読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

左手を使え

ハック

 


「いろいろやろうとしたけど、結局長続きしなくて…」

こんな経験ありますか?

もしあれば、そういった人にちょっとだけうまくいくかもしれない「意志の力」を強化するためのヒント。

■心理学テスト


ノースウェスタン大学の心理学者のチームが、 意志カトレーニングによって暴力や暴言を減らすことができるか、という実験を行なったそうです。

まず、 40 名の成人18歳から45歳までをてきとうに 3 つのグループに割り振りました。

 第 1 グループは利き手ではないほうの手を使って食事や歯磨きをしたり、ドアを開けたりするように指示を受けました。
 第 2 グループは汚い言葉を使うのを禁じられ、「うん」と言わずに「はい」と答元るよう指示を受けました。
 第 3 グループはとくに何も指示を受けませんでした。

さて、どうなったと思います?

第3のグループに対して、第1と第2のグループはカッとなって暴力や暴言を振るうことが減ったそうです。
つまり、「自制心」という意思を強化することができたというわけです。

通常「自分は意思が弱くて…」という時には、「どうしようもないんですけどね」という言い訳に使われます。それを言う本人には改善する気が全くないし、まったくできるとも思ってない。
生まれつき意思が弱い人」がいて、それはその人の変えようもない不変のものだと信じてしまっています。

まあ、そう信じる人は、勝手にそこに永久に立ち止まってくれていていいですけどね。

 

 

■意志の力は強化できる


この実験を知ってから、意図的に意志の力を意識するようになりました。

つまり、あることをやると決めたら徹底的にやる「意思を持つ」ためには、その意思を持続する意思】を持たないといけない。
なんか、禅問答観たいか…。

これを強化するためには、

 なんでもいいので、ある制約を決め、その制約を守る

ということを繰り返していれば、徐々にそれが自制心や意志力として、有効に機能するようになります。

■簡単なことを


ただし、難しいことをやろうとすると、また「継続する意志力が弱い」というもとの位置に戻っちゃうので、

 思い出した時だけ、意志力強化のためにそれをやる

ような簡単なものがいいです。

そこで、私は以下の様な制約を作ってます。

 ・ドアノブを開けるときには左手を使う(利き手は右手です)
 ・本を読む時には、支えにする手を時々交換する
 ・部下に対しても「おはよう」ではなく「おはようございます」と言う
 ・板書は片目で読み取る

いつも出来るわけではなく、本当に思い出した時だけですが。

この一番最初の「左手をなるべく使う」と言うのは、上記の心理学テストの第1グループそのままですが、最初のうちは意識しないとできません。特に、歯磨きなどちょっと複雑な動きをするものは、利き手でないとすごくやりにくいです。でもそれを一生懸命やっていると、自分が制約に対してちゃんとやっているという気がしてきます。
それに、左手なら右脳、右手なら左脳につながっているそうなので、(私の場合)は右脳も鍛えられるかもしれません(淡い期待)。

■利き手を使わない


ちょっとだけ、利き手を使わないというのを意識してみると、自分のやりたかったことを継続する意思がつくかもしれませんよ。
私は、これが有効に働いたのかどうかわかりませんが、若いころより継続力がついたような気がしています。

 

■同じテーマの記事

記憶術:同じような問題を繰り返し考える

囲碁や将棋は1局でだいたい 200 手を相互に打ちます。プロ棋士は、これをほぼ全部記憶しているそうです。ある局面を見せられると、その前後に打った手を再現することなど簡単なのだそうな。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId=0;rakuten_size="468x60";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";ところが、ど素人が打った棋譜は全く覚えられないらしいです。ここに記憶術のヒントがあります。パターンを見極めて覚える記憶術プロ棋士は、ある局面を見たときに、次にどのようなパターンが考えられるかを膨大に覚えています。そのパターンがわかっていれば..

記憶術:休み休み、繰り返し

どうも脳は繰り返し考えたことは記憶に残るようになっているそうです。出し入れすることで記憶力が強化される考えてみれば、会社に入るまでは、その業界のことなんてほとんど知りません。それなのに1年もすると、その業界でどんな会社があって、それぞれの特徴はどんなことなのかなんて、いちいち手帳を見たりしなくてもスラスラいえますよね。極端な話、あなたの上司の名前、別に考えるまでもでてきますよね。脳は繰り返し、出したり入れたりした情報をちゃんと..

記憶術:意味付けをする

私は学生時代、英単語を覚えるのが超苦手でした。とにかく日本語と英語の対を覚えようとして、lamentable:ラーメン食べる悲しい受験生determine:出たみんなで決定するこういうのを語呂合わせで一生懸命覚えるわけです。ところが、試験になると、その記憶が単発で覚えているので、「ラーメン」まででてくればまだ可能性はあったのですが、それすら出てこなくて、「ラメンタブル」「ラメンタブル」と繰り返し唱えても、結局意味不明のまま。..

記憶術:ガムを噛むと記憶力がよくなる

個人的な趣味ですが、けっこう歯ごたえのある食べ物が好きです。まぁ、だれかに言われたからそうしているわけではなくて、単に好きというだけですが、スルメやタコ、ジャーキー、かんぴょう、レンコン、餅といったもの。そのおかげでなのか知らないですが、過去歯医者にかかったのは中学生のときに一度あっただけで、それ以外はまったくなし。歯だけは健康優良児です。この「物をよく噛む」という習慣は、歯にいいだけではなく、記憶力にも影響しているというのが、..

記憶術:バロック音楽をBGMにする

わたしはクラッシックをよく聞きます。最近は、音楽を聞いている時間というと、8:2でクラッシックになっちゃいました。※その他の時間は、j-pops か 演歌。たま〜にロック。意図してそうなったわけではなく、自宅でパソコンをしているときや、何かの作業をしているときに、何か音がないと寂しいし、歌があるとそっちに意識が行ってしまって効率が悪いからなんですけど。実は、クラッシックを聞くことって、記憶力を高める効果もあるそうです。..

記憶術:ネットワークを作る

何かを記憶したいと思うと、ひとつよりも複数のほうが記憶に残りやすいという特性があるそうです。知識のネットワークを作るチャンク化を行なうというのは、頭の中でネットワークを作り上げるのと似ています。バラバラの情報を、クモの巣のように、お互いに結びつけていくのです。たとえば、「イチゴ、リンゴ、マンゴー」を覚えろと言われたら、"果物の名前" だなと関連づければ、すぐに覚えられます。「ニト..

記憶術:イメージ記憶法で絵にする

学生時代に、テストの直前に教科書の一部(公式や年号)を丸暗記して臨んだ記憶があります。まあ、結果は「やってもやらなくても」状態だったような気がしますが、まあそれでも必死に覚えようとしていたことだけは確か。テストの前だけですけど。カナダの心理学者アラン・パイボ博上と、ファイン・デスロッチャーズ博士は、大学生に、普通の丸暗記とイメージ暗記をやらせて、その効果を比較してみました。すると、..

記憶する技術:呼吸法を取り入れる

呼吸法と記憶力は直接結びつかなさそうな気がしますが、実は呼吸法で記憶力が変わるそうですリズミカルに呼吸すると記憶力が上がる呼吸訓練で、記憶力を高める私たちは、普段何気なく呼吸をしています。そして、自分がどのような呼吸をしているかは、あまり気にしていません。ヨガや瞑想に興味のある人でなければ、わざわざ呼吸法を学ぼうという人もいないと思います。しかし、きちんとした呼吸法を身につけ..

索引チェックリスト

なにか勉強していることはありますか?それはどのように行ってますか?私は勉強したいと思っていることに関することはほぼすべて、一旦ノートに書くようにしています。特に、それに関する書籍は、最低1度はノートにまとめを書き出します。ただ、書くのはすごく労力がいるため、書き終わると満足してしまいます。本当に自分の知識になったかどうかは二の次になっちゃう。その「流しただけ」を割けるために、必ずやるようにしていることのひとつが、この索引チェック..

記憶術:利き手を使わずに書く

記憶術のひとつに、書いて覚えるという方法があります。学生時代によくやったのではないでしょうか。書くなら、丁寧に・印象的にどうせ書くなら、書くことに一生懸命になる方法があります。わざと「左手」で書いてみて右脳を刺激する右利きの人の場合、左手で書くのは、なかなか難しいでしょう。しかし、だからこそ、わざと左手を使って書いてみるのも、頭を刺激しながら記憶するのにいい方法だといえます..