読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

便利屋で終わらない仕事術

仕事術

 


 「××君、ちょっといいかな?」

上司からこんなふうに話しかけられたら、本当にちょっとで終わると思う人はいないでしょう。

大体の場合は、現在上司の抱えている問題点についての説明があって、結局何らかの仕事を「君に頼むよ」とか言われるのがオチです。「今でさえ一杯一杯なのにこの上…」とは思いつつ、「はい!何でしょうか?」と上司のところにすっ飛んでいくのはサラリーマンが身についたからでしょうかね?

■便利屋と役に立つやつの違い

中間管理職サラリーマンとして、受けの立場と下の立場を使い分けることをし始めて「はや幾星霜」なのですが、だんだんこの2つの違いがわかってきました。

上司から見ると、「便利屋」は使い捨ての存在で、「役に立つやつ」は自分を支えてくれる存在です。
仕事を色々ふるのは両者ともに共通しているのですが、「役に立つやつ」は上司から一目置かれてます。

同じように上司の命令をこなしてくれても、便利屋はその成果を上司はすぐに忘れてしまいますが、役に立つやつは期末評価で必ずプラス評価されます。

 「どうしてこういうことになるかな?」

と過去に自分がやってきたことを振り返ったり、自分が今感じている両者の行動の違いを見比べるといくつかの相違がありました。

もっとも大きな違いは

 ・上司の命令通りのことをするか、命令以上のことをするか
 ・上司の判断基準に基づいて、依頼を断ることができるか

の2つ。


■命令の期待を超える

もし、上司が「○○までに△△をやってくれ」と命令したとしたら、その目的としているのは、△△を使って上司が出したい結果が出ることです。△△の行動や結果自体には上司は大して興味が無いんですよ。

 「この前の協力会社への出張の報告書を出してくれ」

と上司から支持があったとしましょう。もうすでに口頭では報告しているのに、わざわざ文章にする理由をよく考えてみることです。
もしかしたら、上司の上司にその協力会社の技術力についてどのような課題があるかを報告したいのかもしれません。あるいは、その協力会社との取引をもっと拡大したくて参考情報として提示したいのかもしれません。あるいは今回問題になった品質問題が完全解決したことを報告したいのかもしれません。

ここはひとつ必死に状況を呼んで、どの様なストーリーでまとめればいいかを考えましょう。
そして、

 「こういうストーリーでまとめようと思いますがいかがでしょうか?」

と上司に確認することです。

それを、

   ●●月○○日
     10:00     △△社到着
     10:10     △△社□□氏と面談
     11:00     現場見学
     15:00     ラップアップ
     17:00     △△社退社
      ★ 宿題事項
        ★ ………………(私)
        ★ ………………(□□氏)

なんていうメールを上司に返して仕事終わり、だったら指示されたことはちゃんとやったけど、ただそれだけのことですよね。
これでは印象に残るわけがありませんね。忘れるどころか「使えないやつ」と思われるかも(さすがにここまでのレベルの人はあまりいませんが)。

今の部下には「はい。分かりました」と言っておいて、いつまでたっても報告がないので、「どうなった?」と聞くと「すみません、忙しくて手がつけてありません」というヤカラもいますので、上司としては気が抜けない。そういう人を「役に立つやつ」と思うことは絶対にありませんが、便利屋ですらないので今回は除外。

■上司の依頼でも断る

自分の体験的にも不思議なのですが、「できません」と依頼を断る人を、上司は実はあまり否定的に捉えません。

しょっちゅう断られれば、「こいつ仕事とはオレの命令だとわかってないのか?」とか思うのかもしれませんが、以下の様な正当な断り方をする人は、「なかなかできるやつ」と帰って評価することがあります。それは…

 「○○社への見積の期限が本日夕方で、いまどうしても手が離せません。申し訳ありませんが、明日でもよろしいでしょうか?」

ここで断る理由になっている部分は、上司が重要と認知している業務でなければいけません。「そんな仕事をしてたんだ」みたいな重要度の仕事だったら「オレの命令が優先だ!」とかいうことになるのですが、重要と認知していれば、「そうか。分かった」で終わります。

もちろん、今頼みたいことをちゃんと聞いてから、上司がどちらを重要視しているかを判断してからのことですが。

上司が思いつきも含めて、年間計画にない細々と出してくる仕事は分類で言うと「充足欲求」に含まれるものが少なくありません。
つまり、上司としてのステータスの確認と(ちょっと)行き当たりばったりの重要度判断に基づくものがあります。

そのため、ある一定水準が満たされていれば、それ以上にやっても実は満足度は上がらないんです。

ひとつでも断ると心象を悪くするのではないかと思う人がいますが、実は断られたら断られたで他の人に振るか一定時間寝かせておくうちになくなってしまう要望もあるということです。
だから実際断られたとしても「あ、そう」で済んじゃうことがママあるんですね。

そのタイミングを見逃さないことです。

逆に上司が重要と思っている要求をした時には、全力・最優先でやることです。それで上司の満足度は上がります。

■期待を超え、時々断る

同僚からの依頼でも、上司からの依頼でも同じですが

 ・相手の要求以上のことをする
 ・上司の判断基準に基づいて、依頼を断ることができる

の2つをすることで、便利屋ではない仕事にいろいろ役立つ人という印象を付けられると考えてます。

 

■同じテーマの記事

上司の指摘は積極的に改善する

「あなたの強みはなんですか?」自己啓発やキャリア形成などのセミナーでよく言われることですし、多くのビジネス書にも「自分の強み・弱みを知りなさい」と書いてあります。自己分析の方法なども過去記事ではご紹介してますが、会社であなたの強みと弱みをもっとも知っている人に聞いてみるのはどうでしょう?上司に聞いてみる私は、上司との成果面談&目標面談(年にそれぞれ1回あります)のとき、どちらかで(成果面談のときが多いですが)「私のいいところ..

遊びの時間を作る

今日のテーマは「遊びの時間」。「遊び」といっても仕事中に遊ぶわけではありません。「余裕」「バッファ」です。仕事はたいていは予定通りには行きません。ただ、経験的には、予定より早く終わることは少なくて、多くの場合は予定を超過します。そのうえ、頭のなかでスケジューリングすると、本当は必要だけどあまり生産性のない単純なことはポロッと抜け落ちることがあります。会議はハシゴしてはいけないたとえば、10時から1時間の会議、11時から別の会議..

お世辞も言わねばサラリーマンは務まらない

お世辞やゴマすりが人間組織の歴史からなくならないのは、それが効果があるからです。「お世辞で上司に取り入る」というとなんだか聞こえが悪いですが、上司にうまく取り入っていかないとサラリーマンとしては仕事が続けにくいです。上司に嫌われて、仕事がうまく行かなくなったという例は、枚挙にいとまがないですが、上司に好かれて仕事がしにくくなる、というのはたぶんそうそうありません(よほど持っているスキルとかけ離れた仕事を割り当てられない限り)。..

予定を決めたら簡単には動かしてはいけない

すでに予定が入っているのに、「ちょっと話がしたい」「他の人の空いている時間がないので、この時間に会議をします」みたいな要求がいろいろ来ます。できる人は「予定」を簡単に動かさないたとえば、営業マンが最も大切にしなければならないのは、お客です。ところが、かつて、人相を輩出することで有名な某社の、トップ営業マンである M さんが、お客との面談を断っているのを見て、さすがだな、と感じた..

それ、オレの仕事?

上司から、「それ、オレの仕事なの?」と思えるような仕事を振られる時があります。そのときに、その気持をストレートに言ってしまうと、上司としては気分が良くありません。当たり前ですが、やっぱり人から拒否されるのは気持ちのいいものではないので。上司の悩みを理解してあげる実際、管理職になってみるとわかりますが、上司のところにはいろんな問題が持ち込まれます。自分で気がつく場合も少なくありません。というか、管理職は会社や部門の運営の一部を任されているわけですから、自分の部下の専門..

仕事が断れないときにするべきこと

「この仕事引き受けたくないな〜」と思うことがちょくちょくあります。理由は様々で・仕事の目標がわからない・一度引き受けるとそのまま今後も自分が担当にされそう・忙しくてそれどころじゃない・なんとなく気乗りがしない・関係するとやばそうなプロジェクトなどなどあるのですが、やっぱり端的に言えば「気が進まない」。なんていうと私などは殆どの仕事は気が進まないですが。断れない理由..

便利屋で終わらない仕事術

「××君、ちょっといいかな?」上司からこんなふうに話しかけられたら、本当にちょっとで終わると思う人はいないでしょう。大体の場合は、現在上司の抱えている問題点についての説明があって、結局何らかの仕事を「君に頼むよ」とか言われるのがオチです。「今でさえ一杯一杯なのにこの上…」とは思いつつ、「はい!何でしょうか?」と上司のところにすっ飛んでいくのはサラリーマンが身についたからでしょうかね?便利屋と役に立つやつの違い中間管理職サラリーマンとして、受けの立場と下の立場を使い..

腰を使え

あなたの同僚で、便利屋さんっていますか?こんな人です。・「ちょっと悪いけどこれ手伝ってよ」「はい、いいよ」・「急ぎなんだけどお願いできるかな」「了解」・「ちょっと調べておいてほしんだけど」「分かりました!」・「××ってど言うことか知ってる?」「それはですることですよ」もう何でも引き受けちゃう。それも即答OK。もしあなたがこんな状態になっていたら相当危険です。自分を安売りするもちろん仕事は人間関係でまわるので、人間関係を良好に保つことは必要です。それに..

期末自己申告記入のポイント

3月ももう終わりです。もう今期の期末面接は終わったでしょうか?もう手遅れかもしれませんが、私が部下と面接した結果と上司と私の報告をした時に気がついたヒントについて、ちょっと書いておきたいと思います。MBOは2種類多くの会社でそうだと思うのですが、目標管理を導入している会社では、業績評価能力評価の2本立てになっていると思います。もしかすると業績評価情意評価能力評価コンピテンシー評価の4本立てという会社も聞いたことがあります。名称は会社でいろいろでしょうから..

目標はレギュラーとプロジェクトで管理する

毎年、「売上10%アップ」とか「効率5%向上」とかのような目標が与えられて、それに対していろいろな活動をすることになります。ところが、過去記事でも書いたとおり、目標を数値化すると数値化しなかった部分が目標から欠落します。目標管理を報酬に結び付けない一定以上の規模の会社であれば、内容はともかく、「目標管理制度]を導入していることと思います。「目標管理制度」は、いわゆる「成果主義」「..

言うべきことは言うべきタイミングまで待つ

「ハイプ・サイクル」という言葉をご存知でしょうか?もともとはガードナー社が作り出した言葉らしいのですが、世の中の流行り言葉やバズワードは、一時期わ〜っと使われるが、しばらくすると使われなくなり、やがて完全に廃れるか、徐々に当たり前の言葉になっていくときの様子を描いた曲線です。詳しくは以下の Wikipedia の解説ページをご覧ください。ハイプ・サイクルWikipedia提案が受け入れられる時と無視される時仕事をしていて課..