読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

どうやったら簡単になる?

ヒント

 


どうもなにか新しいことをやろうとすると、

 それは難しい
 いままでやってないことはリスクがある
 やってもうまくいかない

と言って抵抗を受けます。

これは、組織としては「ある程度」健全なことです。
もしそういうのがなく、みんなが「イケイケどんどん」な会社だったら、きっとすぐに倒産してしまうでしょう。

しかし、何から何まで過去の事例にこだわっていたり、「チャレンジ」をしなくても、ジリ貧になるだけ。ここらはある程度バランスがあるので難しいのですが。

これは個人についても同じです。


何かの例えで、

 人生は下りエスカレーターに乗っているようなもの。歩き続けなければ下がっていくだけ

みたいな話があります。

こんな記事を読まれるような、あなたならきっとそれに気がついて、「何とかしたい」と思ってみえると思います。

■前向きになる質問


もし、

 それは難しい
 いままでやってないことがないのでリスクがある
 やってもうまくいかない

というセリフが出そうになったら意識して止めてください。
これは口が裂けても言ってはいけない言葉。

もし声に出したり思ったりすれば、無意識が

 そうだよな、オレにはムリだよな

と思ってしまいます。

だから別の言葉に言い換えます。

私が意識して言い換えているパターンをご紹介。

 

 

それは難しい


 → どうやったら簡単になる?
 → 簡単だったとしたらどうなる?

やったことがないのでリスクがある


 → どんなリスクがある?
 → どうやったら回避できる?

無理がある


 → 無理なくできるとしたら…
 → 簡単にするためには?

やっている時間がない


 → 今やっているものをやったら、これも同時に出来るようにならないか?
 → 時間を作るためには?
 → 細切れならできないか?

分からない


 → 何を調べたらわかる?
 → 1年勉強したとしたら…
 → もしそれがわかったとすれば、何が起きる?
 → だれかよく知っている人はいないか?

忙しい


 → 忙しくないとしたら?
 → 無駄なことをしていないか?
 → 面白いかも

やれない


 → それができるようになりたい?
 → なにが制約になっているか?

■脳はウルトラ・スーパーコンピュータ


やれる方策を考え始めた途端、脳はその答えを探し始めます。
それはすぐに答えられないかもしれないですけど、過去の何十年かの経験から、それを解決する方法を見つけてきます。もし見つけられなければ、道端の石ころの形から、その答えを連想することもします。

ウルトラ・スーパーコンピュータなんです(受け売りですが)。

前向きな質問をノートに書き、それこを四六時中考え続けましょう。そこで思いついた単語をノートに書き込みましょう。それを眺めていると、ある時突然、すべてのキーワードが結びつきます。

私が昔の私みたいに過労ウツになる人を減らしたいと考え続けたら、毎日ブログを更新することができるようになったのがいい経験になってます。これでも結構毎日残業続きの日もあるんですよ。でも、この記事だけは平日きっちりかけている。

理由は簡単。

  どうやったらできるか

を考え続けているから。

■同じテーマの記事

図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと

よく「図解」という言葉が使われますが、どうもこの意味を誤解していて、きれいなピクトグラムや挿絵を使って、ひと目で意図がわかるようなものを想像される方が多いようなのですが、こういう定義を「図解」に与えてしまうと、私のようなイメージ貧困なボンクラにはハードルが非常に高くなってしまいます。過去記事でも、「文字とマル、線と矢印だけで十分図解だ」などと書いてましたが、実際、絵を描くことと図解そのものには乖離があります。図..

電車が遅れたら駅から離れる

私の経験的には、1〜2ヶ月に1回くらいは、通勤電車でトラブルがあります。電車が止まる/遅れるんです。こんなとき、どう対処しますか?別の路線を選べる人なら、それはそれで便利だとは思いますが、田舎ではそうも行きません。それ以外に選択肢はない場合には、復旧するのを待つしかありません。このときに、駅でひたすら待つというのは、生産性はゼロですね。せっかくできた時間なので有効活用するようにしてます。交通機関が遅延したら待たない交通..

情報が聞きたければ話してはいけない

情報収集が上手い人がいます。私の場合は、つい話しすぎて、あとで「あちゃ〜」と思う場合がよくあるのですが、とくにコンサルタントを名乗るような人は大抵、核心部分の質問にうまく持ってかれます。ここには実はいろいろなテクニックがあるようです。コンサルタントの話題を引っ張る技術コンサルタントは、自分の仮説を証明する事実をラインスタッフから聞き出そうとします。ただ、大抵の場合、社外の人間に対しての発言は、結構気を使いますので、本音..

部下からの不平不満は上司の勲章

『課長のルール』という書籍から。部下に嫌われることを恐れるな誰だって人から嫌われたくはありません。部下とも末長く仲良くやっていきたいものなのですが、最近の若い世代は少々事情が許さなくなってきているようです。::(中略):おそらく部下に気を遣って気が引ける場面も多いことでしよう。しかし、部下に遠慮するのは絶対に禁物です(変に高圧的になってもだめですが)。さらにちよ..

相手の態度から本音を見抜く方法

相手の態度から「こんな風に考えてるかも…」「こんな人かも…」というのはなんとなくわかりますよね。おそらく子供の頃からの対人経験によって培われてきたものだとは思いますが、きちんと因果関係を説明はしにくいものです(あくまでも経験値なので)。どんな行為がどんな意味を持っているのかは、その場にいる人やその時の雰囲気によって変化するものではありますが、ある程度共通のパターンがあります。それを言葉にすると、もう少し明確にその人の..

期限はローリングで解釈する

よく「今週中にやります」とか言ってません?私は過去にこれでよく失敗しました。今週中はあと何日?多分、今日が金曜日なら、きっと「今週中に…」とかは言わないでしょう。金曜日の午後5時は、今週中が終わるまでにあと1時間しかありませんから。ただ、水曜日や木曜日だと、意外と軽く「今週中…」と言っちゃうかもしれません。木曜日で「今週中」と言っちゃうと、「明日中に」と言っているのと同じなのですが、言い換えると結構「やばい…」と思..

議事録は読み返すから意味がある

会社で会議をすると、会議ごとに議事録を作ってますよね。あれ活用されているのでしょうかね?エビデンスと周知のための議事録議事録には2つ目的があって、ひとつはエビデンス。つまり、だれが何を言ったのかの証拠です。あとで「言った、言わない」のトラブルになったり、決定事項の背景を会議に参加していない人にも通知する役目です。この目的であれば、会議に参加した人は議事録を見る必要はありません。その場にいたのでより詳しく知っているはずですから。逆に会議に参加していない人で何らかの影響..

社内研修の講師になる

別の記事でも書いてますが、人に教えるというのは最高の勉強方法です。ただし、隣の後輩に「あ〜君、ドラッカーのマネジメントについて教えてあげるよ」と言ったらなにが起きるか、まぁ想像がつきますよね。社内研修たぶん社内研修ってあるでしょう。社員だけを集めていろんなことを教える研修です。その講師は、内容によっては社外から招くこともあるとは思いますが、会社の実務に沿ってというとやっぱり社員を講師にするということも多いかと思います。その講師..

議事録は読み返すから意味がある

会社で会議をすると、会議ごとに議事録を作ってますよね。あれ活用されているのでしょうかね?エビデンスと周知のための議事録議事録には2つ目的があって、ひとつはエビデンス。つまり、だれが何を言ったのかの証拠です。あとで「言った、言わない」のトラブルになったり、決定事項の背景を会議に参加していない人にも通知する役目です。この目的であれば、会議に参加した人は議事録を見る必要はありません。その場にいたのでより詳しく知っているはずですから。逆に会議に参加していない人で何らかの影響..

年上の部下は信用しても信頼してはいけない?

過去記事でも、「年上の部下」「年下の上司」について色々書きましたが、ちょっとおもしろい考え方が『課長のルール』という本に書いてありましたので共有。できる上司は部下を信頼しない「年上の部下」というのは、上司本人から見ても扱いにくいものではあります。だからといって、それがマネジメントできなければ、上司としての評価が落ちてしまいますので、なんとかしないといけないです。とくに昔のように年功序列がはっきりしていれば、そういうシチ..