読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

なしでもできる

 


腕時計を使わなくなって久しいです。
かれこれ10年近くになるでしょうか。

以前は腕時計を30種類くらい持ってました。
普通のアナログ式、デジタル式、多機能ウォッチなどなどまったくよく集めたものだと思うくらい。

まぁ、あまり高級なものはなかったですが。高いものでも10万円くらい。
安ければ1万円しないヤツも。

ところがある日、本を読んだのですよ。

ちょっともうなんの本だったか、どんな内容だったかも忘れちゃいましたが、確か

 時間管理の上手い人は、1分2分を気にして仕事をしていない。

 「××が終わるまで」が時間の区切りであって、それが10:00きっかりに始まったり、終わったりしているのは、時間に振り回されているだけで、管理している事にはならない

みたいなことが書いてありました。

 おー。そうなのか

ということで、置き時計は別として、綺麗サッパリ捨ててしまいました。

最初は不便でしたね〜。
何が不便というと、

 ふと「いまなん時だろう」と思った瞬間に時間がわからない

こと。でも、よく考えてみると、それで何かするわけではないんですよね。
たとえば、会議の時間だったら、別に時計がなくても、PCのアラームがなりますので、別に時間を気にしなくても問題ないわけです。

慣れてくると、

 さっき××で3時のチャイムが聞こえたから、3時半くらいかな〜

で済んじゃうわけです。

交通機関を利用するときも、「6:32の××行き」にいつも乗るのですが、別に乗れなくても5分後には次の電車が来ます。
※実家にいる時はバスが1時間に1本しかないので、家を出る時間を調整するのには時計は必要ですが、今住んでいいるところは10分に1本はありますので、適当に家を出れば、10分以内には次のバスが来るし、電車も5〜10分おきにありますので、行った時に来た電車に乗ればOK。

ところが、駅のホームだと、チラチラ時計を見ている人や、電車の運行状況を知らせる掲示板を見上げて、スマホと見比べている人とか、結構居ます。
別に、時間を気にしたからといって、早く電車が来るわけでもないだろうし、そんなに時間ギリギリになりような行動をとっている事自体が「どうよ?」と思えてしまえるようになりました。

そういうことが理解できるようになると、海外出張もすごく身軽になります。
最初の頃は、「腹痛が起きたら困るから、××薬と××薬と…」「もしかして寒いかもしれないので、厚手の服を2〜3枚」「お金が足らなくなるといけないので、もうちょっと多めに」などとやって、大きなトランクにいっぱいにして出かけてました。ほとんど使わずに持って返って来てましたけど。

今では2〜3週間の海外出張でも、リュックサックひとつで出かけます。
入っているのはPCと電源、マウス。1日分の着替えと航空券。
あとは帰りに家族におみやげを入れるために空けてあります。

時間管理も同じ事で、

  「これはいつもやっているからやらないと」

というのが一杯に詰まって時間が足らなくなっているのかもしれませんね。

   開いてる時間がないと、何かを入れられない

ということです。

ということで、普段使っているものをちょっと思い切って捨ててみてください。
案外、何も問題が置きませんよ。

例えば携帯電話。
明日は1日家に置きっぱなしにして出かけてみてください。

別に何も困ったことは起きないと思いますよ。

普段、どうしても必要だと思っているものは本当にあなたが生きていく上で必要なのかを見なおす機会になるかもしれませんね。

 

 

■同じテーマの記事

電車が遅れたら駅から離れる

私の経験的には、1〜2ヶ月に1回くらいは、通勤電車でトラブルがあります。電車が止まる/遅れるんです。こんなとき、どう対処しますか?別の路線を選べる人なら、それはそれで便利だとは思いますが、田舎ではそうも行きません。それ以外に選択肢はない場合には、復旧するのを待つしかありません。このときに、駅でひたすら待つというのは、生産性はゼロですね。せっかくできた時間なので有効活用するようにしてます。交通機関が遅延したら待たない交通..

期限はローリングで解釈する

よく「今週中にやります」とか言ってません?私は過去にこれでよく失敗しました。今週中はあと何日?多分、今日が金曜日なら、きっと「今週中に…」とかは言わないでしょう。金曜日の午後5時は、今週中が終わるまでにあと1時間しかありませんから。ただ、水曜日や木曜日だと、意外と軽く「今週中…」と言っちゃうかもしれません。木曜日で「今週中」と言っちゃうと、「明日中に」と言っているのと同じなのですが、言い換えると結構「やばい…」と思..

通勤どこでも仕事術:平積みにしておくと読書モチベーションが復活する

ちょっとした読書量を増やすためのハックをご紹介します。読書通勤を習慣化する仕組みづくり毎日一冊は本を読んでいますが、実は通勤中に本を読むことをしなかった時期は、ほとんど本を読むこともありませんでした。月一冊も読めば良いほうだったと思います。そう考えると、ほとんどの本を通勤中に読んでいるわけです。私の読書の習慣が続いている秘訣をここでご紹介します。まず、複数の本を積ん読..

標準時間を持つ

いろんな仕事ををしている人でも、仕事を分割していくと、結構な量の定型業務に行き着きます。結局、仕事を速くするためには、パターンの決まった業務をいかに素早くやれるようになるかと、無駄な仕事をしないことです。本日は、仕事を早く終わらせるための基本的なアプローチ方法について。標準時間製造の作業は、標準作業と標準時間から出来上がっています。標準時間は、非常に単純な作業(たとえば、「電動ドライバを持つ」とか)の時間からできていて、複雑な..

つっこみを入れると論理強度がわかる

話をしていて「コイツ、論理破綻してるな〜」と感じることがよくあります。ところが、それがすぐにわからないものもあるし、それが見抜けていない人もいます。人それぞれ。こういうことに気がつけるようになるには、どうすればいいのでしょうか?洞察力を鍛えるとか、論理図解が出来るようになるとか、いろいろ方法はあるのですが(過去記事でも幾つか紹介してます)、テレビでもよく見かける方法があります。漫才です。ボケとツッコミ漫才は、片方が論理..

通勤どこでも仕事術:出張・旅行のホテルに会員登録する

海外でやったことはありませんが、国内の場合は、使用する交通機関やホテルに無料会員の制度があれば、ほぼかならず登録しています。無料会員のメリット会社によっていろいろですが、無料会員のメリットは・複数回使用することでポイントが貯まる・ちょっとだけ良いサービスが受けられる・予約時に優先予約ができるなどです。会社で会員登録しているような指定ホテルの場合はどうしようもありませんが、そうでなければ自分の名前で登録すると、あとあといろ..

メモ帳の消費量を測定する

1ヶ月にどのくらいメモ帳を消費してますか?私は最近はメモ帳ではなく付箋紙を使っていますが、よく百均で買うので、この半年で購入したメモ帳用付箋紙の数を数えてみました(お小遣い帳で…)。結果は、11冊。1冊200枚なので、1ヶ月平均で約360枚、1日平均で約12枚のメモを書いたことになります。実は昔はもっと多かったです。これは最近デジタルのメモ帳(Google Keepです)を使うようになったためでした。ヒラメキはとにかく書く私は大抵ポケットにメモとノートを入れてます。..

書類は立てて保管する

デジタル化が進んできて、「書類を見る」という行為も、PC で Word ファイルや PowerPoint ファイルを見ることみたいになりましたが、ウチの会社ではまだ多少は、紙の書類も現役です。たとえば、回覧資料、社会動静をまとめたスクラップブック、提案書(捺印の必要なもの)など。書類を書類棚から探す過去記事で何度か書いてますが、探すという行為は成果にはなんの影響もありません。探した結果だげが成果に結びつきます。したがって、探さ..

できるかどうか試してみる

このサラヒン〜サラリーマンの仕事のヒントを始めてから早いもので5年が経ちました。途中、若干の紆余曲折がありましたが、かれこれ1200超の記事を書きました。やってみれば大したことはない最初は、ブログにしてもメルマガにしても、「まあ1ヶ月も続かないだろ」と思ってました。それほど、仕事のコツなんてたくさん思いついたわけでもなかったですし。ところが書き始めてみると、仕事を早くするのコツみたいなものにいろいろ気が付きました。記事にするという目標もあって、かなりの本を読めました..

待ち時間で整理整頓清掃清潔

ちょっとしたスキマ時間に、すぐに始められて短時間で終わる作業を持っておくといい、とはよく言われます。じゃあ、「今から3分あります」と突然言われて、3分で終わることができる仕事ってどのくらいありますか?私はよくメール処理をするのですが、たまたま読んだメールが考えないといけないようなものだったりすると、3分が10分でも終わらないことがあります。3分と最初は思ったけど、実際に空き時間は2分になったり10分になったり変動するものです。そ..