読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

バックアップ

ハック

 


  パソコンにコーヒをぶちまけてしまいました。
  で、電源をいれても立ち上がらない

…なんて、あまり想像したくないシチュエーションですね。

■緊急事態を想定する


ところが、往々にして

  天災は忘れた頃にやってくる

もので、普段からどのくらい備えをしていたかによって、実は上司からの評価がかなり変わってきます。

たとえば、PCが壊れて、
 再インストールをやっていたために、提出物が遅れた
 過去に作った資料がなくなってしまった
などというために、業務に支障が出た場合、同情はしてくれますが、助けてもらえるわけではありませんし、「業務が遅れた」という事実は、事実として評価されます。

そのうえ、自分にとっても

 ・再インストールというもともとやらなくて良い業務
 ・過去に作った資料を記憶を頼りにもう一度作る業務

などのムダなことをするはめになって、イライラすることこの上ありません。

■緊急事態に備える


いろんな緊急事態を想定しておくと、いざというときに慌てなくて済みます。
もちろん、同しようもない事態はあるものですが、「PCのHDDが吹っ飛んだ」程度のことは通常想定範囲にしておくべきでしょう。

それに何かの操作間違いで、削除しちゃったということも、(私がウツケなだけかもしれませんが)、数ヶ月に1度くらいはやります。

■バックアップ


このために、バックアップは常に2つのバックアップを持つようにしていますが、今のWindowsは、マイドキュメントの下に関連ドキュメントを、メールはメールソフトの下になどデータがバラバラに存在して、簡単にバックアップ出来ません。

ですので、PCをセットアップしたら、すべてのソフトのデータを1箇所に集めてしまいます。
私の場合

  c:\_USR

というフォルダを作って、この下にすべてのデータを書くようにしてます。
何もしないと、ファイルの保存をしようとするとマイドキュメントのフォルダが選択されてしまいますので、マイドキュメントフォルダには、このc:\_usrへのショートカットだけを置くようにしておくと、保存しようとした時に、すぐにC:\_usrフォルダに移動出来ます。

もちろん、標準の保存フォルダを変更することもできますが、いちいちやるのが面倒くさいので、マイドキュメント、マイピクチャーなどの標準フォルダの下には、すべて C:\_USR フォルダへのショートカットがおいてあります。

フォルダ名に"_"(アンダースコア)が付いているのは、これがあるとファイル名でソートした時に一番上に来るからです。
他にも
 フォルダ名を @ で始める
 フォルダ名を数字で始める
などのコツはありますが、私は入力しやすいので、"_"にしてます。

このフォルダにはお気に入りのツールも
  C:\_USR\Tools
というフォルダを切って、インストール(コピーしただけですが)してあります。
ただし、ツールでセットアップが必要な物は、
  C:\_USR\SETUP
というフォルダにおいてあります。

 

 

■最新ミラーフォルダ


で、ここには自分が作ったファイルや一旦共有フォルダからローカルに持ってきたファイルなどがあるので、業務に必要なすべてのファイルをここに集めておいて、1日に1回バックアップを取ります。

最近のPCにはまずSDカードリーダがついてますし、SDカードの容量も大きくなってきたので、SDカードを愛用してます。

PCをシャットダウンする時に、

 「スタート」→「シャットダウン」

とやらずに以下の様なバッチファイルへのショートカットデスクトップにおいておきます。

★―――――――――――――――――――――――――――
Robocopy /MIR c:\_usr q:\_usr
shutdown
――――――――――――――――――――――――――★


そうすると、Qドライブ(SDカードのドライブ名は固定しています)にC:\_USRフォルダのミラーが作られます。

これで、少なくともPCが死んでしまっても、SDカードには最悪前日の状態が保存されることになります。

お気に入りのツールも上記のように、このSDカードにバックアップされているので、他のPCを使うことになっても必要なツール類は揃っていることになります。
必要があれば、SETUPフォルダからセットアップしてしまいます。

どんなツールが必要だったを考えるまでもなく、このSETUPフォルダのインストーラを順番に起動していけば元の環境の出来上がりです。

現実は、このClosePC.batはもうちょっと複雑です。
私は自宅にPCが3台。会社で2台持っているので、シャットダウンのたびに今生きているPCを調べて、すべてのフォルダと同期を取ります。

生きているかどうかは

★―――――――――――――――――――――――――――
PING -n 1 (PC名)
IF errorlevel 1 GOTO XXXXX

Robocopy /MIR c:\_usr \\(PC名)\C$\_usr

:XXXX
――――――――――――――――――――――――――★



というのがたくさん書いてあるわけですが。
このコツは

 ping (PC名)

とやってやると、そのPCがネットワーク上に存在すれば、すぐ下の

 if erroeleve 1

というのが成立しなくなる(つまり次のコマンドを実行する)という点ですね。
もし、そのPCが存在しなければ、IF文が成立してラベルXXXXにジャンプします。

■過去ログフォルダ


さて問題は、過去に作った、あるいは参照したファイルが、この _usr フォルダにあるとファイル数がやたら多くなってしまって見通しが悪くなること。
それから、ときどき変更するファイルなどで、ファイル自体の編集履歴を残しておきたい場合があることです。

最近のMS-Officeなどは編集履歴まで記録出来ますが、これはオプションで毎回ファイルごとに設定しないといけません。
このためつい忘れてしまうので、ファイル自体の履歴をとるようにしてます。

これはWindowsの標準機能では実装できなかったので(プログラムを作れば出来ますが)、FFCというフリーのコピーツールを使ってます。

以下のバッチファイルが作ってあります。

★―SnapShots.bat―――――――――――――――――――――
ffc.exe /bg /md /sr /ys /ov:b4c0a2 c:\_usr /to c:\zBackup
――――――――――――――――――――――――――★



このバッチオプションの意味は、

 c:\_usr の下のすべてのファイルを C:\_zBackup フォルダにコピーする
 ただし、コピー先に同名で古いファイルがあれば古いファイルをリネームしておく

という機能です。

これで、過去に作ったファイルを編集すると、古いファイルはタイムスタンプでリネームされて、新しいファイルとともに zBackupというフォルダに残ります。

ちなみに、なんで "zBackup" かというと、ファイル名でソートした時に一番下に来るから。

■まとめのバッチファイル


ということで、シャットダウンの時に以下のバッチを実行することになります。

★―ClosePC.bat――――――――――――――――――――
ffc.bat /bg /md /sr /ys /ov:b4c0a2 c:\_usr /to c:\zBackup

PING -n 1 (PC名1)
IF errorlevel 1 GOTO XXXXX1

Robocopy /MIR c:\_usr \\(PC名1)\C$\_usr

:XXXX1

PING -n 1 (PC名2)
IF errorlevel 1 GOTO XXXXX2

Robocopy /MIR c:\_usr \\(PC名2)\C$\_usr

:XXXX2

Robocopy /MIR c:\_usr q:\_usr
shutdown

――――――――――――――――――――――――――★


※このバッチファイルは、(PC名)のところを正しいPC名にしないと動作しません。

■そこら中にバックアップ


何のかのと、こんなわけで、私の環境だと

 5台のPCに同じデータ
 2台のPCに過去に作ったすべてのファイル
 1枚のSDカードに最新のデータ

があることになります。

ちょっとやり過ぎですかね?

ただ、どのPCでも全く同じ環境でやれるようになっているというのは、ちょっとPCが使えない時でも、作業にししょうがないので、緊急事態以外でも意外と便利です。一度その環境に慣れてしまうと、もうやめられなくなります。

同期のためには何の作業もいりませんし。

 

■同じテーマの記事

電車に乗ったら奥に行く

電車に乗った時にどこに行きますか?私の感覚だと、出入り口で立ち止まる人が多いですね。電車は奥のほうが空いている逆に言うと、電車の奥のほうというのは、みんな行きたがらないんです。相対的には空いてます。通勤中に本を読んだり、何かしようと思うならぎゅうぎゅう詰めのところより、人と人の間が少しでも空いている方が楽です。当たり前ですが。おそらく多くの人は、電車が目的の駅に停まったらすぐ降りられるように出入り口に立ち止まるのでしょうけど、出入り口近くにいても、改札まで無人状態で..

forfilesの使い方

もう使わなくなったバックアップファイルは、削除しておくとハードディスクの容量にも、精神衛生にもちょっと良いかも。ただし、使う可能性のあるファイルを削除はしたくないので、一定期間以上編集しなかった、という条件で削除すると便利かと。これを実現するコマンドが forfiles。本日は、この forfiles の説明。パラメータ一覧FORFILES [/P パス名] [/M 検索マスク] [/S] [/C..

相手に聞く準備する合図を送る

話をしていて、どこまでが雑談でどこからが本題なのかわかりにくい人がいます。正直いってしまうと、私はこういう人が苦手です。どちらかと言えば、雑談しかしない人か、いきなり本題に入る人のほうが相手しやすい。雑談モードのときには、あまり相手の話を正確には聞いてません。単語単語のところどころを聞き取って、それに関連する話題を投げ返しているだけです。一方で本題モードのときには、相手の話を「てにおは」まで含めて正確に聞き取ろうとします。キーに..

forfilesで古いファイルを処理する

PC は使っていると、もう使わないようなファイルが溜まっていきます。フォルダの同期・バックアップ方法4:FireFileCopyを使って履歴バックアップするバックアップに書いたように、私は自分が編集したファイルは全てファイルを履歴付きで別フォルダにバックアップを取っています。過去10年近くに渡ってファイルが残っています。さらに、自分でツールを作るので、そのデバッグやバックトレーサビリティのために、それらのツールは、結構な量のログファイルを作ります。特に、自動的にバ..

マウスのホイール操作をマウスカーソルのあるウインドウに適用する

ブラウザーとメールを立ち上げておくなど複数のウインドウを表示して作業をしているときに、マウスのホイール操作をしたら、別のウインドウがスクロールして、イラッとしたことありません?Windows のアクティブウインドウって目立たないWindows って、いろいろな操作をするときに、その対象はアクティブになっているウインドウに対して行われます。当たり前ですが。ここで問題になるのはマウスカーソルはアクティブなウインドウの上にあるわけではないけど、マウスカーソルがあるとそれが..

15分散歩してから会社に行く

朝、出社するときにどのくらい歩きますか?私は会社の最寄り駅についたら、ちょっと大回りをして会社に行くようにしています。朝リズム運動をすると気分が乗る朝、会社に行くのに「だるいな〜」と思いながら、眠い目をこすりながら歩いて会社につくと、「さて、今日も頑張るぞ!」っていう気になりますかね?私にはちょっとムリ。過去記事でも何度も書いてますが、・朝は日の出とともに起きる・朝の出社時間競争をすると仕事の効率が良くなります。仕事のやり..

トラブルを上司に報告する前にするべきこと

よく、「問題が起きたらすぐに上司に報告しなさい」っていうビジネス書やネットの記事を信じて、速攻で報告に来る人がいたり、「自分でなんとかしよう」と頑張り続けている人がいたり、まあいろいろなのですが、どちらも上司からすると期待するものではありません。というか、「報告の仕方がなってない」っていらないところで減点をくらいます。上司の力を利用するトラブル解決の方法何か問題が起きたらとりあえず上司に報告するのがいいのですが、いきなり「トラ..

図やチャートをきれいに整列させなさい

仕事柄、パワーポイントやExcelなどでオートシェイプで書いた図やチャートを見る機会が多くあります。その際、結構気になるのが、オートシェイプやそれによって書かれた図、チャートの不揃いさ。・ホームベースのオートシェイプで流れを表すときに、オートシェイプの大きさがバラバラ・フローチャートで中心点があっていないため、接続している線が傾いている・スケジュールを書いた図が不均等に並んでるもちろん、これらは発表者(資料の作成者)の発表..

捨てるって気持ちいい

過去記事で、整理整頓については何度か書いていますし、仕事のポイントを書いた記事や書籍でも重要だと書かれています。本日ご紹介する『めんどくさがりでもうまくいく時間術』でも書かれていますが、すごくわかり易い文章だったのでちょっとご紹介。"めんどくさがり"と "整理できない" のシンクロ率はものすごい高さです。おおざっばで雑な人は、自分の部屋、会社のデスク、 PC のデスクトップもモノ..

ウインドウを閉じる操作を素早くする

Windows でウインドウを閉じるときに、右上の×ボタンを押して閉じてますか?まぁ、その直前にマウスを操作していたのであれば、ついでにマウスでこの×ボタンをクリック、というのも理にかなってますが、キーボード操作のほうが実は素早くできます。たぶん、多くの人がこのキーの存在は知っているでしょう。ALT+F4※ALT キーを押しながら W キーを押すこれを押すと現在アクティブなウインドウを閉じてくれます。もちろん、編集中のファイルはちゃんと保存してから。※過去にひとつ..