読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

ガーデン・パス・ストーリーの落とし穴に注意

 


「ガーデン・パス・ストーリー」という言葉があるそうです。
ネットでググってもほとんどヒットしないので、あまり一般的な用語ではないかもしれません。

元ネタはこの本から。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●日常に起こり得る「逸脱した習慣」の罠
私が妻のへレンの行動を観察したことについての、ある単純な事例を紹介することで、このチャプターの結びとしたい。この話から[見えない問題を見抜く力」を解き放っことで、私が意図することを詳しく説明したいと思う。

へレン「玄関のドアの鍵がかからないわよ。ドアの口ックが壊れているのかしら?」
私「ええと、私の鍵は大丈夫だ。ドアの口ックは問題ない。君の鍵がおかしいに違いない」

ある日、へレンの鍵が壊れていたようで、私は金物店へ行き、へレンのために新しい鍵を作ってもらった。家に戻り、その新しい鍵を試してみた。しかし、鍵が利かない。

おそらく、その店の鍵を複製する機械に問題があったのだ。

ゲーリーは 2 軒目のお店に行き、もう 1 つ別の鍵を作ってもらった。しかしその鍵でもまだ、ドアを □ックすることができなかったのである。

私は鍵穴を注意深く観察してみた。

そして、自分の鍵を取り出して鍵穴に差し込んでみた。するとドアのロックに引っかかってしまい引き抜くのが大変だったのである。

そこで私は鍵穴に潤滑油を吹きかけた。

すると、 3 つすべての鍵でドアを開けることができるようになった。

そして、私は鍵の問題を解決した。へレンも何の問題もなく家の中に入ることができるようになった。
 :
 :(中略)
 :
これは「見えない問題を見抜く力」についての話である。

「鍵が悪い」という思い込みが、「ドアのロックが悪い」という考えに変わったのである。

私たちは、そうした思い込みにレッテルを貼ってしまうものだ。

つまり、それは「ガーデン・パス・ストーリー」である。

ガーデン・パス・ストーリーとは、人がどうやって誤った自分の概念にとらわれ、たとえその概念に反対するような事実が生じてきたとしても、自分の考えを堅持することである。

つまり、私は「問題は鍵にある」という誤ったガーデン・パスの中に迷い込んだことになる。

あとのほうのストーリーで、私は 1 軒目の金物屋で作られた合鍵を無視し、 2 軒目の金物屋に行くことになった。

ガーデン・パス・ストーリーについて、「もし人がガーデン・パスに迷い込むとしたら、彼らがどのようにその中にまぎれ込んでしまうのか」「どうやってそこから抜け出せるのか」ということを、私たちは知りたいと思うものである。

2 軒目の合鍵が駄目だったからといって、果たして、私は 3 軒目の金物店に行くところだったのだろうか?

私は、その可能性がなきにしもあらずだったことを認めなくてはいけない。

さらに深く調べてみると、なぜ私が 1 回目の段階でガーデン・パスに迷い込んだのか不思議に思ったかもしれない。

最初の合鍵でドアが開かなかったとき、私は自分の鍵には問題ないと思っていた。しかし、私の鍵が突然に鍵穴に入らなくなったのではなく、徐々にそうなっていったのである。

だから、この出来事は「逸脱した習慣化」についての話である。

「逸脱した習慣化」とは、例外的な出来事が繰り返し起こることで慣れ親しんでしまい、それ以上の注意を払うことがなくなってしまうということである

コロンビア大学社会学教授のアイアン・ウォーガンは、「逸脱したことの習慣化」による NAsA の宇宙船チャレンジャー号の悲劇を本にしている。

 発射時にリングが焦げており、整備の技術者たちは、本来そのような問題が起こるはずもないのに起きていたので心配していた。ところが、次から次と作業上の指令が出てきたので、技術者たちはその焦げたリングに注意を払わなくなってしまった

ゲイリー・クライン(著) 『「洞察力」があらゆる問題を解決する
―――――――――――――――――――――★



■鍵は問題じゃない

ちょっとここだけ読むとわかりにくいかもしれませんが、前半に書かれているストーリーを簡単にまとめると、

 2つあるうちの一つの鍵が使えなくなった
 鍵屋で新しい鍵を作ってもらったがダメだったので、別の鍵を別の鍵屋で作ってもらった
 それでもダメなので、問題なかった方で確認したらこれもだめになっていた
 鍵穴に潤滑油を吹きかけたら全部使えるようになった

 最初から潤滑油を吹きかけるだけで良かったじゃん (ちゃんちゃん)。

ということです。

ここのなにが問題かというと、最初に「鍵のほうが悪い」と思い込んでしまったために、ドアのロック(鍵の回される側)に問題がある可能性に気が付かなかったことです。

2つセットになって初めて機能するものが正常に機能しないからと言って、いずれか一方が悪いと思いこんでしまうと、問題を解決するまでに大きな回り道をすることになります。

半日か1日、鍵屋巡りで潰すだけなら、まあ諦めも付きますが、本書では山火事で炎に取り囲まれてしまった消防士や低空で飛来するミサイルを発見した将官の話も出てきます。
もし、そっちだったら数分後には命をなくしていたかも、という話です。

■ガーデン・パス・ストーリー

で本題の「ガーデン・パス・ストーリー」。これは、本書でも詳しく説明はありませんし、ネットで調べても詳しくは説明をしているサイトがないのですが、私の解釈では

 誤った自分の仮説にとらわれ、たとえその仮説に反対するような事実が生じたとしても、自分の考えを堅持すること

ではないかと。1度目の鍵屋の鍵がダメだったときに気がつくべきだったよね、と。

実際の仕事の場面でも思い当たることは多々ありますね。

岡目八目でみると、「なんでそんなことに気が付かない?」と思えるようなことを本人はいたって真面目にやっていたり。

後半のNASAの話も仕事をしていると、ときどき気になったりするものです。多くの場合は、NASAの技術者のように流れに身を任せてしまうのですが、普通の仕事では爆発まではしないので、それが痛い経験にすらならないという…。

ちなみに本書における鍵の話の締めくくりがこちら。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

私の場合、鍵が鍵穴に入りにくくなってくると、ガチャガチャと鍵を強く捻っていた。

そして、そうした行動に慣れていき、鍵を強く捻ってドアを開けることが習慣となった。

いつの間にか、「そうすることがおかしい」と感じる意識が、まったく働かなくなってしまったのである。

私がこの考えをへレンに話すと、彼女は違う理解をしていた。

彼女が言うには、この出来事は私たち 2 人の関係性を示していると言うのである。

つまり、私は彼女が望むほど注意深く彼女の発言を聴いていないということであった。

彼女は、こうなる前からドアのロックの問題のことを私に指摘していたという。

私はそれを無視しているだけでなく、彼女が私にその問題に注意を払うようにさせるまで、私は何も思い出していないと言うのである(「人の話に熱心に耳を傾けよ」とは、自分への警告だった)。

私はへレンが、「ドアのロックに問題がある言ったことを思い出すことができず、そのことを完全に忘れていた。これは、名誉ある亭主のストーリーではない。むしろ、それはおバカな亭主のストーリーである。

ゲイリー・クライン(著) 『「洞察力」があらゆる問題を解決する
―――――――――――――――――――――★



もし一度やってみてうまく行かなかったら、同じことを繰り返してやってみるのではなく、原点に立ち返って、他の可能性はないかを考えてみるといいかもしれません。

私は何か決断したり行動を起こす前には、「選択肢を複数出して、決断するのではなく選択する」ようにしています。いつもできているわけではありませんので、「なるべく」ですが。



■参考図書 『「洞察力」があらゆる問題を解決する

ホワイトハウス、米空軍省で採用された問題解決法が日本初上陸!

著者ゲイリー・クラインは、実験現場で研究される、これまでのスタイルを打ち破り、全米で初めて「現場主義的意思決定(NDM)理論」を生み出した認知心理学者である。

この本は、NDM理論を応用し、普段、人の目には見えない物事の本質を見抜く、いわゆる「見えない問題を見抜く力」について説かれている。

個人にしろ、組織にしろ、問題を解決するためには、「いかにミスをなくすか」というウエイトに重きを置き、パフォーマンス向上を図っている。
しかし著者は、それに相対する、「見えない問題を見抜く力」を高めるほうが、問題発見・問題解決に効果があるという。
そんな「見えない問題を見抜く力」の答えを、実験室ではなく出来事の起こった現場に求め、論理的や分析的な方法よりも重要な問題解決法を提示する。

本書には、現場からのさまざまな出来事の事例が掲載されている。

など、ほかにも多くの事例を検証しながら、「見えない問題を見抜く力」の正体に迫っていく。

本書に書かれているゲイリー・クラインの理論は、個人や組織の問題解決法として、技能・性能・生産性のパフォーマンスを向上させる大いなるヒントとなるであろう。

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

「洞察力」があらゆる問題を解決する
著者 :ゲイリー・クライン
楽天では見つかりませんでした
「洞察力」があらゆる問題を解決する
検索 :商品検索する




●このテーマの関連図書


「無知」の技法NotKnowing

水平思考の世界

フォーカス

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学

BCGの特訓―成長し続ける人材を生む徒弟制

脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!


 

■同じテーマの記事

社内研修の講師になる

別の記事でも書いてますが、人に教えるというのは最高の勉強方法です。ただし、隣の後輩に「あ〜君、ドラッカーのマネジメントについて教えてあげるよ」と言ったらなにが起きるか、まぁ想像がつきますよね。社内研修たぶん社内研修ってあるでしょう。社員だけを集めていろんなことを教える研修です。その講師は、内容によっては社外から招くこともあるとは思いますが、会社の実務に沿ってというとやっぱり社員を講師にするということも多いかと思います。その講師..

大勢の前でプレゼンするときはZ目線が有効

大勢の前で何か話そうとするとかなり緊張します。1対1で話すときでも多少は緊張していますが、ちょっと大きな会議で発表をしたり、そこで何かコメントしようとしたりすると、もうドキドキが止まりません。だんだん職位が上がってくると、こういう場面が多くなるのですが、やっぱり苦手っていう感覚は否めません。もちろん、昔と比べると多少は良くなりましたが…。Z目線のテクニックそういうときには、いろいろなテクニックをあれこれ思い出しながら、テクニッ..

風邪で休まない

ふつう、風邪を引いたら休みますよね。まあ、仕方ありません。でも、もったいない。過去記事でも書いてますが、私は年休消化率は結構いいほうです(それでも100%とはいきませんが)。ただし、風邪みたいな病気で休んだことは、直近では記憶にありません。※「体調不良」という言い訳を使ったりするのは、気が乗らなくて早退をするときに…年休を取って何をしているかというと、遊びに行ったり、そこら辺をぶらぶらしたり、図書館にこもったりしてます。お休み..

つっこみを入れると論理強度がわかる

話をしていて「コイツ、論理破綻してるな〜」と感じることがよくあります。ところが、それがすぐにわからないものもあるし、それが見抜けていない人もいます。人それぞれ。こういうことに気がつけるようになるには、どうすればいいのでしょうか?洞察力を鍛えるとか、論理図解が出来るようになるとか、いろいろ方法はあるのですが(過去記事でも幾つか紹介してます)、テレビでもよく見かける方法があります。漫才です。ボケとツッコミ漫才は、片方が論理的におか..

遊びの時間を作る

今日のテーマは「遊びの時間」。「遊び」といっても仕事中に遊ぶわけではありません。「余裕」「バッファ」です。仕事はたいていは予定通りには行きません。ただ、経験的には、予定より早く終わることは少なくて、多くの場合は予定を超過します。そのうえ、頭のなかでスケジューリングすると、本当は必要だけどあまり生産性のない単純なことはポロッと抜け落ちることがあります。会議はハシゴしてはいけないたとえば、10時から1時間の会議、11時から別の会議..

予定を決めたら簡単には動かしてはいけない

すでに予定が入っているのに、「ちょっと話がしたい」「他の人の空いている時間がないので、この時間に会議をします」みたいな要求がいろいろ来ます。できる人は「予定」を簡単に動かさないたとえば、営業マンが最も大切にしなければならないのは、お客です。ところが、かつて、人相を輩出することで有名な某社の、トップ営業マンである M さんが、お客との面談を断っているのを見て、さすがだな、と感じた..

魅力的な名前をつける

自分が考えたアイディアや商品にどういう名前をつけるといいのかというのは、じつは心理学的にはいろいろ研究されてます。もし、何かを提案する、開発するみたいなリーダーになったら、名前を考えるというところに労力を使うといい結果が得られるかもしれません。クレヨン箱の中にある説得のヒントクレヨンの色の名前が素朴だったのは、遠い昔になってしまいました。いま新しいクレヨンの箱を開けてみれば、緑..

記憶術:ネットワークを作る

何かを記憶したいと思うと、ひとつよりも複数のほうが記憶に残りやすいという特性があるそうです。知識のネットワークを作るチャンク化を行なうというのは、頭の中でネットワークを作り上げるのと似ています。バラバラの情報を、クモの巣のように、お互いに結びつけていくのです。たとえば、「イチゴ、リンゴ、マンゴー」を覚えろと言われたら、"果物の名前" だなと関連づければ、すぐに覚えられます。「ニト..

遠足の朝理論

この10年近く腕時計を使わなくなりました。ということで今持っている腕時計は、15年近く前に買ったシロモノで、何か必要になるかもしれないからと、ず〜っとかばんに入ってます。でも使ったことがない…。先日かばんを新しく買い替えた(大体3年周期くらい)ときにふとかばんに入っている腕時計に3年ぶりに再開しましたら、電池切れで止まってました。時計なしで活動するこの2年位は部屋にも時計はありません。目覚ましもなしですが、大体朝4時頃には目が覚めます。冬は5時〜6時くらいですか。寝..

「孫子の兵法」を実践してはいけない

孫子の兵法」はいろいろな本で触れられる事が多く、いくつかはサラリーマンにとっても意味のあるものがありますので、全面的に否定するつもりもありませんが、基本的にはサラリーマンが読む必要がないものというふうに位置づけてます。すなわち、「孫子の兵法」は戦争(集団同士によるなにかの奪い合い)を指導するものが参考にするために書かれたものであって、イチ兵隊であるサラリーマンがどうこうできるものは少ないです。たとえば、孫子の兵法の冒頭は以下の..

つぎの打ち合わせはその場で決める

会議をするときに、関係者の都合を調整するのに結構手間取ったりしません?空き時間なのか、予定が詰まっているのか…?ウチの会社では、アウトルックでスケジュールの管理をしてます。このため、いつ会議をするかは、関係者(出席予定者)のスケジュールを一覧にして、開いている時間でかつ会議場所が予約されていないを探さないといけませんが、往々にして全員が都合よく開いている時間が無かったり、あってもちょうど会議場所が空いてなかったりします。とっとと打ち合わせをして関係者が宿題をやって結..