読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

入社5年目以降に覚えるべき5つスキル:明確な指示

 


会社に入って5年くらいになると後輩が増えてきます。

仕事も自分の仕事をしていればいいだけではなく、部下や後輩の面倒を見ながら、彼らが結果を出すのを手伝わないといけなくなります。

■5年目以降に覚えるべき5つのこと


サラリーマンのキャリアは、ひとつはその部署において、専門的な能力を身につけて、仕事の成果として発揮することですが、5年目以降になると徐々にもう一つのスキル

 部下(後輩)指導力

が問われるようになります。

この指導力が、やがてリーダーシップにつながっていき、さらにマネージメントになって管理職へのステップになります。
5年目以降、こうした仕事をする能力ではなく、他人を指導する能力が必要になるわけです。

単に指導力と言っても抽象的なので、部下には「5つの行動規範を示せ」と言ってます。

その5つとは

 ・明確な説明を提示できること
 ・実際にそれをやって見せられること
 ・「正しい行い」は何時でも誰に対しても同じことを言うこと
 ・危機感と向上心を持たせること
 ・繰り返し、継続できること

です。

今週はこの5つのスキルについて考えてみたいと思います。

■明確な説明を提示できること


人を指導する上でどうしても必要なのが、「なぜ、これをやることが必要なのか」を相手にわかるように説明することです。

人は自分が納得出来ない限り、自らの意思で動くようにはなりません。
もちろん、「とにかく、オレの言ったことをやれ」でも「給料が貰えるから、黙っていうことを聞け」でもやることはやりますが、それでは機械のように言われたことを何の工夫もなく単純にやるだけになってしまいます。

その指導を受ける人を成長させたいと思うなら、「なぜ」をきちんと説明する必要があります。
当然、「会社の利益になる」ことが重要ですが、新人レベルでは専門知識や視野が狭いので、その知識レベルと視野に合わせた説明の仕方が必要です。

これができないと、永遠にその指導する人が、「それ、いまだ! さあやれ」と言わない限り新人はやってくれませんし、やった結果は単なる過去のコピペです。パソコンで自動計算させたほうがよっぽど楽になります。人を育てるためには、その人が自分の判断で、自分の能力を使って行動できるようにしないといけない、ということです。

説明には以下の方法があります。

 ・それをする理論的裏付け
 ・それをする背景と目的
 ・それをすることによって得られる効果
 ・一般論におけるその意義
 ・指導を受ける人の成長の要素
 ・仕事に対する考え方のヒント

これらを多面的に説明することが重要です。

ある程度の年になればわかりますが、物事はある一面だけを捉えて、その発生原因や効果を説明することはできません。

そういった立体的・多面的な知識を実践の中で植え付けるために、説明をするということです。

 

 

 

■関連する記事

人を動かす:笑顔で電話しなさい

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:デール・カーネギー本日のお言葉:笑顔で電話しなさいお言葉の出典:『人を動かす』笑顔で人に接する人とそうでない人の効果の違いは、説明するまでもありません。デール・カーネギーは、顔が見えない電話でも「笑顔で電話しなさい」と述べています。笑顔の効果は強力である。たとえその笑顔が目に見えなくても、効果にかわりがない。アメリカ中の電..

人望が集まる人の考え方:相手に注意を与えて成果を上げるための7つのルール

相手が誰であれ、注意をするというのは気が重いものです。これを言って、「相手が感情的になったりしないだろうか」とか「関係にヒビが入ったりしないだろうか」という心配があります。だからこそ、いろんなビジネス書で、「注意をする」「意見をする」ということについて、いろんな処方箋が書かれています。本日は、対人関係について書かれた本『人望が集まる人の考え方』の一部をご紹介。これは、ある人から原書を紹介されて、お気に入りになってた本の一冊なので..

人を動かす:相手が優位であることを探す

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ディール・カーネギー本日のお言葉:心からの関心を示せば、協力をしてもらえるお言葉の出典:人を動かす人からなかなか協力をしてもらえない場合や、提案を受け入れてもらえない場合があります(少なくありません)。もちろん、そのお願いや提案が間違っている場合も結構ありますが、もうひとつの理由は、あなたがその提案にしか関心がないからかも知れません。..

人を動かす:相手の立場から物事を見る

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ヘンリー・フォード本日のお言葉:自分の立場と同時に、相手の立場からも物事を見るお言葉の出典:人を動かす自動車王へンリー・フォードが人間関係の機微にふれた至言を吐いている成功に秘訣というものがあるとすれば、それは、他人の立場を理解し、自分の立場と同時に、他人の立場からも物事を見ることのできる能カである実に味わうべきことばで..

人を動かす:他人の長所を探しなさい2

前回、「お世辞」のカーネギーの定義についてご紹介しました。要点は「相手の自己評価にぴったりな言葉を言ってあげること」です。ちょっとだけ、お世辞についてのイメージが変わったのではないでしょうか。本日は、『人を動かす』の第2章の最後の部分をご紹介します。人間は、何か問題があってそれに心を奪われているとき以外は、たいてい、自分のことばかり考えて暮らしている。そこで、しばらく自..

反論させない技術

部下から「どうしてそんなことをやらなくちゃいけないんですか?」「おかしいでしょう!?」とか詰め寄られることがあります。たとえば、昨今の効率化で、「残業は減らしなさい」というのですが、「仕事は減らしません」というやつ。私も含めて(私はもう残業代はもらえなくなってしまいましたが)、多くのサラリーマンが納得してないのではないでしょうか。でも管理職になれば、それはそれで会社方針として出てくるのでやらないといけない。そんな時に一番困るのが..

長所を挙げてもらうと勝手に説得されてくれる

過去のサラヒン記事で他人に軽く扱われない技法「なぜなら」を口癖にするで書いたように、とにかく「なぜなら」という言葉を使うと、相手が説得されやすいということを書きました。この他に、結構インパクトのある説得力のある方法が相手に長所を上げてもらう相手にその提案の採用すべき理由を教えてもらうという提案方法をご紹介します。課題を教えて下さい私の部門は、社内で使われるシステムの開発をしています。ですので、ユーザの意見は大切なモノで..

入社5年目以降に覚えるべき5つスキル:裏表がない

会社に入って5年くらいになると後輩が増えてきます。仕事も自分の仕事をしていればいいだけではなく、部下や後輩の面倒を見ながら、彼らが結果を出すのを手伝わないといけなくなります。5年目以降に覚えるべき5つのことサラリーマンのキャリアは、ひとつはその部署において、専門的な能力を身につけて、仕事の成果として発揮することですが、5年目以降になると徐々にもう一つのスキル部下(後輩)指導力が問われるようになります。この指導力が、やがてリーダーシップにつながっていき、さらにマネー..

入社5年目以降に覚えるべき5つスキル:明確な指示

会社に入って5年くらいになると後輩が増えてきます。仕事も自分の仕事をしていればいいだけではなく、部下や後輩の面倒を見ながら、彼らが結果を出すのを手伝わないといけなくなります。5年目以降に覚えるべき5つのことサラリーマンのキャリアは、ひとつはその部署において、専門的な能力を身につけて、仕事の成果として発揮することですが、5年目以降になると徐々にもう一つのスキル部下(後輩)指導力が問われるようになります。この指導力が、やがてリーダーシップにつながっていき、さらにマネー..

入社5年目以降に覚えるべき5つスキル:危機感と向上心

会社に入って5年くらいになると後輩が増えてきます。仕事も自分の仕事をしていればいいだけではなく、部下や後輩の面倒を見ながら、彼らが結果を出すのを手伝わないといけなくなります。5年目以降に覚えるべき5つのことサラリーマンのキャリアは、ひとつはその部署において、専門的な能力を身につけて、仕事の成果として発揮することですが、5年目以降になると徐々にもう一つのスキル部下(後輩)指導力が問われるようになります。この指導力が、やがてリーダーシッ..

 

 

■同じテーマの記事

相手の実力を見てモノを言う

コーチング講座で習ったことを自分の部下に適用してはいけない「きみならどうしたらいいと思う?」「きみは、次にどうする?」最近良く聞くようになったセリフですね。管理職になったり、管理職直前の人に対して、人事教育の一環としてコーチング研修をする会社が増えましたし、ビジネス書などにもよく出てきますので、極力使うことにしている人がいるみたいですね。そんなことやれるわけがありません。実は10年近く前の事になりますが、「コーチング研修」で講..