読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

業務改革の王道

思考技術

 


業務改革はどのようにすればいいのかという問いは簡単に答えが出るものではありませんが、基本パターンはそれほど多くありません。

それを知っていれば、あなたは必要十分な選択肢を持つことができます。

■業務改革の王道6選

業務改革をする方法は以下の6つのパターンのどれかです。

 1.標準化
 2.一元管理
 3.業務集約
 4.アウトソース/オフショア
 5.承認ブ口セスの見直し
 6.納期短縮

世の中で行われている業務の改革や改善はこのどれかのパターンに当てはまるか、その組み合わせに過ぎません。

つまり、このパターンを実際に変えようと思う業務について実際に適用(「テーラリング」といいます)してやれば、答えは出せるようになります。

すでに世の中で使われているものなので、自分がイチから考え直す必要はありません。大いに利用しましょう。

■個人の業務改革

この王道ルールは個人に対しても有効です。ただ表現が組織に対してのものになっているので、個人に置き換えて考える必要があります。

すなわち、

 1.作業ルール化
 2.情報の集中
 3.同時平行化、「ついで」化
 4.他人に任せる、業務移譲
 5.ホウレンソウのやり方
 6.効率化・自動化

です。
ちょっといい言葉に置き換えられてませんが…。

それぞれの詳細や考え方についても今後少しづつ説明していきたいと思いますが、ご自分でも考えてみてください(というか、自分で考えないと自分にあったものは見つけられません)。



■参考図書 『業務改革の教科書

業務改革プロジェクト成功率9割のノウハウを、惜しみなく公開
企業変革・業務改革について書かれた良書はいくつかあるのだが、ほとんどが翻訳書である。
そのため、実際に日本企業で業務改革を進めるうえで最も悩ましいこと、例えば
 いかにトップに味方になってもらうか
 業務調査は何をどこまで調べればいいのか
 抵抗勢力とどう対峙するか
といった、実務家が実際に悩むことについて、きちんと応えていない。
本書は、日本企業のなかで業務改革を起こしたいと思っている、「普通の人」のための教科書である。
実名での企業事例、当事者の声、実際に現場で使った資料をふんだんに盛り込み、ビジュアルに解説した。

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

業務改革の教科書
著者 :白川克

業務改革の教科書
検索 :最安値検索

業務改革の教科書
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 ファンクショナリティマトリクス
 反対せずに異論を言う方法
 業務改革の教科書3
 業務改革の教科書2
 業務改革の教科書1
 トップダウンアプローチ
 名言コレクション
 パラダイムを知る
 あなたの特技は何ですか?
 どうして問題を抱え込むのか
 できない人はできない
 シナリオ第一、パソコン第二
 業務改革の王道
 業務改革の教科書

●このテーマの関連図書


最強の業務改革―利益と競争力を確保し続ける統合的改革モデル(-)

反常識の業務改革ドキュメントプロジェクトファシリテーション〈増補新装版〉

(はじめの1冊!)オフィスの業務改善がすぐできる本

会社のITはエンジニアに任せるな!―――成功率95.6%のコンサルタントがIT嫌いの社長に教えていること

ビジネスプロセスの教科書

7つの要素で整理する業務プロセス(forMutualInterestSERIES)


 

■同じテーマの記事

ファンクショナリティマトリクス

会社でなにかのソリューションをプレゼンしている時に「それですべての要件を満たしているのか?」と聞かれることがあります。こういう時に便利なのだけど、意外と知らない人が多い、ファンクショナリティ・マトリクスをご紹介します。本記事は以下の本を参考にしてます。『プロジェクトを変える12の知恵』ファンクショナリティ・マトリクスとはフアンクショナリティ・マトリクスはシステム機能の要..

反対せずに異論を言う方法

会議の場で、A,Bの2案があるようなときに、自分だけがB案に賛成するような場合、真っ向からA案を否定すると、「お前は状況がわかってない」とか「空気を読めよ」とか言われて袋叩きにあう危険性があります。とくに、上司がその場にいて、上司の意見にも反対を唱えるような場面があれば、上司にはメンツがあるので、B案をクソミソにけなすというような状況になったりします。最後には、B案の賛成者自身に攻撃が及ぶ。反対意見は人格否定?こういう場面に目立つ人の嗜好的には・後先考えない・論..

業務改革の教科書3

あなたがもし、何かのプロジェクトのリーダーをやっていたり、組織を率いる管理職なのであれば、この本は絶対に読んでおいて欲しい本です。私は、この本の目次をマインドマップに書き出して、時々見返しています。管理職やリーダーに要求されることは、すごく簡単に言ってしまえば、組織力を使って会社に直接貢献できる成果を出すことです。そして、組織を改革して、常に効率を改善し続けることです。本書は、社内の結構大きな業務改革をするときに、必要なこと..

業務改革の教科書2

あなたがもし、何かのプロジェクトのリーダーをやっていたり、組織を率いる管理職なのであれば、この本は絶対に読んでおいて欲しい本です。私は、この本の目次をマインドマップに書き出して、時々見返しています。管理職やリーダーに要求されることは、すごく簡単に言ってしまえば、組織力を使って会社に直接貢献できる成果を出すことです。そして、組織を改革して、常に効率を改善し続けることです。本書は、社内の結構大きな業務改革をするときに、必要なことが過不足なくリストアップされていますので..

業務改革の教科書1

あなたがもし、何かのプロジェクトのリーダーをやっていたり、組織を率いる管理職なのであれば、この本は絶対に読んでおいて欲しい本です。私は、この本の目次をマインドマップに書き出して、時々見返しています。管理職やリーダーに要求されることは、すごく簡単に言ってしまえば、組織力を使って会社に直接貢献できる成果を出すことです。そして、組織を改革して、常に効率を改善し続けることです。本書は、社内の結構大きな業務改革をするときに、必要なことが過不足なくリストアップされていますので..

トップダウンアプローチ

「物は言いよう」とはよく言ったもので、あるひとつの事象から、別の結論を引き出すことはそれほど難しいことはありません。政治家や思想家がよくやってますので、例はそれこそ枚挙にいとまがない状態ですね。何か話をしようとしたり、メールなど書き物をしようとしたりするときも、「物は言いよう」でどのような結論にももっていけます。ところが時々、話し始めてから結論を考える事があるようで、そうすると話しているうちに「あれ、自分は結局何がいいたんだっけ?」というのがわからなくなってしまうこと..

名言コレクション

「今日は、なんか気が乗らないな〜」なんて日はどうしてもありますよね。朝、家族と喧嘩をしてしまったとか、通勤電車で鬱陶しいヤツがいたとか、特に理由はなくても気合が乗らない日というのは勤めていれば、そこそこあります。そんな時の管理人の回復法をちょっと紹介。名言集私は、中国の過去の名言が好きで、結構収集してます。メールのフッタに月替りで名言を入れてるくらい。※余談ですが、これ中国の人にメールを出すときに、案外受けるんですよ。中国人も..

パラダイムを知る

考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見..

あなたの特技は何ですか?

考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見なおしてください。Practice M..

知識と経験のバランスでスキルが決まっている

仕事をする能力にはいろいろなものがあります。これを修得するために、セミナー通いをする人もいるでしょうし、現場で身につけていく人もいると思いますが、能力を一番伸ばすことができるのは、その両方をやる人です。何のセミナーだったか忘れてしまいましたが、こんな公式を教えてもらいまして、非常に印象に残っています能力=知識×経験単純極まりないですが、経験的にも理屈で考えても、かなり的を得ているのではないでしょうか。つまり、どんなに知識があっても、その人が仕事で成果を発揮で..

どうして問題を抱え込むのか

上司の悩みのひとつとして、問題点が爆発(寸前)するまで報告がないというものがあります。どうしてこんなことになるんでしょうか?問題を抱え込む端的に言ってしまえば、部下は問題を報告しないからなんですが、この理由が『プロジェクトを変える12の知恵』に分析してありました。問題を抱え込むのは、「それが自然な心の動きだからだ」と前段で述べました。でもそれでは、どのように解決..