読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

50対95の法則

 

パレートの法則


本記事でも度々引用してますが、有名な

 パレートの法則-Wikipedia

を紹介した本、

 人生を変える80対20の法則

の中で、50対5の法則というものが紹介されてます。

これについては意外と書かれているものが少ないのですが、

★――――――――――――――――――――――――――

●50 対 5 の法則
コーニングの分析結果をみると、80 対 20 の法則のほかに、50 対 5 の法則があることがわかる。

顧客、製品、部品、仕人先の 50% は、売り上げと利益に占める比率が 5% 以下であることが多いという法則である。

この 50% の部分を取り除くことが、複雑さを減らすカギになる。

コーニングでは 50 対 5 の法則がはたらいていた。
グリーンビル工場では 450 種類の製品をつくっていたが、そのうち半分が売り上げの 96.3% を占め、残りの半分は売り上げのわずか 3.7% を占めるにすぎなかった。

同期間、ドイツの工場では、製品の 50% (生産量の少ない製品)が売り上げの 2 〜 5% にしか寄与していないことがわかった。どちらの工場でも、その 50% の製品は赤字になっていた。

リチャード・コッチ(著) 『人生を変える80対20の法則
――――――――――――――――――――――――――★



50対 5とは、やっている仕事の 50% は足しても 5%の成果にしかなっていないという、ひどい現実を指摘したものです。80対 20の法則の真逆に近い法則ですね。

たとえば、

 ・顧客の半分は売上の 5% を占めているに過ぎない
 ・製品や商品の半分は売上の 5% を占めているに過ぎない
 ・仕事の半分は望む成果の 5% を占めているに過ぎない
 ・部下の半分は望む成果の 5% を占めているに過ぎない

という事になります。

つまり、このパレートの法則と合わせて考えると、

 ・仕事の 20% が 80% の成果をあげている
 ・仕事の 50% が 95% の成果をあげている
 ・残った 50% は 5% の成果しかあげていない

ということです。

なので、仕事であれ事業であれ「量の拡大だけを追求していくと、どんどん地獄に突き進むことになる」というのが著者の結論になる。

なぜなら、付け足しのような仕事や製品が増えて、管理だけが複雑になっていくから。

仕事をたくさん持つことは成果を出すために必要なことですが、それがどのくらいの成果になるかを考えていくことが大事ですね。そう考えると、どこに力を入れるべきかがちょっと冷静に考えられるようになりそうじゃないですか?

あれも大事、これも大事、にならないように…。

 

 



■参考図書 『人生を変える80対20の法則

「ニパチの法則」または「パレートの法則」。だれでも聞いたことがあるはず。
「利益の80%は顧客の20%がもたらす」「仕事の成果の80%は費やした時間の20%から生まれる」
インプットとアウトプットの関係には必ず不均衡が伴うことを発見した「パレートの法則」をビジネスや人生に応用し、成功を導くための手引き。
著者のリチャード・コッチはボストン・コンサルティング出身の起業家、コンサルタント。世界24カ国で翻訳出版されたベストセラー。

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

人生を変える80対20の法則
著者 :リチャード・コッチ
楽天では見つかりませんでした
人生を変える80対20の法則
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 50対95の法則
 ビジネス書名著目録(必須図書)

●このテーマの関連図書


新装版楽して幸福を手に入れる80対20の法則生活実践編

並外れたマネジャーになる80対20の法則

まんがでわかる人生を変える80対20の法則

フォーカル・ポイント

レバレッジ・リーディング

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか(はじめて読むドラッカー(自己実現編))


 

■関連する記事

一番簡単にできる成果の増やしかた

年末になると、今年度の業務目標と現時点の実績との差が気になり始めます。たいていは、まだ未達状態(未完了)のものが多くて、「あと3ヶ月で年度始めに立てた目標が達成できるか?」と心配になるものがあります。一番簡単にできる成果を出す方法一般社員なら、年間の業務目標は4〜10個というところでしょうか。管理職なら、部下の業務目標数だけあるはずなのですが、ある程度集約もされるので、20個くらいというところでしょうか。私は第4クオーターになると、こうした個人的に持っている目標、管..

50対95の法則

パレートの法則本記事でも度々引用してますが、有名なパレートの法則-Wikipediaを紹介した本、人生を変える80対20の法則の中で、50対5の法則というものが紹介されてます。これについては意外と書かれているものが少ないのですが、50 対 5 の法則コーニングの分析結果をみると、80 対 20 の法則のほかに、5..

 

 

■同じテーマの記事

努力と成果は比例しない。その1

たとえば、昨日一番頑張ったことは何でしょうか?それに見合う結果が出ましたか?普通、サラリーマンをしていると、短期的に成果が出るものは多くありません。また、営業職でもない限り、具体的な成果として数値が上がるものでもありません。なので、時々話をしていて「あ、この人、成果について考えてないな」と感じる時があります。そういう人は多くの場合、「真面目ないい人」なんですよ。どういう時に気がつくかというと、「『なんでもすごく一生懸命』やる」という行動をしている場合です。すごく一生懸..

図解トレーニングで反射神経が鍛えられる

ちょっと想像してみてください。あなたの会社の社長が、今年度の経営計画について説明をしています。「社会環境が〜〜」「会社の業績が〜〜」「競合他社の動向が〜〜」::(中略):「だから、我々はをしなくてはいけないんだ!頑張ろう!」たぶん、毎年繰り返される光景ですよね。でも、たいてい覚えてません。唯一、覚えているのは、社長が「をするぞ!」と言ったという部分だけ。※下手をすると、そこす..

努力と成果は比例しない。その2

昨日は、パレートの法則というのをご紹介しました。一言でいえば成果の8割は、あなたの努力の2割から生み出されているというものでした。じゃぁ、今までの2割しか仕事をしなくていいかというと、そういう問題でもないのが難しいところ。今の成果は確かに、2割分の仕事の結果で生み出されているけど、将来の成果は残りの8割の中にあるかもしれない。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId=0;rakuten_size="468x60";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";だから、残り8割もやめるわけにも行かない。となってしまいます。成果に焦点を当てるただ、よくよく考えて見れば、大した成果もでそうもな..

努力と成果は比例しない。その1

たとえば、昨日一番頑張ったことは何でしょうか?それに見合う結果が出ましたか?普通、サラリーマンをしていると、短期的に成果が出るものは多くありません。また、営業職でもない限り、具体的な成果として数値が上がるものでもありません。なので、時々話をしていて「あ、この人、成果について考えてないな」と感じる時があります。そういう人は多くの場合、「真面目ないい人」なんですよ。どういう時に気がつくかというと、「『なんでもすごく一生懸命』やる」という行動をしている場合です。すごく一生懸..

生産性を高める

知識労働者の生産性の重要度については強調しすぎることがない。知識労働者の特性は、働き手が労働力ではなく資本だというところにある。資本の働きを決めるものは費用の多寡ではない。量でもない。P.F.ドラッカー(著) 『ネクスト・ソサエティ 歴史が見たことのない未来がはじまる』資本とは資本という意味を調べてみる..

ビジネス書名著目録(必須図書)

ビジネス書名著目録(必須図書)書名著者名ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのかエイドリアン・スライウオツキー多国籍企業の経営企画部門で働く若者スティーブが、「ビジネスで利益が生まれる仕組みを知りつくした男」デビッド・チャオという人物から23の利益モデルについて個人レッスンを受けるストーリー形式の経営理論書。著者エイドリアン・スライウオツキーはハーバード大学の口ースクールとビジネススクール修士号を取得。 1999 年には「インダストリアル・ウィーク」誌において..