読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

最終決定がされたら賛成派に回る

 


サラリーマンとして、意に沿わない決定が降りることがしばしばあります。

たとえば、なにか議論していて、自分としては「こういう方向に行こう」と意見を出したのに、最終決定者(たぶんあなたの上司やプロジェクトリーダー)はそれとは違う決定を下すというような場面です。

それを受けて行動を移すとなると、あなたが中間管理職であれば、自分の部下にもその決定を伝えないといけなくなりますし、自分自身でもその決定に従った行動を取らなければいけなくなります。

たとえば、野球でワンアウト1塁の場面で、自分は「まだ序盤だし、ここはヒッティング」と思ってバッターボックスにたったら、監督から送りバントのサイン。仕方なく送りバントをしようと思うと、失敗する確率が結構あります。

そうするとチームや成績にダメージが有るわけです。
中途半端な行為は、いい結果を生まないという好例ですね。

さらに悪いのは、あとでそのことを人に漏らしたりすると最悪。

■意思決定に従う

議論をした結果、あなたの意見が通らなくても、その意思決定には従わなければいけません。
組織として、あるいは集団として活動する以上、これは当然のことです。

この時に、しぶしぶやったり、部下や関係者に「自分は反対なんだけどね〜」という言葉を一切漏らしてはいけません。
これは関係者のモチベーションを下げるだけでなく、自分自身のモチベーションも下げてしまい、結果としてうまくいかなかった時に、「ほら、あの時こういったじゃん」という言い訳に使えてしまいます。

もし、全力で取り組んでいたら成功できたかもしれないのに。
それを思ってしまうと、態度に現れたり、つい口が滑ることもあります。それが決定者に伝われば、「あいつが面従腹背したせいで…」と評価を下げるだけで、絶対にいいことはありません。

■賛成派に回る

たとえ、議論の場で自分の意見と異なる決定がなされたとしても、あるいは自分の意見を言わせてもらえなかったとしても、意思決定者が「これで行こう」と決めたら、「自分も最初からそう思っていた」「このやり方が最善」と自分に言い聞かせてください。

もし、あなたが課長で、部門の方針で「ことしは××に取り組もう」と決められたら、部下には「今年は××を一緒にやろう!、なぜなら〜〜だから」と指示してください。絶対に「だって部長がやれっていうんだもの」とは言ってはいけません。部長が、その意思決定の理由を明言しない場合でも、自分がちゃんとそこを補って(自分の出来る範囲で理由を考えて)部下に伝えてください。
部下がやった結果は、あなたが全責任を負ってください。

絶対的賛成」という側に回ることです。

そうすると、もしその案で問題にぶつかっても、「なんとかこの案をうまくいかせよう」という行動が自然にできるようになります。

■信頼を積み重ねる

その意思決定に従った結果としてうまく行ってもいかなくても、意思決定者からは「あいつはオレの考えに従ってくれる」と信頼をしてもらえるようになります。それを積み重ねれば、自分の意見にも耳を貸してもらえるようになります。

そういった「信頼を積む」行為をせずに、どんなに自分の考えが正しいかを説いても、意見が通せるようにはなりません。自分の意見を言いたいのであれば、あるいは自分の思い通りにしたいのであれば、まず決定権を持つ人に信頼されることです。

ナポレオン・ボナパルトであれ、シャア・アズナブルであれ、最初から自分の意思で戦局を動かせたわけではありません。

◆このテーマのおすすめ図書


マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力

「仕事ができるやつ」になる最短の道

人口激減―移民は日本に必要である

脳を最適化すれば能力は2倍になる仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

消費税これだけは知っておけ―賛成派も反対派も押さえておくべきチェックポイント

TPP興国論

 

 

■同じテーマの記事

最終決定がされたら賛成派に回る

サラリーマンとして、意に沿わない決定が降りることがしばしばあります。たとえば、なにか議論していて、自分としては「こういう方向に行こう」と意見を出したのに、最終決定者(たぶんあなたの上司やプロジェクトリーダー)はそれとは違う決定を下すというような場面です。それを受けて行動を移すとなると、あなたが中間管理職であれば、自分の部下にもその決定を伝えないといけなくなりますし、自分自身でもその決定に従った行動を取らなければいけなくなります。たとえば、野球でワンアウ..

根回しの順番

会議で自分の提案が拒否されたことはありますか?私はよくあります(未だに)。だから、偉そうに言える立場ではないのですが、過去に結構チャレンジャブルな提案をして受け入れてもらったことも少なからずあります。その時の進め方を分析してみると、一定のパターンがありました。ポイントだと思っているのはうまく根回しをしたことそれをすることで相手の利益に訴えられたこと理解しやすい説明ができたことです。根回しは絶対に必要本日は、..

根回しの進め方

根回しって、おそらく経験の浅い方だとちょっと陰湿な感じがするかもしれませんが、サラリーマンをする上では必須の活動です。根回しについて、うまく説明してあった本がありますので、ご紹介します。根回しの効用を問い直すインパクトの大きいことを相手に伝えるとき、みなさんは事前に根回しをしているでしょうか。関係者間で事前に調整を済ませておく根回しは、..

主張する前に相手の主張を聞く

「相手の話をよく聞きなさい」みたいなことをコミュニケーション講座ではよく言われますが、これは、相手が何を聞きたがっているのか、相手の真意を組むという意味で重要だからです。しかし、わたしは別の意味で、重要だと思っています。たとえば、「あなたの部門のさんについて、どう思いますか?」こういう質問をされたことは少なからずあると思います。「どう思うか?」というのはいわゆるオープンクエスチョンで、自分の思うところを聞き出そうとする質問なのですが、この質問の対応には注意が必要..

図解する

頭の回転が早い人というのは、どんなことを頭の中で考えているんでしょうか?実は随分昔、「かなり出来る」という人に一つ質問をしたことがあります。その質問とは「さっきの会議で、部長が質問していたのってなんだっけ?」でした。その時は私もその人も会議の主催者でも議事録係なかったので、当然議事のメモなんてとってません。その時の答えに非常に驚きました。「ないけど、10分もあれば議事録くらい書けるよ。欲しい?」なんと!!会議の内容を全部覚えてたんです。発言は記憶しないその時に、..

人を動かす:名前を覚える努力をする

私は、人の名前を覚えるのがあまり得意ではありません。なので、過去記事でも書きましたが、初めて合う人の名前を連呼する中途面接の印象を良くするコツ:面接官の名前を覚えなさい忘れた名前のごまかし方など、名前の覚え方には結構関心を持っています。本日は、名著『人を動かす』にかかれていた名前の覚え方に関する記載のご紹介。Pたいていの人は、他人の名前をあまりよく覚えないものだ。いそがしくて、覚え..

人生をより良くするためのリストを作る

過去記事で、いろいろなリストについてご紹介してます。やりたいことリストやることリストとやらないことリストタスクリストを整理するプロジェクトのやるべきことリストミーティングチェックリスト読みたい本リスト行動チェックリストをつける自分が得意な仕事の仕方を知る方法2:仕事のやり方の特徴チェックリスト発想法:フェニックスチェックリストこれだけではなく、もっと一杯リストがあります。リストというのは、応用範囲が広くて、扱い..

上司になったら部下の人生設計を支える覚悟をする

管理職になって、一番神経を使うのが、部下評価と業務の割り振りです。もちろん、成果は出さないといけないので、成果を出せる人・優秀な人に、もっとも重要な役割を割り振ります。だからといって、新人やまだ経験が浅い人に大きな仕事を与えて、失敗や成功をいろいろ体験させるということもしていかないと、部下が成長しません。成長が止まってしまった人に対しても、その人のスキルレベルに合った仕事を振らないと行けませんし、再び成長してもらえるようなモチベ..

できない人はできない

私が時々出没する Yahoo 質問箱に、「同僚でができない人がいる。なんとか教えてあげたい」というような質問があります。他人を教育したい質問者の気持ちや、業務ミッションとしての教育・指導については、よくわかります。ある程度仕事に慣れてくると、後輩や部下、自分より特定の分野で仕事が「できない人」の教育・指導という仕事が当然のように発生しますし、昇進していけば、ますますその業務の割合や重みは増していきます。しかしながら、教育..