読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

リーダーに向かない人のパターン

 


あたりまえだけどなかなかできない組織のルール』という本に、「リーダーに向かない人の共通点」という記載がありましたのでちょっと共有。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●リーダーに向かない人をリーダーにしよう
リーダーに向かない人には次の共通点があります。

 ・元気がない
 ・声が小さい
 ・自信がなさそうにぼそぼそ話す
 ・人の話を聞いていない
 ・質問されても正確に答えられない
 ・話がゆっくり過ぎてとろい
 ・話がす心脱線する
 ・言葉と言葉が開き過ぎて、話がシド口モド口
 ・論理的に筋道立てて話せない
 ・わからなくなるとすぐに黙り込む
 ・「あのー」「えーと」など間抜けな言葉を頻繁に使う
 ・落ち着かずじっとしていない
 ・人の目を見て話せない
 ・話したり、聞いたりしている時、貧乏ゆすりやボールペンで遊ぶ
 ・組織や会議に遅れてくるなど時間にルーズ
 ・プレゼンやスビーチをする時、必要な資料を準備し夕イムリーに配れない
 ・議事録などつくらせると、基本的な関連事項や大事なボイントを外している
 ・頼まれたことを、できる限りす心にやらない
 ・書類などつくった後、ダブルチェックしていない
 ・上司に見せる書類も、きちっと自分なりにリサーチして完壁にして出していない
 ・新聞や本もほとんど読まずに、世間のことを知らなさ過ぎる
 ・何事も途中で投げ出し中途半端なことばかり
 ・一つのことを始めても、他のことに手を出すので結局すべてにおいて成果がない

私も昔そうでした。でも、一つ一つ変えていったら、リーダーになっていました。

浜口直太(著) 『あたりまえだけどなかなかできない組織のルール
―――――――――――――――――――――★



それとリーダーとして活動できるかは別問題かも、と思えるような記述もありますが、リーダーを選任する人から見ると、「イラッ」とくるような行動ではあります。

この前の節に具体事例として、こんな会話が挙げられていました。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 「あの〜、今月の結果ですが〜。えーと、お配りした資料にありますように〜、あの〜、色々行いましたが〜、え〜と…」
 「こら、鈴木!言っていることがまったくわからないよ!。ポイントをついて結論だけ言ってくれ!」
 「はっはい〜。え〜と、色々プロモーション行いましたが、今月も○○○○円の赤字となりました。あの〜、来月はよくなるよう頑張りま〜す…」
 「鈴木君は本プロジェクトの責任者だろ?色々プロモーションをしたと言うが、具体的にこの一ケ月間で何をどのくらいやったんだ?とてもプロジェクト・リーダーとしての発言とは思えない無責任かついい加減な報告だよね!責任者なんだからしっかりしてくれよ!」
 「…………」
 「黙ってないで、返事くらいしろよ!」

こんな会話、組織でよく聞きませんか?私のまわりでは日常茶飯時です。

組織のリーダーに向く人、向かない人がいます。ここに登場してきた鈴木君は、明らかにリーダーには向かない人です。

浜口直太(著) 『あたりまえだけどなかなかできない組織のルール
―――――――――――――――――――――★



まあ、ここで登場した「鈴木」氏も問題がありそうな気がしますが、いきなり圧迫するような発言をする上司も「ちょっと」な気がしますよね。

■リーダーのスタイルはいろいろ

おそらくですが、リーダーが組織をマネジメントしたり、上司にレポートしたりするやり方というのは百人百様でいいのではないかと思っています。結局やれる方法でしかやれないのだから。

本書の事例のように、「無責任かついい加減だ!」と言われて、うまく受け答えができる人もいれば、受け答えできなくて黙り込むしかない人もいるでしょう。少なくとも私は後者のタイプかと。
だからといって、リーダーができないかというと、まあそれなりにこなしているわけで、「有能だ」とまでは自惚れてませんが、自分を無能とも思ってません。

ただし、同じことは上司にも言えて、上司がリーダーをマネジメントするスタイルもいろいろあります。サラリーマンである以上、上司のマネジメントスタイル(部下がこうあって欲しいと思うイメージ)に合うように行動しなければ、評価はしてもらえないのは明らかです。

■記録し、分析するとわかるパターン

もし、本書のようなパターンが多い上司だったら、「どう受け答えしたら上司が認めてくれるのか」という受け答えの方法を探ります。具体的には、他の部下に上司が発言は意見をした時に、どう受け答えして、それを上司が認めたかどうかを記録していくことです。

他の記事にも書きましたが、人は自分の気持のいいパターンややりやすいパターンがあります。そのパターンを見つけるためには、たくさんの事例を分析してみないとわからないんですよ。



■参考図書 『あたりまえだけどなかなかできない組織のルール

組織とはどういうものか、意外とわかっていない・守られていない「組織のルール」を、実例を通して具体的に解説します。

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

あたりまえだけどなかなかできない組織のルール
著者 :浜口直太
楽天では見つかりませんでした
あたりまえだけどなかなかできない組織のルール
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 リーダーに向かない人のパターン
 批判しない、建議し行動せよ、さもなくば忘れよ
 腐ったミカン理論を自分の組織に適用できますか?
 攻めたほうが勝つ
 ルールに触れるには覚悟が必要

●このテーマの関連図書


あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール(アスカビジネス)

あたりまえだけどなかなかつくれないチームのルール(アスカビジネス)

あたりまえだけどなかなかできない話し方のルール(アスカビジネス)

あたりまえだけどなかなかできない敬語のルール(アスカビジネス)

あたりまえだけどなかなかできない営業のルール(アスカビジネス)

あたりまえだけどなかなかできない教え方のルール(アスカビジネス)


 

■同じテーマの記事

紙の辞書を使う

いまどき英語にしても科学的な単語にしても、知らないことはネットで検索すればたいていはなんとかなります。私も Google くんにはかなりお世話になってます。1日たりとも何かを探さない日はありません。とくに知らない単語を探すのにはこれが非常に便利。一方で、不都合があります。あまりにも合理的にできているため、セレンディピティ(偶然に有益なことを見つけること)がないんですよ。紙の辞書や辞典には余計な発見がある逆に、紙の辞書や辞典を使うと、探すのが結構手間です。単語が発音順..

昇進面接:なぜ昇進が課長止まりなのか

毎年、社内の昇進昇格の面接官をやってます。課長止まり多くのサラリーマンは長年務めると、「長」のつく役職にあがるか、その直前くらいまでにはなります。ただ、そこから上に行くためには、かなり厳しい。いわゆる「ピーターの法則」ってやつですね。でも、それだけじゃないんですよ。いろいろな人の面接をしてきて、簡単に合格レベルだと判断できる人は実際ごくわずかで、結構みんな「ん〜。どうしよう」って悩みます。もちろん、ポストの数の問題というのもあります。課長以上のポストというのは簡単に..

待ち時間で整理整頓清掃清潔

ちょっとしたスキマ時間に、すぐに始められて短時間で終わる作業を持っておくといい、とはよく言われます。じゃあ、「今から3分あります」と突然言われて、3分で終わることができる仕事ってどのくらいありますか?私はよくメール処理をするのですが、たまたま読んだメールが考えないといけないようなものだったりすると、3分が10分でも終わらないことがあります。3分と最初は思ったけど、実際に空き時間は2分になったり10分になったり変動するものです。そ..

上司の指摘は積極的に改善する

「あなたの強みはなんですか?」自己啓発やキャリア形成などのセミナーでよく言われることですし、多くのビジネス書にも「自分の強み・弱みを知りなさい」と書いてあります。自己分析の方法なども過去記事ではご紹介してますが、会社であなたの強みと弱みをもっとも知っている人に聞いてみるのはどうでしょう?上司に聞いてみる私は、上司との成果面談&目標面談(年にそれぞれ1回あります)のとき、どちらかで(成果面談のときが多いですが)「私のいいところ..

SE-ScreenSaversデスクトップ時計のスクリーンセーバー

過去記事時計のスクリーンセーバで≪時計スクリーンセーバーhttp://homepage3.nifty.com/~phoenix/download/soft/ss_clock.htm≫をご紹介しましたが、どうも更新が止まっちゃっているみたいで、今年の分がありません。仕方がないので、新しい時計を表示できるスクリーンセーバーを探してみましたので、ちょっと共有。SE-ScreenSaversSaversとなっているように、単体のスクリーンセーバーではなく、いろんなスクリ..

ドラッカー:リーダーシップ力診断

本日は、『まんがと図解でわかるドラッカー リーダーシップ論』から、ドラッカー流リーダー力診断をご紹介します。以下のリストにある項目に、そう思うなら「はい」、そうでないと思うなら「いいえ」で答え、「はい」の数を数えてみてください。・リーダーは、自分の得意分野に優秀な人材を集めることで組織に「強み」を作るべきである・リーダーは意思決定を下したら、あとは全て現場に任せること。役割分担が大事..

あなたが考えていることは仮説にすぎない

過去記事で、心理バイアスについて何度か書いています。心理バイアスというのは、簡単に行ってしまえば、自分の都合で事実とはちょっと違う方向に受け止めてしまうこと。たとえば、ある人が「これは君のために言っている」と言ってなにかを指摘したとしたら、その人を「利己的な人」と思っていれば、「なにか裏がある」と疑いますし、その人のことが好きであれば、「やっぱりこの人はいい人だ」と思ったりするでしょう。同じことが、自分の「考え」にも当てはまりま..

パスの辞書登録

マイドキュメントの下に作ったフォルダにアクセスしたい時に、どうしてますか?Windowsだと、エクスプローラをたちあげて、「マイドキュメント」フォルダをクリックして、その下のXXXフォルダをクリックして……、とマウスで追いかけてますか?仕事でよく見かけるのは、デスクトップにフォルダのショートカットを作っている人。でも見るとデスクトップ一面にショートカットが並んでて、「え〜っと」と言いながらマウスが行ったり来たり。まったく、時間の無駄だなぁと思ってみているのは(言い..

コピーを頼まれたら成長するチャンス

「仕事がつまらない」「自分の成長している実感が無い」とくに若い人におおい仕事への不満ですね。私も管理職としてそういう不満を聞く時があります。従業員満足度をあげようということでウチの会社でやっているのが、「従業員満足度向上ミーティング」というやつがありまして、仕事に対して思っていることを上司の上司に直接言うというミーティングで、こういう場で若い人の話を聞くとこういう話がときどき。「そうか。仕事で成長したいんだね。」とかわかっ..

しぐさで会話をコントロールする方法

だれかと話しているときに無意識にやった仕草が実は特定の意味を持って相手に伝わっている事があります。「ノンバーバルコミュニケーション」というのですが、これをうまく使うとこちらの都合を相手に気づかせることが出来ます。時計をちらちら見るよくあるパターンが、「時計をちらちら見る」っていうやつ。何か時間を気にしていて、「はやく話を切り上げろ」というメッセージが伝わりますよね。同じような仕草にはこんなものがあるそうです。..

信頼方程式T=(E+R+I)/S

他人から信頼を得る方法について、非常に簡潔にまとまっているのでご紹介。信頼方程式 T=(E+R+I)/S信頼の方程式信頼を高めるのは、商売において最も大事なポイントです。どんな商売でも相手に信用してもらえない限り、何も買ってもらえません。つまり信頼関係がなければ、お金にならないのです。そこで、あるコンサルタントが書いた本(『The Trusted Advisor』 デビッド・マイスタ..