読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

時間を測定する

時間術

 


過去記事でも紹介してますが、ドラッカーや様々な時間術の紹介でかならず必須と言われるのが、自分の時間の使い方を記録することです。

ところが、これをやってみると、つけ忘れたり、適当に記入したりして、本当に精度は上がりません。

昨日、レポートを書くのに、何時間かかったかなんて正確に覚えてはいませんし、見積もりに合わせたいという意志も働くので、多すぎるか少なくすぎるかのどちらかです。割り込みがはいって一時中断しようものなら、もはや記録した時間は全く意味を持ちません。

■時間日誌の効用

★P74〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●ムダ時間を徹底追放する「時間日誌」の驚くべき効用

個々人の時間は本人にとってはもちろんだが、会社にとっても貴重である。

時間日誌をつけることは自分の時間の使われ方を知るために役に立つ

たいていの人は、時間日誌をつけようという提案に強く反発する。

ただでさえ仕事が多すぎるのに、これ以上労力や時間をかけさせられてはたまらないなどと思う。

何に時間を使っているかは自分でよく知っているから、時間日誌などは無用だというわけである。

しかし、ほんとうにそうだろうか?

1000人を超えるマネジャーに時間の使い方につい訊いてみた結果からしても、人間の記憶というものはそれほど正確なものではない。

また、時間日誌をつけている人たちのほとんど全員が、それなりの見返りを得ていることがわかっている。

時間日誌をつけている人たちは時間の性格を見抜く貴重な直観力を身につけているので、不意打ちを食らってあわてるということがない。

たとえば、上司に「明日の夕方までにこの調査についての報告書を提出してくれ」と命令される。時間日誌をつけたことのない人が、それが三時間ぐらいかかると判断し、午前中にこれをやる予定を立てた。

ところが、実際にやりはじめると部下からの相談、電話が相次ぐ。全部断わったが、そのたびに中断して午前中は三分の一もできなかった。午後になっても同じ状況が続き、約束の時間までにはできたが、「不出来で申し訳ありません」と謝らなければならなかった。

一方、時間日誌をつけている人は、午後から報告書を書く予定を立てた。
午前中は部下の相談、電話が殺到することを知っていたからである。そして、午後はすべてをシャツトアウトすることを秘書に告げ、会議室で満足できるものを書き上げた。こういう差が出るのである。

メリル・E・ダグラス(著) 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
―――――――――――――――――――――★



本書の事例である「調査についての報告書」は、結構ありがちなパターンです。

とくに、職位が上がれば上がるほどこういうことが多くなります。マネージャになると半分くらいは、計画外の仕事をやっつけている時間ではないでしょうか。

■手作業の「時間日誌」は破綻する

ただ、経験的に言うと、手作業で記入する時間日誌は破綻します

たとえば、ある作業をしていて、後輩や上司に話しかけられたりすれば、その時点でその作業の時間は一旦止めないといけません。このときにぱっと時計を見て、それをメモしてから、「なんでしょう?」とそちらの対応に欠かれる人がどれくらいいるのか?

すくなくとも私はそんな面倒なことはやりません。

で、結局2時間でその作業が終わったとして、あとで「ん〜。30分位話してたかな」って、30分引き算して、作業時間として記録するのがベストな状態です。

ただ、この方法だと、午前中、割り込み仕事が多いのかどうかはわかりません。

正確にやるなら、

 10:25 ToDo A 開始
 10:53 割り込み―××構想について口頭報告
 11:21 割り込み復帰 ToDo A
 11:50 ToDo A 完了

みたいになっていないといけないわけです。

なので、私は

 ManicTime

のように、勝手に記録されるようなツールを使ってます。
ただ、このソフトでは、Excel を開いていたのは、ToDo A のためなのか、割り込みで入った相談で何かを説明するために開いたのかはわかりません。

1日の終りに、Excel にエクスポートして、説明を追記しておかないと、あとで使えない膨大なゴミデータが出来上がります。



■参考図書 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック

「ハイ」と返事をしてもやらない、「その場しのぎ」の仕事をする、優先順位がメチャクチャ…なぜ仕事ができない人は「習慣的」に時間をムダにするのか?1980年の刊行以来、時間管理と仕事の進め方のコツを伝授する名著としてアメリカで読み継がれてきた超ロングセラーが登場。

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
著者 :メリル・E・ダグラス

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
検索 :最安値検索

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 ドラッカー:リーダーシップ力診断
 時間を測定する
 予定を決めたら簡単には動かしてはいけない
 それでも紙のノートは手放せない―オススメのノート5選
 プレゼンの原稿は作っても読んではいけない
 リンクリストを活用する
 マルチPC環境はVNCとTeamViewer
 ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:時間を記録し分析しなさい
 あなたの時間の値段はいくら?
 朝の習慣を変えてみる
 細切れ仕事の活用法2
 細切れ仕事の活用法1
 やりたいものからやる2
 タスクの優先順位付けで排除しなければいけない邪魔者
 タスクを選択する理由を書き出すチェックリスト
 集中力を高める環境の作り方1:集中力を保つ方法
 EXCELグラフを綺麗に見せるワザ1:凡例を消す
 タスクには結果を書く
 エクセルのSheetXは消しておきなさい
 2つの締め切りを作る
 プレゼン資料作成技術:色を使い分ける
 失敗は正確に報告する
 買い物は楽しいか?
 タスクリストを整理する
 行動しながら記録する
 ネットサーフィン記録
 レビューの読み方
 デスクトップ標語
 長期計画は決めない
 カレンダー活用術
 忘れた名前のごまかし方
 今やれ、すぐやれ、早くやれ
 タスクの多重管理
 自分のケース
 予定ない予定
 マイクロ挫折をする
 OhLife
 カシオのKeisanサイト
 2ヶ月カレンダー
 昇進したい?
 アクションレビュー
 変化を起こすための3つのコスト
 人生に変化を起こす方法
 心を壊す3つの障害
 20ドル札オークション(埋没費用と競争の原理)
 本気で「良い習慣を身につけたい」と思うなら
 「覚えられない」は本当は必要としていない
 ドラッカー:人は、自らがもつものでしか仕事はできない
 「しない」はできない
 月曜日スランプから脱出する方法
 仕事ができない人はこれができない
 優先順位と劣後順位を決定する方法
 簡単なことしか習慣化しない
 仕事を効率化すると幸せになれるか?
 心理的にプレッシャーを与えると交渉が楽になる
 好き嫌いで仕事をしてはいけない
 傍観者の立場で物事を見る
 判断に迷ったら判断基準を聞きなさい
 時間の浪費をやめる
 問題を報告してはいけない。行動を報告しなさい
 機会をつかむ準備をする
 問題は行動によってのみ解決される
 言葉の力をつける
 習慣の力を活用する
 あなたの認識は間違っている
 やる気では仕事はできない
 到達基準点を最高にする
 ペーシング・ディスペーシング
 チームが高い成果を出すための方法
 相手の立場によって言い方を変える
 パーキンソンの法則:効率を上げるとムダ時間が増える
 成果を出す能力
 時間の使い方を記録する

●このテーマの関連図書


「先延ばし」にしない技術

イチロー式集中力(PHP文庫)

「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術

机に向かってすぐに集中する技術

反対尋問の手法に学ぶ嘘を見破る質問力

東大ドクターが教える、やる気と集中力の高め方


 

■同じテーマの記事

時間を測定する

過去記事でも紹介してますが、ドラッカーや様々な時間術の紹介でかならず必須と言われるのが、自分の時間の使い方を記録することです。ところが、これをやってみると、つけ忘れたり、適当に記入したりして、本当に精度は上がりません。昨日、レポートを書くのに、何時間かかったかなんて正確に覚えてはいませんし、見積もりに合わせたいという意志も働くので、多すぎるか少なくすぎるかのどちらかです。割り込みがはいって一時中断しようものなら、もはや記録した時..

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:時間を記録し分析しなさい

時間管理で失敗する原因というのはいくつかあります。原因がわかれば対策のしようもあるのですが、自分が原因でない割り込み仕事や浪費はなかなか改善できません。割り込み自体を減らすことは難しいのですが、その割り込みを受け付けるかどうかは自分の行為として判断可能です。代表例として電話があります。電話はこちらの都合にかかわらず、いきなり「最優先で対応してくれ!」と言っているのと同じ。放置するわけにも行かないので出ると、ちょっとした要件プラス..

時間を測り、試行錯誤すると効率が良くなる

このブログの一番大きなテーマが、「時間術」というテーマです。いかにして、会社における自分の評価を高めていくのか、ということについて、「効率的に仕事をする」という方法は不可避なネタです。もちろん、それ以外にもいろいろありますが。時間術に限らないですが、何かを改善するためには、・条件を記録しておく・その条件で実行した時の経過を記録する・条件を変えて同じことをしてみるという試行錯誤が欠..

時間を記録することが改善につながる

「仕事の改善」という言葉には2つの意味が含まれています。仕事の品質を上げる仕事のスピードを上げるです。いずれにしても、私が気にしているのは、測れないものは改善しないということ。それで、本ブログでもよく「品質」とは、とか、「改善」とはという言葉を定義してます。定義が明らかになれば、それを数値化できる方法に結びつきます。数値化すれば、それがどのように変化したかがわかります..

常駐タスクをチェックする

PCって使っている期間が長いほど、性能が悪くなるみたいですね(経験則)。そのひとつの原因として、常駐アプリがあります。パフォーマンスの改善一度、CTRL+SHFT+ESC って押してみてください。タスクマネージャーが立ち上がりますよね。ここの「プロセス」(Windows10の場合)を見ると、どのくらいのアプリが立ち上がっているかわかると思います。「パフォーマンス」タブを見ると、メモリをどのくらい消費しているかわかります。私が勝手に決めている目安ですが、普段使っている..

毎日基礎トレーニングをする

トレーニングをしていますか?あなたの仕事における基礎能力は何かを考えたことがあるでしょうか。たとえば、PCを操作する仕事であればキーボードの入力の早さ、プレゼンをするのであれば声の出し方、生産ラインで組み立てをするのであれば、手先の動かし方などです。これらはすごく基礎的なことですが、これができないと話にならないものです。自分が知っている範囲で言うと、驚くほどこういった訓練をしていない人が多いです。私は基本ソフトの開発部隊を率いてますので、そのメンバーはPCのキーボー..

メールはプルシステム3

以前の記事にも書きましたが、1日に約300〜500件のメールが来ます。このためかつてはメールをチェックするだけで多い時で1日に3〜4時間かかってました。これじゃあ、会社にメールを見に来ているのか仕事をしに来ているのかわからない状態になってしまってました。メールの処理時間を効率化するメールというのは、そこに書かれている内容を読んで理解し、それに対してアクションを起こして、今持っている業務を前進させることが目的なのですが、自分が何かしなければならないメールは実際上はそれ..

メールはプルシステム2

以前の記事にも書きましたが、1日に約300〜500件のメールが来ます。このためかつてはメールをチェックするだけで多い時で1日に3〜4時間かかってました。これじゃあ、会社にメールを見に来ているのか仕事をしに来ているのかわからない状態になってしまってました。メールの処理時間を効率化するメールというのは、そこに書かれている内容を読んで理解し、それに対してアクションを起こして、今持っている業務を前進させることが目的なのですが、自分が何かしなければならないメールは実際上はそれ..

メールはプルシステム1

以前の記事にも書きましたが、1日に約300〜500件のメールが来ます。このためかつてはメールをチェックするだけで多い時で1日に3〜4時間かかってました。これじゃあ、会社にメールを見に来ているのか仕事をしに来ているのかわからない状態になってしまってました。メールの処理時間を効率化するメールというのは、そこに書かれている内容を読んで理解し、それに対してアクションを起こして、今持っている業務を前進させることが目的なのですが、自分が何かしなければならないメールは実際上はそれ..

ManicTime

「時間を記録して分析し、仕事を整理するならば、重要な仕事に割ける時間を把握できる。」P.F.ドラッガー「経営者の条件」以前にもこの言葉をご紹介したような気がしますが、これは常に意識しています。ドラッガー氏は年に1〜2回1週間ほど自分の時間の使い方を測定したそうですが、私の場合仕事の集中度合いがバラつくので、原則毎日測定をしてます。..

面接質問「どんな貢献ができますか?」

面接の質問の流れですが、ウチの会社では、昇進面接、中途面接ともに同じような内容です。調べてみると、どこの会社でもほぼ似たようなものですね。1.自己紹介をしてください2.過去×年のなかで、特に成果の高かった業務を2つ上げてください3.なぜその成果が高かったのですか?4.その活動の中で、どのような困難があり、どのように乗り越えましたか?5.あなたの強み、弱みを教えてください。6.あなたの強み、弱みをどのように活用していま..