません。
シゴトが進んだわけではないのに、疲労感と達成感は120パーセント状態。

でも、それ(TODOリスト)は使ってこそ意味があるけど、私みたいに近視眼なヤツはどうしても手段(TODOリスト)が目的化しちゃう。

GTDなどでは、

 頭のなかにおいたままなので、それをふと思い出した時に、心配になってそちらに気が取られてしまう。信用できるリストを持っていれば、安心ができる。

というふうに説かれます。これ自体は確かにその通りです。
不安というのは、ぐるぐるまわるので、それに意識が引っ張られてしまいます。

確かにそれは事実なのですが、常にホコリのない部屋を維持することができないように、常にすべてが書かれているリストなどというものも凡人には維持できません(少なくとも私には無理)。

それよりも、今やっているタスクをより良い物にしようと考えることによって、成果が出ます。

■いい加減なTODOリストがちょうどいい

もしあるタスクを実行中に別のタスクを思いついたら、デスクトップ付箋にサラサラっと書いて、また仕事に集中したほうがよっぽど成果が出ます。
もしそのメモをTODOリストにまとめ忘れたり、紛失したり、あとで読んでも意味がわからなくても、気にすることはありません。

 書きだしたことで満足すればいい

ということ。

 心配なものなら、TODOリストに入れようが入れまいが、また思い出します
 それを入れたかどうかをチェックするためにタスクリストを開いて探すこと自体がムダ。

というふうに悟ることにしました。

思いついたタスクは、TODOリストの中にあるかもしれないし、ないかもしれない。もしかして忘れてしまうかもしれない。
でも本当に必要な物だったら、嫌でも、後でまた思い出すか、誰かから請求がありますって。

まぁ、その程度でいいんじゃぁないですか。
それよりも、ちゃんと成果の出る行動をとったほうがよっぽどよさそうかも。

◆このテーマのおすすめ図書


仕事ができる人の「しないこと」リスト

超図解「仕組み」仕事術最新版

アナタはなぜチェックリストを使わないのか?ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!

「仕事が終わらない!」を抜け出す200のアイデアパンク寸前の自分を守る超仕事削減術

仕事に追われない仕事術マニャーナの法則完全版

夢をかなえる28日間ToDoリスト――たった少しの努力ですべてが変わる!

 

 

■同じテーマの記事

一番簡単にできる成果の増やしかた

年末になると、今年度の業務目標と現時点の実績との差が気になり始めます。たいていは、まだ未達状態(未完了)のものが多くて、「あと3ヶ月で年度始めに立てた目標が達成できるか?」と心配になるものがあります。一番簡単にできる成果を出す方法一般社員なら、年間の業務目標は4〜10個というところでしょうか。管理職なら、部下の業務目標数だけあるはずなのですが、ある程度集約もされるので、20個くらいというところでしょうか。私は第4クオーターになると、こうした個人的に持っている目標、管..

ミスを連発してしまったときの対処方法

仕事をしていれば、何かしらのミスは起きます。一番落ち込むのは、同じようなミスを連発してしまったときですね。「あ〜、もう!オレのバカ!」ってがっくり来ます。たとえば、メールの宛先を「杉山さん」に送るつもりが、「杉本さん」に送ってしまった。「やばい!」と思って送り直したら、今度は「杉木さん」に送ってしまったとか。こういうのがあると、本当に「イラッ」とします。キーボードに八つ当たりしたくなる(実際、してたりしますが)。..

オフラインモードで内面刺激を受ける

スマホや携帯電話はとても便利なものです。それどころか仕事をする上でも、自己啓発などでもいまでは必須のツールになっています。一方で、よくよく振り返ってみると、外から入ってくる情報や指示に振り回されているような感覚もあります。オフラインモード私は月に1度はオフラインモードの日をもうけてます。この日は、朝からスマホやネットに繋いだ PC の電源は全部 OFF。といっても、終日ではありません。イスラム教で言う「ラマダン」みたいなもの。..

それでも紙のノートは手放せない―オススメのノート5選

いろいろデジタル化してきて、随分出番が減ってしまいましたが、それでもやっぱり紙のノートはなくなりません。あの使い心地やぱっと出して必要な事項を詰め込めるスピード感はまだまだ PC やスマホでは実現できません。私の普段使いノートは マイノートの作成 でご紹介した百均のキャンパスノートを加工したものですが、他の会社の人との打ち合わせなど公式の場に持っていくのは、モレスキンだったりします。ほかにかなりもいろいろ試しました。その中から、「最強のノート」だと思うノートをご紹介し..

記憶術:ガムを噛むと記憶力がよくなる

個人的な趣味ですが、けっこう歯ごたえのある食べ物が好きです。まぁ、だれかに言われたからそうしているわけではなくて、単に好きというだけですが、スルメやタコ、ジャーキー、かんぴょう、レンコン、餅といったもの。そのおかげでなのか知らないですが、過去歯医者にかかったのは中学生のときに一度あっただけで、それ以外はまったくなし。歯だけは健康優良児です。この「物をよく噛む」という習慣は、歯にいいだけではなく、記憶力にも影響しているというのが、..

ワンタッチでスクリーンショットを取る方法

私のブログでは面倒なのでほとんど画像を使ってませんが、プレゼン資料やアプリの取扱説明書を作るときに必須なのがスクリーンショットスクリーンショットが取りたいときに、スクリーンショットを取るアプリを使って見える方も少なくないかと。でも、これ Windows の標準機能だけでできるんですよね。専用アプリを使ったときみたいに多彩に、という訳にはいきませんが。PrintScreenキーボードをちょっと見てください。殆ど使わないキーが幾つかありますよね。そのひとつが Prin..

クラウドノートは移動させて使う

以前の記事 OneNoteEvernoteOneNoteに集約 に書いたように Evernote を卒業してしまいましたが、この使い方は引き継いで OneNote でも使ってます。ステップファイルを流用するノートの各ページは、紙のノートだとルーズリーフ式のものを使わない限り移動させることはできませんし、ルーズリーフでも取り外したり順番を入れ替えたりするのは結構てます。一方で、クラウド上のノートアプリを使うと、特定のページを..

リンクリストを活用する

私は「リスト」をいろいろ作ります。リストのいいところは、なんでもかんでも一覧で見えてしまうこと。たとえば、何か買い物に行くのであれば、メモ帳に「買うものリスト」を作ってますし、OneDriveには「ほしいものリスト」、Outlookには、「タスクリスト」や「ToDoリスト」「やらないことリスト」などなど。本日はこのリストの中でちょっと変わり種。リンクリストのご紹介リンクリストリンクリストは、単体でリストとして存在しているわけで..

複数案件のメールには部分回答をする

メールはマナーとして「1メール1件」みたいに言われることがあります。私は個人的にはそうしていたつもりだったのですが、あとで見てみると複数の質問をしているような場合もありました。ただ、質問は、ひとつの案件について、複数個質問があったり、複数の提案を返したりするような場合です。これについて、メールの特性から面白い解説がありましたので、ちょっと共有。メールは手紙チャツトであって「私信」では..

メモの3S_前半

ノートや手帳にメモをしてますか?それ、役に立ってますでしょうか?ノートにしたメモは役に立たない私もかつては、1冊のノートにメモだろうが考えたことだろうが、とにかくなんでも書き込んでました。しかし、よくよく振り返ってみると、半年後にそのノートを見なおした時に、何が書いてあるかわからない。最悪は文字自体が判別できない(^^;;。たとえば、誰かと話をした時のメモ。・担当はさん・〜12/12・PT処理能力3s未満1ヶ月必要クラウドBDF..

ポストイット(付箋)はあらかじめ貼っておく

なにかやるべきことを忘れないように、ToDo を付箋紙に書いて、ノートに貼り付けている人はこんな方法はどうでしょう?ポストイットをあらかじめ貼っておくところで、ポストイットをいつも持ち歩くことはなかなか大変です。必要なときに限ってポストイットを持っていないという「マーフィーの怯則」が発生しやすいツールです。いろいろ試行錯誤した結果、「これだ!」という方法を 2 つ見つけました。ひとつは..