読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

能ある鷹は爪を隠す

キャリア 能力

 


ある程度の職位になって、企業活動や部門全体が見えてくると、仕事に意欲が湧いてきます。

それまでは、自分の技術をつけることだけに専念していたものが、会社や部門・グループの成果の大きさに興味が湧いてきます。

特に仕事が出来る人(あるいはそれまで成果が人より高かった人)が昇進などすると、「自分は人より出来る」という意識があるので、より大きな成果が出せるはずだと思ってます。

■上司が無能だと思う

上司が「モゴモゴ」言ったり、他の部門の人から攻撃を受けてタジタジになったりしているところを見ると、「自分ならもっとうまく反撃できる」と思うようになります。

 この自信が落とし穴になります

思うだけなら何も悪いことはないのですが、自分に自信のある人は行動に表してしまいます。

 ・「部長! そこはそうではなくて、○○なので、ウチの部門での問題ではありません」
 ・「そんな言い方では部下はついてきませんよ。ここは○○にしないと」
 ・「ちょっと課長に変わってご説明させていただきます。」

どうしてもでしゃばった行動をします。
さらに、もしその発言をして、上司の上司あたりから、「お、○○君鋭いねぇ」等と言われようものなら、もう自分が上司に取って代わったような気になってしまいます。

私も、ちょっとおだてられると簡単に木に登るタチなので、これで何度も失敗をしました。

ところが、上司の上司は、特定の仕事についてはあなたのことは認めていますが、課や部を率いていくことについては、やっぱり、あなたの上司を信頼しています。

で、ないがしろにされた上司はどうなるかというと、そのままの地位に残りって、あなたを評価することになります。

あなたにつく評価は

 ・仕事はそこそこできるが、協調性がない

というC評価です。

あなたのキャリアは「チーン」です。

■同僚が無能だと思う

昇進していくと、同僚や近くの部門の人と打ち合わせをして、活動方針を決めるなどの仕事が増えることによって、正解のない決断をする必要が出てきます。

たとえば、

 ・営業利益を増やすために、どんなコスト削減が出来るだろうか。
 ・残業時間や出張をもっと減らすことはできないか

みたいな課題。いままでは、その決定をやる側だったものが、決定をする側になるわけです。

この時に、仕事ができるあなたは、つい他の人のやり方や考え方の間違いや迂遠さにきがつきます。

 「だめだめ。そこは○○が課題なんだから、その考え方では効果が出せないよ」
 「自分たちのチームはこうやっている。だから効果が出てるんだよ」

教え諭してやろうとします(そう思うかどうかは別にして、そういう行動をとるということです)。

相手はそれが正論に近ければ、あるいはその場の空気があなた側に流れているようであれば反論はしません。唯々諾々と承認します。

 「やっぱりオレが指導してやらないと」

とあなたは思い始めます。

ところが、相手から見ると「偉そうに…」としか映ってないので、面従腹背。結果が出ないならまだしも、結果が良くなったりしてますます反感を募らせて、いざ自分がなにか助けてほしいというときに、

 「いや、自分たちも仕事を抱えてるから…」

と断られて、あなたの成果は「チーン」。

■爪を隠せ

簡単に人に爪を見せてはいけません。
ほんとうに必要なときにだけ爪は見せるべきです。

普段は、空気に迎合していればいいです。強い主張は反発を生みます。

 自分の成果や将来にとってのキーポイントだ

と思えることについてだけ、発言しましょう。
余計なことを言えば、余計な結果になるだけです。

◆このテーマのおすすめ図書


仕事力が倍増する“ゆる体操”超基本9メソッド―「身体経営術」入門

一流の人生人間性は仕事で磨け!

「できる人」の段取り力―これこそ、いい仕事ができる最強の能力だ!

能力以上の成果を引き出す本物の仕分け術

仕事で、個人で、目標を達成するためのカベの超え方

企業のコミュニケーション能力仕事は単語,キャリアは言語,CSRとCSVは文法

 

 

■同じテーマの記事

ドラッカー:リーダーシップ力診断

本日は、『まんがと図解でわかるドラッカー リーダーシップ論』から、ドラッカー流リーダー力診断をご紹介します。以下のリストにある項目に、そう思うなら「はい」、そうでないと思うなら「いいえ」で答え、「はい」の数を数えてみてください。・リーダーは、自分の得意分野に優秀な人材を集めることで組織に「強み」を作るべきである・リーダーは意思決定を下したら、あとは全て現場に任せること。役割分担が大事..

時間を測定する

過去記事でも紹介してますが、ドラッカーや様々な時間術の紹介でかならず必須と言われるのが、自分の時間の使い方を記録することです。ところが、これをやってみると、つけ忘れたり、適当に記入したりして、本当に精度は上がりません。昨日、レポートを書くのに、何時間かかったかなんて正確に覚えてはいませんし、見積もりに合わせたいという意志も働くので、多すぎるか少なくすぎるかのどちらかです。割り込みがはいって一時中断しようものなら、もはや記録した時..

Hyper-Anchor

ちょっと見つけたWebページで、「あ、これ面白そう」とおもってとっておこうとブックマークすることはよくあります。こんな時は、ブックマークに"working"というフォルダを作っていて、ここに保存してます。恒久的に使う可能性があれば、分類分けしたブックマークのフォルダに入れますが。あとで読むところが、ちょっと長いページだと、一体どこで何が気になったのか、しばらく経つと忘れてしまいます。こんな時は、「あとで読む」http://atode.cc/で自分宛にそのWebペ..

遊びの時間を作る

今日のテーマは「遊びの時間」。「遊び」といっても仕事中に遊ぶわけではありません。「余裕」「バッファ」です。仕事はたいていは予定通りには行きません。ただ、経験的には、予定より早く終わることは少なくて、多くの場合は予定を超過します。そのうえ、頭のなかでスケジューリングすると、本当は必要だけどあまり生産性のない単純なことはポロッと抜け落ちることがあります。会議はハシゴしてはいけないたとえば、10時から1時間の会議、11時から別の会議..

コピーを頼まれたら成長するチャンス

「仕事がつまらない」「自分の成長している実感が無い」とくに若い人におおい仕事への不満ですね。私も管理職としてそういう不満を聞く時があります。従業員満足度をあげようということでウチの会社でやっているのが、「従業員満足度向上ミーティング」というやつがありまして、仕事に対して思っていることを上司の上司に直接言うというミーティングで、こういう場で若い人の話を聞くとこういう話がときどき。「そうか。仕事で成長したいんだね。」とかわかっ..

信頼方程式T=(E+R+I)/S

他人から信頼を得る方法について、非常に簡潔にまとまっているのでご紹介。信頼方程式 T=(E+R+I)/S信頼の方程式信頼を高めるのは、商売において最も大事なポイントです。どんな商売でも相手に信用してもらえない限り、何も買ってもらえません。つまり信頼関係がなければ、お金にならないのです。そこで、あるコンサルタントが書いた本(『The Trusted Advisor』 デビッド・マイスタ..

初手、王手飛車取り!

本日は、具体的なスキルの話ではなく、心構えのお話。心構え、基礎学習なにをするにしても、かならず「心構え」が必要と言われます仕事というのは、社会に真摯に貢献するという気持ちで向かいなさい社会人としての自覚と責任をもって臨みなさい感謝の気持ちを持つことが大切自分のやったことに誇りを持ちなさいまた、何かを学ぼうというときには、まず基礎的な理論をしっかり身につけて、応用はそれからみたいなことも。それ自体は理解できますし、私自..

捨てるって気持ちいい

過去記事で、整理整頓については何度か書いていますし、仕事のポイントを書いた記事や書籍でも重要だと書かれています。本日ご紹介する『めんどくさがりでもうまくいく時間術』でも書かれていますが、すごくわかり易い文章だったのでちょっとご紹介。"めんどくさがり"と "整理できない" のシンクロ率はものすごい高さです。おおざっばで雑な人は、自分の部屋、会社のデスク、 PC のデスクトップもモノ..

ミスを連発してしまったときの対処方法

仕事をしていれば、何かしらのミスは起きます。一番落ち込むのは、同じようなミスを連発してしまったときですね。「あ〜、もう!オレのバカ!」ってがっくり来ます。たとえば、メールの宛先を「杉山さん」に送るつもりが、「杉本さん」に送ってしまった。「やばい!」と思って送り直したら、今度は「杉木さん」に送ってしまったとか。こういうのがあると、本当に「イラッ」とします。キーボードに八つ当たりしたくなる(実際、してたりしますが)。..

会話のトレーニングをする

初対面の人といきなり話し始めて話が弾む人っていますよね。人見知りで口べたな私からみると羨ましい限り。最初の話題の選択肢なにが難しいって、最初の話題がもっとも難しいです。たとえば異業種交流会などのオフ会で、全く初対面の人と食事を一緒にするハメになると、もうひたすらビールを飲んでる。ただひたすら沈黙と食器の音だけ…。ところが同じ席に、話の上手い人がいると全然違います。いきなりサッカーの話題で盛り上がったり、会社の雰囲気の話になった..

業界の専門家に見えるようにする

業界人に見えないように頭をリフレッシュして生きる業界人に見えない人の特徴は、まだ入社間もないか、相当仕事ができる人のはずだ。業界の枠に閉じこもっていないという点で共通している。私のコンサル時代にもこれはそのまま当てはまり、飛び抜けて優秀なコンサルタントは決まってコンサルタントらしくなかったものだ。絶対に利口ぶらないし、プライベートでは理屈っぽくないし、自分からわざわざ経歴をひけら..