読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

見えているけど見えない反証をみなさい

 

想定外」と言う言葉、ちょっと前にはやりましたね。

私などは、毎週、何か「想定外の出来事」に見舞われて、ジタバタしてます。

何で、起きてしまえば当たり前のことが、事前には「想定外」になってしまうのでしょうか?

■仮説を検証することは毒になる


問題解決の方法として、

 仮説をたてる → 仮説を証明する

という方法が取られます。その時に、「想定外」の落とし穴にはまります。

★――――――――――――――――――――――――――

「確証のワナ」とは、新しい情報を、自分の意見や信念に無理やり合わせて解釈する傾向のことを言う。別の言い方をすれば、自分の考えと一致しない情報(以下「反対の証拠」と呼ぶ) を、フィルターにかけて見ないようにすることだ。

これはとても危険である。「目を背けても、真実はなくならない」とは、イギリスの作家、オルダス・ハクスリーの名言だ。それなのに、わたしたちはまさしく目を背け用途する。

では、どうしたらいいのだろうか?

「特殊なケース」という言葉が出てきたら、より注意深くなろう。背後には「反対の証拠」が隠れていることがよくあるからだ。


ある教授が「2 、4 、6 」と数字を書いた紙を学生の前へ置く。

被験者の学生たちは、それに続く数を予想することで、数がどのようなルールで並んでいるかを当てなければならない。

そのルールは紙の裏に書いてある。学生がルールに当てはまる数字を挙げた場合には、教授が

 「ルールと一致」

と答える。当てはまらない数字を挙げた場合には

 「ルールと不一致」

と答えることになっていた。

被験者は、好さなだけ数字を挙げることができる。ただし、どんなルールか当てるのは一度だけしか許されなかった。

ほとんどの学生は、続く数字を「8」と答え、教授1ば「ルールと一致」と返事をした。念のために、彼らはさらに「10」「12」「14」と数字を挙げていった。教投は、数字が挙げられるたびに「ルールと一致」と答えた。これに基づき、被験者のほとんどが単純な結論を引き出した。

 「ルールは、最後の数に2 を加えた数字です」。

ところが教投は首を横に振った。「紙の裏に書いてあるルールはそいうではありません」。

たった1 人、非常に知恵のある学生だけは違う方法で課題に取り組んでいた。彼はまず「4」で試してみた。すると教授は答えた。「ルールと不一致」。

 「それでは 7 は?」
 「ルールと一致」。

それからこの学生は、時間をかけてありとあらゆる数字を挙げていった。「マイナス24」「9」「マイナス43」。

彼は、ルールに当てはまらない数字をさんざん挙げた末に、ようやく答えを導き出した。「ルールは、次に来る数字は前の数字よりも大きくなければならない」。

教授が紙をひっくり返すと、そこに書いてあったルールは、まさしくその学生が答えた通りだった。

その学生とほかの学生たちの違いは、いったい何だったのだろう?

ほかの学生たちは「自分の推測の正しさを証明するもの」を見つけようとしていたのに対し、賢い学生は「自分の推測の誤りを証明するもの」を探していた点である。しかも、意識的に「反対の証拠」を探したのだ。

「確証のワナ」にかかると、無傷ではいられない。このワナがわたしたちの生活にどのような影響を与えているか、次の章でお伝えしよう。

ロルフ・ドベリ(著) 『なぜ間違えたのか
――――――――――――――――――――――――――★

 

 




引用が長くて恐縮ですが、ここは大事なところなので、じっくり考えたいところです。

私達は、あるパターンを見ると、直感的にそこにある法則性を判断します。

それ自体は悪いことではないのですが、その結果その法則に当てはまる事実だけを探すようになります。
その結果、「仮説と事実が一致した」と判断して、間違った判断を下します。

■仮説の検証は、反証を探す


もう、結論はお分かりですね。

 仮説の検証は、反証を探すこと

が絶対条件なんですよ。この「知恵のある学生」のように。


■反証は検証する


もう一つの落とし穴が、

 反証を見つけても無視する

というパターンです。「これは例外だから」「これは別の現象だから」と反証をイレギュラーなものとして、軽視してしまうんですね。

その反証を含んだ仮説の再構築が必要です。あるいは、反証がイレギュラーであるという仮説を証明することが出来るのなら、無視してもいいかもしれません。

よくやるミスは、「元の仮説からすると、反証はイレギュラーである」という判断を下すこと。
仮説が立証されていないのに、それを根拠に反証を否定しては何の意味もありません。

心理的に、ある仮説を立ててしまうと、その仮説を補強する事実しか見えなくなります。
そうすると、正しい答えは導き出せません。

その結果「視野狭窄」に陥るんですね。だから、見えていないものを見つける工夫をしないと正解にはたどりつけません。



■参考図書 『なぜ間違えたのか

わたしたちはよく、誤った判断を下してしまう――。
自分を過小評価するよりも、過大評価することのほうがはるかに多い。
何かを手に入れるときよりも、失う危険があるときのほうが、はるかに素早く反応する。
このような傾向を知っていると、自分の行動がどんな間違いにつながるかを予測できるようになる。
本書ではそんな、誰もが陥ってしまう「思考の落とし穴」を52項目、ユーモアあふれるイラストとともに、切れ味鋭く解説する。
世界各国で話題となっているドイツ発のベストセラー、待望の邦訳!

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

なぜ間違えたのか
著者 :ロルフ・ドベリ

なぜ間違えたのか
検索 :最安値検索

なぜ間違えたのか
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 確証のワナ
 自己管理能力を上げる方法
 成功者をマネても失敗する
 一枚岩チームに所属しない
 最初からうまかったからプロになる
 見えているけど見えない反証を見なさい
 サンクコストの誤判断を避ける方法
 なぜ、間違えたのか?

●このテーマの関連図書


HELP!―最強知的“お助け”本

畑村式「わかる」技術(講談社現代新書)

哲学で自分をつくる19人の哲学者の方法

戦略にこそ「戦略」が必要だ―正しいアプローチを選び、実行する

(文庫)本質を見抜く考え方(サンマーク文庫)

水平思考の世界


■同じテーマの記事

図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと

よく「図解」という言葉が使われますが、どうもこの意味を誤解していて、きれいなピクトグラムや挿絵を使って、ひと目で意図がわかるようなものを想像される方が多いようなのですが、こういう定義を「図解」に与えてしまうと、私のようなイメージ貧困なボンクラにはハードルが非常に高くなってしまいます。過去記事でも、「文字とマル、線と矢印だけで十分図解だ」などと書いてましたが、実際、絵を描くことと図解そのものには乖離があります。図..

情報が聞きたければ話してはいけない

情報収集が上手い人がいます。私の場合は、つい話しすぎて、あとで「あちゃ〜」と思う場合がよくあるのですが、とくにコンサルタントを名乗るような人は大抵、核心部分の質問にうまく持ってかれます。ここには実はいろいろなテクニックがあるようです。コンサルタントの話題を引っ張る技術コンサルタントは、自分の仮説を証明する事実をラインスタッフから聞き出そうとします。ただ、大抵の場合、社外の人間に対しての発言は、結構気を使いますので、本音..

少しだけの成功を積み重ねる

野球でいえばサヨナラ満塁ホームランなんて打てたらかっこいいですよね。シングルヒットを打つ(期待に応える)すべてができるわけではないのだから、しようとしないこと。すべきことだけを、きちんとする。ホームランを狙って、十打席のうち九打席で三振に終わるより、コンスタントに一塁に出るほうがずっといい。私がマッキンゼーに入ってまもなく、ニューヨーク支社で州北部のリゾ..

社内研修の講師になる

別の記事でも書いてますが、人に教えるというのは最高の勉強方法です。ただし、隣の後輩に「あ〜君、ドラッカーのマネジメントについて教えてあげるよ」と言ったらなにが起きるか、まぁ想像がつきますよね。社内研修たぶん社内研修ってあるでしょう。社員だけを集めていろんなことを教える研修です。その講師は、内容によっては社外から招くこともあるとは思いますが、会社の実務に沿ってというとやっぱり社員を講師にするということも多いかと思います。その講師..

知ってる?知らない?Excel+マウスの便利技

Excel上でマウスを使った簡単な便利ワザをご紹介します。連番を簡単に入力する(オートフィル)セルに数字を書いて、そのセルの右下でマウスカーソルが "+" になったところで下へドラッグすると、ドラッグした範囲にその数字がコピーされますね。これを使うと、あとでその数字を連番に変更する事もできるのですが、CTRL キーを押しながらドラッグすると、連番になります。CTRL キーを押すのが面倒なときは、縦方向の 2 つのセルに順番に1、2と書いて、..

つっこみを入れると論理強度がわかる

話をしていて「コイツ、論理破綻してるな〜」と感じることがよくあります。ところが、それがすぐにわからないものもあるし、それが見抜けていない人もいます。人それぞれ。こういうことに気がつけるようになるには、どうすればいいのでしょうか?洞察力を鍛えるとか、論理図解が出来るようになるとか、いろいろ方法はあるのですが(過去記事でも幾つか紹介してます)、テレビでもよく見かける方法があります。漫才です。ボケとツッコミ漫才は、片方が論理..

プレゼンの発表資料は英語で原案を作る

プレゼンをするときに、同僚相手なら、わりと普段使っている言い回しで話が通じますが、社長に「いまの技術的課題を説明しろ」とか言われると困り果てます。その技術に詳しい人が社長ならいいですが、営業出身の社長に、ソフトの技術的課題を説明しても通じません。「オープンソースのソフトフレームワークである Hadoop について、同期ノードの……」って言っても、たぶん意味は通じないでしょう。どうしても自分でわかる言葉で説明したくなっちゃうので..

かっこいいグラフを作れるテンプレートChartChooser

コンサルタントが作る資料って、かっこいいですよね。もちろん、それで生計を立てているプロなんだから、シロートと比べられたら、コンサルタントは怒るでしょうけど。グラフの種類は多くないでも、結構多くのコンサルタントの方とお付き合いした経験からして、実際に使っているチャートはそれほど多くはないようです。つまり、あるテンプレートがあって、それにデータを食べさせればいいように作ってあるみたいです。まあ、そのくらいでないと効率的には作業でき..

あなたが考えていることは仮説にすぎない

過去記事で、心理バイアスについて何度か書いています。心理バイアスというのは、簡単に行ってしまえば、自分の都合で事実とはちょっと違う方向に受け止めてしまうこと。たとえば、ある人が「これは君のために言っている」と言ってなにかを指摘したとしたら、その人を「利己的な人」と思っていれば、「なにか裏がある」と疑いますし、その人のことが好きであれば、「やっぱりこの人はいい人だ」と思ったりするでしょう。同じことが、自分の「考え」にも当て..

魅力的な名前をつける

自分が考えたアイディアや商品にどういう名前をつけるといいのかというのは、じつは心理学的にはいろいろ研究されてます。もし、何かを提案する、開発するみたいなリーダーになったら、名前を考えるというところに労力を使うといい結果が得られるかもしれません。クレヨン箱の中にある説得のヒントクレヨンの色の名前が素朴だったのは、遠い昔になってしまいました。いま新しいクレヨンの箱を開けてみれば、緑..