読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

レビューの読み方

 


何かの本を探した時に、なにか参考にしているものはありますか?

私はよく要約サイトや、本の紹介メルマガを参考にしています。

しかしある特定の何かを知りたいときには、こういったサイトでヒットすればそれを参考にしますが、詳細な情報はヒットしないことが少なくありません。

こういう時に役に立つのがネット書店(アマゾンや楽天、グーグルブックス)など。

ある特定の本を探すと、「売れている順」「新しい順」などいろいろなフィルタが書けられます。
また特定のキーワードにヒットする本を見つけてくれ、その本に関連する本(「オススメ」など)が表示されるので、そこから芋づる式に本を探すことができます。

さらに、アマゾンなどには「口コミ」というか「レビュー情報(以下、まとめて「レビュー情報」と呼ぶことにします)」が掲載されているので、これがを参考になります。
あなたもこのレビュー情報を見て参考にしたことがすくなからずあるのではないでしょうか。

■評価点は参考にしてはいけない

こういったレビュー情報で評価点をつけることができるものが多いのですが、これはほぼ参考にはなりません。

それが星1つであろうが、星5つであろうが、それはそのレビューを書いた人にとってよかったか、悪かったかの評価であって、これから読む自分にとってはなんの情報も持っていないからです。

■評価者の文章力を見よ

また、本文に

 「つまらない。まったく役に立たない」
 「素晴らしい!」
 「面白かった」
 「大変役に立ちました」
 「駄作」

などと書かれていても、これもまったく参考にしません。
これは評価点と同じで、

 「その人がどう感じたか」

しか表明しておらず、自分にとってはどうなのかは全く関係ないからです。

まず見るべきは、その人の文章力。

 ・冷静な文章になっているか
 ・文章の構文や論理が正しく構成されているか
 ・本の良い点、悪い点を明確にしているか(揚げ足取りになっていないか)

などをチェックして、それが満たされていれば信頼可能な情報として、そこの論点を詳しく見ます。

逆に感情的な文章や、一方的な物言いになっているものは要注意ですね。

あと、本の出版社の紹介文や、本の紹介メルマガなど(いか「紹介記事」と呼びます)は、「買ってください」候の文章になっていることが多いので、書いてある内容に誇張があったり、期待を持たせるような書き方になってますので、その点は割り引いて考えるようにしています。
もちろん、これらの紹介記事は本の概要やポイントを知る上でとても重要な手がかりになります。

特に、自分の知りたいことをどういう表現で書いているかについては検索の参考にします。

例えば、平将門について知りたければ、検索で「平将門」とだけ入れるのではなく「承平天慶の乱」という言い方も必要です。「人事評価」だけでなく「面接」「面談」「コンピテンシー」などの単語も知っていると、自分の知りたい情報にたどり着ける可能性がより高くなるので。

■目次詳細は必須

意外と情報が少ないのがこの「目次詳細」です。

多くの場合は、「(知りたい本の名前)」「目次」などで検索しても、章の名前くらいは簡単に出てきますが、節・項までは出てこないです。
でも、多くのビジネス書や情報本などでは、「項」の情報を読むと大体書いてあることが想像できます。

ですので、Googleブックスやアマゾンの「なか見!検索」などはすごく重宝します。
これは本を選ぶときにはチェック必須ですね。

でも、ここで「買う」ではなく「選ぶ」と書いているあたりが、ちょっとポイントだったりして…。
私はほとんどの本は図書館で借りてしまいますので。

2度3度と読み返したくなったら「買う」となります。
私の場合、読書記録をつけるで書いたように、要約やキーポイントは読書記録に残してあるので、それでも全体や記録に残さなかった部分を読みたくなるのは、結構頻度が少ないんですよ。

◆このテーマのおすすめ図書


トヨタ仕事の基本大全

なぜ、あなたの仕事は終わらないのかスピードは最強の武器である

仕事も家庭も楽しみたい!わたしがラクする家事時間

林修の仕事原論

結果を出し続けるチームリーダーの仕事術

仕事が速い人ほどマウスを使わない!超速パソコン仕事術

 

 

■同じテーマの記事

記憶術:意味付けをする

私は学生時代、英単語を覚えるのが超苦手でした。とにかく日本語と英語の対を覚えようとして、lamentable:ラーメン食べる悲しい受験生determine:出たみんなで決定するこういうのを語呂合わせで一生懸命覚えるわけです。ところが、試験になると、その記憶が単発で覚えているので、「ラーメン」まででてくればまだ可能性はあったのですが、それすら出てこなくて、「ラメンタブル」「ラメンタブル」と繰り返し唱えても、結局意味不明のまま。..

遊びの時間を作る

今日のテーマは「遊びの時間」。「遊び」といっても仕事中に遊ぶわけではありません。「余裕」「バッファ」です。仕事はたいていは予定通りには行きません。ただ、経験的には、予定より早く終わることは少なくて、多くの場合は予定を超過します。そのうえ、頭のなかでスケジューリングすると、本当は必要だけどあまり生産性のない単純なことはポロッと抜け落ちることがあります。会議はハシゴしてはいけないたとえば、10時から1時間の会議、11時から別の会議..

コピーを頼まれたら成長するチャンス

「仕事がつまらない」「自分の成長している実感が無い」とくに若い人におおい仕事への不満ですね。私も管理職としてそういう不満を聞く時があります。従業員満足度をあげようということでウチの会社でやっているのが、「従業員満足度向上ミーティング」というやつがありまして、仕事に対して思っていることを上司の上司に直接言うというミーティングで、こういう場で若い人の話を聞くとこういう話がときどき。「そうか。仕事で成長したいんだね。」とかわかっ..

しぐさで会話をコントロールする方法

だれかと話しているときに無意識にやった仕草が実は特定の意味を持って相手に伝わっている事があります。「ノンバーバルコミュニケーション」というのですが、これをうまく使うとこちらの都合を相手に気づかせることが出来ます。時計をちらちら見るよくあるパターンが、「時計をちらちら見る」っていうやつ。何か時間を気にしていて、「はやく話を切り上げろ」というメッセージが伝わりますよね。同じような仕草にはこんなものがあるそうです。..

車のメンテナンスをするように自分もメンテナンスする

ちょっとした毎日・毎週程度のメンテナンスを怠ると、フィジカルにもメンタルにも問題を起こしかねません。「ちょっときつい」と思ったときが坂道の始まりです。前の項目で紹介した「心地よい状態のときの自分をイメージして、現在の自分と同一化する」というのも、状態を変える有効なアプローチです。本書の冒頭で「自分の体は一台の車のようなもの」と表現した通り、車の状態がよければ気持ちよくドライブできます。多..

信頼方程式T=(E+R+I)/S

他人から信頼を得る方法について、非常に簡潔にまとまっているのでご紹介。信頼方程式 T=(E+R+I)/S信頼の方程式信頼を高めるのは、商売において最も大事なポイントです。どんな商売でも相手に信用してもらえない限り、何も買ってもらえません。つまり信頼関係がなければ、お金にならないのです。そこで、あるコンサルタントが書いた本(『The Trusted Advisor』 デビッド・マイスタ..

1週間は18日ある

1週間は18日あるいきなり出だしから、??なタイトルですね。ただ、私はこう考えることにしています。土曜日はそれで1日→1日日曜日は2つに分ける→2日平日は3つに分ける→3×5=15日これで合計18日。1時間の長さ自体は変わりませんが、大きなブロックとして24時間というブロックは考えないようにしてます。ブロックは大きく3種類・仕事の時間・移動の時間・私事の時間日曜日は2つに分ける私の場合、基本的に日曜日の夕方からは予定を入れていなく..

四現象マトリクスは四角で囲ってはいけない

「四現象マトリクス」ってよく使いますよね。全体を縦線と横線でわけて、課題なんかの要素をマッピングするやつ。よく出てくるのは重要度と緊急度のマトリクスですね。四角で囲ってはいけない四現象マトリクスでちょっとだけ注意すると使いやすくなる方法をご紹介します。大したことではないですが、四現象マトリクスを書くときに、まず大きな四角を書いて、それを縦横2分割して書く人がいます。これはやめたほうがいい。外に枠を書くと、拡張できない最初に外枠を書いてしまうと、当然ながら4つの領域..

トラブルを上司に報告する前にするべきこと

よく、「問題が起きたらすぐに上司に報告しなさい」っていうビジネス書やネットの記事を信じて、速攻で報告に来る人がいたり、「自分でなんとかしよう」と頑張り続けている人がいたり、まあいろいろなのですが、どちらも上司からすると期待するものではありません。というか、「報告の仕方がなってない」っていらないところで減点をくらいます。上司の力を利用するトラブル解決の方法何か問題が起きたらとりあえず上司に報告するのがいいのですが、いきなり「トラ..

図やチャートをきれいに整列させなさい

仕事柄、パワーポイントやExcelなどでオートシェイプで書いた図やチャートを見る機会が多くあります。その際、結構気になるのが、オートシェイプやそれによって書かれた図、チャートの不揃いさ。・ホームベースのオートシェイプで流れを表すときに、オートシェイプの大きさがバラバラ・フローチャートで中心点があっていないため、接続している線が傾いている・スケジュールを書いた図が不均等に並んでるもちろん、これらは発表者(資料の作成者)の発表..

初手、王手飛車取り!

本日は、具体的なスキルの話ではなく、心構えのお話。心構え、基礎学習なにをするにしても、かならず「心構え」が必要と言われます仕事というのは、社会に真摯に貢献するという気持ちで向かいなさい社会人としての自覚と責任をもって臨みなさい感謝の気持ちを持つことが大切自分のやったことに誇りを持ちなさいまた、何かを学ぼうというときには、まず基礎的な理論をしっかり身につけて、応用はそれからみたいなことも。それ自体は理解できますし、私自..