読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

あるがまま読むと速読できる

 


以前、英語文化圏の人とコミュニケーションするようになって、結構困るのが語順が違うというところ。

★P263〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●返り読み
日本人の読みかたでおもしろいのは、同じところを住復するくせである。漢文は返り点をつけて読む。

 学而時習之。不亦説乎。 有朋自遠方来、不亦楽乎
 学びて時に之を習う、亦説しからずや。朋有り、遠方より来る。亦楽しからずや

上がうたり下がったりして読む。読みかたとしては異常であるが、昔からやってきたことだから、さほどおかしいとも思わなくなってしまっている。
この漢文が長いあいだ、日本人の思想的支柱であっただけに、その返り点読みがわれわれの読みかたに強い影響を及ぼしている。
  :
きすがに、英文には返り点をつけ切れなくて、、「白文」で読むことにはなったが、返り点に代わる方法が案出された。英文解釈法である。これは返り点こそつけないけれども、関係代名詞や接続詞があると、あとの方から、うなぎ登りよろしく前の方へ逆行して訳す。それによって英文を日本語に近づけようとしでいるれけだが、、正常な理解方式でないのははっぎりしている。漢文があったからこそ生まれた読解法である。
漢文にしても英文にしても、裏にすぐれた文化を背負っている。語順をひっくり返しても、何とかしてわかる必要がある。同じ行を往ったり来たりして考えるのは、読むというよりも解読しているというのが当たるであろう。
英語や漢文ではなくとも、こみいった内容を表現している文章を読むとき、われわれは知らず知らずのうちに、つい後ろ向きの読み方になってしまう。流れのない読書になりやすい。

モーティマー・J.アドラー(著) 『本を読む本
――――――――――――――――――――――――――――★



■日本語での返り読み

英語や中国語以外でも、実はこれ読書でもやってます。

本を読む時、ちょっとこのことを気をつけていると、意外とやっていることに気が付きます。

 一度読んだところをもう一度読む

実際、こうやって行ったり来たりすると、読み戻る場所を探してそこを読み、再度さっきまで読んだところを探すという行為をしてます。

たとえば、

 ○○とは×××××ということである…………
   :
   :
 ところで○○は〜〜〜

というような文章があると、「あれ?○○ってなんだったっけ?」と最初の○○の定義のところに戻って、「あぁ、そういうことか!」と納得して、もう一度、「さて、どこまで読んだっけ?」とまたさっきの位置を探してます。これがページ内だとまだ良いのですが、下手をすると数ページ戻ったりして、結構時間を食ってます。

私などは「トリ頭」なので、○○の定義を探そうとして、ページを戻していると、何について探しているかを忘れて、面白かったところをもう一度読んでしまったり、どこまで読んだかが思い出せなくて、○○の定義のところからもう一度全部読み直したり、行きつ戻りつです。

■わからなければ無視する

もちろん、初めて読むジャンルなどは、この「返り読み」というのは、理解のために必要だと思っていますし、何度読んでも面白い本というのは、それ自体が楽しいので、「まぁ、それはそれでヨシ」なのですが、目的が情報収集のように、速読をしようと思っているところでこれをやると、いらぬところで時間を食ってしまいます。

たとえば、以前「アナログマーキング」という言葉をご紹介をしたことがありますが、「ん? なんだってっけ? 犬のおしっこか?」とか思わずに、「あぁ、アナログマーキングね」とそのまま読み進むのが、早く読むコツ。

そうすると、アナログマーキングという単語を使っていろんな説明が出てきますので、何となくこんなイメージかなとイメージができればオッケーです。
それを定義にいちいち戻って、「これはこういう意味だから、この文章の前後関係から、この文章は○○の意図で使っているのか」などと判断していては、全体像を見落としますし、読むのも遅くなってしまいます。

まずは全体のイメージがつかめればオッケーにしましょう。

■速読の教科書

人それぞれだと思いますが、私は以下の本で速読を勉強しました。

 『世界一わかりやすい「速読」の教科書

本書では、上記で説明したことをトレーニングします。

ある言葉を読んだら、そのことばのイメージがポンポン頭に浮かんでくるようにガイドしてくれるので、私にはすごくわかりやすかったです。

1日だけどこかの講習に出かけてもできるようにはなりませんでしたが、1日15分(私の場合は10分くらいでしたが)を2週間続けたら、びっくりするくらい本を読むのが早くなりました(10倍はちょっといい過ぎかもしれませんが)。これだけの理由ではありませんが、ビジネスよ年間200冊読破を達成できた一つの要因だったと思ってます。

もちろん、人により効果がない人や、全然変わらない人もいるとは思いますので、自分にあったやり方を探すまでが大変ですが。
もしよろしければ、ご参考にどうぞ。



■参考図書 『本を読む本

本書は、1940年米国で刊行されて以来、世界各国で翻訳され読みつがれてきた。読むに値する良書とは何か、読書の本来の意味とは何かを考え、知的かつ実際的な読書の技術をわかりやすく解説している。初級読書に始まり、点検読書や分析読書をへて、最終レベルにいたるまでの具体的な方法を示し、読者を積極的な読書へと導く。単なる読書技術にとどまることなく、自らを高めるための最高の手引書。

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

本を読む本
著者 :モーティマー・J.アドラー

本を読む本
検索 :最安値検索

本を読む本
検索 :商品検索する




●関連 Web
 上から目線の「本を読む本」を10倍楽しく読む方法
 Wikipedia:モーティマー・アドラー

●本書を引用した記事
 メトロノームとインターバルタイマ
 「読まない」という読書術
 あるがまま読むと速読できる
 英会話ができるようになる?「英語モードスイッチ」
 本と読みながら用語を調べてはいけない
 注釈本の使い方
 図読(図解読書)する

●このテーマの関連図書


読書について他二篇(岩波文庫)

読書術(岩波現代文庫)

知的複眼思考法誰でも持っている創造力のスイッチ(講談社 α文庫)

「分かりやすい表現」の技術―意図を正しく伝えるための16のルール(ブルーバックス)

読書力(岩波新書)

読書の技法誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門




■参考図書 『世界一わかりやすい「速読」の教科書

本書は、だれでも楽しみながら、いつの間にか「速読」を身につけていただけるように、世界一簡単で効果のある速読術を、世界一わかりやすくご紹介する本です。
本書の前半部分で紹介する「速読耳トレーニング」は、「速く読む」ことはもちろん、脳を10倍活性化して今までの10倍“速く”、10倍“深く”「脳に文章の内容や要点がしみこむ」画期的なトレーニングメニューです。

また、本書の後半部分では、「速読耳トレーニング」で身についた「速読力」を最大限に生かし、最小の時間で最大の情報を得る“読書テクニック”をご紹介します。
付録CD-ROMを使った1日15分のトレーニングで読む早さが10倍になる!!

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

世界一わかりやすい「速読」の教科書
著者 :斉藤英治

世界一わかりやすい「速読」の教科書
検索 :最安値検索

世界一わかりやすい「速読」の教科書
検索 :商品検索する




●関連 Web
 速読術 - Wikipedia
 1冊10分を3日でマスター! ビジネス速読研究所

●本書を引用した記事
 メトロノームとインターバルタイマ
 あるがまま読むと速読できる


●関連図書
 世界一たのしい「超!速読」勉強法
 超一流の人がやっているフォトリーディング速読勉強法
 本を読む本
●このテーマの関連図書


世界一たのしい「超!速読」勉強法

世界一上達が速い「英語耳」勉強法

王様の速読術:本は優秀な「家来」。だが、謁見時間は30分じゃ!(知的生きかた文庫)

即効マスターらくらく速読ナビ

聴くだけで頭がよくなる「速読脳」養成CDブック(マキノ出版ムック)

JazzChantsforChildren


 

■同じテーマの記事

Hyper-Anchor

ちょっと見つけたWebページで、「あ、これ面白そう」とおもってとっておこうとブックマークすることはよくあります。こんな時は、ブックマークに"working"というフォルダを作っていて、ここに保存してます。恒久的に使う可能性があれば、分類分けしたブックマークのフォルダに入れますが。あとで読むところが、ちょっと長いページだと、一体どこで何が気になったのか、しばらく経つと忘れてしまいます。こんな時は、「あとで読む」http://atode.cc/で自分宛にそのWebペ..

バッグインバッグを利用する

通勤にはリュックサックを利用してます。そのほうが両手があいて便利なのと、前に抱えるとそのまま肘掛けにできるので、電車の中で立って本を読むのに便利なんですよ。ただ、出張時や別会社へ行く時などはスーツにリュックサックというのも変なので、ビジネスバッグやスーツケースを利用してます。荷物の詰替えしかし、バッグを変えると、普段使っているものを入れ忘れたり、前日に詰め替えが必要になって意外と面倒です。そこで、重要なものや普段使うものは、バ..

メトロノームとインターバルタイマ

をご紹介します。ときどき本ブログで「メトロノーム」が登場していますが、スマホのアプリで私が使っている・メトロノーム・タイマをご紹介します。これら2つは「一定の間隔で音やバイブが鳴動するもの」として使っているので、用途は同じです。ただ、測定できる長さ・複雑さにちょっと違いがあるだけです。きっかけ使うようになったのは、2つのビジネス書で紹介されていたのを読んで、「あぁ、なるほど!」と合点がいったから。タイマ..

ストレス経験を思い出して、笑い話にする

「ストレス」この言葉の正しい定義はまあ専門化に譲るとして、私はストレスを「自分に影響を与えるすべてのもの」という捉え方をしています。ですので、「楽しいストレス」なんてのもできるわけで…ストレスは徐々に耐性がついてくる過去記事で何度か書いてますが、過労でウツになり会社をしばらくお休みしたことがあります。たしかに楽しい経験ではないですし、何度もやりたいとは思いませんが、これはこれなりに良かったこともあります。ひとつは、ストレスを..

「読まない」という読書術

最近、ちょっと新しい分野に挑戦を始めました。「統計学」ってやつ。まずは本で情報収集を始めたのですが、これがさっぱり。なにしろ、確率分布だのベイズ確率だのでてきて、それも文字で表されているのかどうかすら理解できない記号の式が1ページまるごと。読まない読書術まあ、このブログで統計学のことを紹介しても意味が無いので、今さらながら読んでいてよかったと思う本をご紹介します。『難解な本を読む技術』という本です。本書は読書術について書かれて..

倍速再生を基本速度にする

過去記事速足で歩く(クロックサイクルの速め方)でちらっとご紹介しました、脳の応答速度を早めるためのトレーニング方法のご紹介。これは、『クロックサイクルの速め方』という本から。ゲシュ夕ルトを壊す CD トレーニングまた、速読みの訓練としては、シャドウイングも有効な方法です。シャドウイングというのは、ふつうは英語などの語学学習で採用されている訓..

なぜなぜ分析4:「なぜ」の段階のレベルが飛んでいる

「なぜなぜ分析」という言葉を知らない人はあまりいないのではないかと思います。では、そのやり方は?というと結構心もとない人も見えるのではないでしょうか。やっぱり、ある手法というのは、基本的なやり方があって、そのやり方をきちんとトレーニングを受けていないとうまく使えないものです。これは、なぜなぜ分析に関する本を読むだけではな足らなくて、実際に講習などで受講してみないとうまく使えるようにはなりません。もちろん、講習を受けたからといってそうなるとか限らないですが、本で詳細を..

なぜなぜ分析3:他人のせいになっている(責任転嫁)

「なぜなぜ分析」という言葉を知らない人はあまりいないのではないかと思います。では、そのやり方は?というと結構心もとない人も見えるのではないでしょうか。やっぱり、ある手法というのは、基本的なやり方があって、そのやり方をきちんとトレーニングを受けていないとうまく使えないものです。これは、なぜなぜ分析に関する本を読むだけではな足らなくて、実際に講習などで受講してみないとうまく使えるようにはなりません。もちろん、講習を受けたからといってそうなるとか限らないですが、本で詳細を..

なぜなぜ分析2:原因は一直線ではない

「なぜなぜ分析」という言葉を知らない人はあまりいないのではないかと思います。では、そのやり方は?というと結構心もとない人も見えるのではないでしょうか。やっぱり、ある手法というのは、基本的なやり方があって、そのやり方をきちんとトレーニングを受けていないとうまく使えないものです。これは、なぜなぜ分析に関する本を読むだけではな足らなくて、実際に講習などで受講してみないとうまく使えるようにはなりません。もちろん、講習を受けたからといってそうなるとか限らないですが、本で詳細を..

なぜなぜ分析1:やっても意味が無い「なぜなぜ分析」

「なぜなぜ分析」という言葉を知らない人はあまりいないのではないかと思います。では、そのやり方は?というと結構心もとない人も見えるのではないでしょうか。やっぱり、ある手法というのは、基本的なやり方があって、そのやり方をきちんとトレーニングを受けていないとうまく使えないものです。これは、なぜなぜ分析に関する本を読むだけではな足らなくて、実際に講習などで受講してみないとうまく使えるようにはなりません。もちろん、講習を受けたからといってそうなるとか限らないですが、本で詳細を..

英語のニュースを読む

食事の時間などの何かしているけど脳みそは動かしていないようなときというのは、「ながら××」をする絶好の機会です。私は社内ではメールを見たり、タブレットスマホを取り出して、メルマガやニュースを読んでます。本日は、ニュースを読むことについて。英語のニュースを読む私は原則日本語のニュースはあまり見ません。自分に直接関わりのあるようなことなら、いずれ周囲の人や新聞記事などで目に入るからです。それよりも、英語で提供されている外国(主に米・欧・..