読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

問題を深堀りする

 

★――――――――――――――――――――――――――
ただし最大の危険は、問題を誤認することではなく、不十分なとらえ方しかしないことにある。

P.F.ドラッガー 「ドラッカー経営論」
――――――――――――――――――――――――――★



問題を発見したら、その問題の捉え方が十分であるかどうかをじっくり考えてみることです。

問題を表面的に考えれば考えるほど、解決策は容易になりますが、その問題を発生させている根本的な原因が解決されない限り、問題は別の姿をとって再浮上してくるだけです。

TOC思考プロセス」という手法があります。

これは複数の問題(TOC思考プロセスでは「好ましくない現象(UDE)」と呼びます)の論理的因果関係を探り、根本的な原因を発見して、そこに対策を打つための考え方のプロセスです。

一つの手法ですが、いろいろな場面で役に立ちます。

ここでの課題は、表層的な問題に振り回されず、問題を十分に確認すること。
それが問題の本質をちゃんと見極めているかどうかを自分にしっかり確認することです。

■複数の問題(UDE)はひとつの根本原因から派生している


おそらく、いろいろな問題解決に取り組んだことがある人なら、直感的に理解できていると思いますが、複数の問題(好ましくない現象 UDE)は、いくつかを分類したり分解したりするとひとつないしは非常に少数の問題から派生していることが少なくありません。

つまり、その根本原因を解消してしまえば、UDEそのものが発生しなくなります。
つまり、多くの問題が雲散霧消する事になります。

その感覚がわかるようになると、

 「どこの問題に注力すればいいか」
 「ある問題に注力するために、他の問題は放っておいても可」

という集中力が出るようになります。それによってより高い成果を出せるようになるわけです。

ただし、ドラッカーの言うとおり、その問題を十分な捉え方をしないとできません。十分に捉えないまま対応するので、問題そのものは対策出来たとしても(これも不十分なことが少なく無いですが)、別の形で再発します。

別記事

 問題解決の7ステップ1
 問題解決の7ステップ2
 問題解決の7ステップ3
 問題は外にある

で書いたように、問題はきちんとステップを踏まないと本当の解決に辿りつけない場合が多いです。
ただし、直感の優れている人は、こういうステップを踏まずに、真の問題点に辿りつける事があります。

ワンピースのアラバスタ編で、反乱を止めに行こうとするビビにルフィが

 「オレはクロコダイルをぶん殴りに行く!」

というシーンがありますよね。反乱は UDE で、クロコダイルが真因ですね。それを論理ではなく直感でできちゃう人がいるんですね(ルフィは架空の人物ですが)。
※またしても、ワンピース ネタですみません…

でも、凡人にはそんなことができると過信するのは失敗のもと。
凡人は、人が作ったテンプレートをうまく使うことで、天才とおなじ結果を時間をかけてやらないとできませんね。

 

 



■参考図書 『ドラッカー経営論

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

ドラッカー経営論
著者 :

ドラッカー経営論
検索 :
最安値検索

ドラッカー経営論
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 ドラッカー経営論
 問題を深堀りする

 

■同じテーマの記事

優先順位を正確に意識する

優先順位って簡単な言葉で説明できますか? 仕事をする上で、たったひとつのタスクしかない状態はありません。たいていは、アレもしなきゃ、これもしなきゃ、状態で、「から手を付けよう」と決めてかかりますよね。上司からも「を優先してやってくれ」と言われたことも多いと思いますが、本当に優先してますか?優先事項があるときは他の仕事をしてはいけない単純に言えば、優先順位をつけるというのは、その第1番目のことが終わらなければ、それ以下の..

昇進面接:なぜ昇進が課長止まりなのか

毎年、社内の昇進昇格の面接官をやってます。課長止まり多くのサラリーマンは長年務めると、「長」のつく役職にあがるか、その直前くらいまでにはなります。ただ、そこから上に行くためには、かなり厳しい。いわゆる「ピーターの法則」ってやつですね。でも、それだけじゃないんですよ。いろいろな人の面接をしてきて、簡単に合格レベルだと判断できる人は実際ごくわずかで、結構みんな「ん〜。どうしよう」って悩みます。もちろん、ポストの数の問題というのもあります。課長以上のポストというのは簡単に..

待ち時間で整理整頓清掃清潔

ちょっとしたスキマ時間に、すぐに始められて短時間で終わる作業を持っておくといい、とはよく言われます。じゃあ、「今から3分あります」と突然言われて、3分で終わることができる仕事ってどのくらいありますか?私はよくメール処理をするのですが、たまたま読んだメールが考えないといけないようなものだったりすると、3分が10分でも終わらないことがあります。3分と最初は思ったけど、実際に空き時間は2分になったり10分になったり変動するものです。そ..

SE-ScreenSaversデスクトップ時計のスクリーンセーバー

過去記事時計のスクリーンセーバで≪時計スクリーンセーバーhttp://homepage3.nifty.com/~phoenix/download/soft/ss_clock.htm≫をご紹介しましたが、どうも更新が止まっちゃっているみたいで、今年の分がありません。仕方がないので、新しい時計を表示できるスクリーンセーバーを探してみましたので、ちょっと共有。SE-ScreenSaversSaversとなっているように、単体のスクリーンセーバーではなく、いろんなスクリ..

ドラッカー:リーダーシップ力診断

本日は、『まんがと図解でわかるドラッカー リーダーシップ論』から、ドラッカー流リーダー力診断をご紹介します。以下のリストにある項目に、そう思うなら「はい」、そうでないと思うなら「いいえ」で答え、「はい」の数を数えてみてください。・リーダーは、自分の得意分野に優秀な人材を集めることで組織に「強み」を作るべきである・リーダーは意思決定を下したら、あとは全て現場に任せること。役割分担が大事..

分割報告法:報連相の頻度を上げる

仕事をしていて一番困るのが、その仕事の目標や方針の変更です。それが仕事の仕上げ段階になってやってくるともう目も当てられません。資料を窓から投げ捨てたくなりますね。これを避ける方法があります。急な方針変更を避ける方法経営上の問題や部門の方針、クライアントの意向などいろいろな理由で方針変更は発生します。方針変更自体を避ける方法はありません。しかし、急に変更になるのは避ける事ができます。抽象化した言い方をするとコミュニケーションを密にすることです。あたり前の結論ですね。で..

信頼方程式T=(E+R+I)/S

他人から信頼を得る方法について、非常に簡潔にまとまっているのでご紹介。信頼方程式 T=(E+R+I)/S信頼の方程式信頼を高めるのは、商売において最も大事なポイントです。どんな商売でも相手に信用してもらえない限り、何も買ってもらえません。つまり信頼関係がなければ、お金にならないのです。そこで、あるコンサルタントが書いた本(『The Trusted Advisor』 デビッド・マイスタ..

合意したけど賛成してない―結論は他人の物

いろんなルールを作るけど、ルールがルールとして守られるのは、たぶんほんの一部です。特にルールが賞罰に影響しないものだったり、イチゼロで判断できないようなものだったりすれば一層。とくに、「会議をして全員で決めたのに、結局何も変わらない」なんてのは組織で動いているとよくあることです。たとえば、「帰宅前に机の上を片付けて帰ろう」みたいなルールを決めたのに、1週間もすればもう元の木阿弥。まぁ人間なんてこんなもんなんですけどね。なぜ決..

リンクリストを活用する

私は「リスト」をいろいろ作ります。リストのいいところは、なんでもかんでも一覧で見えてしまうこと。たとえば、何か買い物に行くのであれば、メモ帳に「買うものリスト」を作ってますし、OneDriveには「ほしいものリスト」、Outlookには、「タスクリスト」や「ToDoリスト」「やらないことリスト」などなど。本日はこのリストの中でちょっと変わり種。リンクリストのご紹介リンクリストリンクリストは、単体でリストとして存在しているわけで..

会議が失敗する理由

会議の一つの形態である「ワークショップ」と言うものがあります。日本では「体験型講座」みたいに理解されてますが、本来はプロジェクトにおける関係者の合意とコミットメントのための仕組みです。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、ワークショップについて、「ワークショップが失敗する理由」が書かれてますが、ここで言う「ワークショップ」は後者の意味です。会議が失敗する理..