読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

発想法:連想の4法則

 

グループで何かを発想するときの方法として、ブレインストーミングや TRIZ 法、ブレインライティングなどいろいろありますが、その基本は連想です。

本書『発想フレームワーク55』では、この連想には4つの法則があると書かれています。

 

★P204〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ブレインストーミングやブレインライティングでも他の人のアイディアを聞いて、別のアイディアを連想することがとても大切です。

古代ギリシャ人はひとつの思考を他の思考へ導く能力、「連想」を大変重視したといいます。プラトンも、アリストテレスも人間の心理学の根本原理だと強調しました。

そして、連想には、「接近」「類似」「対極」「因果」の四つの法則があると言われています。

●第1法則……近接
「接近」はもともと近くにいたものを連想するというものです。
婦人用のハイヒールを見れば、それを履いている女性を想像したり、「北海道」と言われれて転勤で札幌に移り住んだ旧友のことを思い出したりするような連想です。

「これは誰のものか」「これの近くに何があるか」という質問に応えるのが接近です。

●第2法則……類似
「類似」は似ているものを発想するというものです。
類似はアナロジーとも呼ばれ、発想のフレームワークを活用する上で大変重要な手法のひとつです。

るいじにもさまざまなものがあり、形が似ている、色が似ているような類似もあれば、美しい女性から「白百合のような女性」を連想する直喩、どっちつかずの攻防が繰り広げられている時に「シーソーゲームのようだ」と想起するような隠喩も類似の仲間です。

類似は視覚からだけではありません。「におい」「音」から別の記憶がひらめくことがあります。

類似から別の記憶を引き出したい時には「これは何に似ているか」「これはあれと共通のどのような性質を持つか」「構成部分についてはどうか」という質問を設定します。

●第3法則……対極
「対極」は、類似とは逆に、対立するもの、反対のものを思い浮かべる連想方法です。

「コレは何と異なるか」「相違点は何か」「対立するものは何か」「逆はどうなるか」という質問に応えるものです。

都会的な人を見て、否かの両親を思い出したり、杜を散策している時に、浜辺をイメージしたりするような連想です。

「対極」は、類似とは逆ですが、類似と同じくらいアイディア発想には有効です。なぜなら、多くのイノベーションのアイディアは「スタイリッシュだが実用的」「高機能だがロープライス」など、対立する要素を高い次元で解消するものが多いからです。

「逆転の発想」と呼ばれるように、反対から考えることで以外な解決方法が見つかったり、思わぬ新事実を発見したりすることが良くあります。

●第4法則……因果
「因果」は、原因と想定される結果から連想する方法です。

アレックス・オズボーンは

 「古代ギリシャ人が連想の3法則を作ってから、1900年間に加えられた法則はただ一つしかない。それがヒュームの原因・結果の法則だ」

と述べています。

ヒュームは、「人間本性論」を書いたスコットランドの科学者です。
ヒュームは、人間の知覚は「印象」と「観念」の2種類しかなく、観念向上が結びついて「知覚」になると考えていました。

そして、この観念が観念を呼ぶ、いわゆる「連想」には、「類似」「時空間的近接」に加えて「因果関係」があると言ったのです。

田豊志(著) 『発想フレームワーク55
―――――――――――――――――――――★



何かを発想するときに、手がかりもなく「う〜ん」と唸ってみてもいいアイディアなんて出てくるわけがありません。

こういう道具を使わないと手がかりも何もないところで、発想をしても時間のムダです。

連想は頭の柔らかい人ほど多く連想しやすいのですが、このような連想の法則を使うことで意図的に連想を活性化することができます。

いろいろな道具が開発されていますが、その基本として、この4法則はいつでも頭のなかから引き出せるようにしておきたいですね。

 

 



■参考図書 『発想フレームワーク55

本書は、ビジネスパーソンにとって、これからの時代のもっとも重要な知的ウェポンとなるクリエイティビティを磨くための発想力、アイデアを生み出すためのフレームークを提供するものである。
ロジカルシンキング地頭力はもちろん重要だ。しかしそうした「左脳型発想術」だけでは、改善はできても大きな成果は望めない。八方ふさがり状態であってもブレイクスルーを起こし、大成功を引き寄せるには、前例や従来の固定観念をくつがえす「右脳型発想術=第六感発想術」が必要だ。
従来のアイデア生成の本は広告関連など元々クリエイティブな仕事をしている人向けが多数だった。そのため、アイデアづくりが日常業務となる専門職以外の読者にとっては、もっと短時間で実務に使えるアイデア発想方法が切望されてきた。
本書は、一般のビジネスマンやOL、経営者や勉強に熱心な読者に対して、フレームワークを駆使した「短時間」で「最大の成果」を生むためのアイデア作成方法を解説する。

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

発想フレームワーク55
著者 :永田豊

発想フレームワーク55
検索 :最安値検索

発想フレームワーク55
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 図解トレーニングで反射神経が鍛えられる
 NM法を使う実例
 課題は5W2Hで分解する
 フェニックスチェックリスト:適切な質問は発想力を刺激する
 Googleで翻訳する
 目的の目的にアタックする
 ジョークのなかに本音がある
 発想法:連想の4法則
 ものごとは考える以上にシンプルだ、と考える
 発想法:マインドマップ発想法
 発想法:制約条件の理論
 発想法:ファンクショナル・アプローチ
 発想法:拡散・収束発想法
 発想法:ブレインストーミングの欠点列挙法と希望点列挙法
 発想法:シネクティクスとアナロジー発想法
 発想法:ブレインライティング
 発想法:ブレインストーミングの欠点列挙法と希望点列挙法
 発想法:フェニックスチェックリスト
 アナロジー発想法
 NM法を使う実例

 

■関連する記事

フェニックスチェックリスト:適切な質問は発想力を刺激する

質問というのは、課題を解決していくための重要な要素になります。「×××をしてはいけません」ではなく「どうしてそうしようと思ったのかな?」「どうして、そうする必要があると思いますか?」相手になにか考えさせ、そこから答えにたどり着いてもらおうと思うのであれば、どうしてもこういう「問いかけ」を多用することになります。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId=0;rakuten_size="468x60";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";質問されると、思考をその質問の方向に持っていかないと答えが出ません。「どうして」質問されれば、「なぜなら」..

Googleで翻訳する

最近、英語や中国語のメールを多数受けるようになりました。また、簡単な英語や中国語ならこちらから発信することも。機械翻訳も精度が上がってきて、ずいぶんまともな言語変換をしてくれるようになったのですが、やっぱり、???な時も多くて、結局色々悩んだりすることもしばしば。語学力ゼロで8ヶ国語翻訳できるナゾちょっと、タイトルに惹かれて読んだ本がこちら語学力ゼロで8ヶ国語翻訳できるナゾ結構、「なるほど」と納得して使わせて頂いてます。..

目的の目的にアタックする

たいていの活動には目的がありますよね。その目的を達成するために手段があります。では、目的は何によって定義されているでしょうか?目的の目的すごく抽象的な話で恐縮ですが、目的には目的があります。たとえば、何かを組み立てる時ネジを確実に締めるという目的があったとすると、それは手段として適正なトルクに設定されたトルクドライバーを使うという手段が出てきます。じゃあ、「適正なトルクに設定されたトルクドライバーを使う」には、「適正なトル..

発想法:連想の4法則

グループで何かを発想するときの方法として、ブレインストーミングや TRIZ 法、ブレインライティングなどいろいろありますが、その基本は連想です。本書『発想フレームワーク55』では、この連想には4つの法則があると書かれています。ブレインストーミングやブレインライティングでも他の人のアイディアを聞いて、別のアイディアを連想することがとても大切です。古代ギリシャ人はひとつの思考を他の思..

発想法:マインドマップ発想法

発想法のご紹介シリーズ。今回は「マインドマップ」です。これは発想のフレームワークというよりも、発想を助けてくれるツールになってしまっていますが、『発想フレームワーク55』に書いてあったので、この本に準拠して発想法の一部としてご紹介します。筆者も、本書のコンセプトや目次を作るまでの過程では、マインドマップを利用しています。マインドマップは、テーマとなるキーワードを全体図..

発想法:ファンクショナル・アプローチ

ファンクショナル・アプローチファンクショナル・アプ口ーチとは、間題の対象から一旦離れて、一度対象の持つフアンクション(機能、効用、意図、役割)に着目して問題解決しようとする、GE 社で開発された革新的な発想技術のことです。ファンクショナル・アプローチは、1947年に米国の GE 社で起こったアスべスト事件をきっかけに、ローレンス・D・マイルズ氏が開発した20 世紀の..

発想法:拡散・収束発想法

フレームワーク」とは、直接的に日本語にすると枠組みのことを言います。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId=0;rakuten_size="468x60";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";いろいろな考えを整理するために頻繁に使用される汎用的な機能・法則・思想などを一般的な構造にしてパターンを示したものです。よく言われる「マーケティングの4P」ですとか、戦略における「SWOT分析」などなどすごくたくさんあります。アイディア発想法にもたくさんのフレームワークがあります。有名なところではオズボーンのチェックリストとか。本日は発想法における拡散..

発想法:ブレインストーミングの欠点列挙法と希望点列挙法

プレイン・ストーミングの効果をさらに高め、実践的にするためGE(ゼネラル・エレクトリック)社の子会社が考案したものが、欠点列挙法と希望点列挙法です。どちらも、プレイン・ストーミングを2 回行います。欠点あるいは希望点だけをピックアップするブレイン・ストーミングとそれを解消・実現するブレイン・ストーミングです。欠点列挙法は、ブレイン・ストーミングを行う際に、テーマに沿っ..

発想法:ブレインライティング

今週は先週に引き続き、『発想フレームワーク55』から、私が好んで使う発想法をご紹介してます。アイディアを書き出すブレインライティングまた、ブレイン・ストーミングのライティング版とも言える「ブレインニフイティング法」というものもあります。ブレイン・ストーミングが、参加者の口頭によるアイデア発想方法で、会議は非常に活発な雰囲気であるのに対して、こちらは、別名「沈黙のブレ..

発想法:フェニックスチェックリスト

質問というのは、課題を解決していくための重要な要素になります。「×××をしてはいけません」ではなく「どうしてそうしようと思ったのかな?」「どうして、そうする必要があると思いますか?」相手になにか考えさせ、そこから答えにたどり着いてもらおうと思うのであれば、どうしてもこういう「問いかけ」を多用することになります。質問されると、思考をその質問の方向に持っていかないと答えが出ません。「どうして」質問されれば、「なぜなら」と、その..

 

 

■同じテーマの記事

アナロジー発想法

「アナロジー」とは「類推」とか「類比」という意味だそうです。よく、「自社の問題の解決のために、異なる業界の解決策からヒントを得る」みたいなことが事例として乗りますよね。あれがアナロジーです。このアナロジーの発想法には、4つの方法があるそうです。スクネティクスとアナロジー「異なる何か」とのコラボレーションで大切な考え方に「アナ口ジー」というものがあります。アナロジーと..