読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

リスク・リワード・レシオ

 


リスク・リワード・レシオという言葉をごぞんじでしょうか。

簡単にインターネットを調べると

★――――――――――――――――――――――――――
リスク・リワード・レシオとは、FX(外国為替証拠金取引)や株式取引において、システムトレードを行う際の「リスク(=損失)とリワード(=利益)の割合を表わした指標」を言います。

リスク・リワード・レシオは、システムトレードによる売買モデルの良し悪しを評価するために用いられますが、一般的には、リスク・リワード・レシオ値が大きければ大きいほど、そのトレードを行った場合に、被る可能性があるリスクに対して、得ることが出来る可能性がある期待収益率が高い・・・と言うことを表わします。
――――――――――――――――――――――――――★



という事らしいですが、どうも定義がいう人によってまちまちみたいなので、あまり厳密には芸妓せずに使いってます。

■一般のビジネスで

一般のビジネスで考えた時に

 リスク: そのプロジェクトが一番上手く行かなかった時の損失
 リワード:そのプロジェクトが一番うまく行った時の得られるもの

とかんがえられると思います。

これを数値化してみて、それが1を超えていたら(リスクよりリワードのほうが大きければ)、そのプロジェクトはやってみる価値があります。


問題はどうやってそれを数値化するかですよね。


■自分の満足度

過去には、いろいろな尺度を作って、これを測定しようとしましたが、結局うまく行きませんでした。

おそらく原因は、予想時にはリスクやリワードを過小評価したり、過大評価したり、全くその評価値が、考えた瞬間瞬間で変わってしまったためだと考えられました。それも無理やり、その時の都合で論理的っぽくするものだから全くたちが悪い。

ということで、論理的にするのを諦めちゃったら、意外と冷静に判断できることに気が付きました。

じゃぁ、何で判断しているのかというと


 感覚

です。

どうやら後付で理屈をこねようと思うと、その時に思いついた理屈に合うように、数値を書き換えてしまうみたいです。
ある程度仕事をやっていれば、過去の経験から、それはどの程度リスクがあるのかがわかって入るものの、それを理屈に合うように微調整してしまうのです。


なので、実はカン感覚に頼ってしまったほうがうまくいきました。

 ・もしこれがうまく行ったらどの程度の満足を自分は味わうだろうか?
 ・もしこれが失敗した時どの程度残念だろうか?

を10段階評価します。
ふと思いついた数字が、「7」だとすると

 なぜ6ではなく、7なのか

なんて難しいことは考えません。とにかく「満足度7」と記録します。

意外と、このいい加減な数字で判断すると、いい方向に転がります。
お試しあれ。

■評価する

年度末ですので、この1ヶ月くらい、来年度の方針の作成にかかりっきりです。
やりたいことはいっぱいあるので(部門としての「やりたいことリスト」も作ってます)、それをこのリスクリワードレシオで評価して、評価点の高いものを順番にやるようにしてます。

もちろん、部方針ですので、生産プロジェクト、技術開発、人材育成、従業員満足度向上などいろいろな分野に分けて、その中のトップの1つか2つを選択することになるのですが。

ただし、リスクリワードレシオが1.5を下回るものについては、「原則やらない」と決めてます。
もし、やりたいもので1.5を下回ったら、それが1.5以上になるようにするには、目標をどのようにすればいいのか、リスクをどのように減らしたらいいのかについて考えて、ポイントを上げてから、各担当管理職に業務を割り振ります。

自分のやりたいことリストについても、このリスクリワードレシオを当てはめてみると、やるべきことがしっかり選択ができますよ。

◆このテーマのおすすめ図書


労務管理における労働法上のグレーゾーンとその対応

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

乳がんの処方箋後悔しないためのリスクと対策

この選択が未来をつくる―最速で最高の結果が出る「優先順位」の見つけ方

あるニセ占い師の告白~偉い奴ほど使っている!人を動かす究極の話術&心理術「ブラック・コールドリーディング」

アナタはなぜチェックリストを使わないのか?ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!

 

 

■同じテーマの記事

リスク・リワード・レシオ

リスク・リワード・レシオという言葉をごぞんじでしょうか。簡単にインターネットを調べるとリスク・リワード・レシオとは、FX(外国為替証拠金取引)や株式取引において、システムトレードを行う際の「リスク(=損失)とリワード(=利益)の割合を表わした指標」を言います。リスク・リワード・レシオは、システムトレードによる売買モデルの良し悪しを評価するために用いられますが、一般的には、リスク・リワード・レ..

やりたいこと後編

昨日の続きです。やりたいことリスト昨日は、やりたいことリストを作るところまで書きました。今日はその続きについて書きます。やりたくないことリストやりたいことリストと同じ要領で、30枚程度の付箋を用意して、机の上に広げます。そして、今度はやりたくないことを書きだしていきます。最初は何も見ないで、思いつくものをどんどん書いていきます。もう思いつかなくなったら、昨日紹介したトリガリストを、ゆっくり読み上げてください。たとえば、私の例で言えば・家事・営業活動・知らな..

やりたいこと前編

あなたは、自分がどのようなものを望んでいるのか、それをはっきり言えるでしょうか?よく希望を叶えるためには手帖の最初のページに、自分のありたい姿を書き出すなんていうことが、ビジネス書には書いてあります。でも、そもそも自分が10年後にどうなりたいかなんて、わかっている人が少ないのではないでしょうか?少なくとも私はそうでした。もし、あなたも同じであれば、私のやった方法が役に立つかもしれません。準備するここから30分くらいは、集中してやれる時間を確保します。会社であれば..

「やりたいこと」はいつもひとつだけにして必ず結果を出す

過去記事やりたいこと前編やりたいこと後編で書いたように、「やりたいことリスト」なるものを作って、やりたいことをリスト化しています。ときどき、ちょっと格好をつけて「ウイッシュリスト」とも呼んでますが…。結構ちょっとした思いつきでどんどん追加するため、結構な量が溜まってます。この記事を書こうと思って、数を数えてみたら300件…。やりたいことリストの粒度タスクリストや ToDo リスト、プロジェクトリストなどは、ある程度粒度を決めてます。・ToDoリスト:1〜2時..

一番簡単にできる成果の増やしかた

年末になると、今年度の業務目標と現時点の実績との差が気になり始めます。たいていは、まだ未達状態(未完了)のものが多くて、「あと3ヶ月で年度始めに立てた目標が達成できるか?」と心配になるものがあります。一番簡単にできる成果を出す方法一般社員なら、年間の業務目標は4〜10個というところでしょうか。管理職なら、部下の業務目標数だけあるはずなのですが、ある程度集約もされるので、20個くらいというところでしょうか。私は第4クオーターになると、こうした個人的に持っている目標、管..

会話のトレーニングをする

初対面の人といきなり話し始めて話が弾む人っていますよね。人見知りで口べたな私からみると羨ましい限り。最初の話題の選択肢なにが難しいって、最初の話題がもっとも難しいです。たとえば異業種交流会などのオフ会で、全く初対面の人と食事を一緒にするハメになると、もうひたすらビールを飲んでる。ただひたすら沈黙と食器の音だけ…。ところが同じ席に、話の上手い人がいると全然違います。いきなりサッカーの話題で盛り上がったり、会社の雰囲気の話になった..

アクセスポイント履歴を削除する

いろいろなところで、無料の WiFi アクセスが提供されるようになりました。過去にどのくらいのアクセスポイントに接続したことがあるでしょうか?勝手に接続される私は基本的に無料の WiFi は使わないようにしています。だれがどんなウイルスに侵されているかわからないところに、自分のデバイスがつながって、2次感染をするのを避けるためです。特に海外に行ったときの空港はフリーWiFiがありますが、ここは結構恐ろしいです。ただ、どうしても必要な場合もありますので、全く使わないと..

合意したけど賛成してない―結論は他人の物

いろんなルールを作るけど、ルールがルールとして守られるのは、たぶんほんの一部です。特にルールが賞罰に影響しないものだったり、イチゼロで判断できないようなものだったりすれば一層。とくに、「会議をして全員で決めたのに、結局何も変わらない」なんてのは組織で動いているとよくあることです。たとえば、「帰宅前に机の上を片付けて帰ろう」みたいなルールを決めたのに、1週間もすればもう元の木阿弥。まぁ人間なんてこんなもんなんですけどね。なぜ決..

厳しい交渉ごとは役員応接室でやりなさい

あなたの会社には役員専用の応接室がありますか?ウチの会社にはあります。基本的には、一般社員は使えないのですが、どうしても他の会議室などが使えない時に、ここが空いていれば使わせてもらえます。厳しい交渉には役員応接室を使う私はときどきここを使わせてもらってます。上司の役員にお願いして「この時間しかないので使わせてもらっていいですか?」と聞けば、「空いていればいいよ」とたいていは言ってもらえます。聞かれた役員にしても、たぶん「一般社..

二人の責任者をつたてる

ソフトウエア開発の世界で言うと、プログラムを作る人と作られたプログラムを評価(仕様通り動作するかどうかを確認)する人は別の人であることが当たり前です。これを第三者評価と呼びます。もちろん、数人の会社ではそういうわけには行きませんが、今の部署を立ち上げた時は、この第三者評価が絶対必要だから「プログラマを削ってでも」と訴えて、プログラマ2人、評価者1人でスタートしました。ところが、ソフトウエア開発以外の現場だと、第三者評価はあまり一..