読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

相手の実力を見てモノを言う

組織マネジメント コーチング

 

 

コーチング講座で習ったことを自分の部下に適用してはいけない

 「きみならどうしたらいいと思う?」
 「きみは、次にどうする?」

最近良く聞くようになったセリフですね。

管理職になったり、管理職直前の人に対して、人事教育の一環としてコーチング研修をする会社が増えましたし、ビジネス書などにもよく出てきますので、極力使うことにしている人がいるみたいですね。

そんなことやれるわけがありません

実は10年近く前の事になりますが、「コーチング研修」で講師の方に噛み付いたことがあります。

 「自律的に考えて、こちらの思ったことができる部下なら、自分の経験で言えば『このようにしたいんですがいいですか?』と言ってくるでしょう。それを言わずに、『これが難しい』、『これができない』と行ってきている部下に『きみならどうする?』で期待する答えが返って来たことがありませんが、なぜそれができると言えるのでしょうか?」

と。まぁほとんどインネンに近かったですが。

ただ、同じ講習に出席されていた方からは結構賛同をいただきましたけどね。
※あの時の講師の先生。すみません。オトナ気なかったですね…。反省してます。m(_"_)m

■人の能力にはばらつきがある

あなたが上司であったり、後輩指導者であったりした場合、会社から見てあなたのほうが優れていると思われているわけですね。
つまり、より多くの経験を積み、実践を通じて多くの知識を持っていると考えられているわけです。

要は、あなたがわかるようなことでも、相手にはわからないということです。
そのわかってない相手に

 「きみならどうしたらいいと思う?」

なんて言っても、期待する答えが返ってくると思うほうが、どうかしてる。

もちろん、すべての面で指導者が優れているなどということはありません。相手のほうが優れている点もあります。
ただ、全体としては、あなた(指導者)のほう(相対的に)が優れているのだから、指導者や上司という役割をもらっているわけです。

さらに、相手にもレベルがあります。

 ・ちょっとヒントを出せば分かる人
 ・答えを言えば行動に展開できる人
 ・行動を具体的に言わないとできない人
 ・言ってもできない(やらない?)人

それぞれに対応した指導方法が必要なわけです。

あなたが指導者として指導の成果を出したい、あるいは上司として部門の成果を上げたいと思っているなら、「コーチング研修」などのことは、方法のひとつと割りきって、相手の能力をよく観察・評価して、指導しましょう。

◆このテーマのおすすめ図書


コーチングの神様が教える「前向き思考」の見つけ方

30日で人生を変える 「続ける」習慣

10分の面談で部下を伸ばす法

きほんからわかる「ビジネスコーチング」―図解

すべての仕事は「問い」からはじまるたった1秒の「問題解決思考」

上司のルール

 

 

■同じテーマの記事

考えは伝えられない

「×××を日までにお願い」とお願いしたのに、できたものは全然期待とは別物。それも当日の夜になって出してきて…なんていう経験は仕事をしていれば、当たり前のようにあります。考えていることは伝わらない以前の記事コミュニケーションよりコンバージョンで書いたように、人間が考えていることは、他の人にはテレパシーでもない限り伝わりません。仕事の..

コーチングの罠

「きみならどうしたいと思う?」「きみは、次にどうする?」最近良く聞くようになったセリフですね。管理職になったり、管理職直前の人に対して、人事教育の一環としてコーチング研修をする会社が増えましたし、ビジネス書などにもよく出てきます。でも、これを無条件に使おうとする上司がいたり、そういった説明をするコーチングの講師がいたりすると、ちょっとむっとします。数年前ですが、講師に噛み付いたことがありました。「自律的に考えて、こちらの思ったことができる部下なら、自分の経験で..

お子様上司の時代

本日は、珍しく新刊(2013/09)のビジネス書のご紹介。何度も繰り返し読みたくなる本ではありませんでしたが、すごく色々気になった本でした。以前、この著者(榎本博明氏)の「上から目線」の構造 (日経プレミアシリーズ)を読んで、結構気に入ってましたので、早速読んでみました。やっぱりこの方、他の人とは一味ちがう見方をされていて、面白いし、考えさせられることがたくさんある。本書で紹介されるのは、上司・部下ともに精神的に幼稚な人が増えたのではないかという課題。これを、本書..

面接質問「どんな貢献ができますか?」

面接の質問の流れですが、ウチの会社では、昇進面接、中途面接ともに同じような内容です。調べてみると、どこの会社でもほぼ似たようなものですね。1.自己紹介をしてください2.過去×年のなかで、特に成果の高かった業務を2つ上げてください3.なぜその成果が高かったのですか?4.その活動の中で、どのような困難があり、どのように乗り越えましたか?5.あなたの強み、弱みを教えてください。6.あなたの強み、弱みをどのように活用していま..

残念な人の仕事の中身

今週は、夏休みに読みたいビジネス書の紹介です。本日は以前にも紹介してます「残念な人の仕事の中身」という本。元ネタを使いまわしているようですが、結局たくさんのビジネス書を読んでも、本当に「これは、何度も読み返したい」という本は数えるほどしかありません。それは自分の課題認識によって人それぞれなのかもしれませんが、このブログでは、沢山の本を紹介することではなく、自分がやってみて役だったものを紹介していますので、どうしても新刊などはあまり紹介出来ません(実際に..

思考・発想にパソコンを使うな

今週は、夏休みに読みたいビジネス書の紹介です。本日は以前にも紹介してます「思考・発想にパソコンを使うな」という本。元ネタを使いまわしているようですが、結局たくさんのビジネス書を読んでも、本当に「これは、何度も読み返したい」という本は数えるほどしかありません。それは自分の課題認識によって人それぞれなのかもしれませんが、このブログでは、沢山の本を紹介することではなく、自分がやってみて役だったものを紹介していますので、どうしても新刊な..

上司のための心理学

本日は、部下を持った人、あるいは部下を持つ直前の人に読んでほしいビジネス書の紹介をします。まだまだ若い人で、部下を持つなんてまだだいぶ先のことだと思っている人も、本書にあげてある程度の言葉は、その概要と実際にどのように応用するのかについて、一つづつ勉強して置くとすごくいいです。というのは、本書に書いてある事柄がすごく網羅的で、それぞれの1節ごとに本が何冊かかけてしまえるくらいのボリュームを持ってます。なので、この本を読んだだけでは、初めての言葉は消化不..

時間価値倍増法

三浦雄一郎さんが世界最高齢でエベレスト登頂に成功されましたね。本当におめでとうございます。草葉の陰からお祝いを申し上げます…。三浦氏は・1964年イタリアのスキー大会で日本人として初めて参加し、時速172.084キロの当時の世界記録を樹立。・1966年、富士山直滑降。・1970年にはエベレスト・サウスコル8000メートル世界最高地点からのスキー滑降を成し遂げ、その記録映画でアカデミー賞受賞・1980年代に入ってからも世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成とまぁ..

残念な人の仕事の中身

仕事をする能力は非情に高いのに、上司からなかなか承認されない。あるいは昇進が送れるという人がいます。本日はそういった人へのアドバイスを書いた一冊。私の同僚にも本書に当てはまる人がいます。同僚といっても、昇進が遅れているので、すでに職位は随分離れてしまいましたが。本書を読んでいて、「確かにその人のついては、思い当たるフシが幾つもある」ということに気が付きました。「そうか、こういうことをすると昇進が出来ないんだ」というのが、その理由とともに本..

ドラッガーの時間管理

P.F ドラッガー「経営者の条件」次にくる一歩は体系的な時間の管理である。時間を浪費する非生産的な活動を見つけ、排除していくことである。(中略)すべての仕事について、まったくしなかったならば何が起こるかを考える。何も起こらないが答えであるならば、その仕事は直ちにやめるべきである。そうできるものなら、そうしたいですが、無理です。ほとんどの仕事というのは上司から降ってきます。あるいは同じプロジェクトの打合せのときに発生するかもしれま..

成果を上げる5つの条件

より高い成果を上げるためには、成果が出せる仕組みを作ることが大切です。ではその仕組とはどのようなものでしょうか?仕組み自体は、業態や担当している業務によって様々な形がありますが、必ず必要になるものは普遍的にあります。P.F.ドラッガーはこれを5つの条件としてまとめ、『経営者の条件』に記述しています。1.時間を管理すること2.貢献に焦点を合わせること3.強みを生かすこと4.重要なことに集中すること5.成果をあげる意思決定..