読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

オフラインモードで内面刺激を受ける

ヒント

 


スマホや携帯電話はとても便利なものです。それどころか仕事をする上でも、自己啓発などでもいまでは必須のツールになっています。

一方で、よくよく振り返ってみると、外から入ってくる情報や指示に振り回されているような感覚もあります。

■オフラインモード

私は月に1度はオフラインモードの日をもうけてます。

この日は、朝からスマホやネットに繋いだ PC の電源は全部 OFF。
といっても、終日ではありません。イスラム教で言う「ラマダン」みたいなもの。

★――――――――――――――――――――――――――
ラマダーン(またはラマダン)は、ヒジュラ暦の第9月。この月の日の出から日没までのあいだ、イスラム教徒の義務の一つ「断食(サウム)」として、飲食を絶つことが行われる。

出典:Wikipedia
――――――――――――――――――――――――――★



一応、朝起きてから、夕食が済むまでと決めています。

まぁ、守れない日もありますが。


★P199〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●携帯を置いて、手帳を持って外に出かけよう
スマートフォンの普及で、一日中ネットに接続している状態となっているビジネスパーソンが増えています。フェイスブックツイッターなどを駆使して、情報収集や情報共有に難しんでいる人も少なくないでしょう。

便利な世の中になったことには間違いありませんが、実はそれと引き換えに大事なことを見失っているという自覚はあるでしょうか。

最近、ウィリアム・パワーズという人が書いた『つながらない生活』を読んで、まさにそういったことに気づかされました。

現在、私たちの生活には情報が氾濫し、常に外部とのつながりを求める、あるいは与えられる時代になっています。

そんな中で私たちは、自分の内面と対話する機会をあまりにも疎かにしているのではないか。

この本ではそんなことを考えさせられるのです。
 :
 :(中略)
 :
現代に生きる私たちも、外部との「つながり」があるために忙しい毎日を過ごしています。

でもそれをどこかで遮断して、静寂の中で自分の内面と対話する時間をつくっておくと、より豊かな時間を過ごすことができるのではないでしょうか。

僕はそんな時間をつくるべく、休日は携帯電話を持たないで出かけるようにしています。

副社長という立場なので丸一日情報を遮断することはできませんが、映画を観に行く時やちょっとした買い物に出かける時は財布と手帳だけを持つようにしています。

この手帳というのがミソで、自分が感じていることや思いついたアイデアなどを、ただ書き記すだけで自分の財産にすることができるのです。

これは備忘録やネタ帳にもなるし、後から見て「自分はこんなことを考えていたのか」と振り返ることもできます。

会社にいる時にも手帳はフル活用します。

僕は仕事中、メールをこまめにチェックするほうなので、携帯電話よりも手帳を近くに詮いておくことで、意識的にネットとは切り離した状態をつくり出す工夫をしています。

つながらない生活を意識的にするようになってから気づいたのですが、ネットとつながってばかりいると、情報はどんどん人ってきますが、自分のことについて考える時間が不足します。

今年 1 年どうやって過ごそうか、といったことを考えるのも、生きていくうえでは大切なことであると感じるようになりました。

岩瀬大輔(著) 『入社10年目の羅針盤
―――――――――――――――――――――★



■自分の中から出てくる刺激

瞑想を勉強し始めてから気がついたのですが、外からの刺激に対して反応ばかりしていると、

 結局、自分が何を欲しているか?

というところが見えなくなってしまうんですね。何しろどんどん刺激が入ってくるし、それに反応していれば1日は過ぎていってしまいますから。

スケジュール帳やタスクリストも同じ外界からの刺激です。なので、こういうものも一切なし。

ただ、本書にあるようにノート(スケジュールなどを含まない、単なるキャンパスノート)とメモ帳(こちらは大きめの付箋のタバ)は持ち歩いてます。

そうすると、自分の中から、「そういえばこんなことがしたいと思ったなぁ」「今年の目標の○○はちょっと行き詰まってるなぁ」とかいろいろ課題がでてきたり、それの対応もじっくり考えられるようになります。
さらにそういう時間を過ぎるとだんだん考えるのも飽きてきて、瞑想中に近いような感覚になることもあります。

これが結構、次のモチベーションにつながったり、リフレッシュになったりしてます。



■参考図書 『入社10年目の羅針盤

右肩上がりの時代なら、一流企業に就職し、順調に出世して、経済的にもゆとりのある暮らしを築くことが、共通した幸せの概念だったかもしれない。しかし人々の間で物質的な豊かさよりも精神的な豊かさが求められている昨今、若い人たちも、上を目指すだけでは自分の幸せにたどり着くことができないことに気づき始めている。よく「最近の若者は出世欲がない」などと言われるが、出世の先に自分の目的とする場所があるわけではないということを、感覚として分かっているからではないだろうか。

入社10年目というと、30歳前後の若手ビジネスパーソンにあたる。経験を重ね、スキルも身についている頃だが、責任も与えられ、部下を束ねている人もいる。私生活でも結婚や出産を意識するなど、考えることの多い年代だ。若い頃はただがむしゃらに進めばよかったかもしれないが、30代以降はしっかりと方向を定めて進んでいかなくては目的地にたどり着けない。

うまくいかない時、つまらない仕事をしなければならない時もあるだろう。しかし自分の目標が定まっているのであれば、それを平然と乗り越えていく術も必要だ。

 失意泰然(しついたいぜん)、得意淡然(とくいたんぜん)。

うまくいっていない時こそどっしりと構えよ、うまくいっている時こそ謙虚であれ、といった意味合いの言葉だ。この本でも紹介している。

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

入社10年目の羅針盤
著者 :岩瀬大輔

入社10年目の羅針盤
検索 :最安値検索

入社10年目の羅針盤
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 オフラインモードで内面刺激を受ける
 イライラしたら飴におさめてもらう
 他人の感情を読み取る
 楽しい仕事はない。楽しめる仕事はある
 政治的見解は述べてはいけない
 入社10年目の羅針盤:転職するなら地方にいけ
 睡眠時間を優先する
 モチベーションが上がるトリガ
 決断力をつけるのは睡眠とリラックス
 できる人は単純作業ですらレベルが違う
 楽しいふりをすると楽しくなる
 少人数でする仕事があなたを成長させる
 論理的に話すコツは、話す前に紙に書くこと
 英語や中国語は度胸で話せる
 相談の作法
 入社10年目の羅針盤

●このテーマの関連図書


仕事でいちばん大切な人を好きになる力

東大×ハーバードの岩瀬式!加速勉強法

社会人のための勉強力の基本(だいわ文庫)

入社1年目の教科書

ハーバードMBA留学記資本主義の士官学校にて

金融資本主義を超えて―僕のハーバードMBA留学記(文春文庫)


 

■同じテーマの記事

マイナス言葉を言い換える

過去記事で、何度か「禁句集」というのを書いてます。「したいと思います」は禁句>>言ってはいけない言葉この理由についても、それぞれの記事を参照していただければいいですが、この禁句のなかで、マイナス言葉というものがあります。マイナス言葉マイナス言葉を言い直せ「言い直し言葉」を使う習慣をつけましょう。何度かふれた中村天風は、言葉..

疲れてきたら「いつもの」にする

「ちょっとストレスが溜まってきているな〜」と思ったら、考えるのをやめてみると、ちょっと楽になります。ストレス反応と自動行動難しい仕事やボリューの多い仕事を振られて、まいにち一杯一杯の状況が続くと、疲れてきます。私の場合は、過去にそれで会社にいけなくなって、いわゆるウツ病というのでしばらくお休みをしました。そこから反省して、ストレスがたまりかけてきたら、ストレスを抜くということを積極的にやるようになりました。ポイントは我慢しない..

オフラインモードで内面刺激を受ける

スマホや携帯電話はとても便利なものです。それどころか仕事をする上でも、自己啓発などでもいまでは必須のツールになっています。一方で、よくよく振り返ってみると、外から入ってくる情報や指示に振り回されているような感覚もあります。オフラインモード私は月に1度はオフラインモードの日をもうけてます。この日は、朝からスマホやネットに繋いだ PC の電源は全部 OFF。といっても、終日ではありません。イスラム教で言う「ラマダン」みたいなもの。..

記憶術:ガムを噛むと記憶力がよくなる

個人的な趣味ですが、けっこう歯ごたえのある食べ物が好きです。まぁ、だれかに言われたからそうしているわけではなくて、単に好きというだけですが、スルメやタコ、ジャーキー、かんぴょう、レンコン、餅といったもの。そのおかげでなのか知らないですが、過去歯医者にかかったのは中学生のときに一度あっただけで、それ以外はまったくなし。歯だけは健康優良児です。この「物をよく噛む」という習慣は、歯にいいだけではなく、記憶力にも影響しているというのが、..

リンクリストを活用する

私は「リスト」をいろいろ作ります。リストのいいところは、なんでもかんでも一覧で見えてしまうこと。たとえば、何か買い物に行くのであれば、メモ帳に「買うものリスト」を作ってますし、OneDriveには「ほしいものリスト」、Outlookには、「タスクリスト」や「ToDoリスト」「やらないことリスト」などなど。本日はこのリストの中でちょっと変わり種。リンクリストのご紹介リンクリストリンクリストは、単体でリストとして存在しているわけで..

子供の論理で気分を変える

よく残業時間が減らない理由としてあがるもののひとつにみんな頑張っているのに、自分だけ先に帰りにくい上司が遅くまで残っていて、部下としては帰りにくいみたいな「帰りにくい雰囲気」というのがあります。実際には、「上司・先輩より先に帰ってはいけない」なんてルールがある会社は、たぶんありませんが。交流分析交流分析っていう心理学(だと思う)があります。おそらく、多くの人が、コミュニケーションのトレーニングとして実際に受講したり、何かで..

メトロノームとインターバルタイマ

をご紹介します。ときどき本ブログで「メトロノーム」が登場していますが、スマホのアプリで私が使っている・メトロノーム・タイマをご紹介します。これら2つは「一定の間隔で音やバイブが鳴動するもの」として使っているので、用途は同じです。ただ、測定できる長さ・複雑さにちょっと違いがあるだけです。きっかけ使うようになったのは、2つのビジネス書で紹介されていたのを読んで、「あぁ、なるほど!」と合点がいったから。タイマ..

記憶する技術:呼吸法を取り入れる

呼吸法と記憶力は直接結びつかなさそうな気がしますが、実は呼吸法で記憶力が変わるそうですリズミカルに呼吸すると記憶力が上がる呼吸訓練で、記憶力を高める私たちは、普段何気なく呼吸をしています。そして、自分がどのような呼吸をしているかは、あまり気にしていません。ヨガや瞑想に興味のある人でなければ、わざわざ呼吸法を学ぼうという人もいないと思います。しかし、きちんとした呼吸法を身につけ..

瞬間リフレッシュ法

ちょっと疲れた時に、短時間でやれる疲労回復法をいくつか。足裏指圧靴を脱いで、足の裏を上に向けるように足を組みます。座禅ではありませんが、腿の上に逆の足の甲をのせるような感じ。座ってこれをやると片足座禅(正しくは半跏趺坐(はんかふざ)というそうです)みたいな感じ※半跏趺坐については、坐禅の作法 | 曹洞宗 曹洞禅ネット参照親指や、ゲンコツで足裏を刺激してやると、靴から開放されたリラックス感と、ツボの刺激でちょっとだけリフレッシュ..

三段階否定法

何かを頼まれた時の断り方として、三段階否定法というものがあるそうです。ノーを三段階で言いまくる三段階否定を身につけます。「ノーと言う → 代替案を出す → 頭を下げる」ここまでやれば、それでも無理にという人はあまりいません。上手に断って、ストレスを軽くしましょう。単にノーを言うだけでは、世の中は生きていけません。といって、「ノー」とはっきり言えないと、疲れるばかりか立ち往生に..

パワーナップで集中力を上げる

パワーナップパワーナップ」という言葉をご存知でしょうか?Wikipediaによるとパワーナップ (power-nap) とは、一般的に15〜30分程度の短い仮眠のことである。この用語はコーネル大学社会心理学者ジェームス・マースによる造語である。時間あたりに対する睡眠の効用を最大化する睡眠法とされている。キャットナップとも呼ばれる。出展:Wikipediaパワーナップ..