読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

シナリオ第一、パソコン第二

 


プレゼン資料、技術レポートなどのドキュメントを作るときに、いきなりPCに打ち込み始めたりしてませんか?

 あまり得策ではありません

他の人と差を付けたいなら、まずはノートをひらくべきです。

私は、このやり方を「シナリオ第一、パソコン第二」と標語にしてます。

■シナリオ第一

最初にやるべきは、

 どの様な流れで書くのかを決める

ことです。

また、いつものように Wikipedia から

★――――――――――――――――――――――――――
●脚本/シナリオ
脚本(きゃくほん)とは、「何時。何処で。誰が」の天地人を示す柱書き、台詞、ト書きだけで構成された設計図的役割を担うテキスト。小説とは形式が異なる。
映画・テレビドラマ・ラジオドラマ・アニメでは台本、シナリオといわれる。「シナリオ」という言葉は、1920年に松竹が映画事業に乗り出すため、アメリカから招聘したヘンリー・小谷が使った片仮名のおびただしい映画用語の一つで、それまでは「台本」という言い方をしていたという。
「シナリオ」という言葉は、もともとは即興劇用のおおまかな筋を書いたものを意味していたし、今日ではコンピュータゲームの原案などにも使われる言葉だが、辞書に載るような一般的な意味としては、映像劇の脚本を舞台のそれから区別する際に使われる。

脚本/シナリオ-Wikipedia
――――――――――――――――――――――――――★



この「おおまかな流れ」「原案」という言葉がしっくり来ますね。

まず最初にやるべきは、これをノートに図解して、そこに書くべき注釈などを徐々に増やしていき、全体像がノートの1ページに書き込めるまで、実際の完成物には着手しないことです。

たとえば以前の記事

 要約と結論(約起承転結)

のように「約起承転結」の流れにするとか、逆ピラミッドで書くとかの全体の構造をつくり、その構造に、目的とする結論を入れ、結論につながる仮説や事実を入れていくわけですね。

こうして作った資料は、ムダがなくスッキリした構造になります。

■パソコン第二

それぞれのページで書くことが決まったら、ようやくPCに向かって入力を始めることです。そうすると、全体が非常に整った資料が作成できます。

私は(元)プログラマなので、プログラム作成で例えると、最初に仕様書を作り、それに基づいてDFDを作り、さらにフローチャートを書いてからコーディング作業をする人は、バグが少なくて安定したプログラムが作れていました。逆にいきなりコーディングするタイプの人は、プログラムの出来が悪く、いつまでもバグ対応に追われて、ますます複雑怪奇なプログラムを書く人がよくいました。特に、趣味でプログラミングをしてきた人に多かったです。

※こういう人に、「まず仕様書とフローを作れ」と言っても、まずやりません。「この方が早いから」といきなりスパゲッティプログラムの作成にとりかかってしまいます。バグが多いと、修正の仕事が多くなり、新しい仕事をする余裕がなくなります。余裕がなければ仕事の範囲は広がりませんね。
※こういうタイプの人はプログラムを作る基礎能力は高いのですが、基本を疎かにするから上達しない

「コーディング作業」すなわち資料のPCへの打ち込み時に考えていては、良い資料は作れません。

理由は簡単で、人間は「全体」と「部分」を同時に見られないから。

いきなりPCに打ち込もうとしたりしていません?
頭のなかにあるものは、所詮ぼんやりしたイメージにすぎないので、これを明確にした上で作業を始めると成果物の品質が上がりますよ。


◆このテーマのおすすめ図書


美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2015

赤垣源蔵・仲光

倉本聰のこころと仕事―「北の国から」の愛

美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2013

アーサー・ミラー全集

別冊宝島1006号「宮藤官九郎全仕事」

 

 

■同じテーマの記事

3分ください

現在10時50分。11時から会議の予定です。「さてと、そろそろ…」と思っていたらこちらにやってくる人がいる。「ちょっと今よろしいですか?」こういう話しかけ方をした記憶やされた記憶はありませんか。あなたならなんと答えますか?どれだけオレの時間を使うんだ?この質問だと、どれだけ時間が必要なのかわかりません。したがって、「いい」も「悪い」も判断できません。そうすると多くの場合は、「ゴメン、11時から会議だから後にして」..

業務改革の教科書3

あなたがもし、何かのプロジェクトのリーダーをやっていたり、組織を率いる管理職なのであれば、この本は絶対に読んでおいて欲しい本です。私は、この本の目次をマインドマップに書き出して、時々見返しています。管理職やリーダーに要求されることは、すごく簡単に言ってしまえば、組織力を使って会社に直接貢献できる成果を出すことです。そして、組織を改革して、常に効率を改善し続けることです。本書は、社内の結構大きな業務改革をするときに、必要なこと..

非常識な成功法則

今週は、夏休みに読みたいビジネス書の紹介です。本日は、これは読まずにビジネス書を語るべからずとおもっている(以前紹介した)本。非常識な成功法則神田昌典ずいぶん古い本ですみません。神田昌典氏の出世作ですね。元ネタを使いまわしているようですが、結局たくさんのビジネス書を読んでも、本当に「これは、何度も読み返したい」という本は数えるほどしかありません。それは自分の課題認識によって人それぞれなのかもしれませんが、このブログでは、沢山の本を紹介することではなく、自分..

非常識な成功法則

本日はビジネス書の紹介。非常識な成功法則神田 昌典ずいぶん古い本ですみません。先ほどアマゾンを調べたら、中古本しかありませんでしたね。もし、読んだことのない方は、中古本を入手してでも読んでください。私のバイブル本の1冊です。これを機に、私の人生への取り組みが変わったといっても過言ではありません。夏休みに、ちょっと思い出して読み返してみました。いまでも通用する大切な行動習慣が書いてあります。ただノウハウを収集するだけの..

僕は君たちに武器を配りたい

本日は「僕は君たちに武器を配りたい」の書評。評価読みやすさやや分厚い本。300ページ。内容自体はそれほど難しいものではありません。オススメ大学卒業前から20代の方。30代以降の方が読んでも非常に勉強になります。コメント「そうだそうだ」と思わせるところと、サラリーマンとして反感を感じるところ両極端。基本的には、起業のすすめというところか。少なくとも、自分で自分の将来が決められる立場になりなさい、というのが主な主張であ..

生産性を意識する

考えるのに時間がかかる人と、すぐに答えが出せる人がいます。もちろん、相手が要求しているレベルに達しない答えをだすのは時間云々ではなく品質の問題ですが、短時間に答えを出せる人ほど品質がいい(思考レベルが高い)という傾向も見逃せません。これはトレーニングと先回り思考が有効です。ゆっくりと考える人が多いのだが、ごく一部の優れた人は、高速で動き大きな成果を出す。::ただ、そう..

「演じる」を知る

筒井康隆の本に『48億の妄想』があります。読んだことがない人のためにちょっとだけ概要を。平和な家庭の中心はテレビ。画面に映し出される東南アジアの戦争の捕虜が拷問されるのを見て、家族は平然と、いかにもっと効果的に拷問を見せるか、死ぬ瞬間も短く唐突でつまらないから投書しよう、などとと話す。政治も、国会の乱闘だけにとどまらず、選挙の予想と勝敗が、競馬なみにスポーツ化され、党首会談はショー化された。裁判さえショー化された。..

社会的ジレンマ

考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見..

魚の目―フローを見る力4:貯めと開放、3つの力を活用する

前回の記事で、「魚の眼フローの視点」を身につけるためには、「3つの作用を見るといい」と書きました。・作用と反作用・慣性・貯めと開放この3つが掛け合わさって、殆どの出来事が起きてます。前回まででは「作用と反作用」「慣性」について説明しましたので、今回は最後、「貯めと開放」についてお送りします。貯めと開放これは、火山の爆発と同じ。徐々に圧力が高まってきていて、ある時臨界点を超えると、大爆発をおこして、誰の目にも明らかになる..

魚の目―フローを見る力3:慣性の視点

前回の記事で、「魚の眼フローの視点」を身につけるためには、「3つの作用を見るといい」と書きました。・作用と反作用・慣性・貯めと開放この3つが掛け合わさって、殆どの出来事が起きてます。前回は「作用と反作用」について説明しましたので、今回は「慣性」の視点について。慣性「慣性の法則」といえば物理学の世界ですが、人間組織にも、あるいは個人にでも慣性はあります。毎日同じ電車..

魚の目―フローを見る力2:作用と反作用の視点

前回の記事で、「魚の眼フローの視点」を身につけるためには、「3つの作用を見るといい」と書きました。・作用と反作用・慣性・貯めと開放この3つが掛け合わさって、殆どの出来事が起きてます。それぞれについて説明していきます。作用と反作用中学だか高校だかで習う、物理の法則をそのまま借用しました。これは、なにかをしよう(変えよう)とする力と、現状維持をしようとするちからの関係ですね。たとえば、明治維新前夜、国のあり方を変えようとす..