読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

長期計画は決めない

 


業務をする上で、計画(スケジュール)は必須です。

ところが、この計画、

 たてた途端に遅れ始める

のが困りものですね。

全く不思議でなりませんが、そうなるものは仕方がない。

本日は効率的な計画の建て方。

■計画の建て方のクセ

計画をたてるときに、どんな計画を書くかは、人によってパターンがありそうです。
もちろん、会社の社風やそのプロジェクトの重要度にもよって変わってくるでしょうけど、普段の自分自身の計画の建て方が、大勢で計画を立てている時も同じようにクセとして現れます。

 A) 全く計画を建てない
 B) 自分に関係する人の計画に「合わせます」しか言わない
 C) 「いつまでに完了させます」しか言わない。途中の計画がない
 D) 文章で「あれをやって、これをやって」は言えるけど、ガントチャートが書けない
 E) やたら詳細な計画を立てる(1年先の日付まで書いてある)
 F) やたらアバウトな計画を立てる(来週「くらい」に××をやって、今月「くらい」に○○をして……)
 G) 「多分、××日には構成管理機能仕様ができあがります」と成果物が??なものを計画に入れる

どれも業務を依頼したり、一緒にやったりする上で、すごく不安になる計画の立てかた。

■ベストな計画

じゃぁ、どんな計画の立て方がいいのかというと、世の中のスタンダードは、PNBOKでしょね。

もし詳しくない方は、ぜひ勉強してください。
WIKIPEDIAのページだけ紹介しておきます。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/PMBOK

できたら、これについて半日くらいは語れる(講習会の講師ができる)程度には勉強しておくと、仕事にすごく役立ちます。


単純に言えば、タスクにブレイクダウンをして、そのタスクの難易度と過去の経験からタスクの長さ(必要時間)を決め、タスクの前後関係からこれをガントチャートに配置することです。

ところが、なかなかそんなのできないんですよね。

だいたい、最後までやり切るのに、どんな問題が出るかなんて分からない。やってみないとわからないことも多いので、そのやり方で最後までやれるのか、あるいは何らかの方針を決める必要があるのかどうかがわからなければ、あらゆる可能性を書き出していく事になるけど、詳細に分析してみないと(実際にやってみないと)本当のリスクは抽出できるものでもありません。

■現実的な計画

管理人オススメのやり方は、「再帰分割計画法」。
私が勝手に名前をつけただけなので、ググっても出てきませんよ。

どうやるかというと、

  1.いつまでに結果がを出すか(プロジェクトのゴールはいつか?)を決める
  2.大体7〜8割できている成果物・状態は何か、を決める
  3.それをゴールの日付とスタートの日付の中間点に置く
  4.その中間点の成果物をゴールとした時に、大体7〜8割の成果物・状態を決め、また中間点に置く。
  5.4を繰り返す。中間点が、来週になったら終わり。

ここでのポイントは、
 ・全体半分に分けて、前半だけを詳細化する
 ・さらにその前半の半分をより詳細化する
ということです。


「成果物・状態」と言うのは「こんなイメージのものや状態」があれば、ゴールに辿り着けるかな?と思えれるものすべて。
多分、これが複数個できるでしょう。

それが直近になるほど詳細化されます。

もし、あなたがソフトウエアアルゴリズムの勉強をしたことがあれば気がつくかもしれませんが、これは、多数のデータをソートする再帰アルゴリズムのひとつをプロジェクト管理の方法に展開したもので、着眼するのは、「半分にする」という作業だけです。

ただ、成果物が半分できた状態というのは、定義しにくいのと、「業務が半分出来た」と思うと大体残り時間は今までの2倍位かかるという経験則から、「7〜8割完了」を半分においてます。

こうやって計画を作ると、直近の計画はやたら詳細で、未来になればなるほど大雑把な計画が出来上がります。
明日やることははっきりしているけれど、来月やることは、1ヶ月スパンで割合いい加減に書いてある計画書です。

これが意外とうまくいきます。

今週もし遅れが出たとしても、来週は2週間先の計画なので、若干の補正を入れるのはそれほど難しくありません。そこに収まらなければ、2ヶ月先の計画を補正すればいいでしょう。これだけ大きなスパンだと、多少の誤差には揺らぎません。

もしやってみて、疑問があったら是非メール下さい。
私も考えてみたいと思います。

 

■同じテーマの記事

風邪で休まない

ふつう、風邪を引いたら休みますよね。まあ、仕方ありません。でも、もったいない。過去記事でも書いてますが、私は年休消化率は結構いいほうです(それでも100%とはいきませんが)。ただし、風邪みたいな病気で休んだことは、直近では記憶にありません。※「体調不良」という言い訳を使ったりするのは、気が乗らなくて早退をするときに…年休を取って何をしているかというと、遊びに行ったり、そこら辺をぶらぶらしたり、図書館にこもったりしてます。お休み..

年上の部下は信用しても信頼してはいけない?

過去記事でも、「年上の部下」「年下の上司」について色々書きましたが、ちょっとおもしろい考え方が『課長のルール』という本に書いてありましたので共有。できる上司は部下を信頼しない「年上の部下」というのは、上司本人から見ても扱いにくいものではあります。だからといって、それがマネジメントできなければ、上司としての評価が落ちてしまいますので、なんとかしないといけないです。とくに昔のように年功序列がはっきりしていれば、そういうシチュエーシ..

優先順位を正確に意識する

優先順位って簡単な言葉で説明できますか? 仕事をする上で、たったひとつのタスクしかない状態はありません。たいていは、アレもしなきゃ、これもしなきゃ、状態で、「から手を付けよう」と決めてかかりますよね。上司からも「を優先してやってくれ」と言われたことも多いと思いますが、本当に優先してますか?優先事項があるときは他の仕事をしてはいけない単純に言えば、優先順位をつけるというのは、その第1番目のことが終わらなければ、それ以下の..

マイナス言葉を言い換える

過去記事で、何度か「禁句集」というのを書いてます。「したいと思います」は禁句「だいたい君はいつも」は禁句言ってはいけない言葉この理由についても、それぞれの記事を参照していただければいいですが、この禁句のなかで、マイナス言葉というものがあります。マイナス言葉マイナス言葉を言い直せ「言い直し言葉」を使う習慣をつけましょう。何度かふれた中村天風は、言葉の力を非常に重視しました..

通勤どこでも仕事術:出張・旅行のホテルに会員登録する

海外でやったことはありませんが、国内の場合は、使用する交通機関やホテルに無料会員の制度があれば、ほぼかならず登録しています。無料会員のメリット会社によっていろいろですが、無料会員のメリットは・複数回使用することでポイントが貯まる・ちょっとだけ良いサービスが受けられる・予約時に優先予約ができるなどです。会社で会員登録しているような指定ホテルの場合はどうしようもありませんが、そうでなければ自分の名前で登録すると、あとあといろ..

置くべきところに置くと失せ物がない

私個人の場合、年に1,2回くらいは携帯を忘れて会社に行くことがあります。たいていは、夜充電をして、朝出勤時にカバンに入れ忘れる、というのが私のいつものパターン。会社について、カバンから携帯を取り出そうとした時点で、いつも入れているカバンのポケットにない!、「あちゃ〜、忘れてきた…」と。一方、私の家内はというと、出かける前に携帯を持っていないことに気がつけば、「携帯がない〜」と言いながら家中探し回って、出かける時間がどんどん遅れていくということがあります。出かける前に気..

疲れてきたら「いつもの」にする

「ちょっとストレスが溜まってきているな〜」と思ったら、考えるのをやめてみると、ちょっと楽になります。ストレス反応と自動行動難しい仕事やボリューの多い仕事を振られて、まいにち一杯一杯の状況が続くと、疲れてきます。私の場合は、過去にそれで会社にいけなくなって、いわゆるウツ病というのでしばらくお休みをしました。そこから反省して、ストレスがたまりかけてきたら、ストレスを抜くということを積極的にやるようになりました。ポイントは我慢しない..

時間を測定する

過去記事でも紹介してますが、ドラッカーや様々な時間術の紹介でかならず必須と言われるのが、自分の時間の使い方を記録することです。ところが、これをやってみると、つけ忘れたり、適当に記入したりして、本当に精度は上がりません。昨日、レポートを書くのに、何時間かかったかなんて正確に覚えてはいませんし、見積もりに合わせたいという意志も働くので、多すぎるか少なくすぎるかのどちらかです。割り込みがはいって一時中断しようものなら、もはや記録した時..

あなたが考えていることは仮説にすぎない

過去記事で、心理バイアスについて何度か書いています。心理バイアスというのは、簡単に行ってしまえば、自分の都合で事実とはちょっと違う方向に受け止めてしまうこと。たとえば、ある人が「これは君のために言っている」と言ってなにかを指摘したとしたら、その人を「利己的な人」と思っていれば、「なにか裏がある」と疑いますし、その人のことが好きであれば、「やっぱりこの人はいい人だ」と思ったりするでしょう。同じことが、自分の「考え」にも当てはまりま..

考えるときにはペンを持つ

私は、「考える」という作業をするときには、ノートを広げて3色ボールペンで何かを書きつけることが多いです。もちろん、手が止まっていることはよくありますが、ボールペンを離すのは、考えることをやめた時。天井に相談してました特許の出願件数が社内でトップを取ったことがあって、その表彰のときに、「君は特許を考えるときはどんなことをしているね?」と聞かれたことがあります。そのときには、「天井と相談してます」と答えた記憶があります。その頃は、ひとりで何か考えるときは、体は全く使っ..

面接のベストアンサー

私が過去に採用面接や昇級・昇格面接で経験した「これは!」という問答をちょっと紹介します。質問:あなたの職歴・経験について教えてください普通の答え年に××社に入社しまして、部に配属されました。その後、年に部に移籍になりを担当しました。⇒勝手な感想そんなこと履歴書に書いてあるじゃん…グッドアンサーこれまでの職務経験でお伝えしたいことは3つあります(指を折りながら)。一つ目が、年に××社の部で経験したことですが、についてをし..