読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

アナロジー発想法

 


「アナロジー」とは「類推」とか「類比」という意味だそうです。

よく、「自社の問題の解決のために、異なる業界の解決策からヒントを得る」みたいなことが事例として乗りますよね。あれがアナロジーです。

このアナロジーの発想法には、4つの方法があるそうです。

★P144〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●スクネティクスとアナロジー
「異なる何か」とのコラボレーションで大切な考え方に「アナ口ジー」というものがあります。

アナロジーというのは、「類推」「類比」のことで、簡単に言うと、あるモノと別のモノの類似点に着目して、連想する工程です。

このアナロジーを使った発想技法として、ウイリアム・J ・ゴードンの「シネクティクス」があります。シネクティクスとは「異質なものを結びつけ統合する」という意味のギリシャ語で、あるテーマにアナロジーを加えて、問題解決やアイデアを得るものです。

シネクティクスにおける重要なアナロジーの手法は次の4 つです。

 ・ダイレクト・アナ□ ジー(直接類推法)
 ・パーソナル・アナ□ ジー(主観類推法)
 ・シンボリック・アナ□ジー(象微類推法)
 ・ファンタジー・アナ□ ジー(空想類推法)
 

●ダイレクト・アナ口ジー
 ダイレクト・アナ口ジーは、直接、似たものを見つけて、そこからヒントを得るものです。
 たとえば、蓋ナシで開閉する技術を貝に見出したり、潜水艦の技術を深海魚に見出したりするようなバイオニクス的なアナロジーです。
 自然界には多くのダイレクト・アナロジーのヒントがあります。ボーイング社は飛び立つ時の鳥の羽からフラップを工夫した高揚力翼を開発しました。

●パーソナル・アナ口ジー
 パーソナル・アナ口ジーは、自分が対象の要素そのものになりきって、その視点から発想する方法です。前述の老婆になりきった若い女性マーケッターもその好例ですが、「なりきる」のは人間だけではありません。たとえば、自分が機械の一部になってみるというのもパーソナル・アナロジーの1 つです。
 実際、「機械になった自分が状況に合わせてムリなく動力を伝えるためには?」という視点から変速ギアが誕生したと言われていますし、いつも「対象」としてしか見ていなかったものに、「自分」を注入してみると、意外なニーズを発見できるかもしれません。

●シンボリック・アナ口ジー
 シンボリック・アナ口ジーは、問題を抽象化してシンボリックな視点から幅広く発想するということなのですが、もう少し具体的に言うと物語、小説、メルへンの世界から発想するということです。

 問題の状況が物語や小説のある場面に似ていて、その物語の教訓から問題解決の糸口を得ることがあります。

●ファンタジー・アナロジー
 ファンタジー・アナロジーは、まったく自由にアイデアをふくらませていく連想方法です。ゴードンは、「閉じる」→「向かい合った虫の握手」→ 「クモの巣の獲物を捕まえて放さない状態」と連想を飛躍させています。

 ポイントは、今見えている形、色、構造、流れ、要素の関係性を、何に見立てるかということです。アナロジーをうまく使いこなすためには、「これと似たものはないか?」という間いかけに答えることです。

田豊志(著) 『発想フレームワーク55
――――――――――――――――――――――――――――★



なにかに行き詰まったら、これに当てはまる具体事例にならないか、考えてみるのがコツです。
「こういう考え方をしてみたら…」というネタとしてお使いください。



■参考図書 『発想フレームワーク55

本書は、ビジネスパーソンにとって、これからの時代のもっとも重要な知的ウェポンとなるクリエイティビティを磨くための発想力、アイデアを生み出すためのフレームークを提供するものである。
ロジカルシンキング地頭力はもちろん重要だ。しかしそうした「左脳型発想術」だけでは、改善はできても大きな成果は望めない。八方ふさがり状態であってもブレイクスルーを起こし、大成功を引き寄せるには、前例や従来の固定観念をくつがえす「右脳型発想術=第六感発想術」が必要だ。
従来のアイデア生成の本は広告関連など元々クリエイティブな仕事をしている人向けが多数だった。そのため、アイデアづくりが日常業務となる専門職以外の読者にとっては、もっと短時間で実務に使えるアイデア発想方法が切望されてきた。
本書は、一般のビジネスマンやOL、経営者や勉強に熱心な読者に対して、フレームワークを駆使した「短時間」で「最大の成果」を生むためのアイデア作成方法を解説する。

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

発想フレームワーク55
著者 :永田豊

発想フレームワーク55
検索 :最安値検索

発想フレームワーク55
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 図解トレーニングで反射神経が鍛えられる
 NM法を使う実例
 課題は5W2Hで分解する
 フェニックスチェックリスト:適切な質問は発想力を刺激する
 Googleで翻訳する
 ジョークのなかに本音がある
 発想法:連想の4法則
 ものごとは考える以上にシンプルだ、と考える
 発想法:マインドマップ発想法
 発想法:制約条件の理論
 発想法:ファンクショナル・アプローチ
 発想法:拡散・収束発想法
 発想法:ブレインストーミングの欠点列挙法と希望点列挙法
 発想法:シネクティクスとアナロジー発想法
 発想法:ブレインライティング
 発想法:ブレインストーミングの欠点列挙法と希望点列挙法
 発想法:フェニックスチェックリスト
 アナロジー発想法
 NM法を使う実例

 

■同じテーマの記事

NM法を使う実例

発想法として有名な方法に「NM法」があります。これは「アナロジー発想法」を使いやすくした方法ですので、「アナロジー発想法」を使ってみたいかたには具体的な方法として役に立つかもしれません。アナロジーをより使いやすくした「NM法」NM 法は、これを考案した創造工学研究所所長の中山正和氏のイニシャルにちなんで名づけられた発想フレームワークです。ゴー..

議事録は清書してはいけない

仕事をしていて、会議をしたことがない人はいないでしょう。会議の中で議事録をとったことがない人もいないでしょう。仕事を効率的にするのに、この議事録にかける時間を少なくするというのは、製造系の直接業務(実際にものを作る仕事)でない限り、かなり効果のあることです。例えば先の会議で言えば、会議終了直後に「即製メモですがご確認ください」と議事録を送信してしまえば、かかる時間は数..

記号で会話

議事録を作ったり、日誌に誰かとの会話を記録するような場合、公式の議事録にはこんなふうに書かれます××さん:あれはこうで、これはあれという意味ですか?さん:いいえ、それはナニです。みたいに。誰かと話をして、それを記録するような場合も、これに倣ったほうが記録として誰の発言かわかりやすいです。ただ、いちいちこれを書いていると、時間がかかって、肝心の話を書き漏らしてしまいます。そこで、有効なのが、その人の記号を決めてしまうこと。テキストエディタで行頭文字を登録するW..

ももたろう理論

ももたろう」から何が学べるだろうか?ひとつは本書のように、・行動哲学・リーダーシップを考えるきっかけになるかもしれないとは思います。まずおばあさんは川へ洗濯に行ってももを拾ってきます。まったくの偶然ですね。よくスポーツ選手が優勝した時「運が良かった」と表現することがありますが、運が良ければ私でもオリンピックで金メダルが取れるでしょうか。絶対無理ですね。運をつかむためには、その運をすくい上げるための力をつけておき、運が「流れ..

人を動かす:「イエス」と答えられる問題を選ぶ

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:デール・カーネギー本日のお言葉:「イエス」と答えられる問題を選ぶお言葉の出典:『人を動かす』他の人に何かの依頼をする時や、何かで合意を取り付けたいような時、どうしても自分の都合で話を進めようとして、相手から反感を買ってしまい、結局合意が取れなかった、なんて経験は実際たくさんあります。あとで冷静になって議事録やメモを読み返してみると「そりゃ、オレがこの人の立場なら拒否す..

人を動かす:名前を覚える努力をする

私は、人の名前を覚えるのがあまり得意ではありません。なので、過去記事でも書きましたが、初めて合う人の名前を連呼する中途面接の印象を良くするコツ:面接官の名前を覚えなさい忘れた名前のごまかし方など、名前の覚え方には結構関心を持っています。本日は、名著『人を動かす』にかかれていた名前の覚え方に関する記載のご紹介。Pたいていの人は、他人の名前をあまりよく覚えないものだ。いそがしくて、覚え..

7つの習慣:人生の責任を引き受けなさい

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:スティーブン・R・コヴィー本日のお言葉:人生の責任を引き受けなさいお言葉の出典:『7つの習慣』本日のお言葉は、「7つの習慣」の第1の習慣主体性を発揮するから。この人問の独特な性質選択の自由を発見することにより、フランクルは正確な自己パラダイムを描くき、効果的な人生を営む最も基礎的な習慣を身につけ始めた。それは、主体性を..

発想法:連想の4法則

グループで何かを発想するときの方法として、ブレインストーミングや TRIZ 法、ブレインライティングなどいろいろありますが、その基本は連想です。本書『発想フレームワーク55』では、この連想には4つの法則があると書かれています。ブレインストーミングやブレインライティングでも他の人のアイディアを聞いて、別のアイディアを連想することがとても大切です。古代ギリシャ人はひとつの思考を他の思..

7つの習慣:社会通念という歪んだ鏡

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:スティーブン・R・コヴィー本日のお言葉:社会通念という歪んだ鏡に惑わされてはいけないお言葉の出典:7つの習慣「美人だ」「デキる人だ」みたいな曖昧な判断基準というのは、実際、時代や環境によって変わります。こういうのに振られてはいけない、ということをスティーブン・R・コヴィーは著書『7つの習慣』で以下のように述べています。私た..

ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる

本日の巨人:P.F.ドラッカー本日のお言葉:組織の精神はトップから生まれるお言葉の出典:『ドラッカー365の金言』ドラッカーの『マネジメント』から、「リーダーの真摯さ」のお言葉。この文章は、『ドラッカー365の金言』から引用しました。組織の精神はトップから生まれる。真摯さを絶対視して、はじめてマネジメントの真剣さが示される。それはまず人事に表れる。リーダーシップが発揮..

発想法:マインドマップ発想法

発想法のご紹介シリーズ。今回は「マインドマップ」です。これは発想のフレームワークというよりも、発想を助けてくれるツールになってしまっていますが、『発想フレームワーク55』に書いてあったので、この本に準拠して発想法の一部としてご紹介します。筆者も、本書のコンセプトや目次を作るまでの過程では、マインドマップを利用しています。マインドマップは、テーマとなるキーワードを全体図..