読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

面接は最初の1分で決める

 


私の会社のことしかわかりませんが、私の知っている範囲では新規採用、中途採用、昇進昇格などの面接に望む面接官で、事前準備をしてくる人は殆どいません。

面接室に5〜10分前に入って、そこから面接者のプロフィールを読み始めます。

ここでやっと、自分がこれから面接する人がどんな人なのか、何歳で、どういった経験をしているのかを見ます。そこからすぐに人事担当者がやってきて、「じゃぁ、いいですかね?」で面接スタートです。


だから、自己推薦書に文字が多いと、(実は)ほとんど読んでません。

おそらく、面接を受ける人は、何日も、何週間もかかって一生懸命書いた自己推薦書なのでしょうが、残念ながらその程度の扱いです。

でも、面接した結果はちゃんと出ます。
それが面接官の仕事ですから。

■面接の合否


まず、面接について知っておきたいのは、ほとんどの面接官は、顔を見て、あいさつをし、一言二言しゃべった瞬聞に、第一印象を形成してしまうということ。

その第一印象は最後まで残り、面接の結果を左右します。

第一印象が悪いと、後でどんなにいいことを言っても

 「なんだ、そんなもんか。大したことないな」

と思われてしまいます。

こうした傾向はいいこととはいえませんね。

本来は、面接官はきちんと質問を準備して、それを一つひとつ聞いていって採点し、最後に集計して、候補者の評価を出すのがいいとは思います。

しかし、多くの会社では、そんなシステマチックな面接のやり方を面接官に教えていないそうです。少なくとも私の会社はそうです。面接官教育なんてやってもらったことがない。
上記のように面接官は、いきなり人事部から「この人を面接してください」と言われて、特に準備もなく面接をすることになります。

だから、面接の仕方はあたる人によって大きく違います。

難しいケース間題を出題して解決策を聞くような人もいれぼ、世問話のような話をずっと続けるだけで、どこで評価しているのかわからない面接をする人もいます。

要するに主観的、あるいは好き嫌いで点数をつける傾向が強い。

そのため、面接官が高い点をつけて人社したのに全然仕事ができなかったという例は、いくらでもあります。

 

 

■面接のポイント3つ


面接のポイントを絞っていくと、3つに集約されると思っています。

 1.はっきりと明瞭な挨拶ができるか(始まりと終わり)
 2.自分の経験やスキルを相手にわかるように説明できるか
 3.面接後の雑談で、地を見る

■1.挨拶ができる


だから、面接を受ける場合は、とにかく面接官に気に入られるように、パリッとした服装をして元気よくあいさつができること。
お世辞の一つも言えれば大したものですが、とにかく第一印象。

就職斡旋会社から教えられていると思うのですが、面接室の前に立ってから、面接室の扉を閉めるまで、絶対に姿勢を崩さず、笑顔を絶やさないこと。挨拶や言葉は語尾まではっきり言うこと

相手に好印象を与える笑顔の見せ方が旦那様はFBIという本に書いてありました。

 ・相手と最初に目があった瞬間(面接室に入り、姿勢を正した瞬間)に最大の笑顔を見せる
 ・相手が自己紹介をしたら軽く笑顔で目礼(または会釈)する

という2段階の笑顔の見せ方が効果的だそうです。

■2.自分の経験やスキルを相手にわかるように説明できるか


面接では、まず自己紹介から人ろから、履歴書に書かれたあなたの経歴をいかに生き生きと語れるか、おもしろそうに語れるかが第1の関門。
面接官はあなたが話す表情や身振りを見て、本当にあなたがいい経験をしてきたかどうかを判断しているんです。

なので、

 ・自分の経験を、どうやってお芝居にするか
 ・身振り手振りを生かして、リアリティのある伝え方をするか

がかなり大きなポイントになります。

あなたが一通り話し終えると、面接官から

 「その仕事で一番苦労したことは何か」
 「今やり直すならどこを変えるか」

とか、いかにも予想される質間が飛んできます。

こういう決まりきった質問をどう処理するかが、あなたの腕の見せどころですね。

この辺りは、いろいろな面接本がありますので、そちらを参考に、その仕事を進めていく上で番対応が難しかった点を指摘し、「そのとき知りえた情報で、べストの解決をしたつもりだったが、今になって振り返ればこういうやり方もあった」というように、自分のそのときの判断が正しかったことを強調しながら、反省すべき点もあったというように答えよう。くれぐれもネガティブに受け取られないように話すべきです。

ここで、悪い点がつくのは、過去を批判する人
「●●さんに○○をした方がいいと言われて、それに従ってやったら失敗した」というような責任回避型の言い訳があなたの評価を落とします。

ほとんど会社としては、評論家がほしいわけではなく、実践家が欲しいのですから。

■3.面接後の雑談で、地を見る


面接後、人事の担当者が入口(出口)まで送ってくれることがあるでしょう。
その時に、面接が終わって、ホッとしているとは思いますが、実はこれ、ウチの会社では評価してます。

あとで、「面接後こういう会話をした」という報告が回ってきます。

こういう所で、地を出すひとが多いんですね。

それで面接結果がひっくり返るということも少なくありません。

こういう時は、

 「御社の設計はどこのビルにあるのですか?」
 「通勤はどの駅を使われる方が多いですか?」

などあまり重くならないように、従業員としての活動の簡単な内容を聞くのがいいみたいです。
特に、「もし、自分がここの会社の従業員だったら」という前提で、「会社について興味がありますよ」ということをアピールするべきです。

それから、「どうもありがとうございました」をなるべくたくさん言うこと。
これは、大した会話ができなくても、印象が悪くはなりません。

逆に印象が悪くなった例をいくつか上げておきます。

 ・面接時とは打って変わって、何も言わない。礼も言わない。
  →人事担当者(相手が面接官でなくとも)と一緒にエレベータに乗ったら、「本日はお忙しいところ、どうもありがとうございました。大変お世話になりました」くらいは言いたいものです。
 ・会社から出るときに、一礼もせずにさっさと帰ってしまう
  →まず見送ってくれた人に礼を言うとともに、一旦その人の正面を向いて、しっかり頭を下げて最敬礼をします。その後、会社を出たら、もう一度、振り返り、姿勢を正して一礼してから帰ります。
 ・会社の受付嬢を無視する
  →受付嬢は、その会社に行った時に、名乗って受付をしてもらったはずです。
   その人の前を無視して通りすぎてはいけません。一旦立ち止まって、その人に笑顔で会釈、または、「ありがとうございました」と声をかけましょう。

まあ、面接で×になる人もいますが、案外余計なところも見ていますよ、という事を頭に入れておいた方がいいとは思います。

 

■関連する記事

面接官になりなさい

昇進・昇格面接にしろ、中途採用の面接にしろ、やってみるとすごく効果がある方法があります。いくつかな面接技術関連のビジネス書を読んでみました(それほど多くではありません)が、これが書いてあった本は、この本だけ。『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』面接官は面接のシロウト昇進昇格、中途採用の面接官は通常、人事部1人、業務部門2〜3人です。過去記事でも書いていますが、人事部は当然、応募者を見る目はプ..

 

 

■同じテーマの記事

部下からの不平不満は上司の勲章

『課長のルール』という書籍から。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId=0;rakuten_size="468x60";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";部下に嫌われることを恐れるな誰だって人から嫌われたくはありません。部下とも末長く仲良くやっていきたいものなのですが、最近の若い世代は少々事情が許さなくなってきているようです。::(中略):おそらく部下に気を遣って気が引ける場面も多いことでしよう。しかし、部下に遠慮するのは絶対に禁物です(変に高圧的になってもだめですが)。さらにちよ..

少しだけの成功を積み重ねる

野球でいえばサヨナラ満塁ホームランなんて打てたらかっこいいですよね。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId=0;rakuten_size="468x60";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";シングルヒットを打つ(期待に応える)すべてができるわけではないのだから、しようとしないこと。すべきことだけを、きちんとする。ホームランを狙って、十打席のうち九打席で三振に終わるより、コンスタントに一塁に出るほうがずっといい。私がマッキンゼーに入ってまもなく、ニューヨーク支社で州北部のリゾ..

相手の態度から本音を見抜く方法

相手の態度から「こんな風に考えてるかも…」「こんな人かも…」というのはなんとなくわかりますよね。おそらく子供の頃からの対人経験によって培われてきたものだとは思いますが、きちんと因果関係を説明はしにくいものです(あくまでも経験値なので)。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId=0;rakuten_size="468x60";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";どんな行為がどんな意味を持っているのかは、その場にいる人やその時の雰囲気によって変化するものではありますが、ある程度共通のパターンがあります。それを言葉にすると、もう少し明確にその人の..

社内研修の講師になる

別の記事でも書いてますが、人に教えるというのは最高の勉強方法です。ただし、隣の後輩に「あ〜君、ドラッカーのマネジメントについて教えてあげるよ」と言ったらなにが起きるか、まぁ想像がつきますよね。社内研修たぶん社内研修ってあるでしょう。社員だけを集めていろんなことを教える研修です。その講師は、内容によっては社外から招くこともあるとは思いますが、会社の実務に沿ってというとやっぱり社員を講師にするということも多いかと思います。その講師..

新人のOJTにはノートが効く

新人が配属されて、その教育係に指名されたときに、何をしようと思いますか?多分、会社によりいろいろでしょうけど、自分が一番気に入っているやり方は、ノートを書いてもらって、それをチェックするというやり方。業務指導にはフィードバックが必要通常、製造の仕事は、作業手順を決める人が手順書を作り、その手順書を見せながら、実際に作業者に作業をしてもらって、それをチェックするというやり方をします。つまり、作業方法を決める人が作業の詳細を書く..

年上の部下は信用しても信頼してはいけない?

過去記事でも、「年上の部下」「年下の上司」について色々書きましたが、ちょっとおもしろい考え方が『課長のルール』という本に書いてありましたので共有。できる上司は部下を信頼しない「年上の部下」というのは、上司本人から見ても扱いにくいものではあります。だからといって、それがマネジメントできなければ、上司としての評価が落ちてしまいますので、なんとかしないといけないです。とくに昔のように年功序列がはっきりしていれば、そういうシチュエーシ..

書類は立てて保管する

デジタル化が進んできて、「書類を見る」という行為も、PC で Word ファイルや PowerPoint ファイルを見ることみたいになりましたが、ウチの会社ではまだ多少は、紙の書類も現役です。たとえば、回覧資料、社会動静をまとめたスクラップブック、提案書(捺印の必要なもの)など。書類を書類棚から探す過去記事で何度か書いてますが、探すという行為は成果にはなんの影響もありません。探した結果だげが成果に結びつきます。したがって、探さ..

昇進面接:なぜ昇進が課長止まりなのか

毎年、社内の昇進昇格の面接官をやってます。課長止まり多くのサラリーマンは長年務めると、「長」のつく役職にあがるか、その直前くらいまでにはなります。ただ、そこから上に行くためには、かなり厳しい。いわゆる「ピーターの法則」ってやつですね。でも、それだけじゃないんですよ。いろいろな人の面接をしてきて、簡単に合格レベルだと判断できる人は実際ごくわずかで、結構みんな「ん〜。どうしよう」って悩みます。もちろん、ポストの数の問題というのもあります。課長以上のポストというのは簡単に..

プレゼンの発表資料は英語で原案を作る

プレゼンをするときに、同僚相手なら、わりと普段使っている言い回しで話が通じますが、社長に「いまの技術的課題を説明しろ」とか言われると困り果てます。その技術に詳しい人が社長ならいいですが、営業出身の社長に、ソフトの技術的課題を説明しても通じません。「オープンソースのソフトフレームワークである Hadoop について、同期ノードの……」って言っても、たぶん意味は通じないでしょう。どうしても自分でわかる言葉で説明したくなっちゃうので..