読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

空間認識能力

ヒント 整理術

 


あなたの通勤手段は何でしょうか?

車ですか? 電車? 歩いて会社までですか?

私の場合は、電車を2本乗り継いで会社に行ってます。
この時にちょっと心がけている能力開発トレーニングがあります。

■整理の力

以前、脳科学の本を読んでいたところ、「整理する力は想像力と空間認識能力に依存する」みたいな事が書いてありました(出典は失念)。さらに「整理する力は記憶力を強化する」と。

これを書くにあたって、原本を探そうとしばらく色々探しまわってみたのですが、結局見つかりませんでしたので、もし学説として間違っているようならごめんなさい。

私の勝手な記憶として

 ●記憶力←整理力
  人間は一度に多数の者を認識できません。だからあるグルーピングを行い、一度に認識できる7±2の中に入れないと把握ができません。だからものごとを整理する力がつかないと、記憶もできないということです。
 ●整理力←習慣力、想像力、空間認識能力
  何かを整理するということは、複数のモノがどのように似通っているのかを想像する力が必要です。つまり

     きつね、ぶどう、山、イヌ、猫、みかん、海、ヨット

  を見て、「果物、自然、動物」などと分類しないと整理できないんですね。
  これがここで言う想像力(抽象化などといいます)。

  これを書類やタスクに対しても常にやり続けないと、とにかく長いタスクリストができたり、どこに何があったのかわからない書類の山ができるわけですね。いつもやり続けておく力が習慣力。

  最後に今日の本題。空間認識能力
  これは物を多次元で捉える能力と考えてます。例えばものには奥行きがあります。A4のトレイにA3の紙はそのままでは突っ込めないんですよ。

■空間認識能力の低下の原因

いまどきの人は、1日の多くを2次元の世界で過ごしていますね。

 朝起きたらテレビを見て
 会社に行く時にはスマホでニュースをチェックしたりメールを見たり
 会社ではパソコンでメールを見て、ドキュメントを作る

このため、空間認識能力が衰えているそうなんです。

これは以下の本に書いてありました。

 
 脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

★――――――――――――――――――――――――――
●目を動かすと脳が動く
問題は、目を動かして立体的な情報をキャッチしているかとりっことにあります。目は人間にとって、最大の情報の入り口です。その目を動かして積極的に情報を取ろうとしているとき、動かしているのは、じつは目だけではありません。脳の情報を捉えようとするフオーメーション全体がダイナミックに切り替わっていると考えられます。
たとえば、遠くから人に呼びかけられたときのことを思い出して下さい。その人の姿が見っけられないときは、何を言っているのか正確に聴き取れないものですが、目を動かして相手に焦点を合わせられると、言っていることも聴き取りやすくなります。これは目を動かしたのと同時に、聴覚的な住意もその方向、距離感に合わせられたということです。

  …… 中略 ……

●目を動かさない人が陥りやすい症状
その目を動かさない時間が長くなりすぎると、視覚的注意の向け方がスムーズに切り替わりにくくなります。
これは誰でも経験があるのではないでしよ与つか? 長時問パソコンに向かって作業をしたり、何時間も続けてテレビを見たりした後、外に出てみると、周囲の風景がガチャガチャと雑然として見えてしまい、情報がうまく取れない不安を感じる。これは、長い時間画面に集中していたために、その角度、距離感から、視覚的注意の向け方が変わりにくくなっているためだと考えられます。また、長時間同じ作業をしている間に、大部分の脳機能はお休みの状態になっていたはずなので、外に出て急に人ってきた情報に対応するのも難しい。それで何だか頼りない感じになるのだと考えられます。

  …… 中略 ……

本人の自覚としては、吹のように感じる場面が多くなるはずです。
 ・人から話しかけられたときにパッと反応できなくなる
 ・周囲の変化に疎くなる
 ・人から物忘れを指摘されることが多くなる
 ・同じことを繰り返し考えがちになる
――――――――――――――――――――――――――★



ちょっと長文の引用ですが、すみません。

ということで、私達のとっている普段の行動がこういったの空間を把握したり状況を把握する能力を衰えさせているみたいなんですね(専門家ではないので、間違ってたらごめんなさい)。

■人混みで早く歩く

だからといって、パソコンやスマホを辞める訳にはいかないですので、この本の筆者は

 一時間に一回は、目をよく動かすこと

を薦めています。遠くを見たり近くを見たり、左右をキョロキョロしたりと。

私もやろうとしたのですが、「簡単にやるのを忘れてしまう」。

で、いろいろ考えて、短気な私の性格にあっていたのが、

 人混みをすり抜けながら早く歩く

というトレーニング。

つまり通勤ラッシュ時で前後にたくさん人がいる状態で、人の間をすり抜けながらどんどん先に進んでいくんです。

ただし、並んでる時に割り込みをすれば怒られますので、駅からでてすぐとか、コンコースを歩いているときなどにやります。

自分に課している条件は

 ・ぶつからないこと(掠るくらいはOK)
 ・1回の通勤で5人以上を抜くこと

を毎日目標にしています。

これをやろうと思うと、相手との距離や速度差、後ろからくる人、隙間の大きさ、自分のスピードなどを瞬時に判断して躊躇なくやれるようにならないといけないんですね。

まぁ、素早く進めると気持ちいいというだけかもしれませんが。

でも、車通勤の方はやらないでくださいね。ぶつかったりした時に「ごめん」ですまなくなりますので。

■参照先

――――――――――

◆アマゾン


脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

楽天

脳が冴える15の習慣

脳が冴える15の習慣
著者:築山節
価格:735円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

 

◆このテーマのおすすめ図書


仕事が速い人のデジタル情報整理術

教務主任の仕事整理術─限られた時間で最大限の効果を生み出す!

図解・結果を出す人がやっている「超・シンプル仕事術」

知の仕事術

佐藤可士和の超整理術(日経ビジネス人文庫)

[図解]すべての仕事をスッキリ「紙1枚!」にまとめる整理術

 

 

■同じテーマの記事

考えるときにはペンを持つ

私は、「考える」という作業をするときには、ノートを広げて3色ボールペンで何かを書きつけることが多いです。もちろん、手が止まっていることはよくありますが、ボールペンを離すのは、考えることをやめた時。天井に相談してました特許の出願件数が社内でトップを取ったことがあって、その表彰のときに、「君は特許を考えるときはどんなことをしているね?」と聞かれたことがあります。そのときには、「天井と相談してます」と答えた記憶があります。その頃は、ひとりで何か考えるときは、体は全く使っ..

Gmailの表示を早くする

Gmailにアクセスする際、Gmailが開くまで、ページを読み込むのに数秒かかります。短い時間ではありますが、この間、ボーっと何もしないのも、意外と時間がもったいない。ということで、Gmailのメール一覧を素早く表示されせる方法を傷害します。受信トレイのプレビュー機能以下の様な手順で設定をします。※画像はブログをご覧ください。※1.設定アイコンGmailのWebページの開いた状態で、右上にある設定アイコン(歯車みたいなやつ)をクリックする2.メール設定出てき..

クラウドノートは移動させて使う

以前の記事 OneNoteEvernoteOneNoteに集約 に書いたように Evernote を卒業してしまいましたが、この使い方は引き継いで OneNote でも使ってます。ステップファイルを流用するノートの各ページは、紙のノートだとルーズリーフ式のものを使わない限り移動させることはできませんし、ルーズリーフでも取り外したり順番を入れ替えたりするのは結構てます。一方で、クラウド上のノートアプリを使うと、特定のページを..

リンクリストを活用する

私は「リスト」をいろいろ作ります。リストのいいところは、なんでもかんでも一覧で見えてしまうこと。たとえば、何か買い物に行くのであれば、メモ帳に「買うものリスト」を作ってますし、OneDriveには「ほしいものリスト」、Outlookには、「タスクリスト」や「ToDoリスト」「やらないことリスト」などなど。本日はこのリストの中でちょっと変わり種。リンクリストのご紹介リンクリストリンクリストは、単体でリストとして存在しているわけで..

複数案件のメールには部分回答をする

メールはマナーとして「1メール1件」みたいに言われることがあります。私は個人的にはそうしていたつもりだったのですが、あとで見てみると複数の質問をしているような場合もありました。ただ、質問は、ひとつの案件について、複数個質問があったり、複数の提案を返したりするような場合です。これについて、メールの特性から面白い解説がありましたので、ちょっと共有。メールは手紙チャツトであって「私信」では..

図解トレーニングで反射神経が鍛えられる

ちょっと想像してみてください。あなたの会社の社長が、今年度の経営計画について説明をしています。「社会環境が〜〜」「会社の業績が〜〜」「競合他社の動向が〜〜」::(中略):「だから、我々はをしなくてはいけないんだ!頑張ろう!」たぶん、毎年繰り返される光景ですよね。でも、たいてい覚えてません。唯一、覚えているのは、社長が「をするぞ!」と言ったという部分だけ。※下手をすると、そこす..

メモの3S_前半

ノートや手帳にメモをしてますか?それ、役に立ってますでしょうか?ノートにしたメモは役に立たない私もかつては、1冊のノートにメモだろうが考えたことだろうが、とにかくなんでも書き込んでました。しかし、よくよく振り返ってみると、半年後にそのノートを見なおした時に、何が書いてあるかわからない。最悪は文字自体が判別できない(^^;;。たとえば、誰かと話をした時のメモ。・担当はさん・〜12/12・PT処理能力3s未満1ヶ月必要クラウドBDF..

記憶術:ネットワークを作る

何かを記憶したいと思うと、ひとつよりも複数のほうが記憶に残りやすいという特性があるそうです。知識のネットワークを作るチャンク化を行なうというのは、頭の中でネットワークを作り上げるのと似ています。バラバラの情報を、クモの巣のように、お互いに結びつけていくのです。たとえば、「イチゴ、リンゴ、マンゴー」を覚えろと言われたら、"果物の名前" だなと関連づければ、すぐに覚えられます。「ニト..

仕事のプロセスの教科書5:キーポイント抜粋

久しぶりのビジネス書紹介。いい意味で、「期待はずれ」の一冊でしたので、いつかご紹介したいと思っていた本のご紹介をしたいと思います。前回まで要約をお送りしましたので、今回から私がキーポイントだと思うところの引用をお送りします。引用した部分には、結構いろいろコメントを書いたのですが、そこはお恥ずかしいのでやっぱり削除して、淡々と引用だけ…うまく探してみていただけると、「サラヒン〜サラリーマンの仕事のヒ..

仕事のプロセスの教科書4:要約3

久しぶりのビジネス書紹介。いい意味で、「期待はずれ」の一冊でしたので、いつかご紹介したいと思っていた本のご紹介をしたいと思います。本日は、本書『「仕事のプロセス」の教科書』の要約をお送りします。長くなるので分割してお送りしてます。その第3回。要約3「仕事がどんどん増える」病頼まれた仕事を断れない人依頼を受けるときは、まず全体の流れとチームの状況把握のためにすぐ受けず、確認すると..

仕事のプロセスの教科書3:要約2

久しぶりのビジネス書紹介。いい意味で、「期待はずれ」の一冊でしたので、いつかご紹介したいと思っていた本のご紹介をしたいと思います。本日は、本書『「仕事のプロセス」の教科書』の要約をお送りします。長くなるので分割してお送りしてます。その第2回「とにかく頑張ります」病努力で何とかしようとする人問題分析のブロセスでは、まず、行動する前に「考える」という時間を設けます。この時間で自分の方法を..