読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

エクスプローラーの並び順

 


Windowsをお使いの方ならエクスプローラーはよく使いますよね。

エクスプローラーを素早く起動するためのショートカットは

 Windows+E

これを覚えておくと、すごく便利です。

■ファイルを探す


何かのファイルを探そうとした時、

 エクスプローラーを立ち上げて、
 該当のフォルダへ移動して、
 上からファイルを順番にマウスでなぞりながら…

って探してません?

よくプレゼンをしている時に、「あのファイルちょっと開いて…」みたいな話になると、こうやってフォルダ内を探しまわった挙句、そのフォルダには見つからなくて、「あれ?、どこのフォルダだったけかかな…」とやっているのを時々見ます。
きっと一人で仕事をしている時もそうやっているんでしょうね…。

 時間の無駄です

こういうの見てると「イラッ」と来ます。

ファイルを探す方法は、極力簡単にしておくのがいいのですけど、工夫がないと無駄な時間を過ごすだけになってしまいます。

 

 

■日付でソートしておく


どうやって素早く目的のフォルダに行き着くかというと、以前の記事「スケジューラ日誌」に書いたように、記憶は日付がキーになってることが多いです。つまり、

 確かあのファイルは2週間前くらいに書いたよな〜
 一昨日編集したよな…

みたいに。

なので、ファイルも日付がキーになることが結構多いです。
それに、新しいファイルは使用頻度が高く、古いファイルほど使用頻度が低いという法則性(?)があります。

つまり、日付でソートをしておけば、相当な確率で必要なファイルが一番上にあってすぐに使えるということ。

エクスプローラーで編集時刻でソートしておくためには、一旦何かのフォルダを開いて、時刻順に並べ直して

 「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」→「フォルダに適用」

とやってやると、次から自動的に同じ表示順で表示されます。


■最近使った項目を利用する


直近開いたことがあれば、スタートメニューから「最近使った項目」からファイルがたどれます。
ただ、いちいち

 「スタートメニュー」→「最近使った項目」

とやるのではなく、エクスプローラーで直接開いちゃいましょう。

まず、スタートメニューを開、「最近使った項目」を右クリックすると「送る」という項目が出てきて、そこに「デスクトップ(ショートカットを作成)」という項目がありますので、これをクリックします。
そうするとデスクトップに「最近使った項目-ショートカット」が出来ますので、右クリックしてそのプロパティを開いて、「ショートカットキー」に「ALT+SHFT+E」とかを割り当ててしまいます(「ショートカットキー」のとなりのテキストボックスをクリックしておいて、ALT+SHIFT+Eを押す)。

これで次からは、いきなりALT+SHIFT+Eを押すと、「最近使った項目」が表示されるようになります。

同じように、「最近表示した場所」もショートカットキーを登録しておくと便利です。

以前「整理しないで検索する」で書いたように

  Windows+R
  Shell:Recent

と入力してもいいですけど、キーボードが苦手な人にはきつかったかも、ですね

■メールに添付する


これは、事前準備がいるので、ちょっと手間ですが…。
ちょっとなにか気になったファイルは、自分宛にメールに添付して送ってしまう、という方法。

最近のメールソフトは、検索も早く添付ファイルの中身まで探してくれるものが多いので、メールに添付した上で、とりあえず思いつきそうなキーワードをメール本文に書いて、自分宛に送っておけば、ファイルはなくなりません。メールの表題は面倒なので、ファイル名にしちゃいます。

これのメリットは、共有フォルダなどだと、何らかの拍子に削除されてしまったり、更新されたりするのですが、一旦自分にメールしてしまえば、永久にその時の状態が残ります。
逆に言うと、誰かが更新しても、その更新は反映されないところはメリットでも有り、デメリットでもあります。なので、メールに添付するときには、そのもとのフォルダへのパスも書いておくと最新の情報にもアクセスがしやすくなります。

逆にデメリットは、すぐにメールボックスがいっぱいになっちゃうことでしょうか。
私はアウトルックがアホなので(会社ご指定なのでしかたがないんです)、MailStoreという別ソフトでアウトルックのメールを検索させてます。5年分がたまってますが、遅くとも30秒〜1分くらいでは検索してくれます(時々、検索式が複雑すぎて検索できない、とわがままを言う時がありますが…)

メールに添付しない時でも、ショートカットを自分宛にメールしておく(ファイルへのパスを本文に書いて自分宛にメールする)と、自分の好きなキーワードで検索ができます。

■検索する


これも以前の記事「整理しないで検索する」で書いたように、自力で探そうと思うとある程度ファイル数を抑えたいために、フォルダを分けざるを得ません。フォルダを分けるから、探すのが大変になります。探すのは検索ソフトに最初から任せてしまうのが一番。

コンピュータだもの、ちょっとしたことなら人間より圧倒的に早いです。

いまだ、

  JGREPER
  Everything
  UltraSearch

のお世話になってます。

■ファイルを探すときの手順


ファイルを探すときには、上記のような順番で探すと早いです。
簡単にまとめると

 ・ここ1週間くらいで使ったファイルなら「最近使った項目で」
 ・あとで使いそうだと思ったら、ファイル自体かファイルへのショートカットを自分宛にメールして
 ・それでもダメなときは、広域検索ツールで

とどんどん切り替えていって使いましょう。
いつまでも、「見つからない……」と探しまわっていると、時間が無駄なので、ちょっとやってみてダメならどんどん次の手段に移るというのが精神的にもいいみたいです。

 

■同じテーマの記事

スマホで頑張って入力したら辞書に入れる

スマホの日本語入力は私はすごく遅いです。最大でも1分間に60文字くらい。まあ、これでも最初の頃と比べると早くなった方ですが、いくらやってもこれ以上は早くならないみたい。短縮入力ができるようにするスマホの日本語入力にかぎらず、Google日本語入力ATOK などもそうなのですが、過去に入力したことのある単語だと「予測候補」に表示してくれるようになります。これが入力速度をかなり改善してくれます。ところが、これは変換キーで区切ると、まとまりとしては認識されません。たと..

forfilesの使い方

もう使わなくなったバックアップファイルは、削除しておくとハードディスクの容量にも、精神衛生にもちょっと良いかも。ただし、使う可能性のあるファイルを削除はしたくないので、一定期間以上編集しなかった、という条件で削除すると便利かと。これを実現するコマンドが forfiles。本日は、この forfiles の説明。パラメータ一覧FORFILES [/P パス名] [/M 検索マスク] [/S] [/C..

パスの辞書登録

マイドキュメントの下に作ったフォルダにアクセスしたい時に、どうしてますか?Windowsだと、エクスプローラをたちあげて、「マイドキュメント」フォルダをクリックして、その下のXXXフォルダをクリックして……、とマウスで追いかけてますか?仕事でよく見かけるのは、デスクトップにフォルダのショートカットを作っている人。でも見るとデスクトップ一面にショートカットが並んでて、「え〜っと」と言いながらマウスが行ったり来たり。まったく、時間の無駄だなぁと思ってみているのは(言い..

Windows10に入れる定番アプリ1

仕事の効率向上に欠かせないのが、PC のアプリケーション。これが使いにくいものだったり、ちょっとした誤操作でとんでもないトラブルを出すようなアプリだったら、イライラしますし手戻りも大きいので、これはしっかり選びたいですね。ということで、過去にも紹介してますが、Windows10も普及したことですし、Windows10向け、ということで現在のアプリ環境を再掲します。全てフリーソフト、Windows10動作確認済み(私の環境)。本日は・常駐アプリ・ドライバ・ファイル..

GlaryUtilitiesのプライバシー設定

PCを使っているとだんだんゴミファイルがあちこちに溜まっていきます。それが PC のハードディスク容量や処理性能を圧迫していきます。私は先日紹介した Glary Utilities というソフトを使ってこれを削除するようにしています。GlaryUtilities別にこのソフトを使わなくても、ひとつづつ手でやれば可能ですけど、ファイルはあちこちに散らばっていたり、レジストリに書かれていたりするので、とっても手間です。Glary Utilities なら、履歴だけでなく..

PCのウインドウを素早く切り替える方法

作業するときに、複数のウインドウに切り替えるという作業が発生します。これが素早くできるようになると、作業効率が上がります。たとえばこの記事は、一応ネタ元のメモ帳(主にGoogle Keepか Microsoft OneNote)を見ながら書いてます。ネタ元のメモ帳には、テーマとそれに書くあらすじみたいなものが書いてありますので、これを参照しながら肉付けをしていって書いてます。すべてのウインドウが表示された状態にするもっとも単純な方法は、全部のウインドウが操作なしに見..

ファイラーを使う

Windowsでファイルを扱うときには、エクスプローラを使いますよね。でも、ファイラーと言われるソフトを使ったほうが圧倒的に効率的にファイルを扱えるようになります。エクスプローラの弱点Windows に標準でついてくるファイル管理ツールというえば、「エクスプローラ」ですね。インターネットを見る「インターネットエクスプローラ」ではなく、いわゆる「Windows Explorer」。でもこれ、使いにくいんですよ。私が最も気になる欠点は・キーボードだけで操作できない(無..

WIN+Rを多用する

Windowsを使っていると、マウスはどうしても必要。でも以前の記事で書いたように、キーボード主体で操作できるようになると、格段にPCの操作速度が上がります。ただし、自分の知っている人でも、多くの人がトライして挫折するのは、キーボード主体にした時に一時的に操作の速度が落ちて、イラッとすることです。ここで諦めてしまうと、操作速度は上がりません。それでも、我慢して使っていると、あるひ目にも留まらぬスピードで使えるようになっていて、同僚から「スムーズだね」とか「はやっ」って..

フォルダの同期・バックアップ方法5:バックアップを自動化すると気楽にファイルを操作できる

最近の Windows ではあまりなくなりましたが、以前の Windows では、突然ファイルが破損して、何日もかけて作ってきたファイルが一瞬にしてパア、なんてことがよくありました。また、Windows のせいだけではなく、誤操作や誤判断でファイルを消してしまう、なんてことも時々あります。人間だからミスはするさ…、フッ………などと言ってみても、内心は呆然。という時のために、バックアップを作るようにしてます。ただ、手動でバックアップをすると、手間でもあるし、つい忘れて..

フォルダの同期・バックアップ方法3:zcopyを使う

最近の Windows ではあまりなくなりましたが、以前の Windows では、突然ファイルが破損して、何日もかけて作ってきたファイルが一瞬にしてパア、なんてことがよくありました。また、Windows のせいだけではなく、誤操作や誤判断でファイルを消してしまう、なんてことも時々あります。人間だからミスはするさ…、フッ………などと言ってみても、内心は呆然。という時のために、バックアップを作るようにしてます。ただ、手動でバックアップをすると、手間でもあるし、つい忘れて..