読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

「上司」というコンサルタントを雇う

 

あなたの仕事のやり方や、会社内のノウハウをコーチしてくれる人はいるでしょうか?
意外と盲点なところにいます

★P4〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

私は彼にこう答えました。

 「営業のスキルアップ講座はたくさんあるし、いい研修講師やトレーナーもいると思う。キャリア相談についても、個人的なカウンセリングやコーチングをやっている人は少なくない。真剣に探せば、必ずいい人がみつかるはずだ。ただし……」
 「ただし?、 何ですか?」
 「本当にいい人にお願いしたいのなら、それなりのお金は必要になる。将来の自分への投資だからね」
 「それなりのお金……ですか?」

そして私は、評判のいい営業研修プログラムなら受講料が半年で数十万円することや、有名なキャリアカウンセラーやコーチングの先生に個人指導をしてもらう場合、 1 回あたり数万円かかることを伝えたのです。

 「そんなに……」

彼は溜息をつくと、うつむいて黙ってしまいました。

 「でも、身近なところにも力になってくれる人はいるよ。しかも、無料で」
 「無料で?!」

慌てて顔を上げた彼は、真っ直ぐに私を見つめて、

 「そ、それは誰ですか?」
 「キミの上司だよ」
 「上司?」
 「そう、上司だ。いつもキミの近くにいて、キミのことをしつかり見てくれていて、キミを鍛えることやキミの相談に乗ることが、当然の役割になっていて、しかもお金は取らない。こんな便利な存在を使わない手はないだろ?」
 「そんなあ……」

がっかりした表情の彼に、私は次のようなことを伝えたのです。

 「世の中で優秀な社員と言われる人たちは、私の知っている限り、一人の例外もなく上司という存在をうまく使っている。
 使っているどころか、『使い倒している』と言ってもいい。

 言葉は悪いが、上司を自分のステップアップの踏み台にしてしまっている人もいるほどだ。
 もちろん、いい意味で最大限に活用しているということだよ。

 つまり、上司をうまく使える人ほど、間違いなく仕事もできるようになるということさ」
 「でも、うちの上司は……」
 「うん、言わなくてもわかるよ。尊敬できるような上司じゃないんだね?」

コクリと彼は頷きました。

 「じゃあ、反面教師にすればいい。それに、使えるのは直属の上司だけじやないんだ。隣の部署の上司だっていい。そもそもオールラウンドの上司なんていないんだから、多くの上司から、いいとこ取りすればいいんだよ」

彼は、私の言いたいことが少し和み込めてきたようです。続けて私は、

 「キミたち若い世代は、ついつい上司と部下を対立する関係に捉えてしまいがちだ。敵対して、いいことなんてひとつもない。本来、上司と部下は、お互いのためにも協力関係にあるべきもの。倍返しなんて流行語に踊らされちゃダメだ。

田中和彦(著) 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
――――――――――――――――――――――――――――★

 

 




引用が長くなってしまいましたので、やや途中ですが、本書で言いたいことは伝わりそうなので、ここでやめておきます。

■どうするといいのかは上司が一番知っている


私は、上司だけで成長していけるものかというとそうでもないとは思っていますが、様々な形で上司から色々教えてもらったのも事実です。

上司は、「実践的にどのようにすればいいか」という具体的な行動レベルで、仕事のやり方を教えてくれます。それも本書にあるように無料どころか、お金までくれて、教育してくれる存在です。

もちろん、上司だけでなく、先輩や同僚、果ては部下までそうです。以下では「上司」にはこれらの一緒に仕事をする全ての人のいみで「上司」と使います。

■「上司」は知識を与えてはくれない


ただし、「実践的に」というところが問題で、「この場合はこうする」は教えてくれても、「なぜ、そうするといいのか」や「どういうパターンならどうすればいいか」は教えてくれません。つまり、「上司」は、自分があるパターン化した思考をして、次の行動を導いていても、どういうパターン化がされているのかは、ちゃんと認知してないんです(していても表現できない場合が少なくありません)。

だから、「それは、経験を積みなさい」という言葉になってしまいます。

それを言葉にしてくれるのは、ビジネス書やセミナーです。

■「上司」と知識の両輪


だから、「上司」の指示や、自分の経験を、ビジネス書やセミナーで話を聴いた時に、「そうそう」と思えることが重要。

「へ〜、そうなんだ」と思う人は、そういう経験がない人ですかね?
そういう人は、多分、経験と知識の一方がないので、結局実践に結びつかない。

次に、ビジネス書を読んだ時には、「上司」の行動と照らしあわせてみませんか。

「上司」という行動をサポートしてくれる仕掛けと、ビジネス書やセミナーという知識があると、2つがあなたの成長の両輪になってくれるでしょう。



■参考図書 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意

2万人を面接した人材のプロが贈る、ボスをマネジメントの教科書
上司の8機能+1を徹底活用すして、プレゼン、会議、人事、時間管理、人脈…これであなたの仕事が劇的に好転する!

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
著者 :田中和彦

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :最安値検索

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 トラブルを上司に報告する前にするべきこと
 希望の部署に移動する方法
 上司の情報を活用する
 失敗に対して上司がもっとも腹が立つこと
 人脈をスタートさせる方法
 ピンチヒッターを作る
 アホな上司は反面教師にはならない
 目標は自分だけが管理できる
 ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
 人事評価の目的を理解すると評価を利用できる
 できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
 「上司」というコンサルタントを雇う
 目標は部門目標に合わせる
 関係者を巻き込む
 到達基準点を最高にする
 部門目標と個人目標
 複数の選択肢を得る

●このテーマの関連図書


どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

部下こそ上司にリーダーシップをとれ

「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方

「上司に話が通じない」と思ったときに読む本

「バカ上司」その傾向と対策(集英社新書436B)

できる人は上司に“モテ”る仕事は上司との関係が9割!


■同じテーマの記事

深呼吸をしてストレスを解消する

ストレスを解消する方法として、お手軽にできる方法として「深呼吸する」という方法があります。ちょっときついな、と思ったら深呼吸をする、ちょっとしたことですが普段からのメンタルケアにはいいかもしれません。呼吸が浅くなってきたら深呼吸をする人に限らないですが、緊張状態になると呼吸が浅くなります。これは動物として必要なことなのですが、呼吸が浅い状態が続くと酸素が十分に回らずに余計に緊張状態が続きます。気分を入れ替えるために、い..

朝、早起きして喫茶店出社する

朝、時々出社する前に喫茶店に行くことがあります。週に1〜2回前後。そこで、ゆったりモーニングコーヒーをして、それから会社へ。モーニングコーヒーの効果コーヒーは以前の記事に書いたように、カフェインによる覚醒効果がありますので、寝ぼけているときには効果があります。しかし、家や会社でコーヒーを飲めば、片付けの手間もありますし、美味しいコーヒーを飲もうとすれば、インスタントではなく、豆から挽いたコーヒーが飲みたい所。やっぱりお手軽なのは人に淹れてもらって、それをゆっ..

習慣を改める習慣をつける

多くの仕事は考えなしに突撃すると失敗します。一方で、ある行動は習慣化して、考えずに行動することで、迅速にやれるようになります。習慣の力過去記事でも何度かふれてますが、習慣の力は自動車の運転を考えてみればわかります。教習所に通っていた頃、あるいは免許を取りたての頃は、ミラーを確認してシートベルトを締めてエンジンをかけて::(中略):後方確認をしてブレーキを緩めてアクセルをふかしながらゆっくりクラッ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト3

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその3回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト1

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその1回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト2

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその2回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

「教える」のではなく「シェアする」意識

よく言われることですが、何かに熟達したいと思ったら、だれにでもできる方法があります。他人に教えることです。ただ、どうもこの「教える」というのはハードルが高いです。つい、自分に「他人に教える程の知識があるのか」と疑問に思っちゃいますので。でも、実は誰にでもできることなんです。「教える」こと子供の頃に、「先生が生徒に教える」というイメージがついているので、ある程度熟達した人が、未熟な人に対してやる行為みたいな気がします。..

図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと

よく「図解」という言葉が使われますが、どうもこの意味を誤解していて、きれいなピクトグラムや挿絵を使って、ひと目で意図がわかるようなものを想像される方が多いようなのですが、こういう定義を「図解」に与えてしまうと、私のようなイメージ貧困なボンクラにはハードルが非常に高くなってしまいます。過去記事でも、「文字とマル、線と矢印だけで十分図解だ」などと書いてましたが、実際、絵を描くことと図解そのものには乖離があります。図..

「以下の通り」は使わない

複数の情報を書くときに、つい「以下の通り」って言葉を使いたくなります。実際にメールやレポートなどでよく見かけます。でも、これって冗長で、意味のない上に、「あとで説明するから」的な文章になってしまって、読みにくくなります。これを使わないように文章を構成すると、読みやすいスッキリした文章がかけると思っています。結構多用されているので、あまり気に留めていない人も少なくないみたいですが。説明は概要→詳細が基本『ロジカル..

記憶術:周辺情報を追加する

何かを記憶しようとするとき、そのことだけでなく他のことも合わせて記憶しようとするといい場合があります。人間の脳は、あらゆることを関連付けで覚えているそうです。したがって、離れ小島のようなピンポイント記憶は難しいんです。周辺記憶「周辺情報」を追加してみる記憶するときには、情報を絞り込んだほうが有利です。 5 つ覚えるより、ひとつ覚えるほうが簡単だからです。しかし、記憶の..