読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

ToDoリストはデイトレード

ハック:仕事術

 


FXや株式売買のようなトレーディングで、その日のうちにポジションをニュートラルにする(決済する)トレード手法を、デイトレードというそうです。

私がToDoリストをつくるときに気をつけているのと同じ考え方なので、

 ToDoリストはデイトレード

を意識しながらToDoリストを作ってます。

要は、ToDoリストを書くときに気をつけるのは次の2点。

 ・1日完結
 ・客観評価

■1日完結


ToDoリストを翌日に持ち込むほどの粒の大きさにしてしまうと、つい細かくするのが面倒くさくなって、「顧客リストを作る」などという非常に大きなToDoを作ってしまいます。

大きなタスクというのは、具体的な行動が書かれていない場合が多いので、手をつけづらくなってしまいます。
その結果、着手延期というのが発生します。

これを避けるためには、粒を小さくして、着手したら長くともその日のうちに終われるくらいの大きさにしないといけないという事だと認識してます。

もし実際にやってみて、見積もりが間違っていて、当日終わらなかった時にでも、そのタスクは完了にします。
続きは新しいタスクを起こして翌日やるようにします。

 

 

■客観評価


タスクはどうなったら終わりかを明確にしないと、

 「やった」けど「終わった」かどうか??

みたいな状態になってしまいます。そうすると中途半端な状態で終わったかのように処理してしまって、その次のタスクをしようとした時に、「アレが足らない」「コレが足らない」という事が起きます。
だから、

  ゴールを明確に書く

これにつきます。

例えば

  新しい企画のアイディア検討

ではなく、

  新しい企画のアイディアを3つ以上出す

と書くわけです。

これを書かずに思っているだけだと、実際やり始めて2つしか出なかった時

 「まぁ、アイディアは考えたんだし…」

と判定基準がズルズル状況に合わせて甘くなります。

ですから、タスクを書きだすときには、

  ・数詞を入れる
  ・行動を伴う動詞を入れる

のが必須条件。

よく打ち合わせで、タスク出しをした結果、

 ・××の課題について検討する(○○さん)
 ・××の方法を見直しする(△△さん)

みたいなタスクを上げて、「じゃ、次回までにこれをよろしく」として打ち合わせを完了させようとしているの見かけた時には、私がほぼ100%ツッコミを入れます。

  「検討する」って「何をして、何がどうなること?」

と聞くと、返事が返ってこないことが多いですね。つまり、何もしなくても全然問題無いわけです。そんなのタスクじゃない

同じような動詞で

 ・考える
 ・調査する
 ・整理する
 ・見直す

みたいなのもありますね。

これらの単語は、行為を表さないし、ゴールに行き着いたかどうかも客観的に判断できないので、タスクとして書きだすときには絶対に避けないといけない単語です。

■同じテーマの記事

疲れてきたら「いつもの」にする

「ちょっとストレスが溜まってきているな〜」と思ったら、考えるのをやめてみると、ちょっと楽になります。ストレス反応と自動行動難しい仕事やボリューの多い仕事を振られて、まいにち一杯一杯の状況が続くと、疲れてきます。私の場合は、過去にそれで会社にいけなくなって、いわゆるウツ病というのでしばらくお休みをしました。そこから反省して、ストレスがたまりかけてきたら、ストレスを抜くということを積極的にやるようになりました。ポイントは我慢しない..

書類は立てて保管する

デジタル化が進んできて、「書類を見る」という行為も、PC で Word ファイルや PowerPoint ファイルを見ることみたいになりましたが、ウチの会社ではまだ多少は、紙の書類も現役です。たとえば、回覧資料、社会動静をまとめたスクラップブック、提案書(捺印の必要なもの)など。書類を書類棚から探す過去記事で何度か書いてますが、探すという行為は成果にはなんの影響もありません。探した結果だげが成果に結びつきます。したがって、探さ..

記憶術:意味付けをする

私は学生時代、英単語を覚えるのが超苦手でした。とにかく日本語と英語の対を覚えようとして、lamentable:ラーメン食べる悲しい受験生determine:出たみんなで決定するこういうのを語呂合わせで一生懸命覚えるわけです。ところが、試験になると、その記憶が単発で覚えているので、「ラーメン」まででてくればまだ可能性はあったのですが、それすら出てこなくて、「ラメンタブル」「ラメンタブル」と繰り返し唱えても、結局意味不明のまま。..

車のメンテナンスをするように自分もメンテナンスする

ちょっとした毎日・毎週程度のメンテナンスを怠ると、フィジカルにもメンタルにも問題を起こしかねません。「ちょっときつい」と思ったときが坂道の始まりです。前の項目で紹介した「心地よい状態のときの自分をイメージして、現在の自分と同一化する」というのも、状態を変える有効なアプローチです。本書の冒頭で「自分の体は一台の車のようなもの」と表現した通り、車の状態がよければ気持ちよくドライブできます。多..

一番簡単にできる成果の増やしかた

年末になると、今年度の業務目標と現時点の実績との差が気になり始めます。たいていは、まだ未達状態(未完了)のものが多くて、「あと3ヶ月で年度始めに立てた目標が達成できるか?」と心配になるものがあります。一番簡単にできる成果を出す方法一般社員なら、年間の業務目標は4〜10個というところでしょうか。管理職なら、部下の業務目標数だけあるはずなのですが、ある程度集約もされるので、20個くらいというところでしょうか。私は第4クオーターになると、こうした個人的に持っている目標、管..

ミスを連発してしまったときの対処方法

仕事をしていれば、何かしらのミスは起きます。一番落ち込むのは、同じようなミスを連発してしまったときですね。「あ〜、もう!オレのバカ!」ってがっくり来ます。たとえば、メールの宛先を「杉山さん」に送るつもりが、「杉本さん」に送ってしまった。「やばい!」と思って送り直したら、今度は「杉木さん」に送ってしまったとか。こういうのがあると、本当に「イラッ」とします。キーボードに八つ当たりしたくなる(実際、してたりしますが)。..

オフラインモードで内面刺激を受ける

スマホや携帯電話はとても便利なものです。それどころか仕事をする上でも、自己啓発などでもいまでは必須のツールになっています。一方で、よくよく振り返ってみると、外から入ってくる情報や指示に振り回されているような感覚もあります。オフラインモード私は月に1度はオフラインモードの日をもうけてます。この日は、朝からスマホやネットに繋いだ PC の電源は全部 OFF。といっても、終日ではありません。イスラム教で言う「ラマダン」みたいなもの。..

それでも紙のノートは手放せない―オススメのノート5選

いろいろデジタル化してきて、随分出番が減ってしまいましたが、それでもやっぱり紙のノートはなくなりません。あの使い心地やぱっと出して必要な事項を詰め込めるスピード感はまだまだ PC やスマホでは実現できません。私の普段使いノートは マイノートの作成 でご紹介した百均のキャンパスノートを加工したものですが、他の会社の人との打ち合わせなど公式の場に持っていくのは、モレスキンだったりします。ほかにかなりもいろいろ試しました。その中から、「最強のノート」だと思うノートをご紹介し..