読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

中途面接の失敗事例

 


ちょっと今までの面接で不合格判定をした時の記録をあさってみました。

幾つか特徴があるようですので、ちょっとご紹介。

■愚痴を言う

「現職も厳しいでしょう、さぞかし色んなご苦労があったのではないですか?」
と聞いたところ、「そうなんですよ…」と次々に愚痴が。
こういった時は、「愚痴」ではなく、「前向きな解決」の話を聞かせて欲しいですね。

■使う単語が

技術的にはすごく力の有りそうな人でしたので、ほぼ合格にできるかと判断してましたが、その後、過去の失敗事例などを聞いていると、
 「業務が忙しくて…」
 「彼のやり方では問題だと感じましたので〜」
 「無理かと思いましたが、〜」
などと否定的な言葉が非常に多い。
否定的な言葉を使う人は、自分の経験では積極的なチャレンジをする人が少ないので、残念ながら…。

■準備不足じゃない?

最後に質問がないか聞いてみたところ、出てきた質問内容がちょっとネットで調べれば分かることばかりで、ちょっとがっかり。
最低限の情報収集は事前にしておいていただきたいです。

■話が矛盾してますが…

配属先については、「幅広く業務に携わりたい」と言っていたのに、転職理由が「きちんとした専門性を身につけて…」ではちょっと。
こちらの聞き方に合わせて都合よく喋っているだけ?

■現在の職場と弊社では何が違うの?

「いろいろ考えていることがあって素晴らしい」と感じたので、「そのアイディアを現在の職場でどう発揮していますか?」と聞いたところ硬直。
今の職場でできないことが、どうして職場を変わるとできるようになるのかちゃんと説明しないと。単なる評論家をほしいと思う会社はそう多くはないのでは…。

■会話が成り立たない

「あなたの部下や後輩と意見がぶつかったことがありますか?」という質問。
「意見の相違は、新しい方針を見つけるためのすごくいいヒントになります。相違点をはっきりさせ、相互に理解することが重要だと考えます」
……答えになってないんですけど……

■自然に成果が出ました

「××というプロジェクトで○○という成果が出ました」。
「ほうほう。で、あなたはそのプロジェクトの中でどのようなことをしましたか?」
「このプロジェクトは、キーポイントになったのが□□で、これを全員でやりきりました」
「いや、あなたは何をしました?」
「私もそのプロジェクトに参加し、メンバーと一緒になって〜〜」

頑張ったのは確かけど、あなたが考えて出した成果じゃぁない?
こういう時は、「私がこんな工夫をして、こんな結果になりました」と応えて欲しい。

■緊張しすぎ

「まず、簡単に自己紹介をお願いします」
「は…い。実は私は………(聞こえない)…………で………」
…真冬なのに汗だく。ハンカチで汗を吹きながら…

あの、技術職だからといって、対人関係がないわけではないんですけど…。
一生のうちの何割かを決める面接なので友だちと話すみたいには行かないかもしれませんが、もうちょっとリラックスを。

■勉強は学校でお願いします

「自分は、何でも勉強していきます」
「御社の研修は年間どの程度ですか?」
「直接業務に関係無いような研修も受けられますか」
「御社には、未経験からでもできるようになる研修コースはありますか?」

とにかく勉強するのが大好きなんですね。
勉強好きはアピールポイントのひとつではありますが、勉強することを目的にしてしまっては本末転倒ですね。

■応募先は正しい?

「あなたの希望する職種について教えて下さい」
「はい。御社における○○のような製品を開発したいです!」

??募集要項は「製造部」で、書類にも「希望職種:生産関連業務」って書いてありますよね。

 

■同じテーマの記事

書類は立てて保管する

デジタル化が進んできて、「書類を見る」という行為も、PC で Word ファイルや PowerPoint ファイルを見ることみたいになりましたが、ウチの会社ではまだ多少は、紙の書類も現役です。たとえば、回覧資料、社会動静をまとめたスクラップブック、提案書(捺印の必要なもの)など。書類を書類棚から探す過去記事で何度か書いてますが、探すという行為は成果にはなんの影響もありません。探した結果だげが成果に結びつきます。したがって、探さ..

昇進面接:なぜ昇進が課長止まりなのか

毎年、社内の昇進昇格の面接官をやってます。課長止まり多くのサラリーマンは長年務めると、「長」のつく役職にあがるか、その直前くらいまでにはなります。ただ、そこから上に行くためには、かなり厳しい。いわゆる「ピーターの法則」ってやつですね。でも、それだけじゃないんですよ。いろいろな人の面接をしてきて、簡単に合格レベルだと判断できる人は実際ごくわずかで、結構みんな「ん〜。どうしよう」って悩みます。もちろん、ポストの数の問題というのもあります。課長以上のポストというのは簡単に..

プレゼンの発表資料は英語で原案を作る

プレゼンをするときに、同僚相手なら、わりと普段使っている言い回しで話が通じますが、社長に「いまの技術的課題を説明しろ」とか言われると困り果てます。その技術に詳しい人が社長ならいいですが、営業出身の社長に、ソフトの技術的課題を説明しても通じません。「オープンソースのソフトフレームワークである Hadoop について、同期ノードの……」って言っても、たぶん意味は通じないでしょう。どうしても自分でわかる言葉で説明したくなっちゃうので..

時間を測定する

過去記事でも紹介してますが、ドラッカーや様々な時間術の紹介でかならず必須と言われるのが、自分の時間の使い方を記録することです。ところが、これをやってみると、つけ忘れたり、適当に記入したりして、本当に精度は上がりません。昨日、レポートを書くのに、何時間かかったかなんて正確に覚えてはいませんし、見積もりに合わせたいという意志も働くので、多すぎるか少なくすぎるかのどちらかです。割り込みがはいって一時中断しようものなら、もはや記録した時..

添付ファイルのパスワードをメールに書いてはいけない

メールに添付ファイルを付けるとき、パスワードで保護してますか?まあ、送信先を間違えて、相手にそれを見られたとしても困らないようなファイルはかまいませんが、イマドキ、インサイダー情報になりそうなものや個人情報に関するデータは、何らかの保護をしているというポーズも必要みたいですね。ポーズだけ?大抵「これってポーズだけ?」と思える原因が、パスワードは別メールにてと書いておいて、自分のメールに全員返信をつかってパスワードを送付してく..

あなたが考えていることは仮説にすぎない

過去記事で、心理バイアスについて何度か書いています。心理バイアスというのは、簡単に行ってしまえば、自分の都合で事実とはちょっと違う方向に受け止めてしまうこと。たとえば、ある人が「これは君のために言っている」と言ってなにかを指摘したとしたら、その人を「利己的な人」と思っていれば、「なにか裏がある」と疑いますし、その人のことが好きであれば、「やっぱりこの人はいい人だ」と思ったりするでしょう。同じことが、自分の「考え」にも当てはまりま..

面接のベストアンサー

私が過去に採用面接や昇級・昇格面接で経験した「これは!」という問答をちょっと紹介します。質問:あなたの職歴・経験について教えてください普通の答え年に××社に入社しまして、部に配属されました。その後、年に部に移籍になりを担当しました。⇒勝手な感想そんなこと履歴書に書いてあるじゃん…グッドアンサーこれまでの職務経験でお伝えしたいことは3つあります(指を折りながら)。一つ目が、年に××社の部で経験したことですが、についてをし..

信頼方程式T=(E+R+I)/S

他人から信頼を得る方法について、非常に簡潔にまとまっているのでご紹介。信頼方程式 T=(E+R+I)/S信頼の方程式信頼を高めるのは、商売において最も大事なポイントです。どんな商売でも相手に信用してもらえない限り、何も買ってもらえません。つまり信頼関係がなければ、お金にならないのです。そこで、あるコンサルタントが書いた本(『The Trusted Advisor』 デビッド・マイスタ..

四現象マトリクスは四角で囲ってはいけない

「四現象マトリクス」ってよく使いますよね。全体を縦線と横線でわけて、課題なんかの要素をマッピングするやつ。よく出てくるのは重要度と緊急度のマトリクスですね。四角で囲ってはいけない四現象マトリクスでちょっとだけ注意すると使いやすくなる方法をご紹介します。大したことではないですが、四現象マトリクスを書くときに、まず大きな四角を書いて、それを縦横2分割して書く人がいます。これはやめたほうがいい。外に枠を書くと、拡張できない最初に外枠を書いてしまうと、当然ながら4つの領域..

トラブルを上司に報告する前にするべきこと

よく、「問題が起きたらすぐに上司に報告しなさい」っていうビジネス書やネットの記事を信じて、速攻で報告に来る人がいたり、「自分でなんとかしよう」と頑張り続けている人がいたり、まあいろいろなのですが、どちらも上司からすると期待するものではありません。というか、「報告の仕方がなってない」っていらないところで減点をくらいます。上司の力を利用するトラブル解決の方法何か問題が起きたらとりあえず上司に報告するのがいいのですが、いきなり「トラ..

初手、王手飛車取り!

本日は、具体的なスキルの話ではなく、心構えのお話。心構え、基礎学習なにをするにしても、かならず「心構え」が必要と言われます仕事というのは、社会に真摯に貢献するという気持ちで向かいなさい社会人としての自覚と責任をもって臨みなさい感謝の気持ちを持つことが大切自分のやったことに誇りを持ちなさいまた、何かを学ぼうというときには、まず基礎的な理論をしっかり身につけて、応用はそれからみたいなことも。それ自体は理解できますし、私自..