読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

人相記憶術―その5反復練習

 


本日は人相記憶術のの最終回。ついに一週間使ってしまいました。

今回は、前4回とは異なり、作った記憶をいかに強化するかについてご紹介します。

■1回では記憶できない

以前の記事でも紹介しましたが、記憶というのは

 ・それが重要であると認識されること

以外に強化する方法はなさそうです。
重要であるというのは繰り返し、記憶の引き出しから出したり、入れたりを繰り返すことで認識されます。

したがって、反復練習というのが重要なんですね。
お経のように意味もわからずに繰り返しても、記憶はできますがこれには相当な回数が必用
それほど合うわけでもない人の名前を繰り返しても、何かの引っ掛かりがないと記憶は強化されません。


■連想の糸を繰り返す

そこで連想法で作った連想の糸を使って強化します。

  波(ウェーヴ)のり「みなみ」さん

打ち合わせ中に、これが自然に口をついて出るまで繰り返し言うわけですが、声に出してしまうとちょっとまずいので、頭のなかで繰り返します。

最初にあった時に、呼びかける時には、

 「いまおっしゃられたことですが…」

みたいに、つい名前を省略して呼びかけてしまいますが、これは記憶を強化できません。

 「いま、南さんがおっしゃられたことですが…」

のように必ず名前をつけて話をします。その時に頭のなかでは

  波のり「みなみ」さん

と言いながら、「南さん」を発音します。
※絶対に、『波(ウェーヴ)のり「みなみ」さん』と発音しないように注意してくださいね。

5〜6回やると、自然に、「なみ」と思った瞬間に「みなみさん」が出てくるようになります。
そうすると、大体の場合、「ウェーヴのかかった髪」=「みなみさん」が刷り込まれます。

■歩行呼称法

もし、時々顔を見るような関係の人(近くの部門の人)なら特にこの方法は効果的です。

ちょっと仕事に疲れたら、お散歩に出かけて、その時にすれ違った人や周りを見回してそこにいる人の名前を次々と呼んでみます。

 「お、高田さん」
 「あっちは伊藤さん」
 「暇そうだな。鵜飼くん」

みたいに。別に声を出さなくていいので、どんどん名前を思い出していきます。
歩きながらこれをやるので、

 歩行呼称法

と名づけました。

このように反射的に人の名前を読んでいると、いざという場面でとっさに名前が出てきます。

■名前で呼ぶことの大切さ

私の場合、人の名前を覚えるのが不得意だという意識が強いので、余計に名前を呼ぶときに、「もし間違っていたらどうしよう」とか心配になり、それがもとで「名前で呼ぶ」というのを無意識に避けてしまいます。そうすると相手に対して一線を引いたような発言になってしまい、フランクな話し合いができなくなります。

これは交渉ごとにおいては特に大切なことなので、意識して名前を呼ぶようにしてます。

ということで、今週は「名前」の記憶方法について、私なりの方法を書いてみました。
もし、「自分も不得意だな〜」と感じていたら、やってみてください。「得意になる」とまでは言えませんが(相変わらず、不得意だと本人が思ってますので)、多少はいい方向に行きます。

そして、名前を呼ぶことの重要さとそのメリットを実感する時がきっときます。
「いままで損をしてたなぁ」と思わないように、ちょっとづつ訓練しておきましょう。

 

■関連する記事

会話のトレーニングをする

初対面の人といきなり話し始めて話が弾む人っていますよね。人見知りで口べたな私からみると羨ましい限り。最初の話題の選択肢なにが難しいって、最初の話題がもっとも難しいです。たとえば異業種交流会などのオフ会で、全く初対面の人と食事を一緒にするハメになると、もうひたすらビールを飲んでる。ただひたすら沈黙と食器の音だけ…。ところが同じ席に、話の上手い人がいると全然違います。いきなりサッカーの話題で盛り上がったり、会社の雰囲気の話になった..

初めて合う人の名前を連呼する

ある程度社内で年季が入ってくると、一緒に仕事をする人は結構決まってくるので、名前を聞く機会はだんだん少なくなるみたいですが、それでも新しいプロジェクトをしたり、新人が参加したりすれば初対面の人は出てきます。そういう人と打ち合わせをするときには、名前を聞き出したり、他の人が呼びかけているのを注意深く聞いたりして、名前を憶えるようにしています。名前で読んでもらえれば親近感を持つなにか議論をしている時に、「先ほど、さんも言ってましたが…」..

人相記憶術―その5反復練習

本日は人相記憶術のの最終回。ついに一週間使ってしまいました。今回は、前4回とは異なり、作った記憶をいかに強化するかについてご紹介します。1回では記憶できない以前の記事でも紹介しましたが、記憶というのは・それが重要であると認識されること以外に強化する方法はなさそうです。重要であるというのは繰り返し、記憶の引き出しから出したり、入れたりを繰り返すことで認識されます。したがって、反復練習というのが重要なんですね。お経のように意味もわからずに繰り返しても、記憶はできますが..

人相記憶術―その4連想記憶

本日は人相記憶術の第4回目です。顔の特徴のチェックリスト、ノートの1ページに収まりましたか?私はEXCELで書き出して、ノートの1ページになるようにして、ノートに何枚かを持ち歩いてます。このチェックリストは、裏が弱粘着性のテープで止めてあるので、付箋(ポストイット)と同様に剥がして好きなところに貼り付けられます。新しく人にあった時には、そのページの左側に貼って、右側にはどんなことを話したのかをメモしておきましょう。※これも、連想の芋づるになります。で、本日は連想記憶術..

人相記憶術―その3特徴抽出

本日は人相記憶術の第3回目です。人の顔の特徴を抽出するためのチェックリストの続き。要約人の顔の特徴は、大きく・頭(顔の全体像、輪郭)・頭髪・額・眉毛・まつ毛・目・鼻・頬骨・耳・唇・顎・皮膚の順に目立ちます。この順に特徴を探していくのがいいです。ただし、女性の場合は髪が長く全体にわかりにくいところが多いので、ちょっとやりづらいですが。今日は眉毛から眉毛..

人相記憶術―その2特徴抽出

本日は人相記憶術の第2回目。人の顔の特徴を抽出するためのチェックリストをご紹介します。人の顔の特徴は、大きく・頭(顔の全体像、輪郭)・頭髪・額・眉毛・まつ毛・目・鼻・頬骨・耳・唇・顎・皮膚の順に目立ちます。この順に特徴を探していくのがいいです。ただし、女性の場合は髪が長く全体にわかりにくいところが多いので、ちょっとやりづらいですが。では順番に抽出するべき特徴を説明していきます。..

人相記憶術―その1あらまし

私がまだ今の家内と付き合い始めた若かりし頃、大失敗をしました。とあるデートの日。待ち合わせ場所にいつものようにちょっと早めに到着すると、もう来ているではないですか。「お、今日は早いね〜。」と声をかけると、その女性が「あんた誰?」みたいな反応。……一瞬の間……「し、しまった〜」後ろから声をかけたのであればまだ言い訳もできますが、正面から近づいて声をかけたものだから、「お?ナンパか!?」と思われたことでしょうね。それほど、人の顔を覚えるのは不得意でした。その時は、本..

人を動かす:「イエス」と答えられる問題を選ぶ

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:デール・カーネギー本日のお言葉:「イエス」と答えられる問題を選ぶお言葉の出典:『人を動かす』他の人に何かの依頼をする時や、何かで合意を取り付けたいような時、どうしても自分の都合で話を進めようとして、相手から反感を買ってしまい、結局合意が取れなかった、なんて経験は実際たくさんあります。あとで冷静になって議事録やメモを読み返してみると「そりゃ、オレがこの人の立場なら拒否す..

人を動かす:1ガロンの苦汁よりも1滴のはちみつのほうが多くの蝿が取れる

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:アブラハム・リンカーン本日のお言葉:1ガロンの苦汁よりも1滴のはちみつのほうが多くの蝿が取れるお言葉の出典:『人を動かす』有名なイソップ寓話「北風と太陽」と同じようなお話ですが、個人的にはこっちのほうが気に入っている至言。相手の心が反抗と憎悪に満ちているときは、いかに理をつくしても説得することはできない。子供を叱る親、権力をふり..

人を動かす:人を説得する原則2:相手の意見に敬意を払い、誤りを指摘しない

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:デール・カーネギー本日のお言葉:相手の意見に敬意を払い、誤りを指摘しないお言葉の出典:『人を動かす』誰かの提案を聞いていると、矛盾しているところや、「それじゃあできんだろう」というところがいくつも見つかります。心理的に相手より上に立ちたいと思ったら、それを指摘するのは有効な手段だと思っています。ただ、もしそれがその提案の根本的問題、すなわち、その提案が目指す目標を毀損す..

人を動かす:人を説得する原則1:議論に勝つ唯一の方法として議論を避ける

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:デール・カーネギー本日のお言葉:議論に勝つ唯一の方法として議論を避けるお言葉の出典:『人を動かす』第一次大戦直後のこと、わたしはある夜、ロンドンで貴重な教訓を得た。当時わたしは、ロス・スミス卿のマネジャーをしていた。ロス・スミス卿は、大戦中パレスティナの空中戦に輝かしい武勲を立てたオーストラリアの空の勇士で、終戦直後、三十日間で..

 

 

■同じテーマの記事

人を動かす:心のなかに欲求をおこさせる

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:デール・カーネギー本日のお言葉:他人の立場に身を置き、その心のなかに欲求を起させるお言葉の出典:『人を動かす』他人の欲求に訴えなさい本日は『人を動かす』の「人の立場に身を置く」の部分から。本書から、"常に相手の立場に身を置き、相手の立場から物ごとを考える"という、たったひとつのことを学びとっていただければ、成功への第一歩..