読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

思い出アルバム

 


毎年、毎月繰り返される仕事ってありますよね。
たとえば、毎年年度末に業務の最終まとめをするとか、来年度の予算を立てるとか。固定資産の新規取得申請をするとか。

私的な例で申し訳ないですが、毎年年末に確定申告書と所得税控除申告、医療費控除申告などいろいろな税務関係の書類を作ります。
以前は「これどうやって書くんだったけか?」と考えながら、記入例とにらめっこをして書いてました。申告書はインターネットで登録するのですが、そのたびに操作方法や申告ツールの起動方法を忘れていて、「あれ?、どうやるんだっけ」と困り果てながら書いてました。

毎年困るところは同じで、「そういえば、去年もここで詰まったよなぁ」とおもいながら、でも失敗するわけには行かないので、一生懸命調べながら書くことになります。



■思い出アルバム


そこで作り始めたのがこの

 思い出アルバム

大した代物ではありませんが、その年やった手順をワードで順番に箇条書きにしていきます。
提出した資料は、描き上げて捺印をしたらスキャナで取り込みます。其のデータをワードに貼り付けておいて、今年の分として、日付を付けて保存。

   確定申告書2011年度.doc

みたいに。

ワードには定型書式で作っていて、

  �@チェックリスト
  �A作業手順
  �B今年作成した申告書のスキャン画像

という順番で、3ページもののファイルです。

こうしておくと、次の年に処理が劇的に早くなりました。
何しろやり方がわかっているので、あとは単純作業(計算するとか、丁寧に書き込むとか)になるので、作業時間が劇的に早くなりました。その上、一度突っ返された時には、このワードのテキストに、

   ××の部分書類不備で再申請
   ここには、A+B-Cを書かないといけない

とか。

特に確定申告と医療費控除の申告書は記入するところが決まっているので、ワードの中に表を作り、この表に必要な情報を入力すると、書き込む値が「書き込む欄の名前」「合計金額」が自動的に計算されるように作っておいたので、あとは単に書き写すだけになって、作用時間は1〜2時間ですむようになりました。

最初の頃は1日仕事だったんですけどね。

 

 

■「あのプロジェクトの結論ってどうして…」


仕事をする上で、「あの時こういう結論が出たと思うんだけど、理由が思い出せない」というやつ。あなたも身に覚えがあるのではないでしょうか(私だけ?)。

こういうことが何度もあると、

 カイゼンしなきゃ

と思うのが、正しい反省の仕方。

そこで、ひとつのプロジェクトが終わったら、そのプロジェクトのことを書いている日誌を集めてきて、プロジェクトの結果レポートを作ります。これは誰に見せるものでもなく、ただ単に自分がその時どうやってプロジェクトを進めたのかを、一括してわかるようにしています。

これを作るようになってから、以前のプロジェクトで、議論をしてその結果決めたことが、レポートに残りますので、振り返りなどをするときや、次に同じような定型的な作業をしなければならない時に、直ぐに判断ができます。

■一つの作業が終わったら「思い出アルバム」


何かの作業が終わったら思い出アルバムを作成したり、前回使ったファイルと、今回やったことの差分をちゃんと残します。

前に作った思い出アルバムがあれば、そのファイルを元にして新しいファイルを作ります。
なければ新規作成。

そこで、プロジェクトの目的、スコープ、タスクの一覧を過去の日誌から拾っていきます。
タスクは、アウトルックで管理しているのですが、タスクの詳細にプロジェクトのキーワードが書いてあるので、それを検索してタスク名をコピペしていきます。
タスクで大きな失敗をした時には、注意点として書きだしていきます。

何か資料があれば、ワードに添付。

普段はテキストファイルでいろいろな記録を作っているのですが、資料写真やスキャンしたデータを貼り付けるので、これはワードでないとひとつのファイルにならないんですよ。
エクセルでもいいのかもしれませんが、ワードのほうが書き方に自由度が高いのでワードを使ってます。

■振り返り


これをやると振り返りにもなります。
そして、プロジェクトが終わったという区切りにもなる。

いいことづくめですよ。

問題は作成に作業量が0.5〜1日くらいかかること。
大体1週間くらいかけて少しづつ完成させていきます。

■同じテーマの記事

転職面接:「御社の製品が好きです」は言うだけムダ

中途採用の面接で、ほぼ 100% 聞かれることに「応募理由」があります。「なぜ弊社の中途採用に応募しようと思いましたか?」というやつ。応募理由は採用理由にはなりえない過去の経験で言うと、ここで、「御社の製品が好きで…」「御社のブランドには以前から関係がありまして…」みたいな言い方でスタートする方が結構見えます。これ自体は悪いものではないのですが、これが面接合格の決め手になるかというと、ほとんどなりません。これは会社の募集要項を見ればわかります。「我が..

習慣を改める習慣をつける

多くの仕事は考えなしに突撃すると失敗します。一方で、ある行動は習慣化して、考えずに行動することで、迅速にやれるようになります。習慣の力過去記事でも何度かふれてますが、習慣の力は自動車の運転を考えてみればわかります。教習所に通っていた頃、あるいは免許を取りたての頃は、ミラーを確認してシートベルトを締めてエンジンをかけて::(中略):後方確認をしてブレーキを緩めてアクセルをふかしながらゆっくりクラッ..

「…による」には2つの意味が存在する

論理的な文章を書く際に、気をつけている単語があります。「〜によって」「による」「により」この単語が一つの段落や文節に2つ以上出てきたら、多分読まされる人は苦痛です。意味がわからなくなるから。「によって」を多用してはいけないこの「によって」という単語は結構便利な接続して、因果関係のある事象を結びつけるのに使用します。たとえば「AによってBの問題が発生した」みたいな文章です。ところがこれが多段接続する時があります。「..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト3

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその3回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト1

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその1回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト2

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその2回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと

よく「図解」という言葉が使われますが、どうもこの意味を誤解していて、きれいなピクトグラムや挿絵を使って、ひと目で意図がわかるようなものを想像される方が多いようなのですが、こういう定義を「図解」に与えてしまうと、私のようなイメージ貧困なボンクラにはハードルが非常に高くなってしまいます。過去記事でも、「文字とマル、線と矢印だけで十分図解だ」などと書いてましたが、実際、絵を描くことと図解そのものには乖離があります。図..

記憶術:周辺情報を追加する

何かを記憶しようとするとき、そのことだけでなく他のことも合わせて記憶しようとするといい場合があります。人間の脳は、あらゆることを関連付けで覚えているそうです。したがって、離れ小島のようなピンポイント記憶は難しいんです。周辺記憶「周辺情報」を追加してみる記憶するときには、情報を絞り込んだほうが有利です。 5 つ覚えるより、ひとつ覚えるほうが簡単だからです。しかし、記憶の..

記憶術:同じような問題を繰り返し考える

囲碁や将棋は1局でだいたい 200 手を相互に打ちます。プロ棋士は、これをほぼ全部記憶しているそうです。ある局面を見せられると、その前後に打った手を再現することなど簡単なのだそうな。ところが、ど素人が打った棋譜は全く覚えられないらしいです。ここに記憶術のヒントがあります。パターンを見極めて覚える記憶術プロ棋士は、ある局面を見たときに、次にどのようなパターンが考えられるかを膨大に覚えています。そのパターンがわかっていれば..