読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

5秒の予知能力を身につける

 


我が家は、別に当番制ではないですが、休日の晩御飯をときどき私が作ってます。

男性で、「料理が好き」という人は、やっぱり少数派なのかもしれませんが、私は結構好きだったりします。
家内に言わせると、「自分の気の向いた時だけやればいいなら楽しいでしょうね。そりゃ。」だそうなのですが。


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●仕事を止めないように段取りを考える
段取りのよい人は、先を読んで行動します。5 秒だけでも考えれば、先に何が起こるかわかります。

一方、段取りの悪い人は、他人に言われてから行動します。ただそれだけの違いです。

会議の資料づくりでも、段取りのよい人は、早めにコピーをします。会議の直前だと、先にコピー機を使っている人がいたり、故障したりしたときに困るからです。コピーさえすませておけば、あとはセットするだけなので、慌てることはありません。

ファックスを流すときに、ボーッと紙が流れるのを見ている人がいます。一方で、流れている間に、別の作業をしている人や、携帯でスケジュールの確認をしている人がいます。ここでも、仕事が止まっているか、仕事が回り続けているかがわかります。

取引先への確認メールも、会議に入る前に送っておく人は段取りのよい人です。メールを相手に投げておけば、自分が仕事から離れていても、仕事自体は回り続けます。段取りの悪い人は、タ方に会議が終わってから、バタバタと取引先にメールをします。夕方にメールを飛ばしても、すぐに取引先に確認してもらえなければ、翌日まで仕事が止まってしまいます。

5 秒考えて、「今送るべきメール」と「あとでもいいメール」に振り分けましょう。その基準は、仕事が止まらないかどうかです。

鳥原隆志(著) 『たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく
――――――――――――――――――――――――――――★



■料理と仕事は段取りだ!

意外と料理もこういうところがあるんですね。

いかに効率的に準備をしていくかというのが、

 ・鍋に火をかけておいてからネギを切って…
 ・サラダは先に作っておいて、冷蔵庫に入れてから鍋物に着手する

とか。

段取りがいいと、素早くできるようになります。
最初のうちは、料理の支度は2時間近くかけてましたが、いまは1時間が切れるようになったので、やっぱり効率が良くなったんでしょう。

■5秒の予知能力

まぁ、「段取り」などと難しいことを考えなくても効率化はできます。

 5秒後に何が起きているか

を予測することです。5秒というのは象徴的なことなので、「次に何が起きるか」でも構いませんが、次を予測できていればそれに備えて、必要な物を取り出しておくことも可能なわけです。

「次に」とか考えると、遠い未来でよくわからない時もあるので、「ほんの一瞬あとに」という意味で、「5秒」と言うようにしてます。
※本書『たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく』の影響が大きいですが。

いまなにかやっているとして、その次の瞬間何が起きているか、ちょっと予想してみません?
その予想があっているとしたら、それをスムーズに進めるには、どんなことをしておくといいか、考えてみましょう。

本書『たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく』の例のように、「ファックスの送信ボタンを送信している」のであれば、5秒先は「送信待ちをしている」事になります。だったら、その「スキマ時間に備えて、スケジュールのチェックをする」と思い至れば、送信ボタンを押した瞬間にポケットからスマホが取り出せるわけですね。

予測が現実になるのであれば、それはもう予測ではなくて、予知能力ですよ。



■参考図書 『たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく

「考えて仕事をする」とはどういうことなのか?

「もっと考えて仕事をしなさい! 」
「そんなこと、少し考えればわかるだろう! 」

上司や先輩から、このように叱られることはありませんか?
叱られている本人だって、それなりに考えて仕事をしています。それなのに、うまくいかない。
その本当の原因は、「考えていない」ことではなく、「考え方が間違っている」ことにあります。

仕事のさまざまな場面で、何を考えれば的確な行動ができるのか。できる人が必ず押さえている「15の視点」を本書で解説します。
行動を起こす前の「たった5秒」。そこで何を考えるかが勝負です。

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく
著者 :鳥原隆志

たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく
検索 :最安値検索

たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 指差し確認、もう一度確認
 5秒の予知能力を身につける
 遊び時間を作る
 つまらない会議から抜け出す方法
 仕事は4時間で終わらせる
 親しみのある「たとえ」を使う
 心理的にプレッシャーを与えると交渉が楽になる
 逆算の発想でスケジュールを作る
 定時で帰る方法を考える
 なぜそれがルールなのかを考える
 頑張ろうと思わない
 あふれるコップの水を拭いても無駄
 「あとで…」という言葉には利子がつく
 たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく
 真逆を考える
 あなたの問題を解決しましょう

●このテーマの関連図書


たった5秒思考のムダを捨てるだけで、仕事の9割はうまくいく

いまから、君が社長をしなさい。~経営思考を身につけるインバスケット・トレーニング~

究極の判断力を身につけるインバスケット思考

同じ条件、同じ時間で10倍仕事ができる人、10分の1しかできない人

入社2年目のインバスケット思考~一生ものの仕事の進め方~

一瞬で正しい判断ができるインバスケット実践トレーニング(朝日新書)


 

■同じテーマの記事

5秒の予知能力を身につける

我が家は、別に当番制ではないですが、休日の晩御飯をときどき私が作ってます。男性で、「料理が好き」という人は、やっぱり少数派なのかもしれませんが、私は結構好きだったりします。家内に言わせると、「自分の気の向いた時だけやればいいなら楽しいでしょうね。そりゃ。」だそうなのですが。仕事を止めないように段取りを考える段取りのよい人は、先を読んで行動しま..

遊び時間を作る

私は電車を乗り継いで通勤してます。だいたい家を買うとき、「通勤30分」などという売り文句に釣られて、「30分なら圏内か…」と判断すると、電車の本数が少なくて、結局1時間コースになったとか…。時間計画には余裕時間が必要「遊びの時間」を考慮して逆算する到達点から逆算する方法にも、落とし穴があります。それは、「突発的なスケジュールが発生したとき」と、「逆算の過程が抜けて..

逆算の発想でスケジュールを作る

時々聞く話なのですが、家を買うとき「通勤30分」などという売り文句に釣られて「30分なら圏内か…」と判断すると、電車の本数が少なくて、結局1時間コースになったとか…。ちなみに私も電車を乗り継いで通勤してますので、その感覚はわかります。時間計画には遊び時間が必要「遊びの時間」を考慮して逆算する到達点から逆算する方法にも、落とし穴があります。それは、「突発的なスケジュ..

定時で帰る方法を考える

仕事はゴールから考えなさいよく言われることですね。「よく言われる」ということは、「よくできていない」という意味なので、注意しないといけないのですが、本書『たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく』に、はっとすることが書いてありましたので、共有します。出勤したときから、帰る準備をしなさい定時に帰る方法を考える時間は有限です。どの仕事でも終業時間は決まっており、..

あふれるコップの水を拭いても無駄

『たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく』という本に、すごくいい喩え話が書いてありましたので、ちょっと共有。あふれるコップの水を拭いても無駄「もっと頑張らなければならない」そのような気持ちで仕事をしている人も多いでしょう。しかし、それは間違っています。逆に頑張ろうとするから、仕事に追われる結果になっているのです。私はインバスケット研修で、コップにあふれるくらい..

「あとで…」という言葉には利子がつく

私は借金で何かを買ったのは、自宅を買ったとき以外全くないのですが、世の中には「リボ払い」という便利な仕組みもあります。名前はスマートなのですが、いわゆる借金ですね。これを仕事にたとえて、面白い説明がありましたので、ちょっと引用。「いつでも一定額のお支払いでOK 」このキャッチコピーを初めて聞いたときは、「なんと画期的な仕組みなのだろう」と思いました。これは、私が20代の頃に流..

コピーを頼まれたら成長するチャンス

「仕事がつまらない」「自分の成長している実感が無い」とくに若い人におおい仕事への不満ですね。私も管理職としてそういう不満を聞く時があります。従業員満足度をあげようということでウチの会社でやっているのが、「従業員満足度向上ミーティング」というやつがありまして、仕事に対して思っていることを上司の上司に直接言うというミーティングで、こういう場で若い人の話を聞くとこういう話がときどき。「そうか。仕事で成長したいんだね。」とかわかっ..

会話のトレーニングをする

初対面の人といきなり話し始めて話が弾む人っていますよね。人見知りで口べたな私からみると羨ましい限り。最初の話題の選択肢なにが難しいって、最初の話題がもっとも難しいです。たとえば異業種交流会などのオフ会で、全く初対面の人と食事を一緒にするハメになると、もうひたすらビールを飲んでる。ただひたすら沈黙と食器の音だけ…。ところが同じ席に、話の上手い人がいると全然違います。いきなりサッカーの話題で盛り上がったり、会社の雰囲気の話になった..

最初に違いを言う

最近、ビッグデータだのビジネスインテリジェンスだの、インダストリー4.0、IoTだの IT 関係が華やかですね。私のところにもいろいろな IT 関連会社からセールスが来ます。ただ、具体的な提案を持ってくるところまでつながっていくのは、わりと少ないです。セールスの専門家がやっているので、いろいろ研究したり、練習したりしているのでしょうけど、プレゼンの良し悪しって、する方より聞くほうが相手の上手下手を見分けやすくなります。同じように..

上司が部下の相談に乗ってくれないのはなぜ?

部下が困っていることに対しては、アドバイスしたり解決の手助けをしてあげるのが上司の仕事のひとつです。ただ、実際には「相談に乗ってくれない」「ありきたりな指示しかされない」「余計な仕事が増える」など、否定的な経験のほうがおおいのではないでしょうか。なぜ上司は部下の困り事に親身になってくれないのか私は 28 歳のとき、新規事業部門の部長職を拝命しました。全国に、30 名以上の部下がいま..