読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

種を撒き散らす

 


「ちょっとこんな仕事やってくれないかな?」
「え〜!?、そんなのやったことがないので無理です」

なんて会話、見に覚えがありませんか?

 ああ、もったいない

もしやったことがない仕事を「やってみないか」的に言われたら、是非飛びついてください。

■種をまかないと芽が出ない

どんな仕事でもそうだと思うのですが、何もないところから付加価値は生まれません。
付加」価値というくらいなので、もともと価値を持っているところに加えてさらに価値を上げる必用があるのですね。

ただ、自分が価値が高いと思っていても、他人がどう思うかは別の話です。
で、サラリーマンは、「上司に評価されてこそ」の仕事です。

上司がどのような成果を出すと評価してくれるのかは、結果を出してみないとわからないです。

ところが、「オレはこれ一本」という人が意外に多い。
器用貧乏という言葉もありますが、逆に「これ以外できない/やらない」という人は上司から見るとすごく使いにくいんです。逆に、なんでも器用にこなす器用貧乏は上司から見ると使いやすいんですね。

でそういう人は、上司から色んな種類の仕事を投げられる。
10の仕事をした後に、9つは大した成果が出なくとも、1つだけ大きな成果が出た。というような場合、1つだけの成果で評価が上がります。

ところが1つしかやらない場合、それを見事にこなしたとしても、上司の評価に影響するような成果にならなければ零点です。
ほとんど丁半博打。

だから、上司から何かの仕事の「打診」があったら、とりあえずそれをやるという姿勢があると、上司も仕事を頼みやすいし、自分もよりいい成果を出すことができるチャンスを貰ったのも同然です。
それを冒頭のように、「やったことがない」「経験がない」「やれるかどうか不安」などといった理由で尻込みしたら、いい結果を出し用がないんですね。


ポートフォリオ

最近、円安に振れて、株価が上がり、投資がちょっとホットですね。

よく言われるのが、ポートフォリオをしっかり作っておくこと。

例えば、
  先進国株
  新興国
  日本国株
があって、最も期待値の大きいのは新興国株でしょう。そこで、全財産を新興国株に投入する人はいないでしょう。
それぞれ投下できる資産を3つに分割して、それぞれを買うことで、上昇に乗り遅れないことと、どれかがダメでも、他のものでカバーできる可能性が高い。こうして分散して投資するときに、どのように分散するのかを考えるのが、ポートフォリオ

会社でも、1つの業界だけでやっている会社は、その業界全体が伸びているときはいいのですが、その業界が縮小を始めると、とたんに会社自体も損益が悪くなります。ところが、様々な業界に手を出す総合会社は、一部でマイナスになったりしても、その他の所でそれを補填するだけの利益を得ています。結果、会社としての存続が揺らぐことがないわけです。


■オレにも手伝わせてください

もし、上司から、やったことがない仕事を振ってもらえないときには、他の人(同僚でも。他部門の人ならなおグッド)に

 「オレに何かお手伝いすることはないですか」

と聞いてみましょう。
みんな自分が抱えきれないほどの仕事を持っているので、

 「じゃぁ、これ頼むよ」

といわれればめっけ物です。

徐々にそのプロジェクトや集まりに、「あいつもいろいろ手伝ってくれているから」という理由と「オレの仕事を手伝ってもらえる」という打算から、声がかかるようになります。

これらのうちい、くつかから、結果として人脈ができたり、新しい仕事に一定のポジションが築けたり、経験値を得られたりするようになります。

■芽が出なくても

ただし、種まきをして、自分がある程度手応えを感じられるだけの芽が出たのは、自分の経験で言うと、20回に1回あればいいところ。もっと時間があれば、それこそ毎日でも新しい仕事が引き受けられればいいのですが、それは限られているので、ある程度の所ではセーブしないといけませんが、特に20代、30代は経験を積むことが大切なので、より積極的に新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

■同じテーマの記事

良かったことほど分析する

個人であれ、組織であれ、重要なことはおきたことから教訓を得て教訓から次の行動を帰ることです。それをしなかったら、おそらく成功はしないでしょうし、成長もしないでしょう。そういう意味で、振り返りはとても大切だと思っているのですが、どうも「振り返り会」をすると、ほぼ「反省会」になっちゃう。失敗したこと、うまく行かなかったことはもちろん、同じ失敗を繰り返さないように工夫しないといけないのは確かですが、反省ばかりしていると、そのうち..

つっこみを入れると論理強度がわかる

話をしていて「コイツ、論理破綻してるな〜」と感じることがよくあります。ところが、それがすぐにわからないものもあるし、それが見抜けていない人もいます。人それぞれ。こういうことに気がつけるようになるには、どうすればいいのでしょうか?洞察力を鍛えるとか、論理図解が出来るようになるとか、いろいろ方法はあるのですが(過去記事でも幾つか紹介してます)、テレビでもよく見かける方法があります。漫才です。ボケとツッコミ漫才は、片方が論理的におか..

forfilesの使い方

もう使わなくなったバックアップファイルは、削除しておくとハードディスクの容量にも、精神衛生にもちょっと良いかも。ただし、使う可能性のあるファイルを削除はしたくないので、一定期間以上編集しなかった、という条件で削除すると便利かと。これを実現するコマンドが forfiles。本日は、この forfiles の説明。パラメータ一覧FORFILES [/P パス名] [/M 検索マスク] [/S] [/C..

相手に聞く準備する合図を送る

話をしていて、どこまでが雑談でどこからが本題なのかわかりにくい人がいます。正直いってしまうと、私はこういう人が苦手です。どちらかと言えば、雑談しかしない人か、いきなり本題に入る人のほうが相手しやすい。雑談モードのときには、あまり相手の話を正確には聞いてません。単語単語のところどころを聞き取って、それに関連する話題を投げ返しているだけです。一方で本題モードのときには、相手の話を「てにおは」まで含めて正確に聞き取ろうとします。キーに..

ピントを外してストレスから逃げる

たとえば、誰かから理不尽な叱責を受けているとかの状態を想像してみてください。たぶん、相手を凝視していることでしょう。あるいは、何か起こって暴れまわっている人いて、自分にも危害が及びそうな状態。ぼんやり周りを見回していることはありませんよね。もちろん、危険を回避する上では重要な反応なのですが、それが長時間継続するとそのストレスでやられてしまうことが往々にしてあります。長時間労働もウツの原因になりますが、問題や自分を攻撃してくる人と..

置くべきところに置くと失せ物がない

私個人の場合、年に1,2回くらいは携帯を忘れて会社に行くことがあります。たいていは、夜充電をして、朝出勤時にカバンに入れ忘れる、というのが私のいつものパターン。会社について、カバンから携帯を取り出そうとした時点で、いつも入れているカバンのポケットにない!、「あちゃ〜、忘れてきた…」と。一方、私の家内はというと、出かける前に携帯を持っていないことに気がつけば、「携帯がない〜」と言いながら家中探し回って、出かける時間がどんどん遅れていくということがあります。出かける前に気..

日記を書く理由、日誌を書いたほうがいい理由

私はほぼ毎日、日誌をつけてます。日記ではなく日誌。ここには結構こだわりがあったりします。辞書で調べてみると、「日記」の項には「毎日の出来事や感想などを書いた記録。日誌。と書かれていて、日誌と日記はほぼ同じようなものみたいなのですが、たとえば、「航海日誌」は「航海日記」とはいいませんよね。違いは、事実を書くか、感想(印象)を書くかの違いではないかと考えてます。確かに、私は日誌に「あのヤロー、気に入らね〜」みたいに感想(?)を書くことも少なくありませんが、基本的には、あ..

メモ帳の消費量を測定する

1ヶ月にどのくらいメモ帳を消費してますか?私は最近はメモ帳ではなく付箋紙を使っていますが、よく百均で買うので、この半年で購入したメモ帳用付箋紙の数を数えてみました(お小遣い帳で…)。結果は、11冊。1冊200枚なので、1ヶ月平均で約360枚、1日平均で約12枚のメモを書いたことになります。実は昔はもっと多かったです。これは最近デジタルのメモ帳(Google Keepです)を使うようになったためでした。ヒラメキはとにかく書く私は大抵ポケットにメモとノートを入れてます。..

疲れてきたら「いつもの」にする

「ちょっとストレスが溜まってきているな〜」と思ったら、考えるのをやめてみると、ちょっと楽になります。ストレス反応と自動行動難しい仕事やボリューの多い仕事を振られて、まいにち一杯一杯の状況が続くと、疲れてきます。私の場合は、過去にそれで会社にいけなくなって、いわゆるウツ病というのでしばらくお休みをしました。そこから反省して、ストレスがたまりかけてきたら、ストレスを抜くということを積極的にやるようになりました。ポイントは我慢しない..

書類は立てて保管する

デジタル化が進んできて、「書類を見る」という行為も、PC で Word ファイルや PowerPoint ファイルを見ることみたいになりましたが、ウチの会社ではまだ多少は、紙の書類も現役です。たとえば、回覧資料、社会動静をまとめたスクラップブック、提案書(捺印の必要なもの)など。書類を書類棚から探す過去記事で何度か書いてますが、探すという行為は成果にはなんの影響もありません。探した結果だげが成果に結びつきます。したがって、探さ..

SE-ScreenSaversデスクトップ時計のスクリーンセーバー

過去記事時計のスクリーンセーバで≪時計スクリーンセーバーhttp://homepage3.nifty.com/~phoenix/download/soft/ss_clock.htm≫をご紹介しましたが、どうも更新が止まっちゃっているみたいで、今年の分がありません。仕方がないので、新しい時計を表示できるスクリーンセーバーを探してみましたので、ちょっと共有。SE-ScreenSaversSaversとなっているように、単体のスクリーンセーバーではなく、いろんなスクリ..