読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

判断に迷ったら判断基準を聞きなさい

 


いろんな仕事をしていて、「これはどっちにするべきだろう?」とか「これは何を優先するべきだろう?」みたいに迷うことがあります。

そういう時はひとつのチャンスです。
是非上司に相談してください。

このとき、聞き方について一つだけアドバイス

 結論を聞いてはいけません

「はあ? 迷ったのにどうするかを聞かなくていいのか?」と思われたかもしれませんが、結論を聞こうとすると、「この場合はAをするべき」という事はわかっても、次に同じような問題にぶつかった時に、また迷うからです。

あなたが迷うことに対して、上司のレベルであれば、それほど迷うことはありません。
何故かと言うと、判断基準が出来上がっているから。

あなたは、その判断基準を聞かなくてはいけないのです。

★P〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

一つ、勘違いしてはいけないことがあります。

「判断できなければ上司や先輩に仕事の優先順位を聞く」ということは「あなたが自分で判断できなくてもいい」ということではありません。大切なのは判断を上司や先輩にゆだねることではなく、判断の基準を知ることです。そして、それを自分自身のものにしていくのです。

自分の仕事の優先順位を自分で決められるようになれば、その分早く仕事に着手し、早く終わらせられます。だから、的確に仕事の優先順位を決められるようになりたいものです。

こばやしただあき(著) 『仕事のムダを削る技術
――――――――――――――――――――――――――――★



本書では「どのタスクを優先するべきか、あるいはやるべきかやらざるべきか」について、上司か先輩に聞きなさいとなっていますが、私は先輩はお薦めしません。
あまり経験値に差がない人だと、あなたと同じように判断基準が曖昧であることが多いからです。

聞き方は大して難しくはありません。

 「AをするべきかBをするべきか迷っています。お考えをお聞かせください」

で十分です。ただし、「Aだ」と言われたらすかさず、「なぜでしょうか?」を聞くことです。あるいは、上司がその2つともに詳しくなければ、きっと、「A」と「B」について何かを聞いてきます。たとえば、「それにかかる工数」であったり、「そのリスク」であったり。それをちゃんと聞くことです。メモしておきましょう。

上司が何を元に判断しているかを知ることができれば、上司の好みがわかります。あるいは会社としての指向性がわかります。
あなたはそれを聞き漏らしてはいけないんです。

上司が何かを判断した時には、なるべく上司の時間を取らないレベルで、「何を元にそのような判断をしたのか?」「判断基準は何なのか?」を聞くようにすると、あなたは上司からより高く評価される仕事ができるようになります。



■参考図書 『仕事のムダを削る技術

仕組みをつくり、絶えずそれを改善し続けること。仕事のスピードを高めるコツは、とてもシンプルだ。
とはいえ、その当たり前のことができないのも事実。
本書では、ビジネス系人気メルマガの発行人が、仕事にまつわるさまざまなムダを削る極意を6つの観点から具体的に紹介している。

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

仕事のムダを削る技術
著者 :こばやしただあき

仕事のムダを削る技術
検索 :最安値検索

仕事のムダを削る技術
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 習熟度が上がったらマルチタスクで処理しなさい
 タスクのリマインダーは開始日時にする
 午前・午後の仕事時間の活用法
 PCは複数台運用をすると効率が上がる
 時間を測り、試行錯誤すると効率が良くなる
 時間を記録することが改善につながる
 「完璧」に作ってはいけない
 朝スッキリ起きられるコツ:気合を入れる
 朝スッキリ起きられるコツ:スヌーズで起きる
 朝スッキリ起きられるコツ:しゃべる
 朝スッキリ起きられるコツ:2台の目覚ましでスヌーズする
 朝スッキリ起きられるコツ:今日やることを考える
 朝スッキリ起きられるコツ:ジタバタする
 朝スッキリ起きられるコツ:自宅だけ窓際族になる
 仕事のムダを削る技術
 改善の時間
 A4脳が成功する
 部下・後輩の指導は計測するから始める
 スケジュール・タスク・ToDoを一元化する
 仕事の効率を上げるコツ:マルチタスク化するといい効果がある
 仕事のムダを削る技術
 ルールに触れるには覚悟が必要
 判断に迷ったら判断基準を聞きなさい
 仕事を仕分ける3つの視点

●このテーマの関連図書


5人分の仕事を3人で回す「ムダ時間」削減術

1つのことを長く続けられる技術

めんどくさがる自分を動かす技術

「時間がない!」を卒業する200のアイデア1日が25時間になる超時間節約術

「グズグズ癖」とキッパリ手を切る200のアイデア人生を浪費しないための超時間管理術


 

■同じテーマの記事

時間を測定する

過去記事でも紹介してますが、ドラッカーや様々な時間術の紹介でかならず必須と言われるのが、自分の時間の使い方を記録することです。ところが、これをやってみると、つけ忘れたり、適当に記入したりして、本当に精度は上がりません。昨日、レポートを書くのに、何時間かかったかなんて正確に覚えてはいませんし、見積もりに合わせたいという意志も働くので、多すぎるか少なくすぎるかのどちらかです。割り込みがはいって一時中断しようものなら、もはや記録した時..

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:時間を記録し分析しなさい

時間管理で失敗する原因というのはいくつかあります。原因がわかれば対策のしようもあるのですが、自分が原因でない割り込み仕事や浪費はなかなか改善できません。割り込み自体を減らすことは難しいのですが、その割り込みを受け付けるかどうかは自分の行為として判断可能です。代表例として電話があります。電話はこちらの都合にかかわらず、いきなり「最優先で対応してくれ!」と言っているのと同じ。放置するわけにも行かないので出ると、ちょっとした要件プラス..

基準がなければ判断はできない

よく物事は重要度と緊急度の2軸で判断しなさい、と言われます。だからといって、・社長が会議で言ったこと・お客様からのクレーム・プロジェクトで遅れているタスク・部長からの質問メールの重要度や緊急度は、比較に困ることがあります。判断の基準で数値化するもともと数字になっているものなら、比較するのは単純に四則演算の話ですが、数字になっていないものは、まず数字にしないと比較のしようがありません。でも、「社長指示はいくつ?」と聞かれ..

習熟度が上がったらマルチタスクで処理しなさい

以前の記事、マルチタスクで、シングルタスクとマルチタスクの違いについて考えてみました。「どのようなタスクでも、時間軸を大きくしていくと「マルチタスク」をしていることになる」というのが簡単な要約。本日は、同じシングルタスクとマルチタスクの考え方で、その人の習熟度について考えてみたいと思います。結論から言ってしまうと、初めてやる仕事は集中して、その仕事ばかりするのが効率がもっともよいです。逆になれた仕事なら他の仕事と平行して進める..

タスクのリマインダーは開始日時にする

大抵のタスク管理ツールには、リマインダー機能があります。「はやく、やりなさい!」ってお知らせしてくれる機能ですね。会社で時々、外の人のタスクリストを見る機会があるのですが、「残念!」って思うのは、リマインダーを完了期限にしているひとが意外と多いこと。完了期限になってから「タスク、完了してませんよ」ってお知らせしてくれても手遅れじゃん。呼び鈴タスク以前の記事呼び鈴で書きましたが、私は重要なタスクには何段階かの事前アラーム(こ..

これだけできれば辞めてもいい:転職してもいい時

過去記事で何度か触れてますが、私は基本的には転職は最後の手段と考えてます。転職自体はキャリアとして有利に働く場合もありますが、リスクも結構あります。つまり、それによる予測不可能性が大きい。平凡な人生を旨とするサラリーマンにとっては、波乱万丈とまではいかなくても、波風の高い外海で大物を釣り上げるより、静かな湖で小魚をたくさんとったほうが安全、と。でも、転職自体を否定するつもりはありません。転職を決断するとき過去に何度か、転職を誘..

説得術:無言で相手を誘導する方法

相手を説得するというのは、かなり骨の折れる作業です。しかし、仕事であれば、かならず一緒にやる人なり、結果を渡す人なりいますから、協力を得るためには「説得」という行為は避けて通れません。過去記事で、いろいろな説得術をご紹介してきましたが、本日は聞くことで相手を自分の望む方向の結論に導く方法、いわゆる「傾聴」に関してご紹介します。うまくいくとは限らない他の説得技術に比べて、この方法は超高等テクニックです。かくいう私も成功事例はあま..

タスクの優先順位付けで排除しなければいけない邪魔者

時間術で重要なのは、「タスクの保管」と「タスクの選択」です。GTDなどでも最初にやらされるように、「自分がやらなければいけないこと」というのは頭のなかにおいておくと、集中力を削ぐ原因になり、結果として作業時間を長くします。このため、よく言われるのが、タスクリストを作りなさいということ。しかし、タスクリストが作れるようになっても、仕事や時間は効率化できず、今度は、タスクを適切に選びなさいとなります。ここまで..

定期的に性格診断をする

性格診断ってありますよね。会社で昇進・昇格のときなどに受けさせられますし、以前にウツをやった時にも受けさせられたりしました。正直いってしまうと、あまり信用してませんでした。理由は、私が気分屋なので、答えがしょっちゅう変わって、その結果出される性格診断結果がいつも違うことと、他の結果を読んでみると、そっちのほうが自分にあっているような気がするんですよ。結局、性格診断みたいなものは、その時の気持の状態によって変化する..

部下力のみがき方2:要約

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司を上手に使う」と著者は表現しています。..

プレゼン資料作成技術:四角のカドを使い分ける

プレゼンでパワーポイントを使って作る際のちょっとしたコツをご紹介します。ただし、これは私が勝手に決めているルールなので、一般にこの書き方が本当に妥当なのかどうかは知りません(無責任ですみませんが…)。もし、「これは間違っている」という情報をお持ちの方、ご指摘くだされば嬉しいです。プレゼンで図を書く際にいくつかコツがあるのですが、本日はそのうちのひとつ、四角の使い分けについて。四角形の使い分けご存知のように、パワーポイントで使える四角形の囲み(..