読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

KKDとロジカルのバランスをとる

 


ちょっと前までKKDという言葉が流行った時がありました。
KKDというのは

 カンと経験と度胸

の略で要するにいい加減なものの代表みたいな感じ。

これが流行ったということはそれが批判されたということで、その対立概念的に流行したのがロジカルシンキング

■なぜロジカルシンキングが流行したか

この時期は、年功序列制が云々された時期と重なります。ちゃんと調べてないですが。

つまり企業で業績が思うように伸びなくなった。どうしようかと迷っているところにコンサルタントみたいなのがつけこんで、

 いままではKKDみたいな曖昧な基準でやって来たからうまくいかないんです
 ちゃんと理論を立てて、その理論に従って行動すればうまく行っている会社がありますよ

などとえらい学者さんや経営の大家がおっしゃった。で、結局猫も杓子も…。

この理論は理論付けるのが大好きな欧米人が作ったものなので、そのあたりも有難がる理由になったのかも。

つまり、そのロジカルなものを企業に売りつければ金儲けのネタになったと。

ま、この記事では別にそれを批判したいわけでも、文化論を述べたいわけでもありませんが。

残念なのはカンや経験みたいなものが軽視される環境が大きな企業を中心に出来上がってきたこと。
それを伸ばすための方法論が放置されてしまったことです。

■バランス感覚

私の感覚的にも「ロジカル」な話のほうがわかりやすいです。
これは全く否定するものではありません。

ただロジカルというのは誰が考えても同じ結論に行き着くようにするもの。
それでは「あなた」という個性を活かすことはできません。

「あなた」という個性は、あなたの過去に経験したことや学んだことをベースに作る必要があって、そこに人を説得するためのツールとしてのロジカルシンキングがあることで始めて光ります。

だから、経験からくるカンやを重要視してください。

 理由はわからないが、きっとコレだ!!

があって、それを周囲に納得する手段としてロジカルをつかうと、メンバーとしてもリーダーとしてもスピード感がある人になれるような気がします。

という私のカンです。

 

■同じテーマの記事

決断までの時間

リーダの条件として、自分が最も大切だと思っているのは「リーダーシップ」ではなく、「決断」だと思っています。もちろん同格の人たちと何らかのプロジェクトをする上で、自分の思い通りに進めていくためには、リーダーシップは必要です。ただ、リーダたる必要条件ではあっても、充分条件ではないという気がします。以前にも書きましたが、次期リーダとして課長候補の面接をするのですが、・課題認識・課題解決・マネージメント意識・リーダシップといった評価項目..

スピード段取り術3

先週紹介しました「スピード段取り術」の要約のつづきです。書いてある事自体は、「すごい!」というネタではありませんが、なにか問題にぶつかっていて、どうやって自分の時間を確保しようとか、どういう習慣作りをしたらいいだろう、と悩んでいる時に、「あ、な〜るほど」と思えるヒントが満載の本です。是非時々読み返して見るために、手元においておきたい本の1冊です。これは、紹介したい内容がいっぱいあって、色々書いていたら、恐ろしくたくさん書きだしてしまいました。あまりにも長いので、ちょっ..

スピード段取り術1

本日は久しぶりにビジネス書のご紹介です。ちょっと古い本ですが(私が新しい本を紹介すること自体が珍しいので、普通かも)、これも折にふれて(大体1年に1〜2回)は読み返している本です。書いてある事自体は、「すごい!」というネタではありませんが、なにか問題にぶつかっていて、どうやって自分の時間を確保しようとか、どういう習慣作りをしたらいいだろう、と悩んでいる時に、「あ、な〜るほど」と思えるヒントが満載の本です。是非時々読み返して見るために、手元においてお..

判断と決断

大事なことは3秒で決める!ファミレスのメニューは3秒で決めろ!どういうわけで、「素早く決める=3秒」というのが普通の時間感覚のなのかよくわかりませんが、ビジネスにおいて、意思決定者は素早く意思決定することが大切だ、みたいな説があります。まぁ、「ファミレスのメニュー」と「大事なこと」が同列に扱うのもどうかと思いますが、まぁ、ほんのタイトルなので、そこは置いておいて…。判断と決断上記の本で筆者が推奨している「決める」と言うのは、決断することを言っているようです。巧遅よ..

判断すること

いわゆる開発業務や営業などをしていると、しょっちゅう迫られるのが、「判断する」という仕事です。ドラッガーの言葉を借りると、いわゆるこういった知的労働者は判断することが仕事らしい。って、どういうことなんでしょう?インバスケット思考鳥原 隆志良い判断とは、良い。フロセ入によってつくられます。思いつきで判断したり、むやみに複雑に考えたりする判断は、良い判断ではありません。決められたプロセスを通って、論理的に判断するのが良い判断です。..

KKDとロジカルのバランスをとる

ちょっと前までKKDという言葉が流行った時がありました。KKDというのはカンと経験と度胸の略で要するにいい加減なものの代表みたいな感じ。これが流行ったということはそれが批判されたということで、その対立概念的に流行したのがロジカルシンキング。なぜロジカルシンキングが流行したかこの時期は、年功序列制が云々された時期と重なります。ちゃんと調べてないですが。つまり企業で業績が思うように伸びなくなった。どうしようかと迷っているところにコンサルタントみたいなのがつけこんで、..

四現象マトリクスは四角で囲ってはいけない

「四現象マトリクス」ってよく使いますよね。全体を縦線と横線でわけて、課題なんかの要素をマッピングするやつ。よく出てくるのは重要度と緊急度のマトリクスですね。四角で囲ってはいけない四現象マトリクスでちょっとだけ注意すると使いやすくなる方法をご紹介します。大したことではないですが、四現象マトリクスを書くときに、まず大きな四角を書いて、それを縦横2分割して書く人がいます。これはやめたほうがいい。外に枠を書くと、拡張できない最初に外枠を書いてしまうと、当然ながら4つの領域..

会議が失敗する理由

会議の一つの形態である「ワークショップ」と言うものがあります。日本では「体験型講座」みたいに理解されてますが、本来はプロジェクトにおける関係者の合意とコミットメントのための仕組みです。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、ワークショップについて、「ワークショップが失敗する理由」が書かれてますが、ここで言う「ワークショップ」は後者の意味です。会議が失敗する理..

紙と鉛筆は湯水のごとくつかう

なにかの資料やレポートを作るときに、どんな手順で資料を作ってますか?最初はデータ集めからかも知れませんが、私はまず、あらすじをノートに書くことにしてます。資料の作成ステップを理解する資料は通常はこんなステップで作成します。主張したいことを決める↓構想を練る(必要な論拠を考える)↓骨格を決める(ストーリーを作る)↓肉付けをする(論拠で必要な情報を抽出する)↓必要な情報を集める↓推敲する(論理の整合..

NM法を使う実例

発想法として有名な方法に「NM法」があります。これは「アナロジー発想法」を使いやすくした方法ですので、「アナロジー発想法」を使ってみたいかたには具体的な方法として役に立つかもしれません。アナロジーをより使いやすくした「NM法」NM 法は、これを考案した創造工学研究所所長の中山正和氏のイニシャルにちなんで名づけられた発想フレームワークです。ゴー..