読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

瞬時に目的のアプリに切り替える方法

 


アプリを切り替えるときにマウスを使いますか?
キーボードを使いますか?

私はキーボード派です。

理由は単純で、そのほうが早いから。

以前の記事でも何度か書いてますが、マウスというのは便利なツールなのですが、キーボード入力をしている時に、マウスに手を移動させると、またキーボードに戻さないといけません。

この時間ロスは結構あります。

さらに、キーボードの指のホームポジションを探すという作業も入ります。これがなかなか見つからないと(と言っても1秒前後ですが)、「イラッ!」とします。精神安定上よくないですね。

本日はキーボードでアプリを切り替える4つの方法のご紹介

■ALT+TABで切り替える

 一番良く使うのはこの方法です。
 ALT+TABを押すとアプリの一覧(アイコンの大きなやつ)が画面に表示されるので、ALTキーを押しっぱなしにしたまま、何度かTABキーを押して対象のアプリを選択してALTキーを離します。
 これでそのアプリが選択できます。

 ただ、この方法応答が早くていいのですが、よく失敗する。これがまたイライラの原因になります。

 失敗する要因は、TABキーで切り替えるときに、いま対象のアプリがちょっとだけ暗くなるのですが、これが見づらい。で、TABキーを押しすぎて選択したいアプリの次のアプリに移動してしまって、またアプリ一覧を一周させるしかなくなる。

 実は ALT+SHFT+TAB で逆方向に選択を進めることができるのですが、これは非常に押しづらい。

 ということで、通常のアプリを選ぶときはこれを使いますが、なるべく避けるようにしてます。

■WIN+TABで切り替える

 Windows7で導入された機能で、残念ながらWindows8ではなくなってしまいました。
 これを愛用してたのに…

 WIN+TABだとちょっと応答は遅いですが、選択対象のアプリがアイコンではなくグラフィカルに表示されます。
 これだと選択ミスが非常に少なくて、気に入ってました。

 過去形なのが残念ですが。

■Win+Tで切り替える

 これはかなり安全な切替方法。
 タスクバーの真上にマウスを持っていった状態と同様に、現在立ち上がっているアプリのところにフォーカスが行きます。
 ちょっと文章で説明すると分かり難いので、実際やってみてください。

■Win+数字で切り替える

 ようやく本日の本題。

 このやり方が非常に便利です。

 現在立ち上がっているアプリ一覧はタスクバーに表示されています。
 このタスクバーのアプリをスタートボタンに近い方から順に番号(1,2,3,4…)で呼び出すことが出来ます。

 これなら失敗はない!

 アプリを直接的かつ一意に特定するので、選択するという操作がありません。

 ただし、タスクバーのアプリの表示順序は立ち上げた順番によって変わります。
 このため、よく使うアプリはタスクバーに固定しておくと、その番号を覚えておくだけで瞬時にアプリを起動したり選択したりできるんですね。

■私の定義

 私の場合、

   1:ファイラー(Nexus)
   2:インターネットエクスプローラ
   3:Google Chrome
   4:エディタ
   5:Outlook
   6:EXCEL

 のようにしています。
 
 タスクバーは画面の下や横など画面の端にあるので、モニタのフレーム部分にタスクバーに表示されているアプリの一に合わせて

     ▲1

 みたいなシールをテプラで作って貼ってます。これでアプリの対応番号を間違えることはありません。
 7〜0は立ち上げているアプリに依存しますので、都度このテプラをみて番号を選択してます。

 プロジェクタでPC画面を表示しながら、打ち合わせをしている時にこれをやってみせると、すごく素早くアプリが切り替わるので、ちょっと自慢かも。

■その他のWindowsキーコンビネーション

 ちなみに、エクスプローラなどWindowsの機能は、別のキーで呼び出せます。

  Win+R: 実行ダイアログ
  Win+M: 全て最小化
  Win+E: エクスプローラ
  Win+D: 全て最小化ともとに戻すのトグル
  Win+F: すべてのデータ検索
  Win+Ctrl+F: コンピュータの検索
 ※以下はInntlliTypeがインストールされている場合(ほとんどのPCは大丈夫)
  Win+L: コンピュータのロック
  Win+P: プロジェクタの切り替え
  Win+Home: 作業中のウィンドウ以外をすべて最小化する
  Win+I: コンピュータの簡単操作センターを開く

 などなど、調べてみると色々出来ますね。

 

■同じテーマの記事

シャドウコピーで上書きしたファイルを復元する

Windows10で使えるようになった機能で "シャドウコピー" っていうのがあります。これは、最近のクラウドストレージ(Googl Drive や One Drive など)で、ファイルを編集すると、編集前のオリジナルを別のところに取っておいてくれて、必要なときに元に戻せる機能です。Windowsには「ゴミ箱」という機能があって、誤って削除してしまった時にはとっても便利なのですが、ゴミ箱を経由せずに完全削除したり、ファイルを上書きしてしまうと、復元はほぼ部可能。です..

ブックマークを管理する

IEだと「お気に入り」という名前ですが、他のWebブラウザだと「ブックマーク」。これを効率的に管理すると、仕事で必要な情報にわりと簡単にアクセスできるようになります。整理しない、検索するうまい管理のコツは、過去記事整理しないで検索するで書いたように、分類をしようとしないことです。「分類」という方法は確かにヒットすれば、非常に簡単に行き着くことができる方法なので有効ですが、分類の名称をキチンと決めておかないと、正しく処理できません。ですので、私は、ほとんどの情報の管..

CapsLockキーを活用する

Windows PCを操作する上で、マウスは欠かせないものですが、私は作業効率が落ちるので、極力マウスは使わない方針でいます。たとえば、メールソフトは、メールのフォルダ、メール一覧、メールの内容と最低でも3つのウインドウ(ペイン)が存在していて、これらを行き来するのに、マウスを使うということは全くありません。TABキーで移動します。このような作業をしていると多用するのはALTキーWinキーCTRLキーの3つ。そうなると、押しやすさというのは重要な要素です。ファ..

マウスを外してPCを使うと操作が早くなる

どのPCにも1台1個、マウスがついてますよね。私のPCにはダブルマウスで紹介したように2個ついてますが…。PCの操作を早くするためにはトレーニングがいる以前の記事で何度かブラインドタッチのトレーニングをすることをおすすめしましたが、もしブラインドタッチがある程度できるようになったら、今度はマウスを使わないトレーニングをしてみるとPCの操作が劇的に早くなります。ただし、これは操作の慣れが必要で最初は効率が落ちます。ただそこで挫けてしまうと改善はできませんので、1週間〜..

瞬時に目的のアプリに切り替える方法

アプリを切り替えるときにマウスを使いますか?キーボードを使いますか?私はキーボード派です。理由は単純で、そのほうが早いから。以前の記事でも何度か書いてますが、マウスというのは便利なツールなのですが、キーボード入力をしている時に、マウスに手を移動させると、またキーボードに戻さないといけません。この時間ロスは結構あります。さらに、キーボードの指のホームポジションを探すという作業も入ります。これがなかなか見つからないと(と言っても1秒前後ですが)、「イラッ!」とします。精神..

ベストPCアプリ2012

今週は2012年のまとめをお送りします。今日は、2012年に紹介したPCアプリに関するヒントで、最もアクセスの多かったもの+管理人のオススメを紹介していきます。ファイラーNexusFilehttp://sarahin.seesaa.net/article/266039603.htmlなんと、GoogleのNexus7が発表されてから、この記事が赤丸急上昇で、記事中ナンバーワンになってしまった。(*_*)間違えて来ている人が多いんだろうか?..

アプリの瞬間起動

キーボードでWindowsを制御するマウスってたしかに便利なのですが、文章が入力できるわけではありません。※当たり前ですが。でそうすると、何かを入力してはマウスに持ち替えて、Windowsを制御して、また、手をキーボードに戻して入力する、なんていう作業を1日中繰り返すことになります。これがひたすら面倒くさい。いっそのこと「音声入力にしたら便利かな」とも思いますが、パソコンに向かってブツブツ呟くというのも、ちょっとシュール。以前..

ウィンドウを半分にする

通常Windowを新しく開くと、全画面にしていない限りちょっとづつ重なって表示されますよね。まぁ、たしかにどんなウインドウが開いているのかはタイトルがちょっと見える状態になるので、探すのが簡単かもしれませんが、2つのウインドウを比較しながらとか、2つのウインドウにまたがって作業するときには、重なっているととても不便。半分に表示するWindows7になってWinキーでウインドウのサイズをキーボードで調整できるようになりました。この機能で、面白いのが、画面の..

送るメニューの活用

ファイルを移動するとか特定のファイルをディフォルトのアプリケーション以外で開こうとすると、デスクトップにショートカットをいておいて、そこへドラッグアンドドロップ(D&D)するのが普通でしょうか?ファイルを右クリックすると「送る」というメニューが表示されます。ディフォルトではマイドキュメントなどにコピーする機能が付けられていますが、ここによく使うアプリケーションやよくコピー先に指定するフォルダなどを登録しておくと非常に便利です。「送る」はWindows..

マイナス言葉を言い換える

過去記事で、何度か「禁句集」というのを書いてます。「したいと思います」は禁句「だいたい君はいつも」は禁句言ってはいけない言葉この理由についても、それぞれの記事を参照していただければいいですが、この禁句のなかで、マイナス言葉というものがあります。マイナス言葉マイナス言葉を言い直せ「言い直し言葉」を使う習慣をつけましょう。何度かふれた中村天風は、言葉の力を非常に重視しました..