読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

問題解決の7ステップ2

 


昨日の記事で問題が発生してから解決するまで、大きく7つのステップがあり、大きく

 ◆問題認識ステージ
 ◆課題対策ステージ

に分けられると説明しました。

本日はこの第2のステージ課題対策ステージについて説明します。
ただ、ちょっと長文になってしまったので、このステージも2回に分けてお送りします。

■課題対策ステージ

課題対策ステージは以下の5つにわかれました。

 ◇課題設定ステップ
 ◇課題解決ステップ
 ◇総合評価ステップ
 ◇解決実行ステップ
 ◇結果評価ステップ

本日はこの内最初の2つについてお送りします。

■課題設定ステップ

問題を正確に把握し、根本原因を特定したら、いよいよ対策です。

まず最初にやるのは、解決に役立ちそうなアイディアを出すこと。
実際に解決するつもりで考えるのではなく、「役立つかもしれない」アイディアを出すことです。

ここでもブレーンストーミングが役に立ちます。

ただ、議論の発散を防ぐために、

 「○○に対して△△をやったらどんなことが起きるだろう?」

という質問を投げかけます。
もしあなたが、「問題の根本原因」まで行きついていれば、ある対策をしただけでは、いくつかの問題は解決するものの、他にも解決しない問題が多く残されるはずです。

また、今までそのやり方でうまくいっていたところも、対策を入れることでうまく行かなくなる場合も出てくるはずです。

これらをすべて出しきっていきます。

そうすると、

 「まず最初に◎◎をやる」
 「次に○○の副作用が出るので、▲▲をやる」
 「さらに別の問題を防ぐために□□をやる」

のように複数の対策案が、ストーリにそって出てきます。

私の経験ですが、ある問題に対して一つしか手を打たないような場合に、よく失敗をしてました。別の問題が出たり、直ぐに効果がなかったりして、「ダメだわこれ」とおもって捨ててしまい、結局問題が残ったままになるという事がありました。

つまりは、対策をとった後の状態や、対策の効果がある範囲をちゃんと想定せずに対策をして、効果がないところを評価したり、副作用を評価して、その対策がダメだと判断してしまうという無駄なことを繰り返す結果になったんですね。

ですので、最近はまず複数の対策を立て、実際にそれをやった時にどのようなことが起きるのかをちゃんと想定して、それを記録に残すようになりました。

こうしておくと、次に起こるほとんどの事象は、想定内の問題で、今やっている対策の評価は変わらない、自信を持って継続することができるようになります。


■課題解決ステップ

やるべき課題が決まったら、つぎは行動を決めます。
これが、課題解決ステップ

課題設定ステップで出した、やるべき事を具体的な行動計画にします。

 「まず最初に◎◎をやる」
 「次に○○の副作用が出るので、▲▲をやる」
 「さらに別の問題を防ぐために□□をやる」

の例でも書きましたが、◎◎とは、

 いつ、誰が、誰(何)に対して、どのようなことを

するべきかをひとつづつ決めていきます(いわゆる5W2Hを決めるというやつですな)。

これをすべての課題に対して実施していきます。

ただし、まだやっちゃあ(実行しては)ダメです。

続きはまた明日。

 

■関連する記事

会議が失敗する理由

会議の一つの形態である「ワークショップ」と言うものがあります。日本では「体験型講座」みたいに理解されてますが、本来はプロジェクトにおける関係者の合意とコミットメントのための仕組みです。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、ワークショップについて、「ワークショップが失敗する理由」が書かれてますが、ここで言う「ワークショップ」は後者の意味です。会議が失敗する理..

ワークショップを理解する

研修などで「ワークショップ」っていう討論の時間が設けられていることがあります。もともと、ワークショップと言う名の研修もあります。でも、その参加者がワークショップの意味をどのくらい正確に理解しているかと言われると、個人的には結構心もとない、と思ってたりします。ワークショップの意味ワークショップの意味は、というと Wikipedia にはこんなことが書いてありました。ワークショ..

目標は達成可能でなければならない

以下で引用する『マッキンゼー式 世界最強の仕事術』のマッキンゼーの仕事のコツでは2つのことが書かれています。ひとつは、外向きの目標と内向きの目標を使い分けること。もうひとつは、目標がどの程度妥当なのかを事前に調査しておくことです。あくまで到達可能な目標を設定するブロジェクトを構築するときは、コンサルタントとしてサービスを売り込む場合でも、社命で会社内の問題を解決する場合でも、力..

基準がなければ判断はできない

よく物事は重要度と緊急度の2軸で判断しなさい、と言われます。だからといって、・社長が会議で言ったこと・お客様からのクレーム・プロジェクトで遅れているタスク・部長からの質問メールの重要度や緊急度は、比較に困ることがあります。判断の基準で数値化するもともと数字になっているものなら、比較するのは単純に四則演算の話ですが、数字になっていないものは、まず数字にしないと比較のしようがありません。でも、「社長指示はいくつ?」と聞かれ..

模倣と創造のバランスを取る

最近とみに AI やら ディープラーニング やらが話題になりますね。多くの人が知っているゲームでもっとも難易度の高い囲碁でコンピュータが人間に勝った、というのが結構センセーショナルだったような気がしますが、それにもまして、クラウドが発達して巨大なデータを集めて、それを統計的に解析できるようになったことがおおきいような気がします。模倣と創造ということで、こういうことがよく言われるようになりました。..

仕事のプロセスの教科書5:キーポイント抜粋

久しぶりのビジネス書紹介。いい意味で、「期待はずれ」の一冊でしたので、いつかご紹介したいと思っていた本のご紹介をしたいと思います。前回まで要約をお送りしましたので、今回から私がキーポイントだと思うところの引用をお送りします。引用した部分には、結構いろいろコメントを書いたのですが、そこはお恥ずかしいのでやっぱり削除して、淡々と引用だけ…うまく探してみていただけると、「サラヒン〜サラリーマンの仕事のヒ..

仕事のプロセスの教科書2:要約1

久しぶりのビジネス書紹介。いい意味で、「期待はずれ」の一冊でしたので、いつかご紹介したいと思っていた本のご紹介をしたいと思います。本日は、本書『「仕事のプロセス」の教科書』の要約をお送りします。長くなるので分割してお送りします。要約1インバスケット問題と向き合うとき、そして実際に仕事をしていく中でも一番大事なのは、「結果ではなくプ セスを評価すること」です。明らかに悪い結果であっても、その..

失敗原因は2つに分ける

なにか仕事で失敗した時や、仕事が全く進んでいない時に、進捗状況を聞くと「×××から連絡がなかったので…」「ちょっと状況が揃わなくて…」と報告する人がいます。こういう話を聞くと、個人的には「ムカッ」とするのですが、そう言っている本人にとってもつらい状況であることは変わりないようです。失敗原因は必ず二つに分けて考える心理学に「原因の帰属理論」というものがありますが、こ..

仕事の五要素と5W2H

仕事は、大抵の場合、誰かから指示されて、その結果をまた誰かに渡すことで成り立ってます。指示するときや、指示を受けた時にキーポイントになるのは、QQCDR だそうです。仕事の五要素QQCDR私は「QQCDR」という仕事の五要素というやり方を頻繁に使います。それは、Quality(クオリティ・質)Quantity(クオンティティ・量)Cost(コスト)Deadline(..

2つの指示書で進捗会議をやめる

「会議が多くて大変…」という話は、どこの会社でも聞きます。だんだん職位が上がっていくと、会議の時間が業務時間のかなりの割合になるようになります。役員になると時間のほとんどは会議をしているのではないでしょうか?現場の一般職の人は、役職の人とくればれば少ないとは思いますが、その週の予定は会議の時間にかかわらずやることがあるので、ちょっと会議が重なったりすると途端に仕事が遅れてしまって、最後は残業で帳尻合わせをするはめになったりします。その上、残業をしている時に、「お、ちょ..

Astah

UMLって御存知ですか?またいつものようにWikipediaから引用統一モデリング言語(とういつモデリングげんご、UML、英: Unified Modeling Language)はソフトウェア工学におけるオブジェクトモデリングのために標準化した仕様記述言語であり、グラフィカルな記述で抽象化したシステムのモデル(UMLモデル)を生成する汎用モデリング言語である。最初期の版はラショナルにおいて、グラディ・ブーチ、イヴ..

 

 

■同じテーマの記事

考えるときにはペンを持つ

私は、「考える」という作業をするときには、ノートを広げて3色ボールペンで何かを書きつけることが多いです。もちろん、手が止まっていることはよくありますが、ボールペンを離すのは、考えることをやめた時。天井に相談してました特許の出願件数が社内でトップを取ったことがあって、その表彰のときに、「君は特許を考えるときはどんなことをしているね?」と聞かれたことがあります。そのときには、「天井と相談してます」と答えた記憶があります。その頃は、ひとりで何か考えるときは、体は全く使っ..