読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

2分間でやる

ハック:仕事術

 


恐らくGTDはご存じの方も多いと思います。あなたは実践してますでしょうか?
もしすべてを実践していないとしても、一つだけ絶対にやった方がいいポイントをご紹介しようと思います。

それは

  2分間ルール

(と私が勝手に命名しているだけですが)です。

■処理と実行


GTDでタスクの「処理」は、タスクを

 ・やるのかやらないのか
 ・やるとしたら誰が・いつやるのか

を振り分ける作業で、以下のようなフローに従って仕分けしていきます。

 http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/gtd/0003

ここで私が「これすごいな」と思ったのが、振り分け作業をすることだけに集中するのではなく、簡単に済む仕事ならすぐに済ませてしまうという部分。

リンク先を見ると

 ・すぐに(2分以内)にできますか?

という判断ボックスがありますよね。
これです。

このフローを見て、「あ、これだ!」と感じたので、私はGTDの信者になりました。

GTDでは御存知の通り、「処理」と「実行」は別のものとして扱っています。
しかしながら、簡単なタスクなら「やってしまったほうが早い」と単純に考えられること。

考えてみれば当たり前で、「ありがとう」って返信をするのに、いちいちパソコンを取り出して、タスクリストに登録して、しばらくしてから、たった一言「ありがとう」じゃムダですよね。

■タスクが発生した瞬間にやる


だったら、

 タスクリストを作ること自体が、ムダじゃん

と考えてしまうのが、効率改革委員会(?)の私。

そこでタスクは

 発生した瞬間にやる

ということを目標にしました。

とはいえ、10分も1時間もかかるタスクだと、その間にどんどん新しいタスクが入ってきます。
そうすると、割り込みであとから来たタスクをやり始めることになってしまい、最初に何をしていたのかわからなくなってしまいます。

そこでタスクをやるというのを3つに分けました。

 A. 人任せで結果は自分が関与しなくてもいいもの
 B. 5分以内に終わる
 C. それ以外

これをタスクの起票と呼ぶことにしました。

 

 

■人任せで結果は自分が関与しなくてもいいもの


部下や同僚あるいは上司などにお願いして、その結果を受けて自分に何かのタスクが発生しそうもないタスクは、これに分類します。

たとえば、部下に

 ・庶務に連絡して機能の勤怠の修正をしておいて
 ・××さんが話があると言っていたよ
 ・私のスケジュールにミーティングの時間を確保しておいて

のような連絡をする時。
単なる連絡とキャッチボールの要らない(あっても自動的に自分に帰ってくる)ようなものは、その場で電話して終わりにします。メモも書きません。

当然、
 ・××の資料作成を○○までにしておいて
みたいなものはフォローが必要ですので、ここには分類されません。

■5分以内に終わる


やっと今日の本題(いつものように長い前フリですみません)。

「今日のタイトルは『2分』と書いてあるのに、なんで?」と思われた方、素晴らしい!!

実は見積りは5分以内で実行が2分なんですよ。

じゃぁ、最初から「5分」と書けばいいのにとおもわれるでしょうが、これがまた次のネタになります。

つまり、「5分くらい掛かりそうな作業を2分で終わらせるには?」を瞬間的に考えます。
で実際にストップウォッチを使って2分でやってみる。
私のPCのデスクトップには、2分間タイマーがおいてあって、起動すると2分ごとにチャイムが流れます。

で、5分で追われると思った作業をどうやって1回のチャイムで終わらせられるか、力任せにやるという方法もあわせて、実際にやってみます。

とにかくすぐに取り掛かって、すぐに完了させてしまうこと。
それも超特急で。

その時の気付きをまたノートにメモしているので、こういったブログネタが毎日できちゃう。

たとえば、「××のファイルを開いて、進捗状況を記入しておく」というタスク。
これがネットワーク・サーバにあるときって、割合開くのに時間がかかります。多くの場合、プロジェクトや部門ごとに細かくサブフォルダが作られていて、これをたどっていくのにすごく時間がかかる。そうすると、

 よく使うファイルはデスクトップにショートカットを作っておけばいいじゃん

という改善につながりますし、そのショートカットも増えてきたら

 名前をちょっとタイプしただけでそのファイルにジャンプするツール

というアイディアが出てくるわけです。Windows7からはWindowsキーを押した時に、ファイル検索の入力ボックスができますね。あれを活用するわけです。


■それ以外


どうしても5分位植掛かりそうなタスクは、しかたがないので、アウトルックを呼び出して、新規タスクとして登録します。ただし、この時もGTDの処理に当たる部分はすぐにやってしまいます。

 ・分類(ネクストアクション、プロジェクト、資料…)を決める
 ・期限を決める

これがもし、プロジェクトに相当するものであれば、次にやらなければいけないのはアクションのリストを作ることなので、また処理の時間にアクションリストの抽出作業がタスクとして必要です。ですので、プロジェクトの分類は同時にネクストアクションにも分類しておきます。

■まとめ


これをやるようになってから、「処理」の時間が激減したのと、処理し忘れがなくなりました。
つまり、タスクが発生した瞬間に

 ・タスク自体を実行するか
 ・タスクを処理することを実行するか

を2分以内にやっつけてしまうことです。
そうすれば、「処理」の時間という負担は一気になくなります。

 

■同じテーマの記事

合意したけど賛成してない―結論は他人の物

いろんなルールを作るけど、ルールがルールとして守られるのは、たぶんほんの一部です。特にルールが賞罰に影響しないものだったり、イチゼロで判断できないようなものだったりすれば一層。とくに、「会議をして全員で決めたのに、結局何も変わらない」なんてのは組織で動いているとよくあることです。たとえば、「帰宅前に机の上を片付けて帰ろう」みたいなルールを決めたのに、1週間もすればもう元の木阿弥。まぁ人間なんてこんなもんなんですけどね。なぜ決..

CTRL+ALTキーを定義する

だいたい、仕事で使うアプリって決まってますよね。私の場合・Microsoft Excel, PowerPointマインドマップテキストエディタ・Webブラウザ(Internet ExplorerGoogle Chrome)さらに、これらで開くファイルも、よく使うものがあります。ワンタッチで開けるようにするWindows では、CTRL+ALT+どれかのキーWin+数字キーっていうのはユーザが定義できるように開放されてます。固定のものもありますが..

すぐに返信ボタンを押しなさい

別の記事でも書いてますが、私はタスクとしてメールを処理する:メールから必要なアクションや情報を取り出すと定義しています。つまり、メールを処理している時には、そのメールに返信することはありません。とにかく最後までメールをチェック(これを「処理」と読んでます)していくことを優先しています。これは、よくメールを処理しようとして、返信が必要なメールや何かの行動が必要なメールを見た時に、それをやり始めると、残ったメールの中により重要なメールがあるか..

簡単な仕事は今やりなさい

打ち合わせをしていて、「じゃあさん(あなた)、さんに××を確認しておいてください」とか決まったとします。あなたならどうしますか?2分間ルールGTDで「2分間ルール」と呼ばれるものがあります。それをする「2分間ルール」次の行動が2分以内でできるものなら、最初にその項目を取り上げたときにすること。そのメモを読むのに30秒..

議事録は清書してはいけない

仕事をしていて、会議をしたことがない人はいないでしょう。会議の中で議事録をとったことがない人もいないでしょう。仕事を効率的にするのに、この議事録にかける時間を少なくするというのは、製造系の直接業務(実際にものを作る仕事)でない限り、かなり効果のあることです。例えば先の会議で言えば、会議終了直後に「即製メモですがご確認ください」と議事録を送信してしまえば、かかる時間は数..

100%書いてはいけない

自分の話に人を引き込むコツのひとつに全部を言わないというものがあります。これは配布資料についても言えます。あとで読めばいいやよく、資料などで詳細な情報が書かれていて、概要を口頭で説明するようなプレゼンをすると、下ばかり向いて資料をペラペラめくっている人が出ます。言いたいことは全部書いてあるので、自分の知りたいところに集中してしまって、こちら(プレゼンター)の話に気が向かないという状況になります。自分の経験に置き換えても、全..

Winodwsショートカット

Winodwsのファイルへのショートカットのプロパティを開くと、「ショートカットキー」という項目があるのにお気づきのかたも多いと思います。これ、活用するとすごく便利なんですよ。よく使うファイルにはショートカットキーを割り当てるほぼ毎日開くファイルやフォルダってありますよね。私の場合はJOB.xlsに仕事関係の必要な情報を書き込んで、何かあるとこのファイルを更新します。たとえば、・××プロジェクトの議事録ファイルのありか・ちょっとやる気になる格言・自分のミッ..

メールをためないコツ

朝、メールソフトを立ち上げると受信箱に山のようなメール。「どれから読もうかな〜。なんか面倒くさいなぁ……」以前も今も1日に受信するメールの量はおおよそ1000〜1500件。この内自分が抱えているプロジェクトに関係するものが200〜500件。さすがにこれだけのメールが来ると、私宛のメールも見落としますよ…。で、どうしても必要なのがメールの振り分け機能ですが、振り分け機能が有効なのは、機械的に判断できる条件だけで、内容を読まないとわからないようなもの、どっちとも取れるような..

記号で会話

議事録を作ったり、日誌に誰かとの会話を記録するような場合、公式の議事録にはこんなふうに書かれます××さん:あれはこうで、これはあれという意味ですか?さん:いいえ、それはナニです。みたいに。誰かと話をして、それを記録するような場合も、これに倣ったほうが記録として誰の発言かわかりやすいです。ただ、いちいちこれを書いていると、時間がかかって、肝心の話を書き漏らしてしまいます。そこで、有効なのが、その人の記号を決めてしまうこと。テキストエディタで行頭文字を登録するW..

2分間でやる

恐らくGTDはご存じの方も多いと思います。あなたは実践してますでしょうか?もしすべてを実践していないとしても、一つだけ絶対にやった方がいいポイントをご紹介しようと思います。それは2分間ルール(と私が勝手に命名しているだけですが)です。処理と実行GTDでタスクの「処理」は、タスクを・やるのかやらないのか・やるとしたら誰が・いつやるのかを振り分ける作業で、以下のようなフローに従って仕分けしていきます。..